転職活動は会社を辞めずに働きながら行うのが一番確実。しかし仕事しながらの転職活動は辛い

転職活動は会社を辞めずに会社に勤めて働きながら行うの方法が一番リスク無く確実です。

しかし、毎日の様に忙しく仕事しながらの転職活動は辛い…

特に心身をすり減らすほど余裕もないブラック企業の社員の方や大変な激務の仕事をしている方だと、なおさら就業後に転職活動を行う余裕などありません。

そこであなたを助けてくれるのが、忙しいあなたの転職を手取り足取りサポートし、自分にぴったりの転職先を探して話をまとめてくれる転職エージェントの活用です。

求人業界の最大手リクルートが手掛ける「リクルートエージェント」は、約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1の転職エージェントです。経験・実績豊富な転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

業界大手である「リクルートエージェント」には大企業の関連会社など業績が安定した待遇の良い求人が多く、また、担当エージェントも書類作成から面接での受け答えまで丁寧にサポートしてくれます。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」


「一刻も早く会社を辞めたい」「仕事が大変過ぎて転職活動をする余裕もない」などの気持ちは分かります。

しかし、会社を辞めて転職活動したものの結局は良い仕事が見つからず非常に苦しい状況に追い込まれるというリスクもありますので、会社に勤めながら転職活動を続けておき、良い待遇の採用が決まってから現在の会社を辞めるというのが一番リスクのない方法です。

かつての時代であれば、仕事をしながらの転職活動、働きながらの転職活動というのは時間的にも体力的にも非常に大変で辛いものでした。

しかし現在では、転職を完全無料で手助けしてくれる転職エージェントがあります。

転職エージェントを有効に活用することで、会社に勤めて働きながらでも負担なく転職活動を進めて転職を成功させることが可能な時代となったのです。

転職活動は焦りが最大の敵。会社を辞めずに焦りを防ぐ事

転職活動は焦りがこそが最大の敵です。もしもすでに会社を解雇されてしまったり、身体を壊して会社を辞めてしまっているのでなければ、焦りを防ぐために、現在の会社を辞めずに働きながら転職活動を行うことを強くおすすめします。

それは「すでに会社を辞めてしまっていたために、無職や無収入のプレッシャーから慌ててブラック企業に転職してしまい後悔した」という失敗のケースが、転職活動では決して少なくないためです。

現在の日本の就職戦線や労働市場は、深刻な人手不足によってバブル期超えの有効求人倍率に達している圧倒的な売り手市場です。

以下は2017年5月30日付の日経新聞の記事ですが、現在の日本はバブル期超え、そして43年ぶりという歴史的な人手不足の状態であり、正社員の求人も有効求人倍率0.97倍という観測開始以来過去最高の指数に達するほどまでに増加しています。

働く意思のある人なら誰でも正社員として働ける「完全雇用」状態の大チャンスが到来しているというのも、決して過言ではありません。

求人倍率 バブル期超え 4月1.48倍、43年ぶり水準 – 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS30H26_Q7A530C1MM0000/

企業の人手不足感が一段と強まっている。厚生労働省が30日発表した4月の有効求人倍率(季節調整値)は前月より0.03ポイント高い1.48倍だった。バブル経済期の水準を超え、1974年2月以来43年2カ月ぶりの高さとなった。4月は完全失業率も2.8%と低く、雇用情勢は「売り手市場」の様相を強めている。

有効求人倍率は全国のハローワークで仕事を探す人1人あたり何件の求人があるかを示す。4月は2カ月連続で上昇し、バブル期で最も高かった90年7月の1.46倍を上回った。正社員の有効求人倍率は0.97倍で2004年に統計を取り始めて以来最高だった。企業は長期の視点で人手を確保するため、正社員の求人を増やしている。

(中略)

総務省が同日発表した4月の完全失業率(季節調整値)は2.8%と、前月と横ばいだった。求人があっても職種や年齢、勤務地などの条件で折り合わずに起きる「ミスマッチ失業率」は3%台前半とされる。3%割れは働く意思のある人なら誰でも働ける「完全雇用」状態にあると言える。

(中略)

4月の求人倍率を都道府県別にみるとすべての地域で1倍を上回った。厚労省は「雇用を生む業種が工業地帯を中心とした製造業から、医療や介護など場所を選ばない業種に広がったため」と分析する。74年度は製造業がフルタイム求人の半数近くを占めていたが、現在は10%程度。一方で4月の求人数が最も多い業種は医療・福祉業で、全体の約5分の1を占める。

現在の日本の労働市場はこの様な状況ですので、40代前後の年齢に達しているとか、ずっと引きこもりをしていて職歴が全くないとかいう場合以外、転職活動をして正社員として採用されないことなど絶対にあり得ないのです。

ブラック企業からブラック企業に転職したというのでは、転職活動としては完全に失敗です。

それだけに再就職を焦りしょうもないブラック企業に転職してしまったりすることは本当に勿体ないです。

ですので、出来るだけ今の会社は辞めずに我慢して仕事を続けながら、じっくりと腰を据えて良い会社を選び、転職活動を行って下さい。

すでに会社を辞めてしまった人も慌てなければ大丈夫です

もちろん、「解雇されてしまった」「すでに会社を辞めさせられてしまった」「すでに会社を辞めてしまった」という方でも、2017年現在の労働市場は人手不足の圧倒的な売り手市場ですので、全く絶望する必要はありません。

ただ、会社を辞めてからの転職の場合、自分が無職・無収入であることの焦りとプレッシャーの気持ちから、会社の吟味をいい加減にして、慌てて現在の会社以下のブラック企業に再就職してしまったりするリスクがありますので、会社を続けながらの転職活動が一番確実です。

会社を辞めてしまった無職者の転職の場合、「早く働き先を見つけないと」という焦りとプレッシャーから、慌ててどうしようもない会社に適当に再就職してしまい後悔したというケースが非常に多いのです。その様な元の木阿弥の事態は全体に避けて頂きたいです。

無職という立場でも全く慌てずじっくり落ち着いて動けるというメンタルの強い方であれば、会社を辞めてしまってから転職先を見つけるという方法でも全く問題ありません。

また、すでに無職になってしまってメンタルの弱っている方も、焦りやプレッシャーでどうしようもない会社に再就職してしまわないように、まずは深呼吸をして、難しいでしょうが、出来るだけゆったりとした気持ちで転職活動に臨む様にして下さい。

日本の労働市場は少子高齢化と生産年齢人口の右肩下がりの減少により、今後10年~20年間ほどは、さらに人手不足が加速していきますので、仮に今は上手く再就職が出来なくとも、将来はどんどん良い就職先にありつきやすくなっていきます。

また、非正規雇用の賃金も右肩上がりで急騰していくことが確実ですので、現在よりも遥かに正社員にならずとも生きていきやすい世の中となっていきます。

すでに会社を辞めてしまった方、また会社を解雇されてしまった方も、上記の様な労働市場の将来と動向を頭の片隅に入れて、じっくりと余裕のある気持ちを持って、慌ててブラック企業や変な会社への再就職に飛びついてしまわないように、落ち着いて転職活動を行って下さい。

自分に合った会社や職場を探してくれる転職エージェント

実際に一歩を踏み出して転職活動をしてみようと思っても、転職が初めて方の場合や転職経験の無い方の場合、履歴書・職務履歴書の書き方や、応募する仕事の選び方、面接のノウハウなど分からないことや不安なことだらけだと思います。

そこで、転職エージェントを活用して、実績豊富な転職のプロに自分に合った会社や職場を探してもらうのが確実で手間の掛からない方法です。

転職エージェントの利用料は最初から最後まで全て無料です。

会社に在職中の会社員の方であっても土日に利用することができ、キャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。

転職エージェントに登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングし、あなたの適性にあった業界や業種、あなたの年収アップの可能性などを検討して、オススメの求人をピックアップして紹介してくれます。

転職エージェントを活用することで、エージェントがあなたと企業との間を仲介して給与交渉を行ってくれるので、年収などの待遇アップの可能性も大幅に上昇します。

また、転職エージェントの求人は離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業は除外されているので、転職に失敗してブラック企業に就職してしまうリスクも減らすことが可能です。

転職未経験者には悩ましい履歴書や職務履歴書などの作成も、経験豊富なプロであるエージェントに相談や質問をしてアドバイスしてもらうことでスムーズに行えますので安心です。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」

求人業界の最大手リクルートが手掛ける「リクルートエージェント」は、約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1の転職エージェントです。経験・実績豊富な転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

業界大手である「リクルートエージェント」には大企業の関連会社など業績が安定した待遇の良い求人が多く、また、担当エージェントも書類作成から面接での受け答えまで丁寧にサポートしてくれます。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」


リクルートエージェントの3つのメリット

既卒者向け転職支援・転職サポート業界の最大手である「リクルートエージェント」には以下の3つのメリットがあります。

  1. 強みを発見
    キャリアアドバイザーが、面談を行う中でお客様自身まだ気づかれていない強味を発見します。あなたのキャリアパスを長期的に考えて次のステップの提案をしてくれます。
  2. 非公開求人の紹介
    転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介してくれます。また、Web上には出ていない業界分析レポートや個社ごとの社風までわかる詳細レポートのご提供も行ってくれます。
  3. 企業へのアピール
    職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にあなたの強みをアピールします。また、退職に関するアドバイスまで全面サポートしてくれます。

リクルートエージェントの利用の仕方

リクルートエージェントを利用する場合、まず登録ページから転職希望時期・希望勤務地・現在の年収・現在の年収などの転職条件、次に名前・生年月日・住所・連絡先・学歴・職歴・アピール項目などのプロフィール情報を入力し、「転職支援サービスに申し込む」を押してユーザー登録を行います。

最後の方で入力する「伝えておきたいこと」には、連絡出来る曜日や時間帯などを記入しておいて下さい。

ユーザー登録完了後は以下の3ステップで転職活動が始まります。

  1. お申し込み完了のご連絡
    ご入力いただいたメールアドレスに「お申し込み完了の確認メール」を24時間以内にお届けします。
  2. 面談日程調整のご連絡
    キャリアアドバイザーとの面談日時をご相談させていただくため、1週間以内にメールまたはお電話にてご連絡します。
  3. キャリアアドバイザーと面談
    キャリアアドバイザーが、あなたに最適なキャリアプランを一緒に考えます。

リクルートエージェントへのユーザー登録は以下の登録ページから無料で行えます。

「リクルートエージェント」登録ページ

リクルートエージェントを利用する上での留意点

リクルートエージェントの転職支援サービスを利用しても、転職するかしないかは完全に自由なので、自分の判断で実際に転職するかどうかを決定することが出来ます。

面談の末、キャリアアドバイザーから「現時点では無理に転職を勧めません」とアドバイスされる場合もあるので、じっくり検討した後、しばらく経ってから再度転職支援サービスを利用することも可能です。

以上、「転職活動は会社を辞めずに働きながら行うのが一番確実。しかし仕事しながらの転職活動は辛い」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする