プログラマーの技術力は凄い!一からプログラムを組めることは非常に高度で希少なスキル

一からプログラムを組めることは非常に高度で希少なスキルです。

そしてそんな高度で希少なスキルを持つプログラマーという職種は、労働市場でも非常に需要が高く、人並み以上の高待遇を得られるチャンスに満ちています。

プログラマーの報酬は時間単価1万円も当たり前

私はWEB業界に勤めており、素人に毛の生えたレベルでPHPやJavaScriptなど多少のWEB関連のプログラム言語は自分でコーディング出来るアマチュアのアマグラマーですが、「真のプロフェッショナルであるプログラマーの技術力は凄い!」と思います。

私自身は専門学校などでプログラムを教わったこともなく、またプログラム関連の本を自分で買って読んだことも一度もないため、一からプログラムを組める技術力はありませんので、インターネットで検索して公開されているソースコードをコピペしながら、そのソースを組み合わせ、自分でちょこちょこと修正して変更を加えてプログラムを組んでいます。

現在はインターネットで調べればほとんど何でも情報が得られる便利な時代になりましたので、PHPやJavaScriptなどの基礎的なプログラム言語であれば、ある程度の情報はインターネットを通して知ることが出来、簡単なプログラムを組むことは誰にでも出来ます。

また、近年はjQueryなど様々な動作が最初からパッケージされているJavaScriptライブラリを無料で活用することが出来ますので、プログラム初心者の技術力であっても簡単に様々なプログラム動作をWEBサイトに装備することが可能です。

しかし、それはあくまでもWEB関連であれば、PHPやJavaScriptなどだけで完結する非常に簡単でシンプルなプログラムの場合です。

PHPと連動したデータベースの処理などが関わってきますと、技術的なハードルが上がり、やはり私の様に素人に毛の生えたレベルのアマチュアグラマーの技術力では、ややシステムの構築が困難になってきます。

WEB関連のデータベース処理などもインターネット上に無数に情報がありますので、自分でそれを調べれば出来ないことはないと思いますが、やはり面倒ですし調べながらの作業で時間も掛かりますので、その様なレベルの案件になると本当のプロフェッショナルなプログラマーに外注して作業を任せることが多いです。

その様な場合のプログラマーへの外注費は、私の業界では1時間あたり1万円前後が目安です。

やはりプログラムは非常に高度で専門性の高い希少なスキルですので、本職のプログラマーに作業を外注すればそれなりの金額は掛かります。

WEB系では希少で高度な技術を持ちながら、低賃金で搾取されているプログラマーの若者が多い

しかし、様々なITブラック企業の事例を通して私が感じているのは、この様に非常に希少で高度な技術やスキルを持ちながら、IT業界の底辺で安価な賃金しか支払われずに酷使され、労働搾取されているプログラマーの若者が、特にWEBアプリ開発やWEBサービス保守などのWEB系では意外と多いということです。

大企業のクライアントを相手にしている真面目で手堅い業務系案件のプログラマーやITエンジニアは、技術力に見合ったしっかりとした給与や待遇を得られている場合が多いのですが、フロントサイドやゲーム系案件などのWEB系の業務を担当している若者は、同じプログラマーでありながら、信じられない様な薄給激務のブラック労働を課せられている場合が想像以上に多いのです。

業務系案件のプログラマーは当たり前の様に月収40万円や月収50万円と言った専門技術職に相応しい給与を得ている一方で、WEB業界では300時間労働で月給25万円、200時間労働で月給10万円代などというブラック待遇で働いているクリエイターやエンジニアの若者も決して珍しくありません。

もちろん、WEB系のプログラマーやクリエイターは技術レベルや市場価値が低いなどということは決してなく、実際にWEB系のIT企業に勤務している私が外部のプログラマーに業務を外注する際は、1時間あたり1万円前後の相場で仕事を発注しているわけです。

なぜ同じ専門技術職のプログラマーでありながら、業務系のエンジニアとWEB系のエンジニアでこの様な格差が生じるのかというと、業務系の案件は大企業などが相手ですので作業を行えば確実にその業務に見合った報酬を得られる一方で、アプリ開発などのWEB系の案件は、成果物を作り上げたとしても十分な収益を生み出すことが出来なければ報酬を得ることが出来ないという不確実性があることがその原因です。

もちろんアプリ開発などは、一発当てて大儲け出来れば業務系のエンジニアを遥かに超える報酬を得ることが可能ですが、アプリ開発者の全員が成功者となれる訳ではありません。

例えば、たとえ技術的には非常に高度でレベルの高いWEBアプリを開発したとしても、市場の中でそのWEBアプリに対する経済的な需要がなく収益を生み出すことが出来なければ、プログラマーは世間一般並の報酬すらも得られないということです。

ですので、どれだけ技術的には優れたITエンジニアやクリエイターであったとしても、需要の無い金にならないWEBアプリを会社から作らされている限り、決して十分な待遇や給与を得ることは出来ないということが言えます。

その結果、待遇の安定している業務系のエンジニアとは異なり、WEB系のエンジニアの場合、成功者と底辺とで大きな格差が発生してしまうのです。

これがWEB系では希少で高度な技術を持ちながら、低賃金のブラック待遇で労働搾取されているプログラマーの若者が多い理由です。

高収益の優良企業への転職で待遇を大幅に上げられる

では、この様な低賃金のブラック待遇で労働搾取をされているWEB系プログラマーの若者は一体どうすればいいのか。

その解決方法は、転職によって勤め先を変えて、より収益性が高く儲かっている優良IT企業、技術力に見合った十分な待遇と給与が得られる職場で働くことです。

IT業界やWEB業界はその企業によって収益性や待遇なども天と地ほどの差がありますので、転職によって良い会社や職場に勤めることで、劇的に待遇や給与が改善する可能性があります。

私自身はホワイトな待遇の零細WEB制作会社でWEBデザイナー兼WEBプロデューサー兼コーダー(社員の少ない零細企業なので一人で何でもやります)として働いていますが、以下の記事で書いている通り勤め先の会社によって待遇格差が非常に大きいのがWEB業界です。

そしてWEB系のプログラマーやエンジニアの場合も、勤め先の会社によって給与や労働時間の面で天国と地獄ほど待遇格差があることは同様です。

現在の給与や待遇に不満のあるエンジニアの方も、高収益のWEB企業やIT企業で働くことが出来れば大幅に給与や待遇を上げることが可能ですので、是非転職という選択肢を検討してみてください。

IT企業と幅広いコネクションを持つ転職エージェントを利用するべき

そして、実際にIT業界で転職活動を行う際には、より多くの企業と出会うことで優良企業への転職のチャンスは大きく広がります。

転職をご検討される場合は、数多くのIT企業と幅広いコネクションを持っているIT業界専門の転職エージェント(無料の転職支援サービス)を利用することお勧めします。

そしてIT業界専門の転職エージェントにもそれぞれに様々な強みがあり

  • 年収1,000万円以上のハイクラスの求人に強いエージェント
  • 客先常駐の求人案件に強い人材派遣エージェント
  • 正社員転職をメインに扱う転職エージェント
  • 優良ベンチャーIT企業に強い転職エージェント

など様々なタイプの転職エージェントが存在します。

その様なIT業界専門の転職エージェントの中でも最も幅広いコネクションを持ち、最も幅広く豊富な求人を取り揃えてるのが「マイナビエージェント×IT」です。

「マイナビエージェント×IT」はベンチャーIT企業や中小IT企業なども含めて、IT業界から幅広く優良企業を探す場合、最も好適な転職支援サービスと言えます。

優良ベンチャーIT企業や隠れたホワイト中小企業を探して転職するなら「マイナビエージェント×IT」

マイナビエージェントは、IT・Web業界に強い転職エージェントです。そんなマイナビエージェントの中でも「マイナビエージェント×IT」はIT業界に特化した転職支援・転職サポートサービスとなっています。

IT業界の人材紹介・転職サポート「マイナビエージェント×IT」【公式サイト】



国内最大級の転職支援実績を持つマイナビは全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプとコネを持っています。

IT業界出身のキャリアコンサルタントがブレーンとなり、そんな豊富なコネクションも駆使しつつ一人ひとりのニーズにマッチした転職を提案してくれます。

数多くの転職エージェントが存在しますが、IT技術者が優良ベンチャー企業や隠れたホワイト中小企業への転職を狙うのであれば、「マイナビエージェント×IT」が一番おすすめのサービスです。

以下の記事では「マイナビエージェント×IT」のメリットとデメリット、そして注意点を説明しています。転職を検討しているIT技術者の方は是非参考にして下さい。

以上、「プログラマーの技術力は凄い!一からプログラムを組めることは非常に高度で希少なスキル」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする