デスマーチ地獄でこれ以上IT業界で働き続けるのは限界だというプログラマーの方へ

デスマーチ地獄でこれ以上IT業界で働き続けるのは限界だというプログラマーの方へ、体力的にも精神的にもどうしてもこれ以上仕事を続けるのは無理だという場合、転職して勤め先を変えるという方法も存在します。

一口でIT業界と言っても待遇や給与などは千差万別

一口でIT業界と言っても、待遇や給与や労働時間などは、その会社や職場によって本当に千差万別なのがIT業界の特徴です。

ですので、たとえ現在あなたが勤めている会社や職場がとんでもない長時間労働の過酷なブラック企業であったとしても、IT業界全体がブラック企業であると決めつけてIT業界を辞めてしまうのは本当に勿体ないです。

あなたが現在勤めている会社はたまたま運悪くブラック企業かもしれませんが、この日本には沢山のIT企業があり、その中には多くのホワイト企業も存在しています。

せっかくプログラムの専門的な知識と実務経験があるのであれば、その技術や専門知識を生かして、その様なホワイトIT企業に転職してしまえばいいわけです。

プログラムという高度な技術と専門知識がありながら、それをドブに捨ててIT業界から他業種に転職してしまうというのは本当に勿体ないです。

労働市場でのプログラマーの市場価値は想像以上に高い

あなたはたまたま運悪く薄給激務のブラックIT企業に勤めてしまったために、「プログラマーなんかをやっていても大変なわりに大して稼げない」と思い込んでしまっているかもしれませんが、労働市場でのプログラマーの市場価値はあなたが想像している以上に高いです。

WEB業界やアプリ業界に限らずアミューズメントや自動車や金融関連など、あらゆる分野の市場でプログラムの利用が加速していますので、実務経歴のあるプログラマーは本当にどこでも引っ張りだこという状況です。

技術的や経験などの面で特別に優秀なプログラマーの人材であれば、年収1,000万円前後などの待遇を得ることも本当に決して夢ではないのです。

この様に労働市場での市場価値や需要が非常に高く、あらゆる職業の中でも今最も稼げる職業と言っても過言ではないのが、プログラマーという職業なのです。

優秀なプログラマーも収益性の低い企業に勤めている限り十分な報酬を得られない

ではなぜ、あなたはこれほど労働市場で市場価値の高いプログラマーという職業でありながら、日常的に納期間近のデスマーチに悩まされ割に合わないブラック労働を強いられなければならないのか?

それは一言で言って、あなたの会社の収益性が低いからです。

プログラムを組むことが出来るというプログラマーの専門技術は、その技術自体は本当に市場価値の高い武器です。

しかし、「武器は使い方次第」というのがこの世界の鉄則です。

たとえどれだけ素晴らしい武器を持っていても、それを十分に使いこなせなければその武器を持っている意味がないのです。

そして、収益性の低い企業というのは、その武器の使い方が下手糞です。

どれだけプログラマーであるあなたに高い技術と専門知識があったとしても、それをマーケティング的観点から効果的に活用して収益を生み出す仕組みを作り上げられなければ、会社として利益を得て社員であるあたなに十分な金額の給与を支払うことが出来ません。

要するに、どれだけその会社が優秀なプログラマーや技術者を雇っていたしても、会社としてそれを上手くビジネスや収益に結び付けることが出来なければ、宝の持ち腐れ、豚に真珠、猫に小判の様な状態なのです。

どれだけクオリティの高いプログラムを組もうが独自の斬新なアプリを開発しようが、そもそもその成果物が市場の中で消費者からの需要の無いものである場合、それは全く収益やお金を生み出すことが出来ません。

そして会社として十分な収益を生み出すことが出来なければ、その会社に勤めているプログラマーや専門技術者に、能力に見合った十分な給与が支払われることもありません。

そのため、プログラマーの給与や報酬は、そのプログラマー自身の力量や技術や知識だけではなく、その会社の収益性、つまりビジネスとして専門技術をいかにお金や利益に結び付けることが出来るかということに非常に大きく影響されます。

ですので、全く同程度の力量と技術のプログラマーであっても、その勤め先の会社が違うだけで、驚くほど収入や待遇に差が生じてしまう場合があるのです。

つまり、「IT業界は地獄だから脱出したい」「プログラマーなんて大変なだけの仕事は辞めたい」と思い込んでしまっているあなたも、転職によって職場や勤め先の会社を変えるだけで、給与や待遇を劇的に改善出来る可能性は十分にあるということです。

従業員数の少ない中小企業にもホワイト企業が存在するIT業界

そして従業員数の少ない中小企業や零細企業にもホワイト企業が存在するというのがIT業界の最大の特徴です。

IT業界では決して待遇は企業の規模に比例しません。

大企業であっても2012年度にブラック企業大賞を受賞した富士通などの様に、とんでもないブラック労働を強いる企業が存在しています。

実際にこのサイトでも「富士通 辞めたい」などの言葉で検索して、以下の記事に訪問されるエンジニアの方は非常に多いです。

この様に「大企業だから安心」という常識が通用しないのがIT業界です。

そして私自身もホワイトな零細IT企業に勤めているサラリーマンですが、一方で以下の記事で書いている通り、中小企業や零細企業であっても優良ホワイト企業が多く存在するのもIT業界です。

「IT業界は地獄だから脱出したい」と転職を検討しているプログラマーやエンジニアの方も、「IT業界で中小企業はブラック企業」と最初から決めつけしまわずに、ホワイトな待遇を得られるIT企業を探してみてください。

優良ベンチャーIT企業や隠れたホワイト中小企業を探して転職するなら「マイナビエージェント×IT」

マイナビエージェントは、IT・Web業界に強い転職エージェントです。そんなマイナビエージェントの中でも「マイナビエージェント×IT」はIT業界に特化した転職支援・転職サポートサービスとなっています。

IT業界の人材紹介・転職サポート「マイナビエージェント×IT」【公式サイト】



国内最大級の転職支援実績を持つマイナビは全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプとコネを持っています。

IT業界出身のキャリアコンサルタントがブレーンとなり、そんな豊富なコネクションも駆使しつつ一人ひとりのニーズにマッチした転職を提案してくれます。

数多くの転職エージェントが存在しますが、IT技術者が優良ベンチャー企業や隠れたホワイト中小企業への転職を狙うのであれば、「マイナビエージェント×IT」が一番おすすめのサービスです。

以下の記事では「マイナビエージェント×IT」のメリットとデメリット、そして注意点を説明しています。転職を検討しているIT技術者の方は是非参考にして下さい。

以上、「デスマーチ地獄でこれ以上IT業界で働き続けるのは限界だというプログラマーの方へ」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする