上司から怒られる毎日で会社への出勤が精神的に辛い場合の解決法は、転職サイトへの登録

上司から怒られる毎日で会社への出勤が精神的に耐えられないほど辛い場合の最高の解決法は、働きながら転職サイトへも登録することです。

しかし、転職サイトに登録しろとは言いましたが、私は「今すぐにその会社を辞めて転職しろ」と言っているわけでは決してありません。

もちろん転職サイトを活用して良い転職先が決まれば、今の会社を辞めて転職してしまってもいいのですが、それ以上に精神衛生的な面で転職サイトへの登録は非常に有効なのです。

「転職サイトへ登録して精神的に逃げ道を作っておくこと」それが、まだなかなか仕事も出来ずに会社で上司から注意・叱責され怒鳴られる毎日で精神的に追い込まれズタボロになりがちな20代の若いサラリーマンが、人間としての最低限の尊厳を保ち、精神的なゆとりを確保する上で非常に効果的な解決法です。

そして転職サイトに登録して求人を探すなど、ネット上だけでも転職活動を進めていくことで得られる僅かな精神的なゆとりが、あなたが精神的な限界に達して鬱やパニック障害などにならずに会社に出勤し続けられる心の中の防波堤となってくれます。

自分の心の中に精神的に逃げ込める棚を作れ!

上司や先輩に怒られ叱責される会社生活が辛いという方に声を大にして言いたいのは、「自分の心の中に精神的に逃げ込める棚を作れ!」ということです。

「自分の心の中に棚を作る」とは、叱責されて怒鳴られても、心の中で自分のミスや能力不足を棚に上げて身を護るためのマインドセットです。

毎日怒鳴られ叱責される会社生活を送っている方が陥りがちなのは、今自分が働いている会社での仕事の出来が自分の人間としての価値の全てだと視野狭窄に陥ってしまう精神状態です。

そして会社で毎日怒鳴られ叱責され否定され続けているうちに自信を喪失し、まるで自分がこの社会や世の中に生きていてはいけない落ちこぼれの駄目人間の様に思い込んでしまう。

そしてこの様な精神状態と自己認識が悪化すると、鬱病やパニック障害などの精神疾患に陥ってしまったり、酷い場合だと「こんな役立たずの自分は死んでしまった方がいい」「こんな否定されるだけの苦しい世界から逃げ出して楽になりたい」と、衝動的にビルから飛び降りたり線路に飛び込んで自らの命を絶つ自殺という最悪の選択を選んでしまう場合すらあるのです。

しかし、実際は人間の価値なんてそんな画一的に測れるものでは決してありません。

仕事が人生の全てでも、仕事の出来る出来ないが人間の価値の全てでもありませんし、さらに言えば、あなたが現在の会社で携わっている業務での能力は、あなたが持っている仕事の能力のほんの一面的なものに過ぎません。

下のバスケットボールのフリースローをするイチローの動画を見てみて下さい。

野球の世界では打撃も走塁も守備も万能なスーパースターのイチローであっても、苦手なバスケットボールではそこら辺の運動音痴のヲタクの中学生以下の不器用で下手糞でブザマな動きしか出来ないのです。

たとえあなたが現在の職場ではどうしようもなく仕事が出来なかったとしても、それはもしかするとあなたにとっての現在の仕事は、イチローにとってのバスケットボールであるかもしれません。

この様な発想で、自分の心の中に精神的に追い詰められそうになった時に逃げ込める棚を作っておくのです。

転職サイト登録は心の中に逃げ込める棚を作ることになる

しかし、新卒から同じ会社でずっと働いていて自分が勤めている会社の外の世界を知らない状態だと、どうしても視野狭窄な心理状態に陥り、「現在の会社での仕事の能力=自分の価値の全て」という思考になってしまいがちです。

この様な視野狭窄の思考は、自分の逃げ道を完全に塞がれてしまったような心理状態を生むことになり、精神衛生の面でも非常に危険です。逃げ道を塞がれた視野狭窄の思考は、鬱病やパニック障害などに陥ってしまいやすい自己否定的に心理状態に繋がるからです。

この様なネガティブな心理状態となってしまった場合の最良の解決法は、強制的に自分の視野を広げて、勤め先の会社での仕事が人生の全てという視野狭窄の思考から脱することです。

そしてこの視野狭窄の思考からの脱出において最高の効果を発揮するのが、インターネットでの転職サイトへの登録なのです。

転職サイトに登録すると、非常に多くの様々な求人を目にすることになります。

  • 大企業から中小企業まで、あなたの勤め先の会社とは全く規模も社員数も違う会社
  • サービス業から製造業まで、あなたの勤め先の会社とは全く異なる業界の会社
  • 肉体労働者から営業マンまで、あなたの会社での仕事とは全く異なる職種

転職サイトに登録することによって、あなたは様々な求人をより具体的で身近なものとして感じるが出来るでしょう。そしてこの日本には本当に多種多様で様々な会社や仕事や職種があることを実感することが出来るでしょう。

この日本には400万社以上もの会社が存在しています。

あなたの勤め先の会社はその様な数多くの会社のうちのたった一つにしか過ぎません。

そう考えれば、たとえ今の会社があなたには合わなくとも、そして今の会社の仕事があなたには上手く出来なくとも、あなたには他にいくらでも可能性があると思えませんか?

この様な理由で、ミスをして上司に叱責されたり罵倒された時に、自分のミスを棚に上げて逃げ込める精神的な避難所である「心の中の棚」を確保するためには、転職サイトへの登録が非常に有効なわけです。

この様な「今の会社は世の中の仕事のほんの一部」という視点を持って会社で働くことによって、たとえミスを注意され叱責されて怒られる毎日であっても、あなたが自分自身の価値を完全否定してしまうことはなくなります。

たとえ仕事が出来ずに上司に「お前はダメだな」と完全否定されても、転職サイトに登録して形だけでも転職活動することで得た「心の中の棚」に逃げ込むことで、心の中で常に「この会社では駄目でも他の会社がある」「この仕事は出来なくとも他の仕事がある」と精神的に自分を追い詰め過ぎてしまわない為の逃げ道を確保することが出来るのです。

そしてこのことは仕事が原因での鬱病やパニック障害や自殺を予防する面で非常に有効です。

以前の職場ではダメダメだった私も今は「仕事が出来る人」という評価になりました

私自身の体験談的な話になりますが…

以前の職場であるホテルのフロントマンとしては、どうしようもなくダメダメで毎日怒鳴られ叱責されていた私も、現在のIT関連の仕事では上司からも社外からも「仕事が出来る人」という評価になりました。取引先からも「流石です」というお褒めの言葉を多く頂く様になりました。全く仕事が出来ずにダメダメだったホテルマン時代では絶対にあり得なかったことです。

そして給与面でも現在は時給換算で当時の3倍以上の水準になりました。

今の状況と比べて当時を思い返しても、人間の評価はその仕事内容や環境によって本当に大きく変わるものだなとつくづく思います。

以前の職場でどうしようもなくダメダメで毎日怒鳴られ叱責されていた頃の私は、視野狭窄の状態に陥っており、この世の中には他にも様々な種類の仕事があること、他にも自分に適正のある出来る仕事があることなど全く考えもしていませんでしたので、自分は社会不適合の劣等人間だと思っていました。

しかし、それは当時の自分が住む狭い世界の中だけでの一面的な事実や評価にしか過ぎなかったということです。

はてな匿名ダイアリーでも、まさに私みたいな経験をされている方の体験談がありましたのでご紹介します。

無能と思われたら職場を変えたらいい – はてな匿名ダイアリー
https://anond.hatelabo.jp/20170204103326

この体験談の方は30代後半の男性で私より少し年齢は上ですが、飲食業→WEB制作会社→広告代理店→WEBコンサルタント→フリーランスという職歴です。

最初の飲食業では半年で鬱になり

「お前のような奴は何をやっても続かない」
「根性のない奴は一生負け続ける」
「大卒は考えるだけで、行動が伴わない無能ばかり」

と言われながら離職。

2社目の従業員8人のWEB制作会社ではアニメやゲーム関連のサイトの制作進行を任され、能力を非常に高く評価される。

引き抜きされた3社目の広告代理店では、クライアントやクリエイティブディレクター、制作チームとの板挟み状態となり

「部門結成以来のババを引いた」
「あいつの案件になるなら降りる」

など言われて半年で鬱病再発して離職。

4社目の自治体や役所のサイトのWEBコンサルでは、前職や前々職で作った人脈やノウハウが重宝され、常駐管理部門のトップとして役員待遇で本社に帰還。

そして現在はフリーランスに転職して好きな仕事をやっている。

この投稿者の方の最後のメッセージは以下ですが、この意見には私の実体験からも本当に心から同感です。

もし、今「無能」と言われて苦しんでる人がいたら

色々と動いてみたら良いと思う。

貴方を必要としている職場は確実にあるし、

楽しい職場もつらい職場もある。

無能と言われるような状況に身を置くのはやめたらいい。

大丈夫。無能な人間はいない。

無能にされてしまう場があるだけだから。

転職サイトに登録して改めて自分を見直してみては

仕事が出来ずに毎日の様に怒られ叱責されて悩んでいるあなたにも、他の得意な仕事、適性のある仕事を見つけられる可能性は十分にあるのではないかと思います。

もちろん、もしかすると、本当に自分に向いた得意な仕事など一つもないという可能性も否定は出来ません。

しかし、本当に他の仕事に対しても全く適性がないかどうかは、実際にその仕事に就いてみなければ分りません。最初からそれを諦めてしまうことは、自分で自分の人生の可能性を全て閉じてしまうことと同じです。

例えばですが、もしイチローが間違ってバスケ部に入部して、そのまま「俺はどうしようもなく下手糞だ!」「運動音痴の俺にはスポーツの才能はない!」と思ったままバスケを続けていれば、今日のスーパースターのイチローは誕生しなかったはずです。

本当は野球では超一流の才能があるにも関わらず、自分に不向きなバスケットを続けた為に自分が駄目だと思い込んで、人生の可能性を自ら潰してしまうイチロー。

もしかすると、仕事が全く出来ずに「自分は無能だ」「自分は他人より劣っている」と悩む現在のあなたも、バスケ部に入部してしまったイチローと全く同じ状態なのかもしれません。

インターネットで転職サイトに登録したとしても、必ず今の会社を辞めて転職しなければならいという訳ではありませんので、リスクは全くありません。

視野狭窄の精神状態に陥ることを予防する意味でも転職サイトに登録して、あなたの勤める会社内だけの価値観に縛られずに、改めて客観的に労働市場での自分の強みや市場価値を見直してみてはいかがでしょうか。

自分の強み・長所を見つける無料診断サービス「グッドポイント診断」

人にはそれぞれ強みと適性がありますが、自分では客観的に把握しづらいものです。

リクルートキャリアが提供する「グッドポイント診断」は、転職・求人業界の最大手であるリクルートが持つ独自のノウハウを活かして開発した、約30分でできる無料の本格診断サービスです。

無料で会員登録して診断に答えるとあなたの強みが判明し、診断結果は自己分析にも活用できることでしょう!あなたの強み(グッドポイント)をさっそく見つけてみませんか?



無料診断サービス「グッドポイント診断」の3つの特徴

  • 簡単に自己分析できる
    アピールポイントの発見に!質問に答えていくだけで、あなたの強みを客観的に把握!
  • 応募時に強みを伝えられる
    応募書類見直しのきっかけに!応募時に志望企業へ診断結果を添付して送れる!
  • 面接前の準備に活用出来る
    面接対策用としてセルフチェックに!強みと共に伝える経験談を事前に検討しよう

グッドポイント診断は以下ページから会員登録して無料で行えます。

会員登録して「グッドポイント診断」を行う【公式サイト】

無料の市場価値診断サービスMIIDAS(ミーダス)

リクルート提供の「グッドポイント診断」の他にも、MIIDAS(ミーダス)という無料の市場価値診断サービスが提供されています。より客観的に自分の適性や市場価値を把握するために、こちらの診断も合わせて利用してはいかがでしょうか。

MIIDAS(ミーダス)はインテリジェンスの新しい人材サービスブランド。200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出します。



市場価値診断サービスMIIDAS(ミーダス)の特徴

  • 転職別、年齢別、学歴別の年収データ(200万人以上)の年収データを全て公開。
  • あなたが比較したい人(属性)と自分の年収を比較できます。7万人の転職実績データから、あなたの本当の市場価値を見出します!
  • 自分と同じようなキャリアを持つ人材が、どんな仕事に、どれくらいの年収で転職しているのかを知ることができます。
  • 職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等一切不要。
  • 無料で登録してMIIDASの質問に答えるだけで、あなたの本当の市場価値が分かります。
  • 今求められているスキルや経験だけを質問するのでとても効率的。
  • その人のキャリアに応じて、質問事項を変えるのでとても正確。

MIIDAS(ミーダス)の市場価値診断サービスは以下のページからユーザー登録して無料で利用出来ます。

無料の市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)【公式サイト】

以上、「上司から怒られる毎日で会社への出勤が精神的に辛い場合の解決法は、転職サイトへの登録」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする