ちきりん・イケダハヤト・クロネコ屋について元信者の視点から批判的に考察

カリスマ社会派ブロガーとしてインターネット界隈やはてな村界隈で広く名前を知られる「ちきりん」さん。

ちきりんさんのブログ「Chikirinの日記」 – はてなダイアリー
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/

ちきりんさんのツイッター
https://twitter.com/insideChikirin

しかし私はTwitter芸人となった最近のちきりんさんのブログ記事の大半は、非常に詰まらなく物足りなく感じています。

「オバちゃんの旅行話なんて知るか」というのが最近のちきりんさんのブログ記事の多くを読んでの率直な感想です。

この様な指摘をすると一部の頭のおかしい熱狂的な「ちきりん信者」は「アンチ乙!」と怒り出すかもしれませんが、私自身はちきりんさんの書籍「マーケット感覚を身につけよう」などを買って家に持ってるくらいですので、アンチどころかむしろちきりんさんのファンでした。

今でもアップされた全てのブログ記事とツイッターの投稿をチェックしていますので、現在進行形でちきりんさんのファンというか実質的に大ファンみたいなものです。

しかし、それだけにかつてのちきりんさんと比べて近年のちきりんさんのブログ記事には、感銘や新鮮の驚きを受けることが少なくなったと実感してしまいます。

読むだけで未来の社会に思いを馳せワクワクしたちきりんブログ

かつてのちきりんさんのブログは、記事を読むだけで未来の社会に思いを馳せとてもワクワクしたものです。

どの記事のクオリティも新鮮な知的刺激に溢れて素晴らしく、時代の先を見通す先見性や卓越した見識のレベルの高さに、土の中から芋ズルを掘り起こす様に夢中でブログの過去記事を読み漁りました。

本当に面白く5時間や6時間も時間を忘れてブログ記事を読み漁っていたものです。

しかし最近はちきりんさんのブログ記事を読んで、かつての様にワクワクや新鮮な知的刺激を得ることはかなり少なくなりました。

ツイッターでのちきりんさんは現在でも知的な意味で非常に面白い呟きが多くありますが、やはり情報の蓄積と整理という面でも、その場限りのツイッターの短文ツイートではなく、一覧から過去記事のまとまった文章を読むことの出来るブログ記事の方が、より深い知的満足を得ることが出来ます。

しかし、そのブログの内容の面白さやクオリティが劣化した為に、個人的にはちきりんさんに物足りなく感じる様になってしまったというのが正直な思いです。

この様なことを書くと、ファシストの様に狂信的な一部のちきりん信者が「文句があるなら読むな!」と怒り出すでしょうが、かつてに比べて頻度は下がったとはいえ現在でもちきりんさんのブログには知的好奇心を掻き立てるという意味で非常に面白い記事が投稿されることがあり、そのために現在も欠かさずちきりんさんの全てのブログ記事をチェックしているのです。

なぜちきりんブログは面白味が劣化したのか?

なぜちきりんブログは面白味が劣化したのか?

もちろんここで言う面白味とは、ギャハハと笑うようなギャグやお笑いの面白さではなく、新鮮な知的刺激に溢れワクワクを感じる様な面白さのことです。

まず第一の理由として、ちきりんブログ自体の変化による側面ですが、かつてとは違い中国などへの旅行記の様な内容の記事の割合が多いブログになったということが言えます。

このことについては「オバちゃんの旅行話なんて知るか」それが率直な私の感想です。

ただ、自分の胸に手を当てて考えてみると、ちきりんブログが旅行記化したというこの第一の理由は、私がちきりんブログにかつてほどの面白みを感じなくなったことに関して、それほど大きな部分は占めていませんでした。

現在はウンザリするほどの仮想通貨アフィリエイトブログと化した炎上ブロガーであるイケダハヤトのブログに比べれば、ちきりんブログは今も全然面白く読めるレベルです。

仮想通貨アフィリエイトブログと化したイケダハヤトのブログ
http://www.ikedahayato.com/

イケダハヤトの最近のブログは詰まらない

私はイケダハヤトを批判しているとかいう訳ではありません。

私自身はイケダハヤトの意見は大多数が完全な正論だと思っていますし、金額は遥かに少ないながら同じくアフィリエイトやサイト運営で収入と生活の糧を得ている人間として、アフィリエイトやGoogleアドセンスの広告単価が抜群に高く圧倒的な収益を生み出す仮想通貨の記事を連投するイケダハヤト氏の振る舞いは、非常に非常によく理解できますし共感できます。

イケハヤ氏のツイートに関しては今も非常に面白いですし、ブログについてもインターネットの世界で仕事をする同業者としてアフィリエイト記事の書き方の参考にさせて貰っています。

ただ、私自身の率直な感想として、イケダハヤトの現在のブログは純粋な読み物としてかつてに比べてクオリティが暴落して全く面白くなくなったということです。

はっきり言って純粋な読みものとしては、同じ炎上ブログである「散るろぐ」の方が現在のイケハヤブログの1,000万倍面白いです。

チルドさんの運営する炎上ブログ「散るろぐ」 – はてなブログ
http://www.cild.work/

チルドさんの運営する炎上ブログは、マネタイズや収益化の面ではイケハヤ氏のブログと比べて全くお金にはなっていないようですが、チルドさんはもっと評価されるべきブロガーの一人だと思っています。

繰り返しになりますが、イケダハヤト氏の主張の大半は完全なる正論だと思っていますし、イケダハヤト氏を批判しているわけではありまん。

実業家としてのイケダハヤトは紛れもなく一流です。ただ、純粋に読み物として見た時、彼のブログが興味を感じるものではなくなったということは、私にとって紛れもない事実だということです。

この様に読み物としての魅力はチルドさんに完敗するレベルの体たらく状態のイケハヤのブログに比べれば、ちきりんさんのブログ自体のクオリティは今も読むに値するほど面白いレベルは保っています。

ではなぜ、ちきりんブログにかつてほどの新鮮な面白さを感じなくなったのか?

徐々に日本社会や私自身の状況が、ちきりんさんの時代を先取りした先進的な思考に追いついてきたことが、その最大の原因ではないかと思います。

追記:その後、仮想通貨バブルが弾けてイケダハヤトブログのファンに復帰しました

この記事を書いた1か月後に仮想通貨バブルが弾けて、またイケダハヤトのブログを読むようになりました。

2017年の後半から仮想通貨関連の宣伝ブログ記事ばかりが連投され、仮想通貨の記事に興味が持て無さ過ぎてウンザリしていたのですが、現在はまたイケダハヤトのブログを面白く読んでいます。

仮想通貨のギャンブル投機的なバブルが弾けて、再びイケダハヤト氏の面白い記事が読める様になって結果的によかったです。

まあ、仮想通貨アフィリエイトの参考としてイケダハヤト氏のブログを読めば良かったかもしれませんが、いずれにせよ2017年末からの参入では成果を出し切るのは難しかったと思います。

私はイケダハヤト氏に対してはあくまでもファンであって信者ではないので、教祖の全てを全肯定する義務もありません。

社会がちきりんの思考に追いつき当たり前となってきた

SNSなどのインターネット社会の成熟やAI(人工知能)の進化の加速などによって、日本社会の実相がちきりんさんがブログなどで発信していた先進的な思考に徐々に追いついてきた。

そのために、ちきりんさんのアイデアや考えも斬新で新鮮なものではなく、ごく当たり前で平凡で普通のものと感じる様になってきた。

これがちきりんさんのブログに対してかつてほどのワクワクや新鮮な知的刺激を感じなくなった最大の要因です。

ちきりんさん自身も時代に追いつかれて来たことを自覚し始めているのか、最近は社会予測や未来の予見ではなく太平洋戦争など過去の歴史問題を振り返るトピックの記事が増えてきました。

これは逆に言えば、ほぼ完全にちきりんさんの見通し通りの方向性に日本社会が変化をしているということで、それだけかつてのちきりんさんの社会予測や見通しは正しく、その先見性や見識のレベルの高さは本物であったということでもあります。

情報発信者のプロフィール」にある通り、私自身も現在は零細のIT企業に勤めて在宅ワークで1日平均3時間労働・月収30万円以上を得ている会社員です。

そして一般のサラリーマンと比較して労働時間が遥かに短いために暇な時間を持て余して、平日の昼間からエロ動画を見てオナニーをしたり、こんなくだらないブログを毎日2記事とか3記事とか更新し始めたりしているわけです。

タイムマシンで10年前の昔に戻ってまだ大学生だった当時の私自身に向かって「お前は10年後には平日の昼間からオナニーばかりして暮らしてるぞ」と教えると、大学生の私は「いつまでもダラダラと無職をしてないでちゃんと真面目に働け!」と自分にキレると思います。

しかし、実際には現在の私は平日昼間から無職の様に暇を持て余して、オナニーをしてゴロゴロしたり、2ちゃんねるをしたり、この下らないブログを更新したりしながらも、給与所得者の平均年収以上は稼いでいます。

思い返せば、10年くらい昔にちきりんさんが予見していたまさにその通りの働き方を、今の私は当たり前の様に送ることが出来ている訳です。

現在では自分自身の実際の労働状況がちきりんさんの先進的な思考レベルに近づいてきたために、ちきりんブログを読んでも「また当たり前の普通のことを書いている」と感じてしまう様になったわけですが、それを10年も昔に予見していたちきりんさんの先見の明や見識の高さはやはり素晴らしかったということが言えると思います。

10年前の私自身は自分が今の様な働き方をするなどと微塵も考えてすらいませんでしたから。

やっぱりちきりんさんは凄かった、という結論でちきらんさんへの言及を締めさせて頂きます。

私が現在一番面白さを感じるブロガーはクロネコ屋さん

では、現在私が一番面白さを感じるブロガーは誰かと言うと、年収約1億円のトップアフィリエイターのクロネコ屋さんです。

クロネコ屋の月100万稼ぐアフィリエイト講座
http://moonpower2020.net

ちきりんさんが10年以上昔から予測していたまさに通りに、生産性の高い零細企業に勤めて1日3時間労働・月収30万円以上の待遇を得た私ですが、この現実の社会はさらに次のレベルに達しているということを実感します。

私の様に1日3時間労働で人並みの収入を得られるどころか、インターネットの副業で月収で800万円など、一般人の10倍以上の収入を得ることも不可能ではない。

もちろんイケダハヤトやクロネコ屋さんの様な成功者は全体の僅か1%というごく一部ですが、逆に言えば1%の成功の可能性はある。100%完全に不可能という訳ではないのです。

参考:ブログ飯で脱サラ達成は成功率1%の無理ゲー。ブログ収入で食べて行くことは99%不可能

そしてその具体的な方法を無料で包み隠さず公開するクロネコ屋さんの様なガチな情報発信者も現れた。これは物凄いことです。

下らない情報商材を10万円とかの高額で売りつける詐欺師に比べると、有用な情報を無料で提供するクロネコ屋さんの存在はまるでこの世の天使です。

クロネコ屋さんも一応、数1,000円程度の格安の料金でネットビジネスのノウハウをまとめた有料noteを販売していますが、私は敢えてそれらは一切購入していませんし、たった1円すら払っていません。

しかし、クロネコ屋さんが完全無料で提供するツイッターやホームページの情報を参考に、まだ開始3ヶ月程度のこのブログで実際に月数万円の成果が出始めています。

月数万円でも年間では数10万円の副業収入にはなりますから、これは私の様な平凡な収入のサラリーマンにとっては物凄く大きいです。

そしてクロネコ屋さんの情報からタダで学びながらブログを運営し記事を更新し続けていくことで、この収入がさらに増えて行く可能性もあるわけです。

追記:その後、半年ちょっとで月10万程度の報酬になりました

この後、半年ちょっとで月10万程度の報酬になりました。

現在は副収入で年間100万円以上が見込めるペースになりました。無料でそんな超貴重な情報を教えてくれたクロネコ屋さんは神様です。

以下の記事で書いている様にクロネコ屋さんの情報などを参考にしているだけで、一円も情報商材や書籍にもお金を払っていません。

参考:ブログやアフィリエイトで月10万円を稼ぐのに情報商材や教材は要らない。理由はノウハウを知っても稼げないから

それでも家にいながら年間100万円の副業収入が得られるノウハウが身に付いた訳です。

現在はガチの本気で今後1年内に副業月収100万円を狙っています。

私はイケダハヤト氏やちきりんさんに対してはファンですが、クロネコ屋さんに対しては完全に信者です。

口先だけの信者で最も安いアフィリエイト講座noteすら買わずクロネコ屋さんには1円も払っていませんが、いつか本当に月100万円を達成したら10万円程度の感謝料を払うかもしれません(笑)

イケダハヤトの発信する情報は一般庶民には実現性が低い

イケダハヤトの主張の様に仮想通貨を買って不労収入で労働から解放されるとかいうのは、はっきり言って十分な元手の資金を持たない一般庶民には余りにもリスクが高過ぎる方法です。

現実的には仮想通貨は現時点ではまだ発展途上の形態であり、イケダハヤトの様な資産に余裕のある資産家の為のリスクヘッジです。

イケダハヤトの主張は大半が正論で頷ける物ですが、仮想通貨に関しては、私と同様にそれほど資産に余裕のない普通の庶民の方は真に受け過ぎてはいけない情報です。

20年後くらいにはいずれ仮想通貨が現実の通貨に完全に取って代わる時代が来ますが、資産に余裕のない庶民の方は、仮想通貨が本来の姿に進化するのを待ってから参入する形でいいと思います。

参考:現在はまだ発展途上の形態の仮想通貨。仮想通貨の未来の完成形とはどのようなものか

ただ、イケダハヤトは仮想通貨アフィリエイトで収入を得ているので、実業家として仮想通貨を推すのは仕方ない部分はあります。そういう事情も把握した上でイケダハヤトのブログを読み、自分で判断して仮想通貨を買うのであれば、全く問題はありません。

一方でクロネコ屋さんのブログでは、仮想通貨も買えない様な資産や元手の乏しい庶民が、0から成功する道筋が明確かつ具体的に示されている訳です。しかも無料で金銭的なリスクはほぼ0です。

大多数の貧しい庶民にとって情報源としてのクロネコ屋さんのブログの有用性は、イケダヤトのブログとは比べ物にならないレベルだと思います。

私は買いたいものや物欲も全くありませんので今の収入でも十分なのですが、成功率は非常に低いとはいえせっかくリスクも全くなくインターネットだけで現実的に成功出来る世の中になってきましたので、難しいゲームに挑戦する様な気持ちでアフィリエイトを始めています。

追記:この記事を書いた1ヶ月後に仮想通貨バブルが弾けました

この記事を書いた1ヶ月後に仮想通貨バブルが弾けて仮想通貨の相場が暴落しました。

2017年後半に仮想通貨の宣伝記事を連投しまくるイケダハヤトに乗せられて、仮想通貨投資に参戦した方は大損したのではないかと思います。

2017年前半以前から早期参戦していた一部の方は相場が暴落してもまだ利益が残ったでしょうが、多くの方がイケダハヤトの仮想通貨アフィリエイトの養分に終わったという結果に。

私が警告していた通り、バブル的な投機にはこの様なリスクがつきものです。

現在のイケダハヤト氏は、庶民が資産を築く方法としてクロネコ屋さんと同様に副業ブログを推奨しているようです。

私自身もアフィリエイトブログに参戦してみて半年ちょっとで月収10万を達成しましたが、現在は地獄の様にブログの競争と難易度が上がっています。

ただ、仮想通貨などへの投機と違いブログの失敗しても金銭的リスクはありませんので、現在のイケダハヤト氏の主張は間違っていないと思います。

しかし1点気になる点として、SEOに関して数年前の記事をとにかく連投すれば良いという方法は現在は完全に逆効果ですので、イケダハヤト氏のブログ運営手法は完全に時代遅れです。

イケダハヤト氏自身は、とにかく記事の大量投下が効果的だった時代に1日5記事ペースで記事をアップした過去のハードワークの蓄積、そしてブランドと知名度で成果を挙げています。

しかし、イケダハヤト氏の記事連投の方法を今現在の新規参入者が真似て実践しても、以下の記事に書いた数ヶ月前までの私の様にアクセスが伸びず爆死するだけです。

参考:アフィリエイトブログを半年間続けた結果、絶望感しかない。運営開始6ヶ月でのPV数と収益の報告

そこでアクセス増強の為に重要なのが、以下の記事で書いている様に私自身もその効果を実感したリライトと追記です。

参考:過去記事のリライトと追記のSEO効果を実感!記事数を増やさずに2ヶ月でブログのアクセス数が2倍になった話

そして、そこら辺のリライトと追記の重要性に対してはイケダハヤト氏よりもクロネコ屋さんの方がフォローが丁寧ですので、本気で成功したいならイケダハヤトのnoteよりもクロネコ屋さんのnoteを買った方がいいでしょう。

私はイケダハヤト氏のnoteもクロネコ屋さんのnoteも買ってないですが、実際に自分が月10万円を稼ぐまでの実経験、そして両者のTwitterやブログなどでの情報提供から、今のトレンドに通用するブログ運営ノウハウを持っているのはクロネコ屋さんの方だと判断しています。

クロネコ屋さんのnoteに興味ある方は以下からご覧ください。私自身は買っていませんが。

クロネコ屋の月100万稼ぐアフィリエイト講座
http://moonpower2020.net/

ただ、色々と懐疑的なイケダハヤト氏のnoteについても、「公開ブログ相談」は料金3,000円程度でマンツーマン指導が受けられるので他のnoteよりはコスパがいいのではないかと思います。

イケハヤ公開ブログ相談小屋。【閲覧用】
https://note.mu/ihayato/n/n867199700025

ツイッターの短文ですら実力が溢れまくるクロネコ屋さん

そしてクロネコ屋さんのブログ運営の実力が溢れまくっているのがツイッターです。

クロネコ屋さんのツイッター
https://twitter.com/NINJAkusokuso

私が初めてクロネコ屋さんを知ったのがこのツイッターですが、ツイッターの細切れな短文ですら、思わず引き込まれて何時間も過去の呟きを読んでしまうほどの圧倒的な文筆力がある。

このツイッターを見て、私はクロネコ屋さんがインチキや詐欺師ではなく文筆力によって高収入を得るガチのトップアフィリエイターだということを直感的に確信したわけです。

そしてちょっとネットで検索して情報を探した結果、実際にクロネコ屋さんが運営していることが確実なサイトが見つかり、SimilarWebで見ると膨大なアクセス数を稼いでいた。

この証拠からクロネコ屋さんは100%ガチです。

ではクロネコ屋さんが運営して莫大な利益を上げているサイトは…

ぶっちゃけ糞サイトなのでクロネコ屋さん本人のイメージを守る為に公表は避けます。

しかし、一応サイト運営などで生活の糧を得ている同業者の視点で見て、絶対に稼げるサイトだと感じました。金になる超一流の糞アフィサイトです。

ちなみに私はそのクロネコ屋さんのアフィサイトでは、サイトのメインテーマからは大きく外れていますがセーラームーン関連の記事が大好きです。なるちゃんは最高ですね。

話を本筋に戻しますと、では何故最初にクロネコ屋さんのツイッターに思わず引き込まれてしまったのか。

それは「まるで全てが自分に向かって語りかけている」と感じる様な内容だからです。

ちょうど私がブログを運営して悩んでいたり迷っていることを全て完全に見通しているかの様なアドバイスがツイッターに投稿される。

実際には私はクロネコ屋さんとはツイッターでも直接接触したことはないですし、私の存在や私が運営するこの弱小ブログの存在など知る由もないのですが、まるで私のブログ記事を全て読んでいるかのようなドンピシャのアドバイスが投稿される。

実際に全てを見通しているかどうかは別として、まるで「自分のことを全て見通している」と読者に思わせた時点でアフィリエイターは勝ちなわけです。

私の弱小ブログでも検索流入から一番多くのアクセスを集めているのは下の記事です。

参考:1000万円の貯金では資産運用には使えません!

アフィリエイトとしてはタイトルからして完全に失敗ですが、文章としては訪問者から一番人気のコンテンツです。最後の方で申し訳程度に海外株を薦めるページへリンクを貼っていますが未発生です。(追記:その後導線を修正してリンク先から報酬単価7,000円の投資案件が複数成約しています)

記事冒頭の「ズバリ!あなたは貧乏人でしょう!」という決めつけが人気の秘訣のようです。

そして実際に短文のツイッター投稿だけで私に「自分のことを全て見通している」と思わせるクロネコ屋さんもアフィリエイトで成功していない訳がない。

この情報発信者の実力は絶対にガチだ。

そう私は確信して信者になった訳です。

本当にクロネコ屋さんがこのブログを読んでる可能性も

いや、もしかしたら本当にクロネコ屋さんは私のこの弱小ブログにたどり着いてブログ記事を全部読んでいるのかもしれません。

このブログの読者層はフリーターやニートの方から主婦の方まで様々だと思いますが、非常に情報感度の高い読者が多いというのは感じています。

検索結果でも下の方にしか表示されず、世界の最果てに存在する様なこの月間PV数万程度の弱小ブログにたどり着いて、しかもデザインもそのままで画像すらほとんど使ってないこのみすぼらしいブログの文章をまともに読んでいる時点で只者ではないです。

そう考えると、ちきりんさんやクロネコ屋さん、もしかしたらイケダハヤトなどのカリスマブロガーやトップアフィリエイターも、意外とこのどうしようもない弱小ブログを秘かに読んで参考にしている継続的な読者でも不思議はないかもしれません。

追記:現在はクロネコ屋さん信者を辞めました

現在の私はクロネコ屋さん信者を辞めました。

理由は人の真似をしていてはこの先の壁は破れない段階になったからです。

今でもクロネコ屋さんの発信する情報は非常に有用で素晴らしいですが、より大きく収益を伸ばし月100万円などを達成するには自分自身の独自の方法を確立することが必要になります。

特に数年前までならまだしも、現在のSEOは独自性が非常に重視される傾向ですので、他人の真似で結果を出すことは非常に厳しいです。

ただ、月10万程度まではクロネコ屋さんの教え通りにやりきれば達成出来る可能性が高いですので、ブログ初心者の方はクロネコ屋さんの信者になるのが一番でしょう。

また、私自身は今でも無料の情報を提供してくれたクロネコ屋さんに感謝しているので、いつか月100万を達成したらクロネコ屋さんに10万円ほどの感謝料を送ろうと思っています。

口だけ信者で有料noteすら1回も買って来なかったので(笑)

このアフィリエイトサイトの運営方針について

基本的に私は「金儲けには手段を選ばない」という考えですが、他人に損害を与える様な事態は出来るだけ避けたい訳です。特に常日頃から色々とお世話になっている方に対してはそう思います。

このブログは弱小ブログなので杞憂かもしれませんが、コピーライティングなどあらゆる点で参考にしているクロネコ屋さんとユーザーを食い合い迷惑を掛けてしまわないよう、このサイトは意識的に薄汚い言葉を使い普通はあり得ない異常な切り口で話を進め、クロネコ屋さんの運営サイトとはユーザー層の重ならない変態的な路線で攻めようと考えています。

最後はクロネコ屋さんマンセーとなってしまいましたが、現在の生活レベルでもかつてブラック企業で心身を消耗していた時代から比べれば私にとっては想像も出来ないほど遥かに天国ですので、それを10年前に予見したちきりんさんの先見の明は素晴らしかったと思います。

イケダハヤトも大半の主張は完全に正論ですし実業家として一流だと思います。

最後に取ってつけた様なよいしょになってしまいましたが、すみません。

以上、「Twitter芸人となったカリスマ社会派ブロガー「ちきりん」のブログ内容の劣化について考察」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする