無職だからと安直にハローワークや職安で求職してはいけない理由は酷い求人しかないから

「無職の就職活動はハロワークや職安から」そんな先入観を持っている方は非常に多いのではないでしょうか。

しかし、現在の日本では、無職だからと言って安直にハローワークや職業安定所で就職活動をして社会復帰しようとしてはいけません。現在のハローワークや職業安定所は、実質的に失業手当を受ける手続きの為だけにある施設です。

無職やニートの方であっても、本気で社会復帰する為に就職活動をするのであれば、絶対にインターネットで転職サイトに登録して就職活動をするべきです。

無職だからと言って安直にハローワークや職業安定所で就職活動をしてはいけない理由、そしてまずは絶対に転職サイトに登録してインターネットで就職活動をするべき理由を詳しく説明していきます。

ハローワークはブラック企業や酷い仕事の求人しかない

なぜ無職だからと言ってハロワークや職業安定所で就職活動をしていはいけないのか、はっきりとその理由を言ってしまえば、それはハロワークや職業安定所にはどうしようもない薄給のブラック企業や誰もやりたがらない酷い仕事の求人しかないからです。

誰もが知る様なちゃんとした有名な大企業であれば、何もしなくても有名大学の新卒の学生たちが大量に殺到して採用に応募してくれますので、ハロワークや職業安定所に求人を出してわざわざ無職の方を雇う隙間なんて全くありません。

日本の大企業は新卒以外は99%正社員として採用しませんし、特に無職の方などは大企業へのホワイトカラー正社員としての就職は100%無理ですので、最初から完全に諦めて下さい。

しかし、日本の企業は大企業だけではありません。

むしろ中小企業は日本の企業の99.7%を占め、新卒で入社した会社を身体を壊して辞めて無職になり現在はホワイト零細企業に勤めている私自身なども含めて、日本のサラリーマンや会社員の大半が中小以下の規模の企業に勤めています。

日本を支える中小企業:中小機構
http://www.smrj.go.jp/recruit/environment.html

中小企業は、日本の全企業数のうち99.7%を占め、私たちの生活に密着した財やサービスの提供を行っています。

(中略)

また、中小企業全体で約3,400万人の方が雇用されており、これは、日本の従業員の約7割が中小企業で雇用されている計算になります。

ですので、無職の方が就職を狙うべきはこの様な中小企業の求人や採用です。

しかし、ここで重要になるのは、その際にどの様な中小企業を狙うかです。

中小企業や零細企業と言ってもその実態は千差万別です。中小企業の仕事だからと言って必ずブラック企業であるというわけでなく、中には大企業以上の素晴らしい待遇のホワイト中小企業も多くあります。一方でどうしようもない潰れかけのゴミの様な中小企業、社員に対してまともな給与や待遇も保障出来ない様なブラック中小企業が無数にあることも確かです。

参考:IT企業で中小・零細なら100%完全にブラック企業?決してそんなことはありません

ですので、無職の方が現実的に中小企業に狙いを定めて就職活動をする場合も、ホワイトな中小企業に就職できるように、そしてブラックな中小企業を絶対に避ける様に考えなければいけません。

そして、1つ言えることは、ハロワークや職業安定所の求人は100%全てがゴミだと言うことです。もしかしたら奇跡的に良い会社や仕事の求人もあるかもしれませんが、ハロワークや職業安定所の求人の99%は待遇も給与も労働環境も最低のゴミだと言うことは言えます。

せっかく再就職によって無職から脱して社会復帰しても、この様などうしようもないブラック企業の仕事に就いてしまうと、激務で鬱病になり休職してしまう、長時間労働で身体を壊して離職してしまう、働いていても給与少な過ぎてまともな生活が送れなくなってしまうなど、元の木阿弥の結果になる可能性が非常に高いのです。

ですので、ハロワークや職業安定所のゴミの様な求人に飛びついては決していけません。

ハロワークや職業安定所には酷い求人しかない理由

なぜハロワークや職業安定所には、待遇や給与も悪く、誰もやりたがらない様な激務の酷い求人しかないのか?

それは転職サイトでは全く相手にもされない様な会社が、ハローワークや職業安定所で求人を出しているからです。

転職サイトは特にRecruit(リクルート)やDODA(デューダ)などの大手の転職サイトや転職エージェントになりますと、日本全国から1万社以上の会社が高額のお金を支払って求人をサイトに掲載しているわけです。

就職希望者や転職希望者は、転職サイトの画面で求人を一覧で並べて、その数万件以上の大量の求人の中から、給与や待遇や業務内容や休日数を比較し、より自分にあった会社や仕事を選ぶことが可能です。

この様に大量の求人を比較出来る転職サイトでは、給与や待遇などの面でまともな条件を提示出来ない求人は、就職希望者から全く相手にすらされないというのはごく自然の流れです。

大量の求人が掲載されていてインターネット上でそれを自由に比べられる中で、就職希望者や転職希望者がわざわざそんな求人を選ぶ理由など全くないからです。

そして、この様に転職サイトに掲載する様な資金すらなく、求職者からも全く相手にされずあぶれた様な会社が、ハロワークや職業安定所に求人を出してきます。

なぜなら、ハロワークや職業安定所はタダで求人情報を掲載でき、また求職者の側も「とにかくどこでもいいから正社員として会社に勤めて無職を脱して社会復帰したい」と非常に焦っている無職の方が多いからです。

その為、ハロワークや職業安定所では、どうしようもないブラック企業であっても求人情報を掲載し、「正社員」という待遇を餌としてぶら下げることで、社会復帰に焦る無職の方からの応募を集めることが出来てしまうのです。

社会復帰や正規社員としての雇用を焦るばかりに、この様なブラック企業の求人を選んで就職してしまったら一体どうなるか、激務で薄給のブラック企業で日々消耗するだけの大変な人生を送るハメになってしまいます。

ハロワークや職業安定所にもメリットはある

この様にブラック求人だらけで無職者の再就職活動にも絶対におすすめ出来ないハローワークや職業安定所ですが、一応以下の5つのメリットがあります。

  1. 職員に相談しながら仕事を探せる
    ハローワークの職員に相談しながら転職活動を進めていけるので、自分にはどんな仕事が向いているのか悩んでいる人でも安心して利用することができます。また、面接の日程を組んだ入りなども全てハローワーク側で行ってくれるので手間が省けます。
  2. 他の手続きと並行して仕事が探せる
    失業手当の給付手続きなど、ハローワークで行う他の手続きと並行して仕事探しができるので、効率が良いです。
  3. 地元の求人が多い
    地域密着の求人が多く、転職サイトや求人誌には載っていない近所の中小企業の求人も載っているので、家の近所で再就職先を探している人にとっては利用する価値はあります。
  4. 比較的採用されやすい
    競争率の低い求人が多いので、転職エージェントや転職サイトの求人に比べると採用ハードルは低いです。
  5. パソコンやスマホがいらない
    転職サイトや転職エージェントを利用する際は、パソコンやスマホなどが必須になりますが、ハローワークの場合はハローワーク内に設置されている端末を利用して求人を探して応募までできるので、パソコンやスマホを持っていない年配者でも気軽に応募することができます。
  6. 無料で職業訓練が受けられる
    ハローワークでは「公共職業訓練」の制度によりIT系・医療事務系・経理系・介護系など民間に委託された職業訓練を無料で受けられます。(ただし教材費の1万円程度は自己負担)

ハッキリと言ってしまえば、ハロワークや職業安定所は、パソコンやスマホなども持っていないしまともに扱うことも出来ない情報弱者の方がお手軽に就職先や再就職先を探すための施設だということです。

確かにその様な情弱の方のことを考えれば、ハロワークや職業安定所も社会に必要な存在だとは言えるでしょう。

ただ、このブログ記事を読んでいるあなたは、当然ですがパソコンかもしくはスマホは使える訳ですし、インターネットから自分で就職に必要な様々な情報を集めることが可能な訳です。

そんなあなたがわざわざハロワークや職業安定所で求人を探す理由は1つもありません。

無料の職業訓練は役に立つが内容は基礎的で十分な給与や待遇は得られない

賃金の安い酷い求人しかないなど散々なハローワークですが、無料の職業訓練を受けられるというのはハローワークの素晴らしいメリットです。

プログラミングスクールなどIT関連の教室に通えば数10万円程度の費用は当たり前ですが、職業訓練であれば1万円程度の教材費以外は完全に無料。

しかも「失業給付金」を受給しながら就職に必要な知識とスキルを学ぶことが出来ます。

IT関連の職業訓練であれば、フォトショップやイラストレーターの基本的な使い方、htmlなどの基礎的な知識と技術を学ぶことにより、WEBデザイナーなどへの就職の可能性が開けます。

しかし、職業安定所が委託する職業訓練の内容はあくまでも非常に基礎的な内容であり、専門技術者として十分な給与や待遇の職を得ることは難しいです。

十分な給与と待遇の得られる職を探しているのなら、まずは好待遇の求人も含めて幅広く求人が紹介されている転職サイトや転職エージェントに登録してみることをお勧めします。

まともな会社に勤めたいのなら転職サイトを利用すべき

まともな待遇と給与を得られるまともな会社に勤めて、人並みのまともな人生を歩みたいのなら、無職やニートの方であってもハロワークや職業安定所で就職活動や再就職活動をするのではなく、転職サイトかもしくは転職エージェントを利用して就職活動をするべきです。

転職サイトと転職エージェントの違いについては以下の記事をお読み下さい。

参考:転職サイトと転職エージェントの違い。転職の決心や心の準備ができない場合は転職サイトの利用が無難

20代のフリーターやニートなどの方で正社員就職を目指したい場合の転職エージェントとしては、以下の記事で紹介しているジェイック。

参考:既卒やフリーターから優良企業に正社員就職が可能なジェイック。注意点は営業職の求人が多いこと

そして以下の記事で紹介しているハタラクティブなどがあります。

参考:非正規は嫌だ!絶対に正社員になりたい!という20代のニートやフリーターを確実に就職させるハタラクティブ

しかし、覚悟が決まっていて本気で就職を目指す場合、まずは以下の記事でご紹介している一般向けの転職エージェントを利用して就職活動を行ってください。

参考:【転職支援実績で比較】初めての転職希望者にオススメの転職エージェントのランキング

これらの一般向けの転職エージェントを利用して全く就職先が見つからなかった20代のフリーターやニートの方の場合、ジェイックやハタラクティブなどをご利用下さい。

この様に無職の方の就職活動や再就職活動の場合も転職サイトや転職エージェントの利用が基本です。

ハローワークや職業安定所は、会社を辞めた元正社員の方が、失業手当を受ける手続きをする為だけにある施設と考えて下さい。

現在の日本はバブル期超えの歴史的な有効求人倍率で、どこの会社も「ニートの手も借りたい」という人手不足の状況ですので、まともな職歴のない無職やニートの方であっても、正社員としてまともな会社に勤めることが出来る可能性は決して低くはありません。

求人倍率 バブル期超え 4月1.48倍、43年ぶり水準(2017年5月30日付) – 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS30H26_Q7A530C1MM0000/

企業の人手不足感が一段と強まっている。厚生労働省が30日発表した4月の有効求人倍率(季節調整値)は前月より0.03ポイント高い1.48倍だった。バブル経済期の水準を超え、1974年2月以来43年2カ月ぶりの高さとなった。4月は完全失業率も2.8%と低く、雇用情勢は「売り手市場」の様相を強めている。

有効求人倍率は全国のハローワークで仕事を探す人1人あたり何件の求人があるかを示す。4月は2カ月連続で上昇し、バブル期で最も高かった90年7月の1.46倍を上回った。正社員の有効求人倍率は0.97倍で2004年に統計を取り始めて以来最高だった。企業は長期の視点で人手を確保するため、正社員の求人を増やしている。

自分が無職やニートだからと、安直にほとんどまともな仕事のないハローワークや職業安定所や求人を探して、しょうもないブラック企業に勤めてしまうことが本当に勿体ない、社会復帰には大チャンスの状況なのです。

まずは、数万件以上の求人を見ることの出来る転職サイトに登録して、しっかりと自分にあった仕事やまともな会社の求人を探すことを強くおすすめします。

以下は無職者が再就職や社会復帰をする際に最も重要なアドバイスです。就職活動や再就職活動を行う無職者の方は、まずは必ずこちらをお読み下さい。

参考:無職者が良い就職や再就職をする為に最も重要なことは焦らない慌てないこと

また、就職活動や再就職活動、転職活動の心得についても以下の記事で書いています。こちらもぜひお読み下さい。

参考:転職活動で失敗しない為に重要なのはインターネットの口コミ情報や転職サイトを活用すること

これはほとんど就職経験の無い引きこもりやニートの方に限定したアドバイスですが、まともに働いたことのない引きこもりやニートの方にとってガッツリ働く正社員の生活はハードなので、いきなり正社員になると心を折られて挫折してしまう場合が多々あります。

引きこもりやニートからの社会復帰を目指す場合、まずは派遣会社に登録して徐々に働くことに慣れてから正社員を目指すことが無難です。

参考:ニートからいきなり正社員はハードルが高い。まずは派遣に登録して働くことに徐々に慣れるべき

以上、「無職だからと安直にハローワークや職安で求職してはいけない理由は酷い求人しかないから」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする