1日の労働時間3時間で月給31万円を貰って働く在宅ワークのサラリーマンである私の仕事の実態を公開します

この記事では、1日の労働時間3時間で月給31万円を貰って働いているホワイト零細IT企業勤務の在宅ワークのサラリーマンである私の仕事の実態を公開します。

私は副業でも年70万円ほどの収入を得ていますが、個人事業主やアフィリエイターなどではなく、「1日の労働時間3時間で月給31万円」という数字は零細企業に勤めている会社員・サラリーマンとしての労働時間と給与です。

会社員としての給与だけで、在宅ワークでの1日3時間労働で年収380万円を会社から支給して貰っています。会社員としての給与に副業での70万円の収入を含めると年収は450万円になります。

ホワイト零細企業に勤め年収450万円を得ている私の待遇

私は年収450万円でホワイト零細企業生活を送っています。4年ほど前からIT関連のホワイト零細企業に正社員として勤務しており、2年前からほぼ完全に在宅ワークとなりました。

スペックは地方国立大卒・30代前半の会社員(男・独身・実家住み)です。

新卒で入社した業界第〇位の大手ホテルグループのホテルフロントの正社員の仕事を体を壊して3年で辞め、食品ライン工場での非正規・派遣社員としての生活を経て、28歳で現在のIT零細企業に正社員として勤めました。

会社の仕事の労働時間は在宅ワークで1日平均3時間ほど、月給は約31万円ですが会社からの給与だけですとボーナスはあっても寸志程度の金額ですので総額で約380万円。その他に知人からの紹介で個人で請けている副業のWEB制作(1年に1度のサイト更新で本業の傍ら1ヶ月で終わる程度)での収入が年間で70万円ほどで、会社からの給与と合わせて年収450万円となっています。

1日3時間労働の会社員で年収380万円と聞くと、かつての一般的な価値観ではなかなか理解されず信じられないかもしれませんが、現在は経済・産業のIT化が進んだために、世間では全く知られてない非常に規模の小さい企業であってもニッチな分野に特化して非常に高い収益性を上げている会社もあり、中にはそういう待遇が可能な中小零細企業も存在するのです。

零細企業であっても高収益性を実現出来ている理由

私の勤める会社は営業部門が弱く(というより営業専門の人材がいない)新規の制作案件の獲得が落ち込んでいた中で、会社として数年前から新たな収入源の開拓の為に取り組んでいた半自動収益的な仕組みが成果を挙げはじめ、勤め先の会社の色合いがWEB制作会社からサイト運営会社へと企業の体質を変化させていきました。

特にWEB制作関連のIT会社というと非常にブラックなイメージが強いですが、私の会社の場合は収益体制に余裕が出来たために以前とは違い労力に見合わないWEB制作の案件は無理に請けなくなったことで、会社に勤めている社員の労働時間も格段に短縮されました。

自動収益の成果報酬は順調に拡大してはいますが、経営者や上層部が60代と高齢であるため、ベンチャーとして事業をさらに拡大し飛躍するという方向性は取らずに、既存のサイトの収益を着実に伸ばしていく安定運営に切り替えました。

これが、私の勤めるIT零細企業が高収益性を実現でき、在宅ワークで1日3時間労働で年収380万円というホワイトな待遇が可能な理由です。

通勤の労力と時間がなくなると格段に働くことが楽になる

通勤という行為に労力と時間を掛ける必要がなくなると、全く同じ労働量やアウトプット量でも格段に働くことが楽になります。

これは毎日通勤していた生活から在宅ワークに変わって本当に心から実感していることです。

通勤という行為によって生じている負担と負荷の大きさは決して甘く見てはいけません。

私も現在のホワイト零細企業に正社員として勤め始めてから最初の二年間は、平日は電車に乗り毎朝片道1時間をかけて通勤する生活を送っていました。毎日往復で二時間という時間を「通勤」という自分の収入にもそして会社の収益にも全くならない行為の為に費やしていたのです。

仕事内容は本当にホワイトですしストレスもほとんど無かったのですが、毎日往復で二時間の通勤の負担は、やはり日々知らぬ間に蓄積されていました。平日の通勤で疲れるているので、週末や休日は何もせずずっとゴロゴロして終わってしまう様な生活でした。

私が住んでいる場所は地方ですので東京の様な酷い満員電車や雑踏などもなく、大抵の場合、電車内ではずっと座席に座って通勤出来ていたのですが、それでもやはり通勤によって疲れは溜まっていました。

電車に乗っている時間は座席に座ってスマホを弄って、趣味のサイトやブログを閲覧したりなど遊んでいたのですが、それでも家でゆっくりと寝ころびながらスマホを弄ってサイトを見るのと、通勤中の電車の中で周りに気を遣いながらスマホを弄るのは、全く同じことをやっている様でやはり全然違います。

通勤中もほとんどずっと好き勝手にしている様で、疲労と負担が脳と身体に蓄積されていたのです。

通勤から在宅ワークに変わって感じていることは、週末になるになると疲れているということが全く無くなったことです。一週間の終わりの金曜日になっても全く疲れなど溜まっておらず元気一杯で、むしろ土曜日・日曜日も余裕で働ける状態です。

私の勤め先は一般的な企業から比べると遥かにホワイトな企業ではありますが、WEB制作業という性質上、納期の為に土日も作業を強いられる場合が多々あります。

その様な土日に作業を進めなければならない案件がある場合、通勤をしていたかつては「かったるい」と思ってしまっていたのですが、在宅ワークとなった現在では、全くその様な気持ちを感じず作業をすることが出来ます。

以前は平日の通勤の為に消耗していた分、「土日くらいはずっとのんびり休みたい」という気持ちが強かったのですが、その通勤の消耗がなくなった為に、「土日に作業するくらい問題ない」「いっちょ一仕事やってやるか」と思える様になったのです。

会社に勤めつつ大学生時代よりゆったりと毎日を過ごせる

また、ホワイト零細企業の在宅ワーク社員として働く今の生活の良さとして一番実感することは、毎日をゆったりと過ごせることです。

副業と本業を合わせて毎日4時間程度の労働時間ですが、8時間労働の通常のサラリーマンの半分程度の労働時間です。しかも現在は在宅ワークで通勤に時間を取られませんので、多くのサラリーマンが日々残業をこなしていることを考えると、人生の中で仕事に囚われる拘束時間は3分の1程度だと思います。

本業の納期に追われている時や副業の案件を請け負う年度の変わり目の数週間以外は、基本的に1日3時間程度の労働で時間が有り余っている状態ですので、平時の昼間から昼寝をしたり近所の河原を1~2時間ほどゆっくり散歩したりネットサーフィンをしてYotubeの動画を視聴したりという生活を送っています。

「在宅ワーク」と言ってもおそらく理解されないですし、説明するのも面倒ですので何も言っていませんが、おそらく散歩の途中で挨拶をする近所の方(主におじいちゃん・おばあさん)には「あの人いつも昼間からフラフラしてるけど一体何をやってるのだろう」と無職と思われているのではないかと思います。

こんな感じの毎日ですが、平日は平均して6時間ほどの講義を受けて学費を稼ぐ為にバイトもしなければならなかった大学時代と比べても、社会人として収入を得ている今の方が遥かにのんびりとした生活を送っています。

会社からの給与だけですと月給30万ちょっと、年収380万円程度と30代の男としてはそれほど多くの給与ではありませんが、実家に暮らす独身としては十分に余裕を持って日々の生活の送れる給与を得ています。

在宅ワーク生活は給与を得られるサバティカル休暇

在宅ワーク生活はまさに給与を得られるサバティカル休暇の様な感じです。

すみません、先日たまたま「サバティカル」という言葉を知ってついつい使いたくなってしまっただけです。ただ、サバティカルの様なゆとりある生き方は日本でも積極的に導入が進められるべきだと思います。

サバティカル(英: Sabbatical)とは、使途に制限がない職務を離れた長期休暇のこと。

長期間勤続者に対して付与され、少なくとも1か月以上、長い場合は1年間となることもある。6日間働いた後、7日目は安息日とする旧約聖書のラテン語 “sabbaticus” (安息日)に由来する。

伝統的には大学教員に多く採られている制度であって、研究休暇、在外研究などの呼称もある。研究者、カトリックの聖職者やプロテスタント系の牧師、小説家、漫画家、音楽家、スポーツ選手などがしばしばサバティカルを使い、長期研究調査や執筆などの目標達成、あるいは休息する充電期間として用いる。

ワークライフバランス(仕事と生活の調和)の理念などを踏まえ、ヨーロッパを中心に企業でも取り入れるところが出てきている。例えばイギリスでは20%の企業にキャリア・ブレーク制度があり、10%がその導入を検討しているとした調査結果もある。日本企業での導入例はまだ少ないが(日本での導入例としてはヤフーなどがある)、大学では「サバティカル研修」の名称で教員に対して本来の職場を離れての研究を認める規程を設ける例が増えている。

サバティカル – Wikipedia

私自身も仕事に対しては基本的には「生活できる最低限の収入があればいい」という低意欲・低意識で、個人の自由な時間こそが最も欲しいタイプですので、会社の為に長い時間と多大な労力を捧げ続けてきて、人生のちょっとした一休みとしてサバティカルに憧れるというサラリーマンや会社員の気持ちには非常に共感します。

ですので、その様なサバティカルに憧れるサラリーマンや会社員の方には、在宅ワークでのんびると働く私の生き方は非常に参考になるのではないかと思います。

在宅ワーカーはついつい運動不足になってしまいがち

在宅ワークでは、自営であれで会社から給与を貰う会社員であれ、毎日の通勤もなくずっと外出せずに家に居て仕事をしてお金が貰えてしまいます。

これは在宅ワークの素晴らしい所なのですが、その反面、通販や生協の宅配などを活用すると全く外出しなくとも収入を得て生活が成り立ってしまうので、毎朝毎晩の通勤・帰宅を繰り返している通常のサラリーマンと比べて、ついつい運動不足になってしまいがちです。

運動不足の度が過ぎると、様々な健康の問題が生じてしまう場合がありますので、現代人にとって重要な資本である健康を保つ為にも、在宅ワーカーは人並以上に適度な運動を意識して心掛けなければなりません。

買物でも打合せでもとにかく歩ける場所へは歩いていく

「買物でも打合せでもとにかく歩ける場所へは歩いていく」

これが在宅ワーク会社員である私が守っているマイルールです。徒歩で1時間以内で行ける場所、大体4~5キロ以内の場所へのへの用事は、必ず歩いて行くことにしています。

以前は1キロほど離れた最寄りのスーパーでの買い物では自転車を使っていたのですが、最近は少しでも歩くために自転車も全く使わなくなりました。スーパーへの買い物も往復30分ほどかけて必ず歩いて行っています。

特に私はアウトドアの趣味もなく友人なども居ないため、普通に在宅ワークで暮らして働いていると、1週間全く外を歩かなかったということが当たり前になってしまうので、何か外出などの必要があれば、出来るだけ歩く様に気をつけています。

月1ほどである会社のクライアントとの仕事の打合せなども、自宅から4キロほど離れた場所などで行う場合があるのですが、その場合も必ず歩いてその場へと行っています。バスなども使わないので時間的に確実ですし、普段全く歩かない分を取り戻す様な気持ちで、1時間ほど掛けて徒歩で現場に向かいます。

外出の用事が全くない週は散歩をする様に心がける

買物や打合せの必要があれば出来るだけ家から歩いて行っているのですが、それでも特に用事などが全くない週もありますので、その様な週は必ず運動不足解消と気分転換のために散歩をする様に心がけています。

運動不足解消と気分転換のための散歩は平均して1時間・4キロ程度歩きます。歩いている途中に、ずっとパソコンの前で住まっていては思いつかない様な仕事のアイデアなどが浮かぶこともあり、非常に有意義な1時間です。

普通に会社員として勤めていれば、特に東京など首都圏の会社へと電車通勤などをしていれば、必然的にかなりの時間歩くことになりますので、普通に働いているだけで運動不足解消になるのですが、私の様な在宅ワークの会社員は、日頃からかなり意識して身体を動かす様に気を使わなければなりません。

散歩のコースは近所を流れる川の河原などが多いですね。

私は地方在住で家から400~500メートル先ではクマなども出没する場所に住んでいますので、周囲は景観も最高に良く、緑や自然が非常に多く残されていて、最高の散歩コースに恵まれています。全く同じ散歩コースでも、その時々の季節で草花や虫の声なので四季の移ろいを感じることが出来ますので飽きることはありませんし、精神的にもリフレッシュできます。

通勤が苦痛なら在宅ワークの仕事へと転職するのも手

会社に毎朝通勤することが耐えられないほど苦痛なら、在宅ワークの仕事へと転職してしまうのも手です。「サラリーマンは毎日通勤するのが当たり前」「そもそも仕事というのは辛くて大変なもの」「大卒で新卒でなければブラックな中小企業にしか勤められない」と最初から生活の質を向上することを諦めてしまうのは勿体ないです。

私の様に無理をして大手のブラック会社に勤務し続けた挙句、身体を壊してしまっては元も子もありません。ましてや自殺によって命を絶ってしまった女子電通社員の様に、ブラック労働環境で精神を消耗して死んでしまっては永遠に取返しがつきません。

「今の職場を辞めるのは、まるで安易に辛いことから逃げる様で嫌だ」という気持ちは分かります。私もその気持ちでホテルフロントとして必死に3年間働き続けましたが、結局無理がたたって体を壊して会社を辞めざるを得なくなってしまいました。

「嫌なことから逃げること」「辛い事を避けること」「苦しいことを減らすこと」これは恥ずかしいことでも何でもなく、生物として当たり前の正しい行動なのです。

嫌なことがあってもそれを避けようとせず、敢えて辛い事から逃ずに向かって行くというのは、目の前に燃え盛る炎があって、それに向かって虫が自分から突っ込んで焼け死んで行くようなものです。それは立派でも勇敢でも偉くもなく、ただの愚かな行為です。

むしろ、本当に苦しいことや嫌なことや無駄な苦労からは、あらゆる努力をして手を尽くして逃げるべきなのです。それが人間としての正しい判断なのです。その様にして人間は科学や文明を発展させ、進化してきたのです。

そんなに無駄な苦労をすることが好きなら、洗濯板で洗濯物を洗い、薪を焚いて風呂を沸かして米を炊く様な生活でもしてて下さい。科学や文明とは人類がより楽をするという目的の為に発展してきたものであり、生活や労働の中でより労力を掛けずに楽を求めることこそが人類の発展の源です。

通勤なんていう全く何の価値も生み出さない生産性もない無駄な苦労や負担は、もし可能であるなら出来るだけなくしてしまった方がいいです。それが可能な技術やテクノロジーの下地はすでにほぼ整っています。

将来の自分の為に積み上げていく努力と、目先の日銭を得る為に自分の時間と健康と精神を消耗していくだけの徒労。これは似て非なるものですので混同してはいけません。ただ我慢して毎日会社に通勤し続けるだけで報われた終身雇用や年功序列という昭和の価値観が崩壊した現在、「通勤」という非生産的な行為による徒労や忍耐の先には全く何も残りません。

IT(情報テクノロジー)のさらなる進化と発達により、会社への通勤という行為自体が完全に時代遅れで時間と労力の無駄でしかなくなる時代が、この日本でも間もなく到来しようとしているのです。

特に贅沢をする気もなく、仕事は生活出来る程度の最低限の収入を得る為のものと割り切って、何よりも日々平穏な気持ちで居られる暮らしと自分だけの私生活の時間を大切にしたいという私と同じ様なタイプの人間の場合、そういう目的に適った比較的のんびりと働けるホワイトな仕事や会社は、探せば意外と多くあります。

「情報発信者のプロフィール」のページに書いている通り、私も業界大手のブラック企業からそんなホワイトな会社に転職して、今は大学生時代以上にのんびりと在宅ワークで働いて生活している一人です。

私が現在勤めている会社は従業員10人未満の超零細IT企業ですが、「大手だからホワイト」「零細企業だからブラック」「IT企業だからブラック」ということなどはなく、給与面では年収380万円とそれほど多くの年収ではないものの(それでも贅沢をせず質素に生活するのであれば十分以上の金額で、毎月10万円以上貯金出来ています)、在宅ワークで大半の大手企業よりも遥かにホワイトな環境で働くことが出来ています。

今の会社の仕事が大変で辛いという方、毎朝通勤するのが辛いという方、在宅ワークでもっとのんびりと自分のペースで働きたいという方は、「中途採用だとホワイトな企業では絶対に正社員になれない」「転職をしてもブラック中小企業でこき使われてさらに地獄を見るだけ」という先入観での思い込みや決めつけを一度捨てて、転職という選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

業界最大手であるリクルートが提供する転職サイトの定番「リクナビNEXT」

求人業界の最大手であるリクルートが運営する転職サイト「リクナビNEXT」には、9,000件前後もの豊富な求人が掲載されています。多様な業界や勤務地から条件に合う会社や職場を見つけることが可能です。

インターネットから会員登録をすれば利用は完全に無料ですので、転職をご検討の方はこちらからご登録下さい。

リクナビNEXT【公式サイト】



リクナビNEXTには在宅勤務の求人も豊富にある

リクナビNEXTには在宅勤務の仕事も60件~70件以上と多く登録されています。

登録画面から簡単なプロフィールなどを入力して無料でリクナビNEXTに登録後、詳細検索ボタンを押すと在宅ワークの仕事を検索することが出来ます。

リクナビNEXで在宅勤務の求人を探す手順

無料登録後、リクナビNEXのトップページから「詳細検索」ボタンを押す。

検索画面で「検索キーワード」の項目に「在宅勤務」と入力して検索。

上記の方法で在宅ワークの仕事を探すことが可能です。

ただし、転職サイトに掲載された求人情報だけではその企業の実態を知ることは出来ません。ブラックな仕事の求人に引っかかってしまわないように、口コミの投稿から会社の内部事情や社員の満足度といった実態を知ることの出来る転職情報サイト「キャリコネ」もリクナビNEXTと併せて利用することをお勧めします。

登録企業数43万社の転職情報サイト「キャリコネ」

企業が一般の求人サイトや転職サイトで外部に向けて公開している求人情報だけを見て、安易に就職先を絞ったり転職活動をしてしまうことは非常に危険です。

なぜなら、企業発信の求人情報には当然ですが「都合の良い事」しか掲載されないからです。

そこで「転職に失敗して後悔したくない」「もう二度とブラック企業には就職したくない」という方には、転職情報サイト「キャリコネ」への登録をおすすめします。

「キャリコネ」は企業の口コミ情報サイトとして登録企業数43万社以上を網羅し、多くのビジネスパーソンや転職志望者から支持を得ている転職情報サイトです。

サイトに会員登録することで、口コミなどの内部情報も含めて、多角的な視点で多くの企業の待遇・年収・企業風土・社員の満足度といった実態を比較することが可能です。

「今すぐ転職する」という方だけでなく、現職に不満や不安をお持ちの方も、同業他社の口コミや年収を確認し「転職すべきかどうか」を判断するためにもサイトを活用できます。

転職を検討されている方は、まずは「キャリコネ」に登録して求人情報や企業情報を確認して下さい。以下の公式サイトから無料で会員登録可能です。

登録企業数43万社の転職情報サイト「キャリコネ」【公式サイト】



以上、「1日の労働時間3時間で月給31万円を貰って働く在宅ワークのサラリーマンである私の仕事の実態を公開します」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする