将来AIに仕事を奪われるのが不安で仕方ない?派遣社員になれば将来安泰ですので心配無用です

「将来AIに仕事を奪われるのが不安で仕方ない」と心配されている方へ、これからの時代はイザという時は派遣社員になれば将来安泰ですので心配無用です!

何故これからの日本では派遣社員が将来安泰となるのでしょうか?

それはAI(人工知能)導入で仕事を奪われサバイバル化する近未来の労働市場において、職場や職種を自由に乗り換えて行ける派遣社員の身軽さが、逆境での最強の武器となるからです。

専門性の高いの正社員は将来安泰?その認識は非常に甘い

「単純労働の派遣社員と違って大企業に勤める専門性の高いホワイトカラー正社員は将来安泰」と思っている方もいるかもしれませんが、その認識は非常に甘いと言わざるを得ません。

現実に、AI導入よって専門性の高い職種の正社員からその仕事を奪われ始めています。

以下の事例は大手信託銀行のベテラン専門職がAIに仕事を奪われたケースですが、AIのさらなる普及によってこの様な事例は今後さらに他企業や他業種でも広がっていくことが必至です。

ついにメガバンクに「大失職時代」がやってきた! – 週刊現代
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52015

■超優秀なAIに仕事を奪われる

「私はこれから何をすればいいのですかね……」

大手信託銀行に勤める職員(40代後半)は喫煙所でこう呟いた。彼は20年にわたって都内の支店で勤務してきた内勤のベテラン職員だ。

営業マンが顧客からもらってきた契約書などの書類の内容に誤りがないかをチェックしてきた。このチェックを経ないと、上司に書類が渡らず、決済ができない仕組みだった。

その仕事がなくなる。

この信託銀行では、人の手による書類チェックが今年度から段階的に廃止されることになったからだ。同行の課長(50代)が話す。

「彼らは現場を経験し、どこにどんな誤りが潜んでいるのかを知り尽くした人材です。

たとえば、融資や投資の実行日が休日になっていないか。投資商品ならば、顧客の資産や年収に比べて無理な取引になっていないか。ハンコやチェックが漏れていないかなど、その確認は細部に及びます。

これまでの銀行業務では、そうした長年の経験の積み重ねによって培われた能力が必要でした。

しかし、今後は書類が電子化され、手書きの書類がなくなってしまうんです。営業マンは各自タブレット端末を支給され、そこに必要事項を打ち込んでいく。

コンピュータが入力ミスなどを指摘して、その場で完璧な書類ができあがる。後はそれを上司に転送するだけ。

これまで重要視されてきた仕事が、IT化によってあっさりと必要なくなってしまう。実に残酷な話です」

書類のチェックにあたっていた職員は全員の配置換えが決まった。どの部署に異動するかはまだ決まっていない――。

冒頭の職員はこうぼやく。

「新しい職場で能力を活かしてほしいと言われても、私はこの仕事を20年やってきたんです。これから新しい知識や技術を一から覚える気力はありません」

銀行員の仕事が激変している。これまで人の手によって行われてきた仕事が、コンピュータに取って代わられていく。

今後、銀行の業務に導入されていく人工知能、AIは金融業に変革をもたらす。AIは単なるプログラムではない。自ら学び、進化していく。周知のとおり、囲碁では世界チャンピオンをAIが負かし、今後、二度と人間は勝てないと言われている。

定められたルールと情報を入力すれば、人間の知能とは比べ物にならないスピードで「正解」へとたどり着くのだ。その能力は、金融業という分野でも圧倒的なパフォーマンスを発揮する。

その結果、ダブついた人員は行き場を失い、閑職に追いやられる。彼らを組織内に抱えるだけの体力があるうちはいい。だが、長くはもたない。

AI導入と仕事の置き換えは大企業の正社員から始まる!

そしてはっきりと指摘しておきたいのは、上記の様なAI導入と仕事の置き換えは、現在は将来安泰と考えられている大企業のホワイトカラー正社員から始まるということです。

最初の段階では、AI導入による人員削減は、中小企業や零細企業の従業員などが対象ではありません。なぜなら中小企業や零細企業は、最先端の超高額のAI技術などを他の企業に先駆けて現場に導入する資金や経営的余裕などがないからです。

また一方で、派遣社員や非正規労働者は高くとも時給1,000円~1,300円程度と正社員と比較して安価なコストで働かせることが出来ますので、わざわざ今はまだまだ高額の最新AI技術を導入して彼らの様な人員を削減するコスト的なメリットがありません。

逆に、かつては安定と将来安泰の象徴の様に考えれていた銀行などの大企業ほど、高額のAI技術を中小企業などより先駆けて現場に導入出来る資金力があり、また大企業のホワイトカラー正社員は高給ですので、その人員をAIに変えることのコスト的なメリットが高い。

この結果、かつては安定と将来安泰の象徴の様な存在であった大企業のホワイトカラー正社員ほど、AIに仕事を奪われて失職して路頭に迷う可能性が高い。その将来と未来は安定とは程遠く、将来の失職リスクが非常に高いのです。

非常にロジカルな結論ですね。

そして実際に、上で紹介した大手信託銀行のベテラン専門職のケースの様に、大企業のホワイトカラー正社員がAIに仕事を奪われる事態が、現実の職場で起き始めているということです。

正社員と比べての派遣社員の有利さは圧倒的な身軽さ

この様に人間が担ってきた多くの仕事がAI(人工知能)に奪われて行く中で、正社員と比べての派遣社員の有利さは圧倒的な身軽さにあります。

逆に新卒からずっと一つの大企業で、そして大企業の歯車としてごく限られた分野の知識しか持たない大企業の正社員は、その様な状況では潰しが利きません。

しかも、大企業の大半では官僚的な企業体質がまかり通っていますので、そのために完全に感覚や思考が平和ボケしてしまっており、その様な大企業で働いている社員の多くは、将来AIに仕事を奪われて会社を放り出されても潰しが利かず露頭に迷うしかないでしょう。

一方で身軽に働き方を変えて行ける派遣社員は、ある職場の仕事がAIやロボットに奪われても他の職場の派遣先を探せばいい、ある職種の仕事がAIやロボットに奪われても他の職種の仕事をすればいい、とAIに仕事を奪われても次々とバイト先を変えることで潰しが利きますので、結果的に逆にこれからの時代では非常に安定しているのです。

派遣社員の仕事の中でも、コールセンターやテレホンオペレーターの仕事、コンビニやスーパーでのレジ打ちなどの仕事は、AI導入で真っ先になくなっていくと予想されますが、その他にも派遣社員の仕事は製造業から清掃業などまで無数にある上に、現在の日本は生産年齢人口の減少によって深刻な人手不足がさらに加速していますので、全部の派遣の仕事が完全に無くなって失業してしまうという心配は全く無用です。

AI導入に備えて派遣サービスに登録しておけば安心です

この様に派遣社員は将来安泰ですので、職場へのAI導入によるリストラと人員削減の波に備えて、今から派遣サービスや派遣会社に登録しておけば安心です。

事前に派遣サービスや派遣会社に登録しておけば、すぐに求人を探して仕事を得ることが出来ますので、万が一の突然のリストラや人員削減などにも余裕を持って対応できます。

いずれにせよ、イザと言う時は派遣会社に登録して派遣社員になればいい話ですし、今からAIに仕事を奪われることを心配する必要など全くありません。

むしろAI導入やAIによって仕事を奪われることを心配し過ぎて、身体を壊したり禿げたりすることの方が問題ですので、AI導入など気にせずに普通に暮らしていきましょう。

月収55万円も可能な高額報酬のITエンジニア派遣「ソフトウェアジョブズ」

派遣社員は正社員に比べて責任が軽くサービス残業なども無いというメリットがありますが、その反面ずっと賃金が安いままというマイナスイメージが付きまとうと思います。

しかし、月給20万円などが当たり前の派遣社員でも中には普通の正社員よりも稼げる仕事も存在します。

それはズバリ、エンジニア派遣の仕事です!

「ソフトウェアジョブズ」は月収55万円も可能な高額報酬のITエンジニア派遣です。

「ポテンシャル採用」という制度によって実務未経験の初心者の方も多く採用しています。

高額報酬のITエンジニア派遣「ソフトウェアジョブズ」



ソフトウェアジョブズの仕事内容は「テストエンジニア」と呼ばれる仕事です。

テストエンジニア(テスター)とは、システム開発における様々なテストを行うことで不具合を発見するエンジニアのことで、製品の品質を守ることにおいて重要な役割を担う仕事です。

地道な反復作業を繰り返す粘り強さと集中力が求められますが、派遣社員としては給与水準も非常に高くパソコンで黙々と作業することが苦でない方にはおすすめの仕事です。

しかもテストエンジニアの業務はIT業界の中でも非常に待遇が良くホワイトな職場が多く、残業などもほとんど存在しません!

「負担の少ない派遣社員で正社員並みに稼ぎたい!」という方は、テストエンジニア派遣「ソフトウェアジョブズ」への登録をご検討ください。

ソフトウェアジョブズの詳しい説明や注意点などは以下の記事でご確認ください。

以上、「将来AIに仕事を奪われるのが不安で仕方ない?派遣社員になれば将来安泰ですので心配無用です」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする