フリーターから正社員への転職では年収400万円前後であまり大変でない楽な仕事が狙い目

フリーターから正社員への転職では年収400万円前後でそれほど大変でない比較的楽な仕事が狙い目です。

現在の日本では一部の大企業以外は年功序列が実質崩壊していますので、年収300万円以下の薄給の会社に就職しても、ロクに昇給も出来ず一生薄給で貧しい生活を強いられます。正社員としてその様な会社に就職するよりは、日本ではアルバイトやパートの時給が高騰し続けていますので、ずっとフリーターで居た方が良い暮らしをすることが出来るようになります。

一方で中途採用で年収500万円を超える様な仕事になりますと過酷な激務ですので、たとえ面接に受かって採用されたとしても仕事を長く継続して続けていくことが出来ません。特にこれまで自由にフリーターとして生きていた方には、その様な毎日仕事ずくめの過酷な労働環境に耐えて働き続けることはほぼ不可能です。

フリーターから正社員へ転職される方には年収400万円前後の会社、家賃などの生活費や給与の高い首都圏であれば年収400万円程度、給与の安い地方であれば年収350万円程度の会社で、出来るだけ仕事の楽で大変そうではない会社に正社員として就職して、長く仕事を勤め続ける働き方をお勧めします。

フリーターから正社員になって後悔する事例は意外と多い

フリーターから正社員への転職を考える上で気を付けなければならないのが、フリーターから正社員になって後悔する事例が意外と多いということです。

フリーターから正社員として就職したケースで後悔することが多いのは、主に以下の2つの不満が理由となっています。

正社員は毎月の給与の手取りが想像していた以上に少ない

正社員は毎月の給与の手取りが想像していた以上に少ない。これは特にフリーターから年収300万円前後の求人で会社に就職された方に多い不満です。

時給で毎月の給与を支払われるフリーター感覚であれば、年収300万は月給で25万円程度になり、生きて行くには十分以上の給与というように思ってしまいます。

この様なフリーター的な給与の基準で正社員として年収300万円程度の求人の会社に就職してしまい、毎日の生活費でギリギリの経済的に非常に苦しい生活に追い込まれてしまう、というケースが意外と多いのです。

現実には正社員の給与はフリーターの給与とは全く形態が異なります。

年収300万円はフリーターであれば毎月25万円程度の月給を得て、家賃などを支払っても十分に余裕を持って暮らして行ける金額になります。

しかし、正社員での年収300万円は月給では手取り17万円~18万円程度にしかなりません。

毎月支払われる月給21万円が12ヶ月分(250万円程度)と、年2回のボーナスの合算が50万円前後で合計して約300万円。これが正社員の一般的な給与形態です。

そして正社員の場合、会社の給与から社会保険料や厚生年金や住民税などが強制的に引かれますので、21万円程度の給与は実際に振り込まれる手取りでは17万円~18万円程度にしかなりません。

そのため、時給1,000円のフリーターでも月間200時間などそれなりの時間を働いていた方の場合、月収は20万円程度になりますので、フリーターから正社員となることで逆に収入が落ちた様な感覚となってしまうケースが多いのです。

働きづくめの毎日で自分の時間が全く持てなくなった

働きづくめの毎日で自分の時間が全く持てなくなった。これはフリーターから新規開拓の営業職や運送会社など、それなりの高い給与を貰えるものの激務の会社に正社員として勤められた方に非常に多い不満です。

フリーターからの中途採用でも年収500万円以上が十分に狙えるこれらの仕事は、人生の一発逆転を狙う美味しいチャンスの様に感じられるかもしれません。

しかし、これらの仕事は給与が高い一方で業務内容が過酷だったり長時間労働が当たり前の労働環境だったりで離職率が非常に高く、身体を壊したり仕事づくめの自分の人生に疑問を感じるなどして、就職してから4年~5年以内に仕事を辞めてしまう方が大半です。

給与は高くとも4年~5年以内に仕事を辞めてしまえば、結局はあまり多くの収入を得ることは出来ません。そこまで高給ではなくとも、あまり仕事の負荷が大き過ぎず無理なく長く務められる会社を勤め先として選んだ方が、結局は長い目で見て得られる収入は大きいのです。

大学新卒ですぐに大企業などに正社員として就職してずっと仕事を続けている同年代の友人や知人は、すでに年収も500万円近くに達しているかと思います。そのため、人生に焦りを感じて一発逆転を狙ってこの様な高い給与の仕事の求人に飛びついてしまうフリーターの方もいるかもしれませんが、そこで焦ってしまっては逆に遠回りすることになってしまいます。

本当に長く続けられる仕事か?ずっとその職場で働き続けることが出来るのか?

この様な長期的なキャリアプランを持たずに、高い給与の仕事にとびつき、そして結局数年で仕事を辞めてしまう。この間にも自分の年齢は上がってしまっており転職市場では不利になって行きますので、それほど高級ではなくとも贅沢せずに生活して行くには十分な金額の給与を貰え、そしてちゃんと長く勤め続けられる様な良い会社への就職がさらに難しくなってしまいます。

焦って高い給与の会社の求人に慌てて飛びつくような判断をしてしまうと、フリーターである自分と、すでにちゃんとした会社に就職して長く勤め続けている同年代の友人や知人との人生の差は、結果的に逆にさらに広がってしまうのです。

年収400万円前後で無理なく続けられる様な仕事がいい

この様に年収300万円以下の薄給の正社員の仕事は経済的に非常に厳しく、また年収500万円以上の正社員の仕事は激務で長く続けることが非常に厳しい。フリーターから正社員へと転職する場合は、その中間の350万円から400万円くらい給与で無理なくずっと続けられる仕事が現実的に一番良い選択となります。

地方であれば年収350万円以上、首都圏であれば年収400万円以上であれば、それほど裕福で贅沢な暮らしは出来なくとも、余りに経済的にカツカツな状態に追い込まれず、それなりの余裕を持って生活することが出来ます。

また、中途採用で年収500万円以上の求人は非常に厳しく過酷な労働環境を強いられますが、350万円から400万円という程度の年収であれば、それなりに余裕を持って働き続けられる会社や仕事も多くあります。

フリーターからの転職で狙うのであれば、この様な年収400万円前後で無理なく続けられる様な仕事が一番でしょう。

私自身も27歳でフリーターから年収400万円前後の正社員になりました

私自身も大学卒業後に新卒で入社した大手ブラック企業を3年で辞めて、27歳までライン工場などで働くフリーターを続けていましたが、その後は地方のIT系の中小企業に正社員として就職して、現在は30代前半で年収400万円前後の給与を得ています。

年収400万円前後の給与でのWEB制作の仕事で納期前などはかなり忙しくなり長時間の労働が必要になりますが、普段はそれほど大変な仕事ではなく、フリーター時代よりも逆に仕事の負荷は下がり働いて収入を得ることが楽になりました。

大学新卒で入社した大手ブラック企業は過酷な労働環境で3年で身体を壊して辞めることになってしまいましたが、中小企業での現在の仕事は負荷もそれほど大きくなく、様々な面で余裕を持って勤め続けることが出来ています。

会社の仕事だけではかなり時間的に余裕がありますので、個人で請け負ったWEB制作の仕事で、会社からの給与の他に毎年70万円程度の副収入を得ることが出来ています。

フリーターから正社員への転職を検討される方は、私と同様に年収400万円前後であまり大変ではなく出来るだけ長く続けられそうな仕事を選ぶことをおすすめします。

既卒・フリーターから優良企業に正社員就職「JAIC」

JAIC(ジェイック)は20代の既卒・フリーター・第二新卒を専門にした就職支援です。

以下の様な就職希望者への手厚いサポートがあり、就職成功率は80%・正社員就職支援実績は約1万5,000人を達成しています。

  1. 未経験OKの優良企業だけを紹介
  2. 無料就職講座で就活をフルサポート。
  3. 専任の就職アドバイザーが個別にサポート

留意点として、JAIC(ジェイック)では多種多様な会社の求人を紹介していますが、営業関連の職種が多いです。営業の求人は高給の傾向がありますが、仕事内容としては向き不向きがありますので、リア充タイプで明るく外交的な性格でなければ営業の求人は避けた方がいいかもしれません。

ニートやフリーターの方であっても年齢は29歳まで利用可能となっています。

全国で無料説明会を開催していますので、優良企業に正社員として就職したいという方は、以下のリンクからエントリフォームにてご予約ください。

20代の既卒・フリーター・第二新卒を専門にした就職支援「ジェイック」



JAIC(ジェイック)の留意点は営業関連の仕事が多いこと

留意点や注意点として、JAIC(ジェイック)では多種多様な会社の求人を紹介していますが、営業関連の職種が多いです。

ジェイックの注意点などについては以下の記事で詳しく書いていますので、利用を検討している方は必ずお読み下さい。

営業の求人は高給の傾向がありますが、仕事内容としては向き不向きがありますので、リア充タイプで明るく外交的な性格でなければ営業の求人は避けた方がいいかもしれません。

私自身も非リア充タイプの人間なので20代の頃には日々つくづく実感していましたが、現代の日本はコミュ障タイプや非リア充タイプの人間は非常に生きにくい、そして働きにくい時代となっています。

そして社会への適応が難しい非リア充やコミュ障タイプの人間が、社会のレールからからドロップアウトしてしまう。それが現代日本のひきこもり問題やニート問題、フリーター問題などの根源ではないでしょうか。

そしてJAIC(ジェイック)の求人の多くを占めている営業関連の仕事は、特に非リア充タイプの方にとっては続けることが厳しい仕事の際たるものかもしれません。

コミュ障タイプの人間にはIT技術者の仕事がおすすめ

コミュ障タイプの方や非リア充タイプの方には、営業職よりもプログラマーやWEBクリエイターなどの一人でパソコンの前で黙々と作業出来る職人的なIT技術者系の職業や仕事の方が合っている場合が多いです。

私も完全に非リア充タイプの人間ですが、かつて勤めていた接客関連の仕事よりも、やはり現在のWEB制作関連の仕事の方が断然に合っていると実感しています。

普通に話上手で明るい性格のフリーターの方は、上で紹介したJAIC(ジェイック)の就職支援を利用して優良企業の営業職に転職するのが良いと思いますが、「自分は口下手だ」「話すことが苦手だ」という方は私と同様にIT技術者的な仕事から就職先を探した方が無難です。

「IT業界はブラックではないか」と不安を持たれている方も多いと思います。そこら辺の実情については以下の記事で書いていますので参考にして下さい。

また、フリーターからでも無理なく年収500万円~700万円など人並み以上の収入を得ることが可能なIT技術者へのキャリアのステップアップの方法も以下で説明しています。

以下の記事では、IT業界専門の転職支援サービスをそれぞれのサービスの特徴やメリット・デメリットを挙げながら比較しています。実務経験者向けのサービスも多いですが、IT業界未経験者でも利用可能なサービスも数多く紹介していますので是非参考にして下さい。

以上、「フリーターから正社員への転職では年収400万円前後であまり大変でない楽な仕事が狙い目」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする