ニートからいきなり正社員はハードルが高い。まずは派遣に登録して働くことに徐々に慣れるべき

はっきり言ってニートからいきなりフルタイムで勤務する正社員になるのは様々な面でハードルが高いです。

ニートの方はいきなりフルタイムの正社員にはならずに、まずは比較的仕事の負担の軽い派遣に登録して、働くことに徐々に慣れることを強くお勧めします。

空前の人手不足でニートでも正社員になれる時代だが…

現在の日本の労働市場はバブル期超えの求人倍率という空前の人手不足にあり、全く職歴も資格も無いニートの方でも、選り好みをしなければ意外と簡単に正社員になれてしまう就職戦線となっています。

求人倍率 バブル期超え 4月1.48倍、43年ぶり水準 – 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS30H26_Q7A530C1MM0000/

企業の人手不足感が一段と強まっている。厚生労働省が30日発表した4月の有効求人倍率(季節調整値)は前月より0.03ポイント高い1.48倍だった。バブル経済期の水準を超え、1974年2月以来43年2カ月ぶりの高さとなった。4月は完全失業率も2.8%と低く、雇用情勢は「売り手市場」の様相を強めている。

有効求人倍率は全国のハローワークで仕事を探す人1人あたり何件の求人があるかを示す。4月は2カ月連続で上昇し、バブル期で最も高かった90年7月の1.46倍を上回った。正社員の有効求人倍率は0.97倍で2004年に統計を取り始めて以来最高だった。企業は長期の視点で人手を確保するため、正社員の求人を増やしている。

新規求人を業種別にみると、製造業が前年同月比7.9%増で求人倍率を押し上げた。自動車やスマートフォン関連の企業が人員確保に動いた。このほか、トラック運転手などが不足する運輸業・郵便業が8.3%増、東京五輪需要が膨らむ建設業が6.9%増だった。医療・福祉業も3.2%増えた。

この様に2017年現在の日本の労働市場では43年振りという歴史的な人手不足が加速していますので、確かにニートの方が就職活動をして正社員になるには絶好のチャンスということが言えます。

ニートからの正社員就職をほぼ確実に成功させる方法

ニートからの正社員就職を成功させる最も確実な方法は、ニートやフリーターから正社員への就職を支援する無料の就職支援サービスを活用することです。

「ジェイック」は20代であればニートやフリーターから優良企業に正社員就職が可能な無料の就職支援サービスです。求人は営業職が中心で飛び込み営業等の厳しい特訓がありますが、80%以上の就職成功率を誇ります。

また、「ハタラクティブ」も関東圏で正社員就職を目指す20代のニートやフリーターの方の為の無料の就職支援サービスです。就職先は中小企業が中心ですが内定率は80%以上を誇り、経歴や学歴を問わずに正社員就職が可能です。

「どうしても正社員になりたい!」という20代のニートの方は、上の様なサービスを利用することでほぼ確実に正社員になることが出来ます。

しかし、バイトなどもしておらず全く働いていないニートの状態からいきなり正社員になることは、あまりおすすめ出来ません。

全く働いていないニート状態からの正社員の毎日は地獄

お昼近くの遅い時間に起きて、朝食と昼食を一緒に済まして、そしてダラダラとテレビを見たり漫画や本を読んだりネットをしたりゲームをしたり。

そうやってダラダラと気ままな時間を過ごしているうちに、いつの間にか夜も更けて時間は深夜を過ぎ、気が付くと明け方になって太陽の光で暗い夜空が白みはじめる。

そして「そろそろ寝るか」と布団に入ってお休みなさい。

そしてまた次の日も、お昼近くになってからノソノソと起きて来て、また自宅警備をこなすだけの一日が始まる。

こんな感じの終わらない夏休みの様な毎日で、学校に行って勉強することもなく、会社に行って働くこともせず、ずっと自分の好きなことだけをして暮らす。

将来に不安を感じての精神的な焦燥感や疲労感、親などからの小言に耐えることを抜かせば、自宅警備員であるニートは基本的には気ままな稼業です。

そんなニート生活からいきなり正社員の過酷な社畜生活に放り込まれたらどうなるか。

けたたましい目覚まし時計の音と共に毎日朝6時とか7時にはしっかりと起きて、男であれば髭を剃り身支度をして、そして息苦しいネクタイを締めスーツを着て家を出る。

首都圏であれば通勤ラッシュで地獄の様な満員電車での出勤は避けられず、自分と同じ様に虚ろで死んだ様な目をしたサラリーマン達と一緒に、満員電車という名の現代日本のアウシュヴィッツ強制収容所にすし詰めにされて押し込まれる。

会社に出勤するというだけでもニートにとってはライフポイントの全てを奪われる様な消耗度なのに、さらに仕事で1日中休む間もなく這いずり回る。

そして当然ニートがいきなり仕事をしても最初からまともに働くことなど出来るわけなどなく、電話受けすらまとも出来ずミスを連発して上司や先輩に叱責され、時には怒鳴られ、精神的にもズタボロに消耗して心をすり減らしていく。

職場の人間関係などにも馴染めるわけもなく、気を遣い、昼休みもコンビニ弁当などを買って一人で会社のトイレで便所飯。

そんな状態で朝から夕方まで8時間もの時間をずっと働いて、ようやく就業時間になって帰れると思ったら、当然の様に残業がありさらに数時間会社に残って働く。

そしてようやく全ての仕事が終わった時には、完全に力を使い果たしてフラフラになって、死にかけのゾンビの様になりながら帰りの電車に乗り家路に着く。

ようやく夜遅くに家に帰ると、もう何もする気力も起こらず、夕食を食べて風呂に入って布団を被って泥の様に眠るだけ。

そしてあっという間に次の日の朝が着て、けたたましく目覚まし時計のアラームが鳴り、社畜生活の地獄の一日が始まる。

正社員の社畜と言うのは、こんな生活を週休二日の会社では週5日、週休一日の会社の場合は週6日も、ひたすらずっとずっと繰り返すわけです。

もう自分が一体何のために生きているのかすら分からなくなってしまいます。

この様に正社員の社畜生活というの死ぬほど苦しいものなので、いきなりニートからフルタイムの正社員になった場合、あっという間に完全に心折れて、せっかく正社員になれた会社を就職後数ヶ月などで辞めてしまうという残念なケースが非常に多いのです。

まずはリハビリとして派遣社員で働く生活に慣れるべき

いきなりニートからフルタイムの正社員になって過酷な社畜生活に心折れて会社を辞めてしまうという残念な結末を回避するために、まともに働いた経験などのないニートの方の場合、まずは社会復帰のリハビリとして派遣社員として働くことをお勧めします。

派遣社員であれば正社員に比べて仕事の負担や責任も遥かに軽いですし、また週3日などの比較的に少ない出勤日数、1日5時間程度の少ない労働時間から働くことも可能です。

さらに派遣社員の場合、残業が当たり前の正社員と違って原則的に残業も発生しませんので、正社員と比べて遥かに負担の少ない状態から、仕事をすること働くということに、体と心を少しずつ慣らしていくことが可能です。

また、派遣社員の場合は職場の人間関係が上手く行かなくなった場合なども、派遣会社にお願いして派遣先の会社を変えて貰うなどの対処が出来ますので、正社員に比べて精神的な面であまり追い詰められることなく仕事をすることが出来ます。

まずは派遣社員として仕事をする・働くということに徐々に慣れて行き、ある程度余裕を持って日々を送れるようになってきてから、正社員へのステップアップを考えて下さい。

ニートの方が社会復帰する場合、最初から正社員になることを焦って無理をすることなく、この様に徐々に慣らしていくという方法が、結果的に一番上手く行く可能性が高いです。

私もかつて身体を壊してブラック企業を辞め、療養生活というニート同然の状態を経験していますので、ニートの方がまともな社会人となることを焦ってしまう気持ちは痛いほど分かりますが、社会復帰に焦りは禁物です。

一歩ずつニートから派遣社員、派遣社員から契約社員、契約社員から正社員へというように着実にステップを踏んで目的に向かっていきましょう。

派遣社員からの正社員登用を目指すという道もある

「非正規社員じゃなくてどうしても正社員になりたい」という希望をお持ちのニートの方もいるかと思いますが、派遣社員になってしまうとそのままずっと正社員にはなれないなどということは決してなく、派遣社員からの正社員登用を目指すという道もあります。

特に中小企業では、人手不足から派遣社員や契約社員などの非正規社員から正社員への登用が非常に活発になっていますので、しっかりと真面目に仕事をして能力を認められれば、正社員となれる可能性は非常に高いです。

実際に私自身の経歴も、「情報発信者のプロフィール」に書いている通り、30歳間際の年齢で現在勤めているIT関連のホワイト中小企業に非正規社員から正規社員へと登用されたパターンでした。

「正社員になりたい」というニートの方には、私と同様に中小企業の派遣社員からの正社員登用を目指す方法をおすすめします。

人材業界の最大手・リクルートが手がける人材派遣サービス「リクルートスタッフィング」

「リクルートスタッフィング」は人材業界の国内最大手である株式会社リクルートホールディングスが手がける日本全国展開の人材派遣サービスです。

リクルートの派遣会社「リクルートスタッフィング」【公式サイト】



人材業界の最大手のリクルートが手掛けるサービスということもあり、求人の内容も幅広く、求人数や登録企業数は業界トップクラスですので、様々な業種や職種から、そして北は北海道から南は沖縄まで日本全国の勤務地から、自分にあった仕事を探すことが可能です。

リクルートスタッフィングに派遣登録するメリットとしては以下の3つのポイントがあります。

【メリット1】幅広い働き方や希望業種・職種から選べる

求人数・登録企業数が業界トップクラスですので、「残業なし」「週4勤務」「商社」「大学」「マスコミ」「英文事務」「メーカー」など、幅広い働き方や希望業種・職種の条件から派遣先を選ぶことが出来ます。

【メリット2】未経験から派遣にチャレンジできる安心サポート

就業経験がない方、派遣がはじめての方、その他様々な事情をお持ちの方に合った仕事が見つかるよう、専任のジョブコーディネーターがサポートします。

【メリット3】派遣から正社員になれる「紹介予定派遣」制度

派遣スタッフとして一定の就業期間を経た後に「正社員」「契約社員」になれる紹介予定派遣の仕事も多数取り揃えています。

「直接雇用の実績あり」「直接雇用の可能性あり」などの情報のある会社は、派遣社員からの直接雇用も積極的に行っていますので、正社員への登用を目指す方は、登録後これらの求人へエントリーすることをおすすめします。

派遣登録は以下の公式サイトから。全国31ヶ所にある登録センターへの直接来社を予約するか、もしくはオンライン登録だけでも派遣登録可能です。

リクルートの派遣会社「リクルートスタッフィング」【公式サイト】



リクルートスタッフィングは交通費が支給されない

注意点として、派遣会社の大半は交通費を支給しませんが、リクルートスタッフィングも交通費に関しては支給してくれません。

「どうしても交通費の支給を受けたい!」「派遣社員だけが交通費を支給されないのはおかしい!」「交通費が給与に含まれるなんて意味不明!」と不満を感じる方は、派遣社員に対しても正社員と同様に交通費を全額支給してくれる派遣会社も存在しますので、その様な交通費全額支給の派遣会社を選んで登録してください。

以下の記事では派遣会社の交通費支給の現実と全額支給の派遣会社を紹介しています。派遣社員の交通費支給状況が気になる方は是非お読み下さい。

また、以下は社会復帰を目指す引きこもりの方への「無理をして焦る必要はない」という精神面でのアドバイスの記事です。もし良ければこちらも参考にお読み下さい。

参考:社会復帰を目指す引きこもりの方へのアドバイス。無理をせず一歩一歩前に進むことが近道

以上、「ニートからいきなり正社員はハードルが高い。まずは派遣に登録して働くことに徐々に慣れるべき」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする