フリーターや派遣社員は駄目人間という理不尽な風潮。実際は正社員より優秀な場合も多い

フリーターや派遣社員は駄目人間という理不尽な風潮が日本には蔓延していますが、実際にはフリーターや派遣社員などの非正規社員の方が正社員よりも仕事が出来て優秀である場合も非常に多いです。

正社員と非正規社員の待遇格差は急速に解消されつつある

また、実際の給与や待遇、雇用のリスクなどの面でも、慢性的な人手不足とアルバイトやパートタイム労働の時給の高騰などによって、正社員と派遣社員などの非正規社員との格差は急速に狭まっており、特に若い世代では間もなく正社員と非正規社員の格差はほぼなくなりつつあります。

参考:派遣社員と正社員の違いとは?正社員と比較しての派遣社員のデメリットとメリット
参考:今の日本は正社員の給与が全く上がらない時代。実は非正規社員の方が賃金が昇給していく
参考:収入や将来が不安定だという派遣社員のマイナス点は過去のもの。人手不足で派遣の仕事が途切れる心配はない

しかし、この様な中でも特に上の世代において「フリーターや派遣社員などの非正規労働者はダメ人間である」という偏見が定着してしまっており、世間体などの問題、そして結婚などの場面における非正規社員への理不尽な差別が、非正規社員として働くことの最大のネックとなっているのが今の日本の現状です。

日本の未来の為に、この時代遅れの風潮は徹底的に叩き潰さなければならいと私は考え、以下の様にこのブログでも繰り返し、派遣社員やフリーターなどの非正規社員への偏見、さらには派遣会社へのマイナスイメージを払拭するための記事をアップしています。

参考:ホワイト企業正社員>ホワイト非正規社員>ブラック非正規社員>ブラック企業正社員
参考:たった一つの会社に依存する不安定な正社員。複数の勤務先の確保が可能な安定職の派遣社員
参考:派遣会社は賃金をピンハネして金を儲けている悪徳企業というマイナスイメージへの反論

コンビニのアルバイト店員は凄い!もっと敬意を払うべき

フリーターや派遣社員などの非正規労働者の中でも、特にコンビニのアルバイト店員の能力は凄いです。世間はもっとコンビニのアルバイト店員に敬意を払うべきだと私は思っています。

「コンビニ店員のバイトは低賃金で誰にでも出来る簡単な仕事」とか20年前の感覚のまま頭の中の時計が止まってしまっている人も世の中には多いですが、実際には現在のコンビニ店員は誰にでも出来る簡単な仕事などでは決してありません。

未だに「コンビニ店員のバイトは低賃金で誰にでも出来る簡単な仕事」とか言っているのは、余程の世間知らずか時代遅れの老害だけです。

唐揚げや揚げ物などの新商品の提供、郵便物の発送・受取、さらには公共料金の支払いなどという提供サービスの拡大によって、コンビニ業務は年々複雑化し高度化しており、コンビニ店員として全ての業務を完璧に遂行する為には、とんでもなく分厚いマニュアルを全てマスターしなければならなくなっています。

現在のコンビニ店員の仕事は、もはや駄目人間にも出来る簡単な仕事では決してないのです。

この様にコンビニ店員の業務は非常に高度化しているために、団塊世代の引退や若者不足による慢性的な人材不足とあいまって労働市場での経験豊富なコンビニ店員の価値は非常に高まっており、東京都内ではコンビニ夜勤の時給の相場は1,250円以上、一部店舗の最高値では1,371円(2016年8月1日時点)というほぼ正社員並の水準にまで上昇しています。

マックで時給1500円!都心のバイトが超高額になってきた – Excite Bit コネタ
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1470385056152.html

東京都心では時給1,000円を超えるというのはそんなに珍しいことではない。試しにバイト情報サイトで新宿区のコンビニの時給を調べてみると、多くの店舗で時給は1,000円以上。都心に住む人たちは「時給1,000円ないのは厳しい」と一つのボーダーラインと捉えているようだが、逆に地方で暮らす人は「時給1,000円いったからやめれないわー」と、1,000円超えを一種のステータスとして捉えているようだ。

また、コンビニでも夜勤となれば1,250円以上という募集も多く、新宿区の平均時給は、2016年8月1日現在でなんと1,371円というデータもあるほど。やはり都心にはかなり高時給なバイトの数が多いようだ。

また、私自身は「情報発信者のプロフィール」にある様に、現在のWEB関連のIT企業に正社員として勤める以前はホテルでフロントマンとして働いており、サービス業や接客業の大変さ、さらに商品補充など様々な業務を並行的にこなしながらミスなくレジ打ちをすることや、手早くレジ閉めを行うことの難しさを知っていますので、複雑化したコンビニ業務をしっかりこなしているコンビニ店員の方に対しては「自分には出来ない」と尊敬の眼差しで見ています。

優秀なコンビニ店員はダメ人間であるどころか、大半の企業の正社員よりも仕事が出来ます。接客業の最前線で私などには出来ない大変な仕事をしている立派な人達です。

大企業の正社員などで既得権益を得てふんぞり返っている老害無能オッサンなども、コンビニ店員をさせればまともに仕事が出来ない人間が大半だと、私自身のホテル勤務での接客の経験から確信を持って断言できます。

コンビニのアルバイト店員はもっとリスペクトされ敬意を払われるべき仕事ですし、コンビニ店員の彼氏を持つ女の子などは「私の彼氏はコンビニアルバイトの駄目男」などと決めつけずに、もっと彼氏のことを誇りに思うべきです。

非正規労働者への理不尽な偏見の解消は時間の問題

労働市場の実態としては正社員とアルバイトや契約社員などの非正規労働者との給与格差・待遇格差は、特に若い世代では急速に解消されてきており、非正規労働者への理不尽な偏見の解消は時間の問題です。

コンビニ店員などの仕事の大変さや難しさも現在ではかなり知れ渡ってきましたので、アルバイトのコンビニ店員を馬鹿にして見下す様な風潮は無くなっていくはずです。

「アルバイトや契約社員などの非正規労働者だからダメ人間」という考え方は、これからの日本では完全に時代遅れとなって行くのです。

そして10年後の将来の日本では、大企業の正社員よりもむしろ派遣社員などの非正規労働者が勝ち組になる、というのが私の未来予測です。

なぜ大企業の正社員よりもむしろ派遣社員などの非正規労働者が勝ち組になるのか、詳しくは以下の記事で説明していますのでお読みください。

参考:なぜ15年後の日本ではフリーターが勝ち組なのか?フリーターの身軽さが逆境での武器となる
参考:今後の日本では堅実と安泰を求めて大企業や公務員を目指す若者は破滅する理由

将来を見据えれば派遣社員になるという選択も悪くない

かつてのリーマンショックでの派遣切りなどで「派遣社員は将来が不安定だ」というマイナスイメージがこびりついてしまっていますが、この様に将来の日本の社会状況を予測すれば、実は派遣社員になるという選択も将来を見据えた際に決して悪いものではありません。

「会社をリストラされて無職になった」「正社員を募集している良い会社が見つからない」「就職活動をしても採用面接に受からない」などの理由で悩んでいる方も、決して人生に絶望したりする必要はありませんので、派遣社員として働くことを検討してみて下さい。

月収55万円も可能な高額報酬のITエンジニア派遣「ソフトウェアジョブズ」

派遣社員は正社員に比べて責任が軽くサービス残業なども無いというメリットがありますが、その反面ずっと賃金が安いままというマイナスイメージが付きまとうと思います。

しかし、月給20万円などが当たり前の派遣社員でも中には普通の正社員よりも稼げる仕事も存在します。

それはズバリ、エンジニア派遣の仕事です!

「ソフトウェアジョブズ」は月収55万円も可能な高額報酬のITエンジニア派遣です。

「ポテンシャル採用」という制度によって実務未経験の初心者の方も多く採用しています。

高額報酬のITエンジニア派遣「ソフトウェアジョブズ」



ソフトウェアジョブズの仕事内容は「テストエンジニア」と呼ばれる仕事です。

テストエンジニア(テスター)とは、システム開発における様々なテストを行うことで不具合を発見するエンジニアのことで、製品の品質を守ることにおいて重要な役割を担う仕事です。

地道な反復作業を繰り返す粘り強さと集中力が求められますが、派遣社員としては給与水準も非常に高くパソコンで黙々と作業することが苦でない方にはおすすめの仕事です。

しかもテストエンジニアの業務はIT業界の中でも非常に待遇が良くホワイトな職場が多く、残業などもほとんど存在しません!

「負担の少ない派遣社員で正社員並みに稼ぎたい!」という方は、テストエンジニア派遣「ソフトウェアジョブズ」への登録をご検討ください。

ソフトウェアジョブズの詳しい説明や注意点などは以下の記事でご確認ください。

以上、「フリーターや派遣社員は駄目人間という理不尽な風潮。実際は正社員より優秀な場合も多い」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする