100万円程度の借金で人生の終わりと思う癖に住宅ローンの3000万円の借金は平気な日本人

たった100万円程度の借金でまるで「人生の終わり」の様な顔をする癖に、住宅ローンの3,000万円もの大金の借金は平気な顔で出来る日本人は完全に頭がおかしいです。冷静に考えて完全に気が狂っています。

100万円程度の借金であればフルタイム勤務でまともに働いて稼げば1年程度で返済可能です。

一方で住宅ローンの3,000万円もの膨大な金額の借金は、庶民では数年では到底返済など出来ません。3,000万円の借金は、30年ローンや35年ローンなどで、何十年間もずっと奴隷の様に働き続けなければ返済することの出来ない金額です。

クレイジー!30年や35年もずっと借金を返済し続けなければいけない人生なんて完全に狂ってる!3,000万円もの借金をしてまで新築の家を建てる行為はどう考えても正気の沙汰じゃありません!

全額を現金で家を買える億万長者やお金持ちの方であれば、新築の立派な豪邸でも好きなだけ建てればいいと思いますが、年収1,000万円未満のサラリーマンや一般庶民の方が3,000万円もの借金をして家を建てるというのは、頭の狂った自殺行為でしかありません。

高額の住宅ローンを組んで新築のマイホームを建てようと検討されている方は冷静になって考え直して下さい。

一方で、100万円程度の借金がある方は全然余裕です。住宅ローンの為に3,000万円もの借金をする頭のおかしい人間よりも、遥かにまともな人生を歩むことが出来ます。

その程度の金額の借金は、フルタイムでちゃんと働いてお金を稼げばすぐに完済することが出来ますので、「もう人生の終わりだ」などと深刻に悩む必要はありません。

家や不動産が資産になる時代はすでに終わっている

「ローンを組んで家を買っておけば資産になるから」とお考えの方もいると思いますが、「持ち家は資産」だというのは昭和の時代までの時代遅れの古い価値観です。

現在の日本では、持ち家は資産ではなく、高額の税金や維持費などの支払いを必要とする金食い虫の「負債」だというのが現実なのです。

参考:持ち家は資産という時代遅れの古い価値観。持ち家は資産ではなく「負債」です
参考:マイホームを買ってしまえば家賃がかからない?持ち家も住み続けるにはお金がかかります

確かに、人口が増加し続けその為に居住空間への需要が高まり土地や物件が値上がりし続けていたバブル期までの昭和の時代であれば、賃貸ではなく購入や新築によって自分の家や土地を持つということは資産を持つということでした。

1,000万円で購入した土地が、その十年後には2,000万円に値上がりし倍の資産価値になる。その様なこともバブル経済期までの経済成長期の日本では当たり前でした。

しかし、当時とは逆にこれからの日本は人口が減少し続け、それに伴い居住スペースに対する需要は下がり、土地や物件の資産価値はさらに急激に下落し続けていく時代となります。

この様に土地や物件の資産価値が下落し続ける状況となったことで、持ち家の金食い虫の「負債」というマイナスの側面が非常に強く現れて来るようになりつつあるのです。

なぜ100万円程度の借金で人生終わりと思ってしまうのか

日本人は3,000万円もの狂った金額の住宅ローンは簡単に借りることが出来るのに、一方でなぜたった100万円程度の借金で、まるで人生の終わりの様に思ってしまうのでしょうか。

その理由として、100万円という金額は20歳前後の若者や学生などが、パチンコなどのギャンブルやキャバクラ通いなどの遊び、服やバッグなどの買い物をして作ってしまう借金の金額だからということが言えます。

まだ若くちゃんと社会に出てそれなりの給与や収入を得た経験がないので、たった100万円程度の借金でびっくりして人生の終わりの様に思い込んでしまう訳です。

100万円程度の借金など、住宅ローンのために3,000万円もの借金をして30年や35年も奴隷の様に働いて借金を返済し続けなければいけない人間に比べれば100倍マシなので余裕です。

全く何も心配することはありません。

ただ、保護者や親には借金を隠さずに明かして下さい。

まあ、人生を学ぶ為の授業料と考えれば100万円程度の借金なんて安いものでしょう。

100万円の借金を作ったこの経験で、ギャンブル依存症や買い物依存症、キャバクラ通いなどから綺麗さっぱり足を洗うことが出来るなら、長い目で見れば逆に得した様なものです。

人生経験や社会経験の乏しい学生や若い方にとっては、100万円の借金というのはお先真っ暗に見えるかもしれませんが、100万円程度の借金であれば、3,000万円の住宅ローンなどから比べたら100倍余裕ですし、ちゃんと社会人となって会社に就職して働けばすぐ簡単に返済できる金額です。

ただ、「会社に就職する前に学生のうちに借金を返済したい」という真面目な方は、以下の方法を参考にして下さい。

参考:どうしても2ヶ月間で50万円を貯めたいフリーターや大学生におすすめの方法を教えます!

リゾートホテルや観光地の旅館への数ヶ月の住み込みバイトで50万円程度のお金を作ることが可能ですので、夏季休業や春季休業を利用してこれを2回繰り返せば、フリーターや大学生の方でも1年以内で100万円の借金を綺麗に完済することが出来ます。

なぜ危機感を持たずに3000万円ものローンを組めるのか

この様にたった100万円程度の借金でビクついて人生の行く末を心配する若者がいる一方で、全く危機感を持たずに住宅ローンのために3,000万円もの借金を組む方が日本には沢山いるわけです。

年収1,000万円以上の高所得者であれば、3,000万円の借金というのも決しておかしいことではないでしょう。

しかし、500万円程度の平凡な年収や所得の庶民の方が、3,000万円もの多額の借金をして、それを30年ローンや35年ローンという信じられないほどの長い時間を掛けて返済する。

この様なクレイジーな狂ったことが日本では当たり前の様に行われています。

非常に非常に理解に苦しむクレイジーな行為ですが、おそらくその様な方の頭の中は、経済が右肩上がりで不動産に資産価値が上昇し続け、終身雇用と年功序列が当たり前だった昭和時代で、完全に止まってしまっているのです。

確かに、会社によって終身雇用が完全に守られ、そしてただ会社に勤め続けているだけで給与が上がり続けた昭和の時代であれば、年収500万円程度のサラリーマンが3,000万円の住宅ローンを組んだとしても、年功序列の恩恵を受ける20年後には800万円以上の年収を得て余裕を持ってローンを返済出来た訳です。

しかし、現実には、今の日本では大企業の倒産なども当たり前の様に起こり、終身雇用や年功序列も実質的に崩壊しているわけです。

参考:今の日本は正社員の給与が全く上がらない時代。実は非正規社員の方が賃金が昇給していく

その様な見通しが立たず不確定な要素の非常に大きい現在の日本で、住居を新築するだけのために30年や35年もの長期のローンを組む。

これは非常にリスキーな判断と言わざるを得ません。

平凡な年収や所得であるにも関わらず平気で3,000万円などの高額な住宅ローンを組むサラリーマンの方は、100万円程度の借金にビビって「人生終わりだ」と心配する若者の危機感を少しは見習ってはいかがでしょうか。

以上、「100万円程度の借金で人生の終わりと思う癖に住宅ローンの3000万円の借金は平気な日本人」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする