ブラック企業を辞める方法。ブラック企業を辞めたいのに辞められない理由毎にアドバイス

「ブラック企業を辞めたいのに辞められない」「仕事を辞めさせてくれない」「現場を辞めさせてくれない」そんな悩みを抱えて苦しんでいる方も非常に多いと思います。

「ブラック企業を辞めたいのに辞められない」という方がブラック企業を辞めるにはどうすればいいでしょうか。ブラック企業を辞めたいのに辞められない理由毎にブラック企業を辞める方法とアドバイスをまとめました。

生活するお金が無くてブラック企業を辞められない

ブラック企業を辞めたくとも「生活するお金が無くてブラック企業を辞められない」という理由で会社を辞めることの出来ない方は非常に多いのではないでしょうか。

貯金も全くないので、会社をやめて給与が途絶えてしまえば、食費も家賃も払えず生活が出来なくなってホームレスになってしまう。

この様な方は、ブラック企業だから給与が凄く安い→給与が凄く安いからお金も貯金も全くない→ギリギリの生活を維持する為にブラック企業を辞められない。

という地獄の永遠ループにはまり込んでしまっています。

この様な方がブラック企業を辞めて地獄のループをリセットして、ブラック労働の底辺から抜け出すにはどうすればいいのか。

それはズバリ、すぐにアパートを出て家賃のほとんど掛からないリゾートホテルの住み込みや寮付きの工場の仕事をして貯金を作ることです。

ブラック企業で働きながら、こっそりとこれらの仕事に登録して予定を組んでおき、給料日に給料を貰うと同時に会社を辞めアパートを出て、住み込み先のホテルや寮に移り住むのです。

そうすれば会社を辞めたために家賃も払えず生活に困るということはありません。

これらのバイトは非常に時給や給料が高いですし、住み込みや寮生活でほとんど家賃や食費が掛からずに生活出来ますので、数ヶ月で50万円などのまとまった金額の貯金を簡単に貯めることが可能です。

この様な仕事をしてまとまった貯金を貯めることで、ブラック企業の永遠ループから抜け出してまともな仕事を探すこの出来る時間的・金銭的な猶予を得て、人生の再起を図ることが出来ます。

リゾートホテルの住み込みの短期バイトか、寮付きの工場で派遣社員として働くか、以下から自分に合った方法をお選びください。

高時給の住み込みリゾートバイト「アルファリゾート」

「アルファリゾート」は2ヶ月間で50万円の貯金を貯めることの出来るリゾートホテルや観光地の旅館などでの高時給の住み込みバイトです。

高時給のリゾートバイト「アルファリゾート」【公式サイト】



以下は高時給リゾートバイト「アルファリゾート」の説明です。

アルファリゾートは株式会社アルファスタッフが運営するリゾートバイト専門の求人サイトです。北海道から沖縄まで全国リゾートバイトの最新情報をリアルタイムでお届けしています。「ガッツリ稼げるお仕事」・「着物を着るお仕事」・「語学力を活かせるお仕事」など短期・長期の求人情報を500件以上掲載しています。

また仲居さんのお仕事なら初心者でも時給1,100円は保証しています。

現在、全国有名リゾートホテル・旅館・ リゾート施設・スキー場等、全国500館以上の取引先を持ち、急成長を続けています。

海外からの留学生・ワーキングホリデー等の求職者も積極的に受け入れ現在、登録スタッフ延べ6万人・月間5万人のユーザーが閲覧する人気の求人サイトとなっています。

仲居をはじめ、フロント・調理・レストランホール・売店・裏方 その他レジャー関連、マリンスポーツ関連、スキー場等、その職種は多岐にわたります。

アルファリゾートは10代から40代まで幅広い世代の方を対象としています。

リゾートバイトは寮費・水道光熱費無料・食事付だから一定期間にお金が貯まるのが最大のメリット。2か月で50万・半年で100万貯めた方も大勢います。

まあ、元フロント勤務のホテルマンとして見解を述べさせて貰えば、正直に言ってこの様な宿泊関連のバイトは滅茶苦茶キツい仕事であることは間違いありません。

ただ、住み込みで働けば食費も住居費も生活費も一切掛かりませんので、2か月で50万円・半年で100万円程度であれば本当に貯金出来るはずです。

私の場合は1泊5,000円以下の庶民的な宿泊料金のビジネスホテルでの勤務でしたので、月間300時間労働で月給25万円程度と、正社員にもかかわらず時給換算でアルバイト並の低賃金の薄給激務でした。

しかし、この様な富裕層向けのリゾートや観光地の高級旅館は、宿泊料金も1万円や2万円などとビジネスホテルと比較してかなり高額になりますので、その宿泊単価を従業員の賃金へと還元することも出来ることが大きな魅力です。

さらに、年齢の上限などがなく未経験の方でも働くことが出来、10代から40代まで幅広い世代の方が働いています。

登録は下の公式サイトから行って下さい。

高時給のリゾートバイト「アルファリゾート」【公式サイト】

また、以下の記事は私のホテル勤務時代の知人が実際にアルファリゾートに登録して1ヶ月働いた話をインタビューした体験談です。アルファリゾートのリゾート滞在バイトに興味がある方は、是非こちらの記事もお読み下さい。

参考:【体験談】高時給の「アルファリゾート」はキツかった。滞在型の短期リゾートバイトの注意点

工場勤務の仕事に特化した求人サイト「工場求人ナビ」

「工場求人ナビ」は工場勤務の仕事に特化した求人サイトです。月給30万円以上などの高収入求人も豊富にあります。関東圏の仕事が豊富ですが、岩手県の工場など首都圏から遠く離れた遠隔地での仕事も寮に住み込みで働くことが出来ます。

工場系お仕事情報「工場求人ナビ」【公式サイト】



トヨタ自動車、日産自動車、マツダ、スバル、三菱自動車、ダイハツ、スズキ、トヨタ自動車九州、トヨタ車体、日野自動車、いすゞ、アイシン精機、ジヤトコ、リコー、アスモ、ブリヂストン、横浜ゴム…etc

と言った大手メーカーの求人も豊富で、月収30万円以上の高収入求人も600件以上と数多く登録しています。勤務地・収入など希望に合った工場系のお仕事を探すことが可能です。

「工場求人ナビ」を運営する日総工産は日本全国に拠点を持つ人材サービス企業です。遠隔地での仕事に従事する入寮者に対しても日本全国に300人以上いるサポートスタッフが万全のサポートを行え、安心して働くことの出来る環境が整備されています。

私は派遣社員として工場勤務をしていた経験もありますが、大企業の工場勤務は、労働規約がしっかりしているためサービス残業なども全くなく、派遣社員や非正規社員であっても労働環境や福利厚生がしっかり整備されており、下手な中小企業の正社員などよりも圧倒的にホワイトです。

黙々と作業の出来るライン工場などは接客などが苦手な方にも向いていますので、私の様な性格の暗い方はこちらの工場勤務を選んだ方がいいでしょう。

登録は以下の公式サイトから行って下さい。

工場系お仕事情報「工場求人ナビ」【公式サイト】

また、以下の記事は私自身の経験から工場勤務がおすすめな理由を説明している記事です。工場求人ナビの工場勤務に興味がある方は、是非こちらの記事もお読み下さい。

ただし、特に工場勤務初心者の方には注意点があります。工場勤務の経験がない方は、登録の前に以下の記事を必ずお読み下さい。

パワハラや脅迫で仕事を辞めさせてくれない

ブラック企業を辞めたくとも「パワハラで仕事を辞めさせてくれない」「脅迫されて会社を辞められない」という理由で会社を辞めることが出来ずにいる方も多くいます。

普通に常識的に考えれば信じられないことですが、この現代の日本でも実際にその様なまるでヤクザの様な会社や経営者はまだまだ多く存在しているのです。

「いい人」ほど絶対辞めさせないブラック企業のあんまりな手口 – プレジデントオンライン
http://president.jp/articles/-/13423

「会社を辞めたいのに辞めさせてもらえない」――。

こんな労働相談が正社員だけではなく、アルバイトにも増えていると聞いて取材を開始したのは昨年の夏だった。今年の春にはそれをまとめて『辞めたくても、辞められない』(廣済堂新書)という本を出した。

しかし、当初は正直言って半信半疑だった。憲法で保障された職業選択の自由があり、「辞める自由」も民法で認められているのに「辞められない」というのは、よほど本人に問題があるのではないかと思ったからだ。

だが、取材を進めていくうちに、それはとんでもない勘違いだったということに気づいた。事態の深刻さを目の当たりにし、「いつでも辞められる」と思っている私たちの“常識”そのものが崩れ始めていることを知った。

まず、数の多さである。NPO法人労働相談センター(東京都葛飾区)では、賃金や解雇、パワハラなどの労働相談を電話やメールで受け付けているが、06年頃から「辞められない」相談が目立つようになり、2012年の相談件数は671件。全体の相談件数の8.6%を占めている。今でも相談のメールは後を絶たない。

労組の中央組織である連合や他の労組の相談窓口でも増えているといい、東京都労働相談情報センターが作成した最新の冊子にも、辞められない場合の対処法を紹介しているほどだ。

辞められないのは、単純に労働者が法律に無知なせいではない。辞めたいという労働者に対し、上司や経営者が詐術、脅迫、暴言・暴力、洗脳などありとあらゆる違法な手段を駆使して強引に辞めさせないようにしているからである。

たとえば、

「辞めるなら身代わりを出せ」
「業務中のミスで会社が被った損害を賠償しろ」
「辞めたら懲戒解雇にして2度と転職できなくしてやる」

などと言って脅す会社もある。

あるいは実家の家族に連絡して、ウソの借金の保証人にして引き留めようと図る。皆の前で「お前は無能だ、どこに行っても使いものにならない」といった暴言や殴る、蹴るといった暴力を振るい、本人のプライドや自信をずたずたに切り裂き、辞めたいという意思まで消し去ってしまう会社もあった。

その挙げ句、辞められないまま、過酷な環境で働かされ続け、最後は心身に異常を来して入院するまで使い潰す会社もあった。

余りにも恐ろし過ぎます…

辞めようとした人間に対して殴る蹴るの暴行を行うとか一体どこのヤクザか暴力団の話なんだという感じですが、その様な場合は迷わず警察に通報してください。

会社や仕事を辞めさせてくれないブラック企業のパワハラや脅迫などに対しての対応方法とアドバイスを以下にまとめました。

退職届を破られた・退職届を捨てられた

退職届を破られたり退職届を捨てられた場合、退職の意志は変わらないことを伝えましょう。民法では退職の意思を示したのであれば、それが破られようが、拒否されようが、2週間が経過すれば自動的に退職できることになっています。メモなどを残しておきましょう。

また、どうしても会社が退職届を受理してくれない場合は、「内容証明郵便」で退職届を送る方法が有効です。

内容証明郵便とは書留郵便の一種で、郵便局が「誰が、いつ、誰宛てに、どのような内容の郵便物を出したのか」を証明してくれる郵便です。

普通郵便よりも料金は高い(普通郵便+書留料金+内容証明料金430円)ですが、退職届を「送った、受け取っていない」で会社と揉めることを防ぐことができます。退職届の受け取りを拒否されて困っているなら、内容証明郵便で送りましょう。

内容証明郵便は郵便局が郵便物の内容を証明してくれる

内容証明郵便を利用すると、郵便局に郵便物の内容(退職届)の写しが残ります。それにより、「この写しと同じ内容の郵便を送りました」という事を郵便局が証明できる仕組みになっています。

「内容証明郵便で送っても会社が受け取り拒否をしたら、意味がないのではないか」と考える人もいるかもしれませんが、その心配はありません。その理由については、次に説明します。

内容証明郵便を受け取り拒否しても退職届は受け取った扱いになる

内容証明郵便は「内容証明郵便です」といって届けられるわけではなく、一見したら書留郵便と同じです。そのため会社は開封するまで、それがあなたからの退職届である事も、内容証明郵便であることも分かりません。

また、内容証明郵便では相手が受け取ったかどうかではなく、「郵便局が届けた」という事が大切なのです。受け取り拒否をしたとしても、郵便局が宛先まで届け、相手側(会社)が届いた事を認識した時点で、会社が退職届を受け取ったことと同じ扱いになります。

受け取り拒否防止のため封筒には宛先以外書かない

ただ、できれば内容証明郵便を受け取り拒否されることなく、会社に退職届を受け取ってもらうのが一番です。そのためには、封筒から中身があなたの退職届だと分からないようにする必要があります。

普通は退職届を郵送する時、封筒の表に「退職届在中」と朱書きしますが、内容証明で退職届を送るときにはこの朱書きはしないようにしましょう。

未払の賃金を支払わないと脅された

未払の賃金を支払わないという脅しに屈しないためには、会社を辞める前にタイムカードのコピー(写真でも)を保存しておく、勤務時間についてメモをとっておくなどの自衛措置を取っておくことが望ましいです。

まずはとりあえず会社から距離を置いてから、未払い給与の支給を諦めるか、内容証明をして労働基準監督署に行くか決めて下さい。出来るだけ証拠を揃えておくことが大切です。

労働基準監督署とは、各種の労働者保護法規に基づき企業に対する監督指導を行う厚生労働省の出先機関です。

全国の都道府県に支部を持ち、労働条件に関する相談・解雇に関する相談・賃金に関する相談などに応じる窓口があり、企業の労働法規違反に対してどの様に対処すればいいかなど的確なアドバイスを行ってくれます。

参考:労働基準監督署 – Wikipedia

以下は厚生労働省サイトが公開している全国の労働基準監督署の所在地の一覧ページです。労働基準監督署に相談する場合、以下からお近くの労働基準監督署をお探し下さい。

参考:全国労働基準監督署の所在案内 – 厚生労働省

教育費などの損害賠償を請求された

「今まで金かけて何の為に教育したかわからない!辞めるなら賠償金を支払え!」などとヤクザの様な言いがかりをつけてくるブラック企業やブラック経営者も存在します。

給料については、直接払い・全額払いの原則というものがあり(労働基準法24条)、会社の側で損害賠償請求権と相殺するということは基本的にできません。もしそのような主張をしてきたら、労基署に指導を求めてください。

参考:全国労働基準監督署の所在案内 – 厚生労働省

ただし特別な契約を結んでいた場合に関しては、賠償義務が生じます。

辞めるなら懲戒解雇にすると脅された

「会社を辞めるなら懲戒解雇にしてやる!」と脅された場合、必ずメモなどの記録を取り、労働基準監督署や、ハローワーク、第三者に相談に行きましょう。会社はよほどの理由が無ければ従業員を懲戒解雇にすることは出来ません。担当者が感情論で言っているケースも多々あります。

健康障害がある場合は労災の申請の検討も

長期間の拘束等で鬱病や精神疾患、傷病など心身に何らかの健康障害がある場合は、労災を申請することも検討して下さい

ただし、労災保険料が上がり労働基準監督署からの調査が入る可能性があるため、会社側は労災を使いたがりません。労災を申請しようとたら、逆に自己都合扱いでの退職を求められたというケースも存在しますので、状況を見て労災を申請するべきかどうか判断してください。

会社を辞めたいけど何をすればいいのか分からない

「ブラック企業を辞めたい!」とは言っても、「会社を辞めるには一体何をすればいいのか分からない」とお困りの方も多いのではないでしょうか。

会社を辞めて職を失い収入が途絶えてしまうと日々の生活も困難になってしまいますので、理想を言えば、現在の会社を辞める前に転職活動を進めて次の就職先を決めておくというのが最も安心で確実なステップです。

しかし、毎日会社に出社して忙しく働く会社員の方が、働きながら自分だけで無数にある様々な企業の求人情報を集め多くの応募書類を提出して転職活動を行うことは、現実には非常に困難だと思います。

そして会社の仕事の片手間で時間も余裕もない中でのいい加減な転職活動の結果、再びとんでもないブラック企業に転職してしまったら、元も子もありません。

かと言って会社を完全に辞めてしまってから転職活動を始めて次の職場を探すというのは、完全な無職期間や無収入期間が生じてしまうのでリスクが高い…

そこでオススメなのが、現在の会社で普通に働きながら、転職のプロが転職を手取り足取りサポートしてくれる「転職エージェント」に、あなたの転職活動をお任せしてしまうことです。

会社を辞めずに働きながら転職エージェントを活用すれば、あなたの満足する良い転職先が見つからなければ、転職を取りやめて現在の会社で働き続けることも可能ですので安心です。

自分に合った会社や職場を探してくれる転職エージェント

実際に一歩を踏み出して転職活動をしてみようと思っても、転職が初めて方の場合や転職経験の無い方の場合、履歴書・職務履歴書の書き方や、応募する仕事の選び方、面接のノウハウなど分からないことや不安なことだらけだと思います。

そこで、転職エージェントを活用して、実績豊富な転職のプロに自分に合った会社や職場を探してもらうのが確実で手間の掛からない方法です。

転職エージェントの利用料は最初から最後まで全て無料です。

会社に在職中の会社員の方であってもキャリア相談や求人の紹介を受けることが出来ます。

転職エージェントに登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングし、あなたの適性にあった業界や業種、あなたの年収アップの可能性などを検討して、オススメの求人をピックアップして紹介してくれます。

転職エージェントを活用することで、エージェントがあなたと企業との間を仲介して給与交渉を行ってくれるので、年収などの待遇アップの可能性も大幅に上昇します。

また、転職エージェントの求人は離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業は除外されているので、転職に失敗してブラック企業に就職してしまうリスクも減らすことが可能です。

転職未経験者には悩ましい履歴書や職務履歴書などの作成も、経験豊富なプロであるエージェントに相談や質問をしてアドバイスしてもらうことでスムーズに行えますので安心です。

おすすめの転職エージェントについては以下の記事で紹介しています。是非こちらから自分に合った転職エージェントをお探し下さい。

参考:初めての転職希望者にオススメの転職サイト・転職エージェントのランキング

以上、「ブラック企業を辞める方法。ブラック企業を辞めたいのに辞められない理由毎にアドバイス」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする