ノマドワーカーとフリーランスと在宅ワークの違い。非リア充の引きこもりにも出来るのは在宅ワーク

ノマドワーカーとフリーランスと在宅ワークは何となく似ているようで微妙に違います。

結論から言えばノマドワーカーはリア充であり、フリーランスはコミュ強であり(ただしフリーランスの中でもブロガーとアフィリエイターは引きこもりにも可能)、非リア充の引きこもりにも出来る仕事は在宅ワークです。

情報発信者のプロフィール」にある通り、私自身も現在はIT関連の零細企業に勤めて在宅ワークの正社員として働いている非リア充の引きこもりタイプの人間です。

ノマドワーカーはキラキラしてるリア充野郎の職業

ノマドワーカーは仕事の場所を限定されない職業で、日本中や世界中を旅したりしながらブログやメディアを更新し、お洒落なカフェとかスタバとかに行ってカプチーノでも飲みながら、お店に持ち込んだノートパソコンのキーボードをカタカタ打って文章を書いたり情報発信して生計を立ててるリア充野郎です。

在宅ワーカーである私も物理的にはノートパソコンを買ってカフェとかスタバに行けばノマドワーカーは可能ですが、非リア充で引きこもりタイプの私には精神的な面でノマドワーカーはハードルが高く、カフェや喫茶店の中の様な多くの人のいる公共的な場所では周りの目が気になって目の前の仕事や作業に集中することが出来ません。

オシャレなカフェやスタバとかに行って颯爽とMacBookを取り出してキーボードをカタカタ打って「俺は自由を謳歌してるぜ」みたいな雰囲気を周囲の見知らぬ人間に向けて漂わせながら仕事をする度胸が無いのです。

「外で仕事をする程度でそこまで考えるのは自意識過剰だ」という指摘はその通りですが、そういうことを気にして他人の目が苦手なタイプなので、引きこもりみたいに家に籠って一人シコシコと在宅ワークをして暮らしているわけです。

あと、ノマドワーカーの中には日本中や世界中を旅したりしながら生活している方がいますが、引きこもりタイプの私は旅行は凄く苦手なので出来ればずっと家に居たいです。

この様にノマドワーカーと在宅ワーカーは概念としてはかなり重なる部分も多いですが、リア充的でキラキラしているのがノマドワーカーであり、非リア充的で世界の片隅で人の目に触れない様にひっそりと暮らしているのが在宅ワーカーです。

ノマドワーカーと在宅ワーカーで引きこもりの方でもなれるのはどちからと言えば、圧倒的に家の中だけで働く在宅ワーカーだと思います。

フリーランスの仕事で稼ぐにはコミュ力と営業力が重要

フリーランスもまた在宅ワーカーやノマドワーカーと同様に一人で働ける仕事です。

しかし、プログラミングなどの特別にハイレベルで専門的なスキルを持たない大多数の方がフリーランスの仕事で稼ぐには、コミュ力と営業力が最も重要です。

フリーランスであれば自分で営業して仕事を取って来る、自分で売り込みをかけてサービスを提供するということが必要ですので、優れたコミュニケーション力や営業力がなければ生き残っていくことが出来ないのです。

私の様な非リア充の引きこもりタイプの人間、または引きこもりの方にとって、最も生計を立て続けることが難しい職業がフリーランスだと思います。

プログラマーやエンジニアなどでの非常に専門的なスキルと職歴があれば、以下の記事で書いた様に独立サポート&営業支援サービスなどを活用することでフリーランスで生計を立てることが可能ですが、特別なスキルや職歴等を持たない大多数の普通の引きこもりの方にとっては、フリーランスは現実的な選択肢ではないという訳です。

参考:30代のプログラマーがステップアップを目指すには独立してフリーランスになる方法が有効

ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングはお小遣い程度は稼げる

また、特別なスキルや技術などを持たない場合であっても、ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトに登録することでフリーランスのライターをして稼ぐという手もありますが、クラウドソーシングの案件は報酬の単価が非常に低いですので、フリーライターだけの収入で生計を立てることは決して簡単ではありません。

ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトでのフリーライターは仕事の単価が低過ぎて、そこから得られる収入だけで生活するには厳しいのです。

ただ、クラウドワークスでも5万円程度のお小遣い程度の収入を得ることは十分可能ですので、引きこもりの方も社会復帰の肩慣らしとして以下から登録して仕事を受けてみるのもいいかもしれません。

お仕事の種類は246種類!在宅ワークならクラウドワークス!無料登録



ブログやアフィリエイトを専業にするのは非常に難易度が高い

また、フリーランスの中でもブロガーとアフィリエイターは適性の面から言えば非リア充の引きこもりにも可能な職業です。

しかし、ブロガーやアフィリエイターとしてブログ運営やサイト運営を行い、アフィリエイト広告収入だけで自活することが出来る様になるためには、想像を絶する凄まじい作業量が必要となりますので、現実的には非常にハードルが高いです。

確かに潤沢な時間と暇のある引きこもりの方は通常の会社員やサラリーマンと比較してサイト運営やブログ運営では圧倒的に優位なのですが、通常のサラリーマンや会社員のブログ飯(ブログ運営だけで生計を立てること)の成功率が1%程度だとすると、引きこもりの方のブログ飯の成功率は10%程度だと思います。

ひきこもりの方は潤沢な作業時間が確保できる点でサラリーマンよりも遥かにブログで成功出来る可能性は高く、成功の見込みは10倍以上も高いとは言っても、ブログ飯の元々の成功率が1%程度ですので、一般人と比べて圧倒的に有利である引きこもりの方の場合でも、やはり9割を占める大多数の方はブログ収入だけで生活することは出来ません。

ブログ飯だけで生活することの困難さについては以下の記事をお読み下さい。

参照:ブログ飯で脱サラ達成は成功率1%の無理ゲー。ブログ収入で食べて行くことは99%不可能

この様にノマドワーカー・フリーランス・在宅ワーカーのそれぞれの仕事について考えていきますと、家の外に出るのが苦手な引きこもりの方は、自宅警備を行いながら働くことの出来る在宅ワークの仕事を目指すのが最も現実的な進路選択だという訳です。

在宅ワーカーへの転職を目指す場合は、在宅勤務の求人も豊富にあるリクナビNEXTへの登録が確実です。

業界最大手であるリクルートが提供する転職サイトの定番「リクナビNEXT」

求人業界の最大手であるリクルートが運営する転職サイト「リクナビNEXT」には、9,000件前後もの豊富な求人が掲載されています。多様な業界や勤務地から条件に合う会社や職場を見つけることが可能です。

インターネットから会員登録をすれば利用は完全に無料ですので、転職をご検討の方はこちらからご登録下さい。

リクナビNEXT【公式サイト】



リクナビNEXTには在宅勤務の求人も豊富にある

リクナビNEXTには在宅勤務の仕事も60件~70件以上と多く登録されています。

登録画面から簡単なプロフィールなどを入力して無料でリクナビNEXTに登録後、詳細検索ボタンを押すと在宅ワークの仕事を検索することが出来ます。

リクナビNEXで在宅勤務の求人を探す手順

無料登録後、リクナビNEXのトップページから「詳細検索」ボタンを押す。

検索画面で「検索キーワード」の項目に「在宅勤務」と入力して検索。

上記の方法で在宅ワークの仕事を探すことが可能です。

ただし、転職サイトに掲載された求人情報だけではその企業の実態を知ることは出来ません。ブラックな仕事の求人に引っかかってしまわないように、口コミの投稿から会社の内部事情や社員の満足度といった実態を知ることの出来る転職情報サイト「キャリコネ」もリクナビNEXTと併せて利用することをお勧めします。

登録企業数43万社の転職情報サイト「キャリコネ」

企業が一般の求人サイトや転職サイトで外部に向けて公開している求人情報だけを見て、安易に就職先を絞ったり転職活動をしてしまうことは非常に危険です。

なぜなら、企業発信の求人情報には当然ですが「都合の良い事」しか掲載されないからです。

そこで「転職に失敗して後悔したくない」「もう二度とブラック企業には就職したくない」という方には、転職情報サイト「キャリコネ」への登録をおすすめします。

「キャリコネ」は企業の口コミ情報サイトとして登録企業数43万社以上を網羅し、多くのビジネスパーソンや転職志望者から支持を得ている転職情報サイトです。

サイトに会員登録することで、口コミなどの内部情報も含めて、多角的な視点で多くの企業の待遇・年収・企業風土・社員の満足度といった実態を比較することが可能です。

「今すぐ転職する」という方だけでなく、現職に不満や不安をお持ちの方も、同業他社の口コミや年収を確認し「転職すべきかどうか」を判断するためにもサイトを活用できます。

転職を検討されている方は、まずは「キャリコネ」に登録して求人情報や企業情報を確認して下さい。以下の公式サイトから無料で会員登録可能です。

登録企業数43万社の転職情報サイト「キャリコネ」【公式サイト】



以上、「ノマドワーカーとフリーランスと在宅ワークの違い。非リア充の引きこもりにも出来るのは在宅ワーク」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする