収入や将来が不安定だという派遣社員のマイナス点は過去のもの。人手不足で派遣の仕事が途切れる心配はない

収入や将来が不安定だという派遣社員のマイナス点は完全に過去のものです。人手不足が深刻化するこれからの日本では、人並みに真面目に仕事をしていれば派遣の仕事が途切れることはあり得ません。

派遣社員というと「収入が不安定」「将来が不安定」という根強いマイナスイメージがついてしまっていますが、派遣切りにされて仕事が無くなってしまうなどの心配はもはや一切無用なのです。

人手不足の加速によって派遣の仕事が溢れ続ける日本

2008年のリーマンショック後の派遣切りで非常に生活が不安定というマイナスのイメージで語られる派遣社員ですが、団塊世代の退職や若者の人口減少によって人手不足が深刻化し仕事や求人の溢れかえっている現在の日本では、派遣社員は非常に安定した職業です。

そして日本の生産年齢人口(15歳以上65歳未満の人口)の減少は今後もさらに続き、人手不足がさらに加速していくことは100%確実です。

日本の生産年齢人口、2050年までに3100万人減少か IT活用が解決のカギ? – ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/13266242/

■2050年には3100万人の働き手減少、企業の打ち手はIT活用

少子高齢化、人口減少が進む日本では人手不足が深刻化している。これに対して、政府は働き方改革、賃上げ、子育て支援と様々な施策を打ち出してはいるものの、問題は解消していない。なぜかといえば、人材不足の大きな要因となっているのが、高齢化社会による生産年齢人口の減少であるからだ。

総務省が2014年に発表した日本の生産年齢人口の推移によれば、下の図のように、2010年から2050年のうちに、3,100万人もの生産年齢人口が減少すると言われている。

この様に人口のボリュームゾーンである団塊世代の全員が、労働市場から引退する65歳以上の年齢になっている2015年以降の日本では、深刻な人手不足が常態化しており、どこも人手不足で仕事が有り余っている状態が続いています。

ぞして上の記事とグラフを読んで頂ければ分かる通り、生産年齢人口の減少から現在の人手不足は今後さらに加速化していくことが確実の状況ですので、「不安定な派遣社員だと仕事がなくなって生活出来なくなるかもしれない」などと心配することは、これからの日本では完全なる杞憂です。

たとえかつてのリーマンショックの様な不況が発生したとしても、現在の日本ではそれを上回るレベルで人手不足が深刻化していますので、派遣切りをされて働き先がなくなるということは絶対にあり得ません。

今から約10年前のリーマンショック当時に派遣として働かれていた方の中には、派遣切りに遭われた方も多く、それがトラウマとなってしまっているかもしれませんが、これからの時代ではちゃんと真面目に人並みに働いていれば、派遣切りで仕事が無くなることはあり得ませんので心配する必要はありません。

人手不足が常態化している現在では、派遣先の契約が途切れたとしてもすぐ簡単に次の仕事を得ることが出来ますので、ちゃんと人並み程度に働ける能力のある方であれば、仕事がなくなって賃金を得られず生活に困る様なことは絶対にあり得ないのです。

2008年のリーマンショック当時は日本の生産年齢人口の割合が非常に高く、8,500万人前後もの潜在的な労働者がいたために、深刻な求人難などが発生しましたが、2017年現在の生産年齢人口は7,500万人前後と、当時よりも1,000万人も働き手がいなくなっていますので、よっぽどの選り好みなどをしなければ仕事がなくなるということは100%あり得ません。

この生産年齢人口の減少はさらに加速し、2020年には生産年齢人口は7,000万人程度、2030年には生産年齢人口が6,700万人程度にまでさらに落ち込んで行きますので、日本はますます仕事の溢れる世の中となっていきます。

ずっと派遣社員でも今後20年程度は将来も全く心配ない

派遣社員の方は今後ずっと派遣社員を続けていても、今後20年程度は将来についても全く心配する必要はありません。

なぜ「20年程度」という指定を入れたかと言うと、AI(人工知能)によって人間の仕事がほぼ完全に奪われて行くのが2030年後半頃だからです。

ただ、AIが導入された場合、賃金の安価な非正規社員よりも賃金の高くハイコストな正社員の方が先に切られていきますので、派遣社員という身分だからことさら将来の雇用が不安定だということは全くありません。

将来AIが本格的に労働市場に導入されれば派遣社員の雇用は不安定になりますが、それと同等かそれ以上に正社員の雇用もまた不安定となるのです。

これからの日本でも進むAI導入とその影響については、以下の記事で詳しく説明していますので、もし心配であればお読みください。

参照:大企業の正社員はAI導入が進む現代ではフリーターより将来が不安定です!

この様な状況でも「派遣の契約が途切れるのが不安」という方は、求人が途切れることなく豊富にある大手の派遣会社に登録することをおすすめします。

月収55万円も可能な高額報酬のITエンジニア派遣「ソフトウェアジョブズ」

派遣社員は正社員に比べて責任が軽くサービス残業なども無いというメリットがありますが、その反面ずっと賃金が安いままというマイナスイメージが付きまとうと思います。

しかし、月給20万円などが当たり前の派遣社員でも中には普通の正社員よりも稼げる仕事も存在します。

それはズバリ、エンジニア派遣の仕事です!

「ソフトウェアジョブズ」は月収55万円も可能な高額報酬のITエンジニア派遣です。

「ポテンシャル採用」という制度によって実務未経験の初心者の方も多く採用しています。

高額報酬のITエンジニア派遣「ソフトウェアジョブズ」



ソフトウェアジョブズの仕事内容は「テストエンジニア」と呼ばれる仕事です。

テストエンジニア(テスター)とは、システム開発における様々なテストを行うことで不具合を発見するエンジニアのことで、製品の品質を守ることにおいて重要な役割を担う仕事です。

地道な反復作業を繰り返す粘り強さと集中力が求められますが、派遣社員としては給与水準も非常に高くパソコンで黙々と作業することが苦でない方にはおすすめの仕事です。

しかもテストエンジニアの業務はIT業界の中でも非常に待遇が良くホワイトな職場が多く、残業などもほとんど存在しません!

「負担の少ない派遣社員で正社員並みに稼ぎたい!」という方は、テストエンジニア派遣「ソフトウェアジョブズ」への登録をご検討ください。

ソフトウェアジョブズの詳しい説明や注意点などは以下の記事でご確認ください。

以上、「収入や将来が不安定だという派遣社員のマイナス点は過去のもの。人手不足で派遣の仕事が途切れる心配はない」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする