会社や職場での人間関係の悩みは深刻。解決法は他人のことは気にしないこと

会社や職場での人間関係の悩みは深刻です。毎日出勤して顔を合わせる上司や同僚との人間関係が上手くいかない。それはまさに地獄だと思います。

私自身は人付き合いが上手い方ではありません。というより完全に下手な方、それも100人の1人くらいのレベルのコミュ障で相当に下手な方です。完全に人嫌いの領域です。ただ、他人のことを気にしないため、会社や職場での人間関係の悩みというのは全くありませんでした。

職場の人間関係に悩んでいる方の解決法としては、私と同様に他人のことを気にしなければ良いのではないかと思います。

無理に他人のことを気にして合わせようとしたりするよりも、私も相手に興味がない、相手も私に興味がない。そんな関係で割り切る方がお互いにハッピーではないでしょうか。

お互いに気が合う相手であれば、自然にしていても話が尽きないかと思いますが、合わない人間同士が無理に合わせようとすると疲れますしストレスです。それなら最初から無理をしてそういう相手と話などを合わそうとせず、その存在を気にしないのが一番です。

職場に一人くらい輪をはぐれた人間がいてもいいはず

職場に一人くらい人間関係の輪からはぐれた人間がいてもいいのではないでしょうか。

会社の職場の人間が全員仲良く一緒に居ることの必要性が理解出来ません。職場の人間同士が一緒に行動することを強制される法律や規則など存在もしていないはずです。

他の同僚のことなど気にせず堂々とはぐれてボッチで居ましょう。堂々とボッチで居るのが目立って恥ずかしいのであれば、コソコソとボッチで居れば問題ありません。私はどちらかというと職場でも目立たない様にボッチで居るタイプです。

逆に職場の全員が異常に仲が良くていつも一緒にいる様な会社は気持ち悪くないですか?

お客様の立場から考えても、物販サービス業などで店員同士で余りにも仲が良く楽しそうにお喋りして盛り上がっているお店は、自分の存在が蔑ろにされているようで、あまり気分の良いものではありません。

また、組織の多様性から考えても、中には一人くらい人間関係の輪に加わらない異分子的な社員が居た方が、組織にとってプラスになるのではないかと思います。

日本の企業組織は集団主義的過ぎるのではないか

自分のコミュ障を棚に上げて日本の企業文化まで風呂敷を広げて語り出してしまいますが、日本の企業組織は集団主義的過ぎるのではないかと思います。

あくまでも相手は相手。こちらはこちら。全く別の独立した人間です。全く同じ考えを持っている必要などありませんし、無理に話を合わす必要もありませんし、一緒に仲良く居なければいけない理由などありません。お互いに危害さえ加えなければそれでいいはずです。

職場は中学生のクラスの女子グループとは違いますし、大学のサークルとも違います。職場は仕事をして働くための場所です。会社や職場の意味を考えれば、どう考えても私の様な考え方の方がまともなはずです。

労働をして賃金を得る為に企業に勤めているわけで別に友達が欲しくて会社で働いている訳でもないのに、プライベートの時間を費やしてに職場で一緒に飲みに行ったり、まるで同僚全員が友達の様にまとまっていなければいけないという様な日本の会社の空気。

私には理解に苦しむ風潮ですが、外国人の方からしたらもはや完全に理解不能でしょう。

むしろ私の様な「自分は自分、相手は相手」という考え方の方が、おそらく世界的な視野で見れば正常で普通ですし、一般的なのではないでしょうか。

人並みに仕事をやっていれば別に何も言われない

私自身は現在は完全な在宅ワークですが、在宅ワークになる前は職場でこんな感じで働いてきましたが、人並に仕事をしていれば特に何も言われません。

相手に無理に話を合わしたり気を遣ったりしないので、仕事に集中することが出来て能率も上がりますし、精神的にも非常に楽です。

私も以前は無理に職場の上司や先輩に話を合わす様にしていたのですが、ある時からその様な姿勢を完全に放棄したことで、会社でも余計な気を遣う必要がなくなり、職場での非常に居心地良くなりました。

周囲からは付き合いの悪い同僚・部下という感じで見られていたと思いますが、人並に真面目に仕事をしていますので特に注意されたり、表立って問題視されることもありませんでした。

「あの人はああいう孤独で無口な人なんだね」という感じで自分の性格や態度が職場で共通認識のキャラとして完全に認知されると、無理に気を遣ったりする必要が完全になくなりますので、非常に楽になります。

一度「あの人はああいう孤独で無口な人なんだね」という様に認知されてしまえば楽になりますので、それまでは頑張って自分のスタンスを貫きましょう。

職場での人間関係は軽視してもいいが挨拶だけは重要

この様に職場の同僚と雑談すらしない人間関係軽視の私ですが、挨拶だけは必ずしっかりとする様に心掛け、とても気を付けていました。

挨拶だけはしっかり全員にしておかないと、一緒に仕事をしている中で何か仕事の用件があったり、疑問点や確認点などがあった時に声を掛けにくくなってしまうからです。

そうなりますと、業務や仕事にも非常に大きな支障が出てしまいますので、職場の上司や先輩、同僚、部下、後輩に対しても挨拶だけは軽視せずにしっかりと丁寧に行っていた方がいいと思います。

コミュ障の私にとっては、毎日の挨拶さえしっかりして、あとは相手は相手、自分は自分という感じでマイペースで働くというのが、一番余計なストレスもなく精神的に楽に職場で働ける方法でした。

どうしても職場の人間関係が合わないなら転職するのも手

ただ、この様に周りを気にせずマイペースを貫いても、どうしても職場の人間関係が合わないのなら、現在の職場を離れて他の会社や職場へ転職をしてしまうのも問題を解決する一つの手です。

やはりどうしても人間と人間には相性と言うものがありますから、職場の同僚や先輩の方のほとんどが、自分と合わない性格だったり、自分と全く合わない価値観だったりすると、その会社で働き続けることは辛くなってしまうのではないでしょうか。

現在の日本は深刻な人手不足で、かつてに比べると正社員の中途採用の求人も豊富にあり、転職などがしやすい状況になっていますので、人間関係が原因で会社を辞めても、次の職場に困る様なことは起こり難くなってきています。

ただ、最初に会社を辞めてしまうのは非常にリスクがありますので、現在の職場で働きながら転職サイトに登録してインターネットで転職活動を進めておき、次の就職先が決まってから現在の会社を辞めて転職する形が一番確実です。

業界最大手であるリクルートが提供する転職サイトの定番「リクナビNEXT」

求人業界の最大手であるリクルートが運営する転職サイト「リクナビNEXT」には、9,000件前後もの豊富な求人が掲載されています。多様な業界や勤務地から条件に合う会社や職場を見つけることが可能です。

インターネットから会員登録をすれば利用は完全に無料ですので、転職をご検討の方はこちらからご登録下さい。

リクナビNEXT【公式サイト】



ただし、転職サイトに掲載された求人情報だけではその企業の実態を知ることは出来ません。ブラックな仕事の求人に引っかかってしまわないように、口コミの投稿から会社の内部事情や社員の満足度といった実態を知ることの出来る転職情報サイト「キャリコネ」もリクナビNEXTと併せて利用することをお勧めします。

登録企業数43万社の転職情報サイト「キャリコネ」

企業が一般の求人サイトや転職サイトで外部に向けて公開している求人情報だけを見て、安易に就職先を絞ったり転職活動をしてしまうことは非常に危険です。

なぜなら、企業発信の求人情報には当然ですが「都合の良い事」しか掲載されないからです。

そこで「転職に失敗して後悔したくない」「もう二度とブラック企業には就職したくない」という方には、転職情報サイト「キャリコネ」への登録をおすすめします。

「キャリコネ」は企業の口コミ情報サイトとして登録企業数43万社以上を網羅し、多くのビジネスパーソンや転職志望者から支持を得ている転職情報サイトです。

サイトに会員登録することで、口コミなどの内部情報も含めて、多角的な視点で多くの企業の待遇・年収・企業風土・社員の満足度といった実態を比較することが可能です。

「今すぐ転職する」という方だけでなく、現職に不満や不安をお持ちの方も、同業他社の口コミや年収を確認し「転職すべきかどうか」を判断するためにもサイトを活用できます。

転職を検討されている方は、まずは「キャリコネ」に登録して求人情報や企業情報を確認して下さい。以下の公式サイトから無料で会員登録可能です。

登録企業数43万社の転職情報サイト「キャリコネ」【公式サイト】



以上、「会社や職場での人間関係の悩みは深刻。解決法は他人のことは気にしないこと」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする