20代の若いプログラマーやITエンジニアは現在の転職市場では貴重な金の卵の人材

20代の若いプログラマーやITエンジニアは、現在の日本の転職市場では本当に貴重な金の卵の人材です。

しかし彼ら20代の若いプログラマーやITエンジニアの中には、社会経験が乏しいために自分たちの技術や能力の市場価値を自覚していない方、また就職先の企業の選択を間違ったことによって技術に見合う十分な待遇を得られていない方が多くいます。

そして上記の様な方は「プログラマーはブラック労働」「IT業界は薄給激務のブラック業界」と思い込み、安易にIT業界から別の業界や他の業種へと転職しようとしてしまいがちです。

しかし、IT業界から離脱してせっかくの貴重な専門技術や職歴をドブに捨ててしまうのは本当に勿体ないことですので、転職エージェントに登録してIT業界での自分の適正な市場価値を第三者に評価・査定してもらうことをおすすめします。

プログラマーの仕事を外注すれば時給1万円にも達する

情報発信者のプロフィール」にある様に私自身は地方のWEB制作会社に勤めているため、様々なWEB制作の案件でプログラマーに仕事を依頼することも多いですが、プログラマーの外注費用は想像を遥かに超える高額です。

プログラマーへの外注費用は、時給単価で最低でも5,000円は絶対。さらに時給1万円でも当たり前というのが相場です。

それだけプログラマーやITエンジニアという職業は高度で専門的な職種であり、IT業界においてその技術や知識の市場価値は非常に高いということが言えます。

この様にプログラマーやITエンジニアというのはその技術を適切に活用すれば非常に稼げる職業であり、プログラマーやITエンジニアとしての専門技術や実務経歴がある方がその利点を自ら捨ててしまうことは本当に勿体ないことです。

プログラマーやITエンジニアは、外注すれば時給換算で1万円もの費用が生じるような非常に付加価値の高い職業ですので、本来であればその待遇は時給で3,000円と言った給与水準を得ることも十分に可能なはずなのです。

時給3,000円で1日8時間労働、月間22日出勤とすると、月収で50万円以上もの給与になりますが、ITエンジニアの人手不足と時給の高騰が加速している現在の労働市場では、このレベルの給与水準を得ているエンジニアも決して珍しくはありません。

もしもITエンジニアとして働きながら、月間300時間労働で月給25万円、月間250時間労働で月給20万円などの給与水準の場合、ITエンジニアの標準的な給与の相場からするとかなりの低賃金ですので、転職によって勤め先の会社を変えることで大幅に待遇や給与を改善出来る可能性が高いです。

転職エージェントに登録することで自分の市場価値を客観的に把握できる

転職の際に転職エージェントに登録することのメリットとして、転職エージェントにを利用することで自分の技能や職歴の市場価値を客観的に把握できるということが言えます。

特に20代などの若いエンジニアの方は、社会経験が乏しく自分の市場価値に無自覚である場合などが多いのですので、現実以上に自分自身の価値を低く見積もって労働搾取をされないために、転職エージェントに登録して自分自身でもなく勤め先の会社でもない第三者視点からの評価を受けることをおすすめします。

ある程度の専門的技術と実務経験のある即戦力のITエンジニア人材は、IT業界での労働市場では、驚くほどその市場価値が高く評価さる場合がありますので、最初から「自分はどうせこの程度だ」と自分の適正価値や限界を決めつけてしまわずに、第三者からのフラットな評価を受けた方がいいでしょう。

特にIT専門の転職エージェントでは、IT業界全般の業界動向やプログラマー・エンジニアの業務を熟知した専門性の高いアドバイザーが対応してくれますので、より自分の能力や市場価値に見合った適正な評価を知ることが可能です。

IT業界では企業規模が社員の待遇と比例しない

IT業界での転職の際に気を付けなければならないことが、IT業界では企業規模が社員の待遇と比例しないということです。

大企業であっても2012年度にブラック企業大賞を受賞した富士通などの様に、殺人的な長時間労働などとんでもないブラック労働を強いる企業が存在しています。

実際にこのサイトでも「富士通 辞めたい」などの言葉で検索して、以下の記事に訪問される富士通社員のエンジニアの方は非常に多いです。

世間に名を轟かせる富士通の社員であってもブラック労働で酷使されているという現実。

この様に「大企業だから安心」という常識が通用しないのがIT業界です。

その一方で、私自身もホワイトな零細IT企業に勤めているサラリーマンですが、一以下の記事で書いている通り中小企業や零細企業であっても優良ホワイト企業が多く存在するのもIT業界です。

転職を検討しているプログラマーやエンジニアの方も、「大手のIT企業なら安心」「IT業界で中小企業はブラック企業」と最初から先入観だけで決めつけしまわずに、中小企業やベンチャー企業も視野に入れてホワイトな待遇を得られるIT企業を探してみてください。

優良ベンチャーIT企業や隠れたホワイト中小企業を探して転職するなら「マイナビエージェント×IT」

マイナビエージェントは、IT・Web業界に強い転職エージェントです。そんなマイナビエージェントの中でも「マイナビエージェント×IT」はIT業界に特化した転職支援・転職サポートサービスとなっています。

IT業界の人材紹介・転職サポート「マイナビエージェント×IT」【公式サイト】



国内最大級の転職支援実績を持つマイナビは全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプとコネを持っています。

IT業界出身のキャリアコンサルタントがブレーンとなり、そんな豊富なコネクションも駆使しつつ一人ひとりのニーズにマッチした転職を提案してくれます。

数多くの転職エージェントが存在しますが、IT技術者が優良ベンチャー企業や隠れたホワイト中小企業への転職を狙うのであれば、「マイナビエージェント×IT」が一番おすすめのサービスです。

以下の記事では「マイナビエージェント×IT」のメリットとデメリット、そして注意点を説明しています。転職を検討しているIT技術者の方は是非参考にして下さい。

以上、「20代の若いプログラマーやITエンジニアは現在の転職市場では貴重な金の卵の人材」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする