業務系SEの需要と市場価値が急速に高まっている。転職するなら今がチャンス

現在のIT業界では、業務系SE(システムエンジニア)の需要と市場価値が急速に高まっていますので、業務系SEの方が転職するなら今が最大のチャンスです。

急騰しているSE(システムエンジニア)の平均年収

以下は平成20年から平成27年(2008年から2015年)にかけてのSE(システムエンジニア)の平均年収の推移です。

システムエンジニアの平均年収(平成27年) – 年収ラボ
https://nensyu-labo.com/syokugyou_se.htm

平成27年のシステムエンジニアの平均月収は40万円、そこから推定される平均年収は591万円、推定時給は2,339円でした。

システムエンジニアの過去の年収推移を見ますと、500万円台半ば~550万円台後半あたりで推移しています。月収ベースでは36~40万円前後で推移しています。

平成20年から平成27年までの8年間の間に、SE(システムエンジニア)の平均年収は547万円から591万円へと約50万円も上昇しており、リーマンショック後の平成21年から平成26年までの6年間で、406万円から415万円へというほとんど微増に止まっている一般サラリーマンの平均年収と比べて、著しく給与水準が高騰しています。

サラリーマン平均年収の推移 – 年収ラボ
https://nensyu-labo.com/heikin_suii.htm

■昨年とほぼ変わらず、伸び悩みを見せる平均年収

民間企業で働くサラリーマンや役員、パート従業員の平成26年の平均年収は415万円。若干の上昇を見せた平成25年でしたが、平成26年は昨年とほぼ変わらず415万円を記録しています。

国税庁「平成26年分 民間給与実態統計調査」によると、平成26年(平成26年12月31日現在)の平均年収は415万円で、昨年の408万円に比べ+0.1万円(+0.2%)の増加となりました。

この様に一般サラリーマンの給与が伸び悩む一方でSE(システムエンジニア)の給与は高騰しており、SEの方にとっては収入や給与がアップする大チャンスが到来しているのです。

SEの中でも特に業務系SEの市場価値が高騰している

この様にSEの市場価値が上昇し続けている中でも、特に近年著しく市場価値が高騰しているのが、メーカー工場向けシステム構築などのインフラ系SEや、近年注目を浴びている「フィンテック」(ファイナンス・テクノロジー)導入と相次ぐ金融機関の合併に伴うシステム統合などで需要が急騰している金融系SEなどの業務系案件のシステムエンジニアです。

経産省がフィンテック研究会 「本気の育成か 権益争いか」 – 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO92551480X01C15A0PP8000/

金融とIT(情報技術)を融合した「フィンテック」は日本の成長産業になるか――。政府内で6日、新しい研究会が立ち上がった。仕切り役は金融庁ではない。経済産業省だ。

経産省は新しい会議を「産業・金融・IT融合に関する研究会」と名付けたDフィンテックは、金融(finance)と技術(technology)を組み合わせた米国発の造語だ。スマートフォンを使う決済や資産運用、ビックデータ、人工知能(AI)などの最新技術を駆使した金融サービスを指す。研究会の名前の冒頭にあえて「産業」を付け加えたところに、経産省の並々ならぬ意欲がうかがえる。

フィンテック(Fintech)とは – 富士通総研
http://www.fujitsu.com/jp/group/fri/businesstopics/fintech/definition/

「フィンテック(Fintech)」とは、金融を意味する「ファイナンス(Finance)」と、技術を意味する「テクノロジー(Technology)」を組み合わせた造語である。

(中略)

世界をリードする先進的なICT(情報通信技術)企業の集積地である米国シリコンバレーにおいて、「テクノロジー」を活用して、(金融サービスを含む)革命的な新サービスを次々と産み出している。

特に以下のTech総研の年収調査にある様に、業務系SEの中でも金融系のエンジニアは平均年収744万円、最高年収1100万円と突出して高い給与水準を誇っています。

また、総合電機メーカーのエンジニアも平均年収660万円、最高年収850万円と多くのソフト系業種・ハード系業種の中でも高い給与水準となっています。

30代エンジニア2180人に聞いた平均年収の実態と満足度 – Tech総研
https://next.rikunabi.com/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=002284

業務系SEであれば、この様な業種の勤務先に転職することで、飛躍的に年収を増やすことも可能です。

業務系SEはフリーランスとなることで収入を大幅に増やせる

この様に業務系SEの需要は急速に高まっており、業務系SEになるには今が絶好のチャンスという状況です。

そして業務系SEになるのであれば、フリーランスになることで会社から中抜きされることなく遥かに多くの報酬を得ることが可能です。

「PE-BANK」(ピーイー・バンク)は会社からの独立やフリーランス活動を目指す業務系SE(システムエンジニア)やプログラマーなどのITエンジニアのための独立サポート&営業支援サービスです。

プログラマーのための営業支援サービス「Pe-BANK」【公式サイト】



「PE-BANK」(ピーイー・バンク)では業務系のエンジニア案件が豊富にあり、登録者の平均年収は700万円以上です。

業務系SEへの転職をご希望の方は、「PE-BANK」(ピーイー・バンク)への登録を検討してみて下さい。

PE-BANKの詳しい説明や注意点などは以下のページに書いています。ご登録を検討の場合はこちらを必ずお読み下さい。

以上、「業務系SEの需要と市場価値が急速に高まっている。転職するなら今がチャンス」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする