ニートからいきなり正社員はハードルが高い。まずは派遣に登録して働くことに徐々に慣れるべき

はっきり言ってニートからいきなりフルタイムで勤務する正社員になるのは様々な面でハードルが高いです。

ニートの方はいきなりフルタイムの正社員にはならずに、まずは比較的仕事の負担の軽い派遣に登録して、働くことに徐々に慣れることを強くお勧めします。

空前の人手不足でニートでも正社員になれる時代だが…

現在の日本の労働市場はバブル期超えの求人倍率という空前の人手不足にあり、全く職歴も資格も無いニートの方でも、選り好みをしなければ意外と簡単に正社員になれてしまう就職戦線となっています。

求人倍率 バブル期超え 4月1.48倍、43年ぶり水準 – 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS30H26_Q7A530C1MM0000/

企業の人手不足感が一段と強まっている。厚生労働省が30日発表した4月の有効求人倍率(季節調整値)は前月より0.03ポイント高い1.48倍だった。バブル経済期の水準を超え、1974年2月以来43年2カ月ぶりの高さとなった。4月は完全失業率も2.8%と低く、雇用情勢は「売り手市場」の様相を強めている。

有効求人倍率は全国のハローワークで仕事を探す人1人あたり何件の求人があるかを示す。4月は2カ月連続で上昇し、バブル期で最も高かった90年7月の1.46倍を上回った。正社員の有効求人倍率は0.97倍で2004年に統計を取り始めて以来最高だった。企業は長期の視点で人手を確保するため、正社員の求人を増やしている。

新規求人を業種別にみると、製造業が前年同月比7.9%増で求人倍率を押し上げた。自動車やスマートフォン関連の企業が人員確保に動いた。このほか、トラック運転手などが不足する運輸業・郵便業が8.3%増、東京五輪需要が膨らむ建設業が6.9%増だった。医療・福祉業も3.2%増えた。

この様に2017年現在の日本の労働市場では43年振りという歴史的な人手不足が加速していますので、確かにニートの方が就職活動をして正社員になるには絶好のチャンスということが言えます。

ニートからの正社員就職をほぼ確実に成功させる方法

ニートからの正社員就職を成功させる最も確実な方法は、ニートやフリーターから正社員への就職を支援する無料の就職支援サービスを活用することです。

「ジェイック」は20代であればニートやフリーターから優良企業に正社員就職が可能な無料の就職支援サービスです。求人は営業職が中心で飛び込み営業等の厳しい特訓がありますが、80%以上の就職成功率を誇ります。

また、「ハタラクティブ」も関東圏で正社員就職を目指す20代のニートやフリーターの方の為の無料の就職支援サービスです。就職先は中小企業が中心ですが内定率は80%以上を誇り、経歴や学歴を問わずに正社員就職が可能です。

「どうしても正社員になりたい!」という20代のニートの方は、上の様なサービスを利用することでほぼ確実に正社員になることが出来ます。

しかし、バイトなどもしておらず全く働いていないニートの状態からいきなり正社員になることは、あまりおすすめ出来ません。

全く働いていないニート状態からの正社員の毎日は地獄

お昼近くの遅い時間に起きて、朝食と昼食を一緒に済まして、そしてダラダラとテレビを見たり漫画や本を読んだりネットをしたりゲームをしたり。

そうやってダラダラと気ままな時間を過ごしているうちに、いつの間にか夜も更けて時間は深夜を過ぎ、気が付くと明け方になって太陽の光で暗い夜空が白みはじめる。

そして「そろそろ寝るか」と布団に入ってお休みなさい。

そしてまた次の日も、お昼近くになってからノソノソと起きて来て、また自宅警備をこなすだけの一日が始まる。

こんな感じの終わらない夏休みの様な毎日で、学校に行って勉強することもなく、会社に行って働くこともせず、ずっと自分の好きなことだけをして暮らす。

将来に不安を感じての精神的な焦燥感や疲労感、親などからの小言に耐えることを抜かせば、自宅警備員であるニートは基本的には気ままな稼業です。

そんなニート生活からいきなり正社員の過酷な社畜生活に放り込まれたらどうなるか。

けたたましい目覚まし時計の音と共に毎日朝6時とか7時にはしっかりと起きて、男であれば髭を剃り身支度をして、そして息苦しいネクタイを締めスーツを着て家を出る。

首都圏であれば通勤ラッシュで地獄の様な満員電車での出勤は避けられず、自分と同じ様に虚ろで死んだ様な目をしたサラリーマン達と一緒に、満員電車という名の現代日本のアウシュヴィッツ強制収容所にすし詰めにされて押し込まれる。

会社に出勤するというだけでもニートにとってはライフポイントの全てを奪われる様な消耗度なのに、さらに仕事で1日中休む間もなく這いずり回る。

そして当然ニートがいきなり仕事をしても最初からまともに働くことなど出来るわけなどなく、電話受けすらまとも出来ずミスを連発して上司や先輩に叱責され、時には怒鳴られ、精神的にもズタボロに消耗して心をすり減らしていく。

職場の人間関係などにも馴染めるわけもなく、気を遣い、昼休みもコンビニ弁当などを買って一人で会社のトイレで便所飯。

そんな状態で朝から夕方まで8時間もの時間をずっと働いて、ようやく就業時間になって帰れると思ったら、当然の様に残業がありさらに数時間会社に残って働く。

そしてようやく全ての仕事が終わった時には、完全に力を使い果たしてフラフラになって、死にかけのゾンビの様になりながら帰りの電車に乗り家路に着く。

ようやく夜遅くに家に帰ると、もう何もする気力も起こらず、夕食を食べて風呂に入って布団を被って泥の様に眠るだけ。

そしてあっという間に次の日の朝が着て、けたたましく目覚まし時計のアラームが鳴り、社畜生活の地獄の一日が始まる。

正社員の社畜と言うのは、こんな生活を週休二日の会社では週5日、週休一日の会社の場合は週6日も、ひたすらずっとずっと繰り返すわけです。

もう自分が一体何のために生きているのかすら分からなくなってしまいます。

この様に正社員の社畜生活というの死ぬほど苦しいものなので、いきなりニートからフルタイムの正社員になった場合、あっという間に完全に心折れて、せっかく正社員になれた会社を就職後数ヶ月などで辞めてしまうという残念なケースが非常に多いのです。

まずはリハビリとして派遣社員で働く生活に慣れるべき

いきなりニートからフルタイムの正社員になって過酷な社畜生活に心折れて会社を辞めてしまうという残念な結末を回避するために、まともに働いた経験などのないニートの方の場合、まずは社会復帰のリハビリとして派遣社員として働くことをお勧めします。

派遣社員であれば正社員に比べて仕事の負担や責任も遥かに軽いですし、また週3日などの比較的に少ない出勤日数、1日5時間程度の少ない労働時間から働くことも可能です。

さらに派遣社員の場合、残業が当たり前の正社員と違って原則的に残業も発生しませんので、正社員と比べて遥かに負担の少ない状態から、仕事をすること働くということに、体と心を少しずつ慣らしていくことが可能です。

また、派遣社員の場合は職場の人間関係が上手く行かなくなった場合なども、派遣会社にお願いして派遣先の会社を変えて貰うなどの対処が出来ますので、正社員に比べて精神的な面であまり追い詰められることなく仕事をすることが出来ます。

まずは派遣社員として仕事をする・働くということに徐々に慣れて行き、ある程度余裕を持って日々を送れるようになってきてから、正社員へのステップアップを考えて下さい。

ニートの方が社会復帰する場合、最初から正社員になることを焦って無理をすることなく、この様に徐々に慣らしていくという方法が、結果的に一番上手く行く可能性が高いです。

私もかつて身体を壊してブラック企業を辞め、療養生活というニート同然の状態を経験していますので、ニートの方がまともな社会人となることを焦ってしまう気持ちは痛いほど分かりますが、社会復帰に焦りは禁物です。

一歩ずつニートから派遣社員、派遣社員から契約社員、契約社員から正社員へというように着実にステップを踏んで目的に向かっていきましょう。

派遣社員からの正社員登用を目指すという道もある

「非正規社員じゃなくてどうしても正社員になりたい」という希望をお持ちのニートの方もいるかと思いますが、派遣社員になってしまうとそのままずっと正社員にはなれないなどということは決してなく、派遣社員からの正社員登用を目指すという道もあります。

特に中小企業では、人手不足から派遣社員や契約社員などの非正規社員から正社員への登用が非常に活発になっていますので、しっかりと真面目に仕事をして能力を認められれば、正社員となれる可能性は非常に高いです。

実際に私自身の経歴も、「情報発信者のプロフィール」に書いている通り、30歳間際の年齢で現在勤めているIT関連のホワイト中小企業に非正規社員から正規社員へと登用されたパターンでした。

「正社員になりたい」というニートの方には、私と同様にホワイト企業の派遣社員からの正社員登用を目指す方法をおすすめします。

40代未経験者も歓迎!工場勤務の求人サイト「工場求人ナビ」

工場求人ナビ」は工場勤務の仕事に特化した求人サイトです。

工場系の求人が非常に豊富で、「面接来場不要」の求人や「寮完備・月収30万円以上」などの求人も数多く紹介しています。40代以上の方の応募も大歓迎でさらに正社員への登用制度もあり、高齢ひきこもりや高齢ニートの方などの人生のリスタートに好適です。

「工場求人ナビ」では、トヨタ自動車、日産自動車、マツダ、スバル、三菱自動車、ダイハツ、スズキ、トヨタ自動車九州、トヨタ車体、日野自動車、いすゞ、アイシン精機、ジヤトコ、リコー、アスモ、ブリヂストン、横浜ゴム…etc

と言った大手メーカーの求人が豊富なことに加え、月収30万円以上の高収入求人も600件以上と数多く登録されており、年収400万円以上の高報酬も実現できます。

働かれている方の年齢が幅広く50代の方も現場で活躍しており、どんな方でも勤務地・収入など希望に合った工場系のお仕事を探すことが可能です。男性向けの肉体的にハードな求人だけではなく、女性や体力に自信のない方も稼げる軽作業・手作業の仕事も豊富にありますのでご安心ください。

「工場労働者が働く無料の寮」と聞いて、不潔で薄汚れた部屋に複数人で雑魚寝させられる昭和のタコ部屋労働みたいな地獄絵図を想像してしまう方もいるかと思いますが、大手の工場ではその様な心配は全くありません。

一人一人に以下の様にちゃんとした清潔でまともな部屋が無料で提供されます。


アイシン精機・岡崎土井寮(住所:愛知県岡崎市土井町荒井甲5)

簡易的な壁や仕切りで分けただけのインチキな個室ではなく、ちゃんとしたワンルームの個室アパートです。格安で栄養バランスの良い社食も出ますので不自由な実家暮らしを卒業して一人暮らしを始めたい方にも好適です。

また、「工場求人ナビ」を運営する日総工産は日本全国に拠点を持つ人材サービス企業です。遠隔地での仕事に従事する入寮者に対しても日本全国に300人以上いるサポートスタッフが万全のサポートを行え、安心して働くことの出来る環境が整備されています。

昭和の古臭いイメージから「工場勤務は底辺っぽくて恥ずかしい」という間違った風潮もありますが、実際にはサラリーマン神話の崩壊した現在の日本では、むしろ大半のホワイトカラーの社畜サラリーマンより勝ち組の働き方です。今の日本では工場勤務が勝ち組な理由については以下の記事をお読みください。

フォームから応募するだけで3,000円GET!
「工場求人ナビ」への応募方法

お仕事検索の画面で、給与・寮の有無・勤務地・業種・職種・勤務形態・メーカー・雇用期間・出勤シフトなど自分の希望する条件を入力し求人を検索します。

表示された求人の一覧から自分に合った仕事を探し詳細画面に進みます。(気になった求人は「とりあえずキープする」ボタンでチェックしておくことが出来ます。)

求人の詳細画面からオレンジ色の「90秒でカンタン!WEB応募」のボタンを押してフォームの「お客様情報」の各項目を入力し応募を行います。

「お客様情報」を入力すると以下の「登録相談会」「Web履歴書入力」の説明画面に進みます。

オンラインで履歴書を入力するだけで1,000円分のQUOカードが貰えるので、「Web履歴書を入力する」のボタンを押してフォームから経歴・希望条件等の情報を入力することをオススメします。

※経歴・希望条件等の入力フォームの「職歴」の項目で入力できる情報がない時は、以下の様に「職歴なし」にチェックを入れてください。

最後に登録相談会の「来場予約」に進みます。

以下の会場検索画面から希望の登録相談会場を選びます(会場は日本全国から選べます)。

表示された会場から都合の良い面談日時にチェックを入れて「予約へ進む」を押します。

確認画面で「この内容で予約する」を押すと応募完了です。

SMS・メール、または電話で予約確認の連絡が来ます。

登録相談会の服装は私服でOKです。運転免許証・健康保険証など本人と確認できる証明書を持参して下さい。

※「Web履歴書入力」を行わなかった場合は、書面の履歴書(写真貼付)も持参必須です。

登録相談会に行くだけでQUOカード2,000円分(Web履歴書入力を行った場合は3,000円分)が貰えます。

未経験者も大歓迎ですので、ホワイトで好待遇の工場勤務の仕事をご検討の方は以下の公式サイトから応募下さい。※リンク先のサイトが重い場合は表示されるまで少しお待ち下さい

工場系お仕事情報サイト「工場求人ナビ」

幅広く工場の求人を探したい方向けの「工場ワークス」

「工場求人ナビで探しても自分の希望通りの仕事が見つからなかった…」という方へ。

2万件以上の大量の求人数があり、工場求人ナビよりもさらに幅広く多くの工場系求人が掲載されている日本最大級の工場求人サイト「工場ワークス」から仕事をお探しください。



「工場ワークス」の求人は工場求人ナビに比べると給与や待遇などの玉石混合ですが、大量の求人があり非常に幅広い職種から自分に合った仕事を探すことができます。

お住まいの地域やご希望の勤務地から工場勤務の仕事を探せますので、以下から仕事をお探しください。

また、未経験から正社員になれる工場勤務の仕事は以下から探すことが出来ます。

ものづくり業界で未経験から正社員【工場ワークス】



以上、「ニートからいきなり正社員はハードルが高い。まずは派遣に登録して働くことに徐々に慣れるべき」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする