無職者が良い就職や再就職をする為に最も重要なことは焦らない慌てないこと

無職者の就職活動や再就職活動ではとにかく焦りが禁物です。

家族や周囲からのプレッシャーなどで「早く社会復帰したい」からと就職活動を焦って下らない会社に入ってしまい後悔したというケースが、無職者の就職活動や再就職活動では決して少なくありません。

ブラック企業の求人に引っかかってしまわない様に、給与だけでなく、福利厚生や休日数などの待遇もしっかりと見て求人を比べて、本当に良い就職先を選んでください。

ここできちんとまともな会社を選ぶかどうかが、これからのあなたの人生の幸福度を大きく左右していきます。ですので、決して焦らずにじっくりと腰を据えて、ちゃんとした待遇や生活を得られる会社を選びましょう。

焦りが禁物でも、どうしても再就職は焦ってしまうもの

ただ、この様に焦りが禁物と言っても、どうしても再就職に焦ってしまう気持ちは分かります。口で「慌てない様に」「焦らない様に」というのは簡単ですが、実際にはなかなか簡単に出来ることではありません。

私自身も、仕事で成果を出すことなどに対して、慌ててしまったり焦ってしまったりと、毎日その様なことばかりです。

特に奥様やお子様などのご家族を養っている方が無職状態に追い込まれてしまうと「早く再就職をして働いて稼がないと家族を養っていけない」とのたうち回るほどの強烈な精神的プレッシャーを背負うことになります。

そしてこの精神的なプレッシャーが、再就職活動では精神的な余裕を奪い、焦りを生み、「慌ててこんな会社を選ぶんではなかった…」と転職活動の失敗を招いてしまう。

独身で1人身の方であれば、他人の人生の責任は負ってないのでまだ大分楽ですが、それでも親などから「早く働け」というプレッシャーを掛けられたり、世間体や周りの目が気になり再就職を焦ってしまうこともあるでしょう。

とにかくこの様な精神的重圧やプレッシャーが半端じゃなく、誰もが焦ったり慌ててしまったりしてしまいがちなのが、無職者の再就職活動です。

そして「焦るな!」と必死に自分に言い聞かせても、逆にそのこと自体が焦りを生んでしまうのが人間の心理です。

いつも慌ててしまったり焦ってしまいがちな私自身にも言い聞かせていることですが、ある意味で開き直って「やるだけのことをやってベストを尽くそう、ベストを尽くして駄目だったらそれは仕方ない」くらいに思うしかないかもしれません。

「良い会社に就職する」ために今自分がやれるだけのことをやってベストを尽くすこと、ただそれだけを考えて良い求人を探して応募や面接を続ける。

「早く再就職を決めないと」と焦ってしまう気持ちは本当に良く分かりますが、その様な結果を焦る様な雑念は、就職活動の失敗を招きかねません。

これは私自身が今現在の自分に言い聞かせていることでもありますが、慌てず、焦らず、じっくり、着実に、腰を据えて目の前の問題に取り込んでいきましょう。

再就職活動のゴールは良い会社への就職を決めること

再就職活動のゴールは、再就職を決めるということではありません。どうしようもないブラック企業などに再就職してしまえば、それは結局スタートに戻ったのと同じことです。

激務でまともな給与や待遇など与えられないブラック企業に就職しても、非常に離職率が高く、数年でその会社を辞めることになるケースが大半だからです。

ブラック企業に勤めて、結局すぐに離職して、また再就職活動を行うことになる。これでは結局スタート地点に戻ったのと同じことで、就職活動の失敗なのです。

しかも年齢的な若さが絶対的な優位である現在の労働市場では、あなたが数年間ブラック企業に勤めて時間を潰している間に、あなたの貴重な市場価値である若さが失われ続けます。

就職活動に失敗して、くだらないブラック企業に勤めてしまうと、労働市場でのあなたの貴重な市場価値が奪われ続け、まともでちゃんとした良い会社に勤めることがさらに難しくなってしまうのです。

ですので、「再就職活動のゴールとは、良い会社への就職を決めること」「再就職の成功とは、まともな待遇を得られるまともな会社へ就職すること」ということは、常に頭の中に入れて忘れない様に就職活動を行ってください。

再就職では視野を広げてじっくりと求人を探すことが必要

また、無職者の再就職では視野を広げるということ、そしてより視野を広げてじっくりと多くの求人に触れることが必要です。

自分は無職だからと安直な発想でハローワークや職業安定所などに行って求人を探し、その場にある求人票を見て「今の日本は不況でこんな求人しかないのか」と思い込んで視野狭窄に陥ってしまう。

しかし、あなたの最寄のハローワークや職業安定所などに出されている求人は、この日本の求人の中では本当にごく一部です。しかもハローワークや職業安定所の求人は待遇などの面で劣悪なものが多いですので、自分の様な無職者にはこの程度のレベルの求人しかない、と最初から決めつけてしまってはいけないのです。

参考:無職だからと安直にハローワークや職安で求職してはいけない理由は酷い求人しかないから

「無職だからハローワークや職業安定所で就職活動をしなければいけない」という理由などどこにもなく、自分でインターネットから転職サイトに登録して再就職活動を行ってもいいわけです。

そして、その様な転職サイトは、特にRecruit(リクルート)やDODA(デューダ)などの大手の転職サイトになりますと、日本全国から1万社以上の会社が大量の求人をサイトに掲載しているわけです。

その様に転職サイトから求人を探すことで、選択の幅も大きく広がりますし、より良い待遇の求人を見つけられる可能性も格段に上がります。

しかし、「とにかく早く無職を脱して社会復帰したい」と精神的に慌ててしまいますと、焦りのために視野狭窄に陥り、この様な当たり前の判断も出来なくなって、自分は無職だからとハローワークや職業安定所だけで再就職先を探してしまいがちです。

インターネットから日本全国の企業の大量の求人をチェックできる現在の日本では、ハローワークや職業安定所は、実質的に失業手当を受ける手続きの為だけにある施設という程度に考えてしまってもいいと思います。

多くの求人に触れて比較することが出来る転職サイト、特にRecruit(リクルート)などの大手の転職サイトは、就職活動をする上で大きく視野を広げ、選択肢を増やしてくれますので、再就職に失敗したくないのであれば、転職サイトへの登録を強くおすすめします。

業界最大手であるリクルートが提供する転職サイトの定番「リクナビNEXT」

求人業界の最大手であるリクルートが運営する転職サイト「リクナビNEXT」には、9,000件前後もの豊富な求人が掲載されています。多様な業界や勤務地から条件に合う会社や職場を見つけることが可能です。

インターネットから会員登録をすれば利用は完全に無料ですので、転職をご検討の方はこちらからご登録下さい。

リクナビNEXT【公式サイト】



ただし、転職サイトに掲載された求人情報だけではその企業の実態を知ることは出来ません。ブラックな仕事の求人に引っかかってしまわないように、口コミの投稿から会社の内部事情や社員の満足度といった実態を知ることの出来る転職情報サイト「キャリコネ」もリクナビNEXTと併せて利用することをお勧めします。

登録企業数43万社の転職情報サイト「キャリコネ」

企業が一般の求人サイトや転職サイトで外部に向けて公開している求人情報だけを見て、安易に就職先を絞ったり転職活動をしてしまうことは非常に危険です。

なぜなら、企業発信の求人情報には当然ですが「都合の良い事」しか掲載されないからです。

そこで「転職に失敗して後悔したくない」「もう二度とブラック企業には就職したくない」という方には、転職情報サイト「キャリコネ」への登録をおすすめします。

「キャリコネ」は企業の口コミ情報サイトとして登録企業数43万社以上を網羅し、多くのビジネスパーソンや転職志望者から支持を得ている転職情報サイトです。

サイトに会員登録することで、口コミなどの内部情報も含めて、多角的な視点で多くの企業の待遇・年収・企業風土・社員の満足度といった実態を比較することが可能です。

「今すぐ転職する」という方だけでなく、現職に不満や不安をお持ちの方も、同業他社の口コミや年収を確認し「転職すべきかどうか」を判断するためにもサイトを活用できます。

転職を検討されている方は、まずは「キャリコネ」に登録して求人情報や企業情報を確認して下さい。以下の公式サイトから無料で会員登録可能です。

登録企業数43万社の転職情報サイト「キャリコネ」【公式サイト】



以上、「無職者が良い就職や再就職をする為に最も重要なことは焦らない慌てないこと」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする