外食業界から他業種への転職は早いほどいい。40代の中年の年齢になるとキャリアは絶望的に

外食業界から他業種や他業界への転職は、早ければ早いほど好ましいです。外食業界の企業に勤めたまま40代以上の中年の年齢になってしまうと、他業界に転職してのキャリアの再構築は絶望的になってしまいます。

中年の年齢まで外食業界で働き続けて他業種に転職出来なくなるのが最悪のケース

外食業界に勤めている方のキャリアとしては、転職市場で需要のほとんど無い中年の年齢まで外食業界で働き続けて他業種に転職出来なくなるのが最悪のケースです。

現在の日本では若者の減少と人手不足の深刻化によって、レストランチェーン店などの大衆向け外食業界の労働環境のブラック化が加速しています。

転職によって過酷な労働環境から抜け出そうとしても、40代以上の中年の年齢になってしまっていると他の業界や業種では正社員としてのまともな待遇の求人がなく、過去の職歴と経験から同様に過酷な外食産業の他社への転職を余儀なくされてしまう。

外食業界は一部のブランド化に成功している飲食店やレストラン以外は、業界全体のブラック化が加速していますので、同業の他社に転職しても再び長時間労働の過酷な労働環境に放り込まれることになり、結局長くその仕事を続けていくことは難しいです。

そしてどうにもならなくなって、貯金を使い果たし借金をしてイチかバチかで飲食店を独立開業して失敗し、全てを失い借金まみれの絶望的な人生となってしまう。

この様なケースが外食業界、特に長年外食産業の企業に勤めて働いてきた40代以上の方の中では非常に多いのです。

ズルズルと中年の年齢まで外食業界で働き続けてしまった結果、他業種に転職出来なくなり人生が破滅してしまうこの様な最悪のケースを避けるためにも、外食産業から他業種への転職は早ければ早いほどいいのです。

人手不足の現在では30代前半までなら他業種に転職してのキャリア再構築も可能

かつては20代までが転職のタイムリミットでしたが、深刻な人手不足の現在の日本では、30代前半までの年齢なら他業種に転職してのキャリアの再構築も十分に可能です。

飲食業界で正社員として働き社会人としてのマナーや社会常識などを身に付けている。それだけでも人手不足に苦しむ多くの中小企業にとっては非常に貴重な人材なのです。

中小企業というと大手企業と比較して待遇が悪いというイメージがありますが、飲食業や宿泊サービス業は業界自体が完全にブラック化しており、大手であっても労働環境が非常にブラックである傾向が非常に強いですので、中小企業への転職によって労働環境や待遇が改善する可能性は非常に高いです。

外食産業や宿泊サービス業では、大手グループや大手企業の正社員であっても、月間400時間労働で月給30万円、月間300時間労働で月給25万円などの非常に過酷な労働環境が常態化しつつあります。

一方で現在では深刻な人手不足によって、中小企業の中途採用であっても月間200時間労働・月給25万円程度の待遇は最低限の水準ですので、業界全体がブラック化している外食業界から抜け出すことで、労働環境が改善する可能性は非常に高いのです。

ですので、待遇や労働環境を改善したいのであれば、異業種や他業界への転職のタイムリミットである30代前半までに転職をすること。それが非常に重要です。

同じ業界の他企業へ転職しても待遇は大きくは向上しない

飲食業界や外食業界は業界全体がブラック化していますので、同じ業界の他企業へ転職しても待遇は大きくは向上しません。

同じ外食業界の中で、月400時間労働・月給30万円の職場から月300時間労働・月給30万円の職場へ転職成功して「やった!」と喜ぶ方もいるかもしれませんが、最初に勤めていた月400時間労働・月給30万円の職場が余りにも異常にブラック過ぎるだけであり、他の業界の基準では、転職先の月300時間労働・月給30万円の職場も十分にブラック企業です。

月300時間労働・月給30万円という給与水準は時給換算で1,000円ですので、ただ単に「正社員」という肩書と世間体を得られるだけで、実質的な給与や待遇はフリーターをやっているのと全く変わりません。

本来、30代前後などそれなりの年齢とキャリアのある正社員であれば、時給換算で1,500円程度の給与は会社から支給されていなければおかしいのです。

月200時間労働で月給30万円、これがまともな業界や会社に勤める30歳の正社員の当たり前の給与水準の目安です。週休2日で1日の労働時間が8時間~9時間程度。そして月給は30万円で手取りは25万円程度。これが現在の日本の給与水準の標準です。

しかし、飲食業界や外食産業という余りにもブラック過ぎる業界に居る為に、労働市場での正常な感覚が失われてしまっており、月400時間労働・月給30万円の職場から月300時間労働・月給30万円の職場へ転職成功して「やった!」と喜んでしまう様な方が非常に多いのです。

本来であれば月300時間も働く様な激務の労働環境であれば、月給40万円以上の給与水準が当たり前なのですが、月300時間労働・月給30万円のブラック職場であっても、それがまともな待遇だと錯覚してしまう。飲食業界や外食産業で働いて来た方は、その様な視野狭窄な判断に陥って、自分の可能性を捨ててしまいがちです。

ですので、飲食業界や外食産業で働いて来た方は、まずは、転職サイトなどに登録し他業種の様々な求人をチェックして、労働市場での給与や待遇の相場を知ることから転職活動を始めるべきです。

ある程度の期間を外食業界で働いて来ている方は、仕事の繋がりや知人のつてなどで同業他社に転職するという方法もあるかと思います。

しかし、30代前半以下の年齢の方の場合、業種や業界を変えることで、その知人の方が紹介する転職先よりもずっと良い待遇の職場に勤められる可能性が非常に高いですので、「渡りに船」とすぐにその話に飛びついてしまわずに、まずは転職サイトなどに登録して、他の求人も色々とチェックしてみることを強くお勧めします。

私自身も転職によって大手宿泊サービス企業から業種を変えて労働環境が劇的に改善しました

私自身も外食業界ではありませんが、外食産業と匹敵するほどブラックな業界である宿泊サービス業でホテルのフロントマンとしての職場経験があり、業界上位の客室数を誇る大手宿泊サービス企業に正社員として勤めていました。

宿泊サービス業界もまた、身体に負担の掛かる夜勤などの不規則で長時間の労働が当たり前であり、労働環境は外食業界と同様に非常に過酷です。

また、宿泊サービス業界は一部のブランド化に成功した高給ホテルなど以外は給与水準も低く、大手グループ企業である私の会社でも、勤続10年で30歳前後の主任という役職持ちの正社員であっても、月間300時間労働で月給は20万円台前半、手取りは10万円台というアルバイトやフリーター以下の給与水準でした。

私は大学新卒からそんな環境でずっと働いていましたので、「働くことは辛くて大変なことだ」と当たり前の様に思っていました。

その後私は、不規則な労働時間が原因で睡眠障害などを起こし身体を壊して宿泊サービス会社を辞め、数年間の工場勤務などのフリーターを経て、20代終盤でIT関連の零細企業に転職しました。

そこで感じたことは、労働環境や待遇は業界によって全く違うということです。

激務でブラックの宿泊サービス業に勤めていた時は、「仕事は辛いこと」「働くことは大変なこと」と考えていましたが、そんなに大変な仕事ではなくとも、そして中小企業や零細企業であっても、それなりの給与の支払われる会社や業界があるということを知ったのです。

月間の労働時間で宿泊サービス業で働いていた頃の半分程度の労働時間で、同程度以上の給与を支払って貰える様になり、生活は劇的に楽になりましたし、様々な面で余裕が出来ました。

外食業界で働いている方も、宿泊サービス業で働いていたかつての私と同様にブラック業界の中で視野狭窄に陥り、「仕事は辛いこと」「働くことは大変なこと」と必要以上に思い込んでしまっている可能性が非常に強いです。

ですので、外食業界で働いていて転職を検討されている方は、まずは転職サイトなどに登録して他業界や他職種の求人に目を通し、この世の中には様々な待遇や給与の職場があるということを知って視野を広げることから転職活動を始めて下さい。

同業種の外食業界への転職を繰り返して40代以上の中年の年齢になってしまうと、外食業界から抜け出しキャリアを再構築しようとてもそこから抜け出せなくなってしまいますので、その様な絶望的な状態になってしまわない様に、出来るだけ早く他業界への転職活動を開始することを強くお勧めします。

現実的にはサラリーマンの転職活動は困難でリスクもある

とは言っても、毎日会社に出社して忙しく働くサラリーマンの方が、働きながら自分だけで無数にある様々な企業の求人情報を集め多くの応募書類を提出して転職活動を行うことは、現実には非常に困難だと思います。

そして会社の仕事の片手間で時間も余裕もない中でのいい加減な転職活動の結果、とんでもないブラック企業に転職してしまったら、元も子もありません。

かと言って会社を完全に辞めてしまってから転職活動を始めて次の職場を探すというのは、完全な無職期間や無収入期間が生じてしまうのでリスクが高い…

そこでオススメなのが、現在の会社で普通に働きながら、転職のプロが転職を手取り足取りサポートしてくれる「転職エージェント」に、あなたの転職活動をお任せしてしまうことです。

会社を辞めずに働きながら転職エージェントを活用すれば、あなたの満足する良い転職先が見つからなければ、転職を取りやめて現在の会社で働き続けることも可能ですので安心です。

自分に合った会社や職場を探してくれる転職エージェント

実際に一歩を踏み出して転職活動をしてみようと思っても、転職が初めて方の場合や転職経験の無い方の場合、履歴書・職務履歴書の書き方や、応募する仕事の選び方、面接のノウハウなど分からないことや不安なことだらけだと思います。

そこで、転職エージェントを活用して、実績豊富な転職のプロに自分に合った会社や職場を探してもらうのが確実で手間の掛からない方法です。

転職エージェントの利用料は最初から最後まで全て無料です。

会社に在職中の会社員の方であっても土日に利用することができ、キャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。

転職エージェントに登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングし、あなたの適性にあった業界や業種、あなたの年収アップの可能性などを検討して、オススメの求人をピックアップして紹介してくれます。

転職エージェントを活用することで、エージェントがあなたと企業との間を仲介して給与交渉を行ってくれるので、年収などの待遇アップの可能性も大幅に上昇します。

また、転職エージェントの求人は離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業は除外されているので、転職に失敗してブラック企業に就職してしまうリスクも減らすことが可能です。

転職未経験者には悩ましい履歴書や職務履歴書などの作成も、経験豊富なプロであるエージェントに相談や質問をしてアドバイスしてもらうことでスムーズに行えますので安心です。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」

求人業界の最大手リクルートが手掛ける「リクルートエージェント」は、約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1の転職エージェントです。経験・実績豊富な転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

業界大手である「リクルートエージェント」には大企業の関連会社など業績が安定した待遇の良い求人が多く、また、担当エージェントも書類作成から面接での受け答えまで丁寧にサポートしてくれます。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」


リクルートエージェントの3つのメリット

既卒者向け転職支援・転職サポート業界の最大手である「リクルートエージェント」には以下の3つのメリットがあります。

  1. 強みを発見
    キャリアアドバイザーが、面談を行う中でお客様自身まだ気づかれていない強味を発見します。あなたのキャリアパスを長期的に考えて次のステップの提案をしてくれます。
  2. 非公開求人の紹介
    転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介してくれます。また、Web上には出ていない業界分析レポートや個社ごとの社風までわかる詳細レポートのご提供も行ってくれます。
  3. 企業へのアピール
    職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にあなたの強みをアピールします。また、退職に関するアドバイスまで全面サポートしてくれます。

リクルートエージェントの利用の仕方

リクルートエージェントを利用する場合、まず登録ページから転職希望時期・希望勤務地・現在の年収・現在の年収などの転職条件、次に名前・生年月日・住所・連絡先・学歴・職歴・アピール項目などのプロフィール情報を入力し、「転職支援サービスに申し込む」を押してユーザー登録を行います。

最後の方で入力する「伝えておきたいこと」には、連絡出来る曜日や時間帯などを記入しておいて下さい。

ユーザー登録完了後は以下の3ステップで転職活動が始まります。

  1. お申し込み完了のご連絡
    ご入力いただいたメールアドレスに「お申し込み完了の確認メール」を24時間以内にお届けします。
  2. 面談日程調整のご連絡
    キャリアアドバイザーとの面談日時をご相談させていただくため、1週間以内にメールまたはお電話にてご連絡します。
  3. キャリアアドバイザーと面談
    キャリアアドバイザーが、あなたに最適なキャリアプランを一緒に考えます。

リクルートエージェントへのユーザー登録は以下の登録ページから無料で行えます。

「リクルートエージェント」登録ページ

リクルートエージェントを利用する上での留意点

リクルートエージェントの転職支援サービスを利用しても、転職するかしないかは完全に自由なので、自分の判断で実際に転職するかどうかを決定することが出来ます。

面談の末、キャリアアドバイザーから「現時点では無理に転職を勧めません」とアドバイスされる場合もあるので、じっくり検討した後、しばらく経ってから再度転職支援サービスを利用することも可能です。

以上、「外食業界から他業種への転職は早いほどいい。40代の中年の年齢になるとキャリアは絶望的に」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする