宝くじというギャンブルの衰退は必然。投資やFXをやった方が宝くじ購入より遥かに夢がある

宝くじというギャンブルの衰退は必然の現象です。株やFXなどのハイリスク&ハイリターン投資をやった方が、宝くじを購入するよりは遥かに夢の実現性と可能性があります。

2005年以降、売上減少が止まらず衰退する宝くじ人気

2005年以降、宝くじ販売は売上減少が止まらずに衰退し続けています。

宝くじ販売、減少止まらず 18年ぶりの9000億円割れ – ITmedia ビジネスオンライン
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1705/31/news089.html

総務省が2016年度の宝くじの販売額を公表。18年ぶりに9000億円を割る8452億円。ジャンボくじやロトの不調が響いた。

総務省によると、2016年度の宝くじの販売額は前年度比7.7%減の8452億円で、18年ぶりに9000億円を割ったことが分かった。05年度の1兆1047億円から下降傾向にあり、「ジャンボくじ」の魅力減や「ロト7」の売り上げ減少が響いた。

サマーや年末などのジャンボくじの販売額は3746億円(11.5%減)、通常くじやスクラッチなどの紙くじは4750億円(9.5%減)、ナンバーズやロトなどの数字選択式くじは3702億円(5.2%減)と、いずれのくじも販売が伸び悩んだ。

総務省は販売額の減少の要因について、「ジャンボくじは15年度と比べて賞金額の引き上げがなく、魅力や話題性が高まらなかった影響が強いと考えられる。選択式くじは、ロト7の12.4%減少が響いている。15年度に比べてキャリーオーバーの発生が少なく、購入者が少なくなった」とみている。


2005年度をピークに減少が続いている宝くじの販売額。単位は億円

宝くじの収益は、くじを販売する地方自治体の財源になるため、販売額の減少は無視できない問題だ。総務省によると、地方自治体は「『ビンゴ5』といったビンゴ形式の新商品を作ったり、ドリームジャンボくじは宝塚歌劇団とタイアップを行いCMなどを放送したりと、向上のための取り組みをしている」という。

この様に近年になって宝くじの人気が顕著に低迷していますが、これは当然のことだと思いますし、社会にとって良いことだと思います。

「宝くじなら許される」みたいな変な風潮が定着していましたが、宝くじもれっきとしたギャンブルです。宝くじの本質は競馬や競艇やカジノと全く変わりません。

本来はテレビなどでロト6など宝くじのCMを流すこと自体が異常でおかしいのです。

以下は日本の主なギャンブルの還元率です。

  • パチンコ・スロット:約85%
  • 競馬・競輪・競艇・オートレース:約75%
  • サッカーくじ:約50%
  • 宝くじ:約45%

宝くじの還元率は日本の主なギャンブルの中でも最下位の約45%。期待値上、挑戦者に一番大損させる悪質なギャンブルが宝くじなのです。

しかしこの様な数字を見ますと「宝くじを買う代わりにパチンコ・スロットや競馬・競輪・競艇・オートレースなどのギャンブルをすればいい」とお考えの方もいるかと思いますが、その選択はおすすめできません。

パチンコやスロットで勝って大金を得る為には膨大な時間を費やす必要がありますし、競馬で穴馬を当てて勝つためには深い知識と展開予想などの緻密な研究が必要です。

朝一番からパチンコ店の前に並んで10時間も席に座ってパチンコを打ち続ける。そしてそんな生活を月30日ほぼ休まず続ける。たとえ非常にパチスロの技術が高く勝率の高いプロであっても、そんな廃人の様な生活をしなければ、パチンコやスロットで数10万円や100万円単位などのまとまったお金を得ることは出来ないのです。

パチンコやスロットを何年も続けて、5,000万円や1億円など一生働かずに暮らせるお金を稼ぐなど、普通に働いて生活している一般人には絶対に真似の出来ない芸当です。

また、競馬で穴馬を当てて勝つためには深い知識と展開予想などの緻密な研究が必要です。馬の状態や潜在能力を見極める深い洞察力やマニアックな知識、レース結果を予想する為に膨大な統計データを分析する時間などが必要ですので、一般人のビギナーが配当1000倍以上の10万馬券を3連単で当てて一発大儲けすることはほぼ不可能です。

上位三頭を順番も含めて全て当てる3連単の配当金が1000倍以上の10万馬券となる確率は全体の40%程度です。さらに18頭立てのレースの場合、初心者が全く何も考えずランダムに馬券を買って3連単を当てる確率は、1/18×1/17×16/1=1/4896で0.02%の確率になります。

つまりほとんど馬の知識もなく展開も読めない初心者やビギナーが10万馬券を当てる確率は、たった0.01%程度、1万人に1人という計算です。ギッシリと埋め尽くされた超満員の武道館で、10万馬券を当てられるのは、その会場に居る人間の中からたった1人だけというくらいの割合です。

一方でFXなどのハイリスク投資は、成功者の割合が大体1%、100人に1人程度であり、宝くじと同様に時間を取られることなく初心者でもすぐ気軽に始められますので、一般人が夢を追う方法としては確率も比較的高く、ハードルが非常に低いのです。

ハイリスク投資の成功率は宝くじ購入の10万倍

FXなどのハイリスク投資の成功率は宝くじ購入の10万倍です。

宝くじの高額当選の確率は1,000万分の1程度です。この1,000万分の1という確率ですが、東京ドームの収容人数を45,000人だとすると、東京ドーム約222個にひしめき合う人の中から1人が選ばれるのと同じ確率になります。

完全に期待してはいけない遥か遠い遠い夢の様な数字です。

一方でFXやボロ株投資などのハイリスク&ハイリターンの投資に成功して億万長者になれる確率は1%程度、貧乏人や庶民から一発逆転に成功した投資成金の割合は100人に1人程度と言われています。

ハイリスク投資をすれば、100人程度、学校で言えば2クラスか3クラス程度の学級の中で、その中の1人は億万長者の人生の成功者になれるという計算です。

問題はこの100分の1という確率を多いと見るか少ないと見るかです。

私個人はこれは結構意外とあり得る可能性だと考えます。1,000万分の1の当選確率の宝くじ高額当選は絶対無理と言い切れますが、100の1の確率は絶対に無理とは言い切れません。

そして、ハイリスクのFXや株式運用で一発当て億万長者となることが出来れば、人生を180度変えることが出来ます。

ハイリスクのFXや株式運用で一発当て億万長者となることが出来れば、低賃金と低収入に悩む非正規社員の方も一生お金の心配はなくなります。

サラリーマンの方も社畜として会社に勤めて働き、平日は朝から満員電車にのって出勤し、そして身を削って1日中働く毎日。そんな辛く退屈な毎日とはおさらばです。

平日であっても朝からゆっくり起きて好きなことだけをして楽しく過ごす。辛い労働から解放されて毎日が夏休みの様な生活を送ることが出来ます。お金にも自由な時間にも恵まれた天国の人生が待っています。

「低収入の非正規社員の底辺生活から抜け出したい」「社畜として会社で働き続ける生活から抜け出したい」という夢を持っている方は、人生を変えるために1%の可能性に懸けてハイリスクな投資に挑戦することも有効な手段ではないでしょうか。

初心者でも簡単に出来るハイリスク投資の王道「FX」

「FX」は初心者でも簡単に出来るハイリスク投資の王道です。

本格的な株式投資で成果を出そうとした場合、投資対象の企業も無数にあるため、最初にどの株に投資するかで悩んでしまいますし、企業研究や業界研究などの膨大で綿密なリサーチを行う時間が必須となりますが、FXは仕組みが非常にシンプルです。

「ドルを買うか円を買うか」の二択など選択が非常に簡単ですので、何も知らない投資初心者の主婦の方などでも、ほとんどリサーチなどに時間を掛けずに感覚的に投機を行い、一時的にマグレで勝ててしまうことも多いです。

もちろん、FXでそのまま勝ち続けて億万長者となれる方は全体の1%ですが、宝くじの高額当選の確率はたった0.00001%ですので、一獲千金で貧乏人からの人生一発大逆転の夢を追うのであれば、ハイリスクのFXに投資した方が宝くじを買うよりも10万倍も可能性があるということです。

高額当選の期待値がほぼ0%の宝くじを買うよりは、成功率1%のFXで一発当てて億万長者となる方が遥かに見込みがありますので、一攫千金の夢を託して宝くじを買う方は、そのお金でハイリスクのFXに挑戦するべきなのです。

FXは5万円からの少額での投資や運用も可能です

しかしやはり「100万円などの高額の投機は怖い」と思う方も多いでしょうし、正直に言って私自身も、このブログを読んでいるあなたに、いきなり100万円もの金額をハイリスク投資に投資させるのは怖いです。

特に一攫千金狙いのハイリスクのFX投資の成功率は1%、逆に言えば99%は失敗なわけですから、運用をお勧めされているあなたも運用をお勧めする私も、この様に慎重になってしまうのも尚更です。

長い時間をかけて一生懸命に働いて貯めた1,000万円前後もの大金であれば、それを失ってしまうことは人生にとっても大打撃ですので、余程の資産家や金持ちでなければ、ハイリスクの投資は絶対におすすめ出来ません。

しかし、あなたの様な慎重派の人間や私の様なヘタレでも気軽に始められる様に、FXは5万円という小遣い程度の金額からの少額での運用も可能です。

5万円程度のお金でしたら、無駄にしてしまったとしても問題の少ない宝くじのちょっとした延長という金額ですし、しかも成功率は宝くじの当選率に比べればよっぽど高いですので、夢を追うにはベストの選択です。

もしも5万円の元手から運よくトントン拍子に行って億万長者になれたら最高ですし、一方で5万円を入れて運用してみて「これはダメだ」と思ったら、傷が深くならないうちにすぐに取引を辞めて撤退して下さい。5万円程度の損失であれば「チッ損した!」「やっぱりダメか」と思うだけで人生にダメージもほとんどありません。

成功率はたった1%の確率ですので、「本当に当たることもある宝くじ」くらいの感覚で挑戦するのがいいでしょう。

初心者の方は取りあえず大手取引所から始めるべき

FXには様々な取引所が存在していますが、それの中には詐欺的な運営やサービスを行っている取引所が存在する可能性もあります。

その様な詐欺などの被害に遭わない為にも、投資に詳しくない初心者の方には、まずは定番の大手取引所からFXを始めることを強くお勧めします。

以下の「DMM FX」は日本国内で第1位の規模のFX取引所であり、2017年1月時点で、60万口座以上もの口座が運用されています。現在最大2万円分のキャッシュバックキャンペーン中ですので、ハイリスク投資をされる方は、是非こちらから5万円で運用を始めて下さい。

「DMM FX」口座開設はこちら



以上、「宝くじというギャンブルの衰退は当然の現象。FXをやった方が宝くじ購入より遥かに可能性がある」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする