ブラック企業の薄給会社員って苦労を掛けている妻や家族に申し訳ないと思わないんですか?

ブラック企業の薄給会社員って苦労を掛けている妻や家族に申し訳ないと思わないんですか?

薄給のあなたの少ない給与の為に苦しい家計のやり繰りを強いられている奥様、ひもじい暮らしを強いられている子供たち。ブラックな職場で大変の思いをしているあなた以上に、彼らはあなたがブラック企業で働いていることの犠牲者です。

「もっと妻を楽にしてあげたい」「家族に良い暮らしをさせてあげたい」それは男として一家の主として当たり前の願望であり、そして人間として当たり前の気持ちです。

もしもあなたにもこの様な当たり前の気持ちがあるのなら、転職活動が怖いからとズルズルと今の会社や職場で働き続けている場合じゃないはずです。

30歳前後にもなって年収300万円。そんな薄給のブラック企業にこのまま勤め続けていても、あなたの将来のキャリアには全く何のプラスにもなりません。

30代後半や40代などの中年の年齢になって完全に手遅れになってしまわない様に、出来るだけ早く、まだ転職が可能な年齢のうちに転職活動を行い、ちゃんとしたまともな給与と待遇の会社に勤め直すべきです。

25万円の月給で月の手取りが20万円。年収300万円の給与でボーナスもなし。

こんなフリーターの様な少ない収入で奥さんは一体どんな思いで家計をやり繰りしているでしょうか。首都圏に住みお子さんなどもいる家庭の場合、毎日を生きて行くことですら本当にギリギリだと思います。200円のパック牛乳ですら買うことを躊躇ってしまうような家計状況ではないでしょうか。

スーパーに売られている1,000リットルで200円ちょっとの「明治おいしい牛乳」ですら贅沢で手がでない。そんなひもじい思いをされているはずです。

「こんな収入では生きていけない」と奥様から夫であるあなたに家計の悩みを相談されることも多いのではないでしょうか。

あなたの仕事と人生はあなただけの仕事と人生ではない

忘れてはいけないのは、あなたが結婚しているのなら、そしてさらにお子様が生まれているのなら、あなたの仕事と人生はあなただけの仕事と人生ではないということです。

あなたが結婚もせず家庭も持たず子供も作らず1人で気楽に生きているのであれば、あなたが何をしようがどう生きようがそれはあなたの勝手です。ブラック企業に勤め続けようが、薄給だろうが、そんなことはあなたの勝手であり、誰にも文句を言われる筋合いなどありません。

しかし、あなたが結婚をして子供を作られているのであれば、あなた自身が彼らの人生までも責任を持って背負わなければなりません。ちゃんとその様な自覚は持てていますか?

愛する妻の人生、そして大切な子供の人生、それをあなたの仕事と収入によって背負わなければならないのです。結婚して子供を作るということは、本来はそこまでの覚悟をしなければ許されないことです。

「俺の仕事なんだから俺に好きに決めさせてくれ」そんな考えは完全なる甘えです。奥様と家族に対する精神的な甘えです。

あなたの人生も、そしてあなたの仕事も、あなただけの人生であり、そしてあなただけの仕事であるというわけではないのです。

あなたがブラック企業での仕事を選び、ブラックな生き方へと突き進んで行ければ、あなただけではなくあなたの家族も真っ暗闇の人生へと巻き込まれていきます。

お金だけが人生の全てではない。確かにその通りですが、ブラック企業に勤めて長時間労働も当たり前で余裕のないあなたは、日々の仕事で消耗してまともに家庭を顧みることすらしていないはずです。

ちゃんとしたホワイトな会社で働いているパパであれば、休日や祝日は家族サービスに充てる精神的な余裕もあるでしょう。しかし、ブラック企業に勤めているあなたは、残業続きの平日の仕事で疲れ切って休日や祝日はただゴロゴロ寝ているだけ。酷い場合は土日も会社に出勤して仕事をさせられているかもしれません。

激務で消耗の激しいブラック企業で勤めながら、家族サービスや奥様の家事や子育ての手伝いをする余裕など果たして持てるでしょうか?

精神的に豊かな生活を送る為には、現実的には最低限の収入や給与などの金銭的な余裕が必要ですし、ゆとりある労働と余暇の時間での時間的な余裕も必要になります。

貧乏でも家族の為に身を削り働き続けるのは美談ではない

給与や収入が少なく貧乏であっても、家族の生活の為に身を削って働き続ける父親や夫。

それは国民のほとんど皆がまだ貧しかった戦後の昭和の演歌の世界ではひとつの美談かもしれませんが、インターネットが発達して個人が自由に転職活動を行い仕事を選ぶことが出来る様になった現在の日本では、そんな生き方は全く美談でも何でもありません。

それはただのあなたの怠慢です。家族の生活の為に転職活動すら行おうとしないあなたの怠慢が、あなたの家族に貧乏の犠牲を強いているのです。

現在は、働きながらであってもインターネットから転職サイトに登録して、誰でも転職活動が行える時代になりました。

良い転職活動によってよい転職先が見つかればそこに転職すれば良いですし、たとえ良い転職先が決まらなかったとしても、転職活動をすることにリスクは全くありません。

そしてさらに現在の日本は深刻な人手不足であり、バブル期以上の空前の売り手市場の労働市場です。正社員の求人も拡大しており、転職活動には最高の大チャンスが到来しているのです。ブラック企業から逃げ出すのなら、この絶好の機会を逃す手はありません。

求人倍率 バブル期超え 4月1.48倍、43年ぶり水準 – 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS30H26_Q7A530C1MM0000/

企業の人手不足感が一段と強まっている。厚生労働省が30日発表した4月の有効求人倍率(季節調整値)は前月より0.03ポイント高い1.48倍だった。バブル経済期の水準を超え、1974年2月以来43年2カ月ぶりの高さとなった。4月は完全失業率も2.8%と低く、雇用情勢は「売り手市場」の様相を強めている。

有効求人倍率は全国のハローワークで仕事を探す人1人あたり何件の求人があるかを示す。4月は2カ月連続で上昇し、バブル期で最も高かった90年7月の1.46倍を上回った。正社員の有効求人倍率は0.97倍で2004年に統計を取り始めて以来最高だった。企業は長期の視点で人手を確保するため、正社員の求人を増やしている。

あなたが結婚をしているブラック企業の薄給会社員であるなら、あなたの奥様を幸せにするために、そして家族や子供たちの将来のために、「どうせいい仕事なんてないから」などと言い訳をしながらズルズルと現状維持に甘んじてしまう怠慢な気持ちを振り払い、勇気をもって一歩を踏み出し、転職活動を始めてください。

会社員が転職をする場合、転職サイトかもしくは転職エージェントを活用することになります。転職サイトと転職エージェントのそれぞれのメリットとデメリットがありますので、転職を検討される方は以下の記事をお読みください。

参考:転職サイトと転職エージェントの違い。転職の決心や心の準備ができない場合は転職サイトの利用が無難

あなたとそしてあなたのご家族の幸せを願っています。

以上、「ブラック企業の薄給会社員って苦労を掛けている妻や家族に申し訳ないと思わないんですか?」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする