「風俗通いを辞めたいけど辞められない」それは会社や仕事のストレスが原因である場合が多い

「風俗通いを辞めたいけど辞められない」「このままでは駄目だと分かっていても風俗遊びの習慣が止められない」「風俗通いで無駄な出費がかさんで生活が苦しい」「風俗にハマってしまって貯金も出来ない」「風俗断ちをしても誘惑に負けて続かない」とお悩みの男性サラリーマンの方も多いのではないでしょうか。

実はその様なケースは会社や仕事のストレスが原因である場合が非常に多いですので、本気で風俗通いを辞めたいと思うのであれば、ストレスフルな現在の会社や職場から転職することをおすすめします。

たとえストレスの比較的軽い会社や職場に転職することで若干賃金や年収が下がったとしても、根本原因であるストレスフルな職場から離れて風俗通いから卒業することが出来れば大幅に無駄な支出を削減出来ますので、結果的に実質的な可処分所得や月々の貯金額を増やすことが可能です。

風俗通いの習慣に悩み本気で風俗通いを辞めたいと思うのであれば、転職によってストレスを軽減するという方法をご検討下さい。

男の性欲は強いストレスを受けると高まる様に出来ている

これは生物の本能としての雄の習性ですが、男の性欲や性的欲求は強いストレスを受けると高まる様に出来ているということです。

  1. 強いストレスを受ける
  2. 本能が「生死に関わる危険を受けている」と錯覚
  3. 「死ぬ前に自分の遺伝子を残せ!」と生物としての本能が駆り立てる
  4. 性欲が爆発する

これが強いストレスによって性的欲求が異常に増幅される仕組みです。

以下は痴漢常習者の犯罪心理ですが、この心理には後ろめたくとも風俗通いを辞められない方にも共感する部分が多いのではないでしょうか。

痴漢するエリート外国人が増加中、「Chikan」が国際語に!? – ダイヤモンド・オンライン
http://diamond.jp/articles/-/147382

実態として、痴漢行為をする多くの人の動機はストレス発散であり、性欲を満たすというよりも、歪んだ女性観や男尊女卑的価値観が大きく影響しているという。

「彼らの多くは、自分よりも弱い存在の女性に対して性暴力を通して支配し、優越感に浸ることで、日頃のストレスを発散します。女性をモノとして扱ったり、胸、脚、尻のように、『記号』として見ているので、驚くべきことに痴漢されている女性の気持ちがまったく理解できていません。そのような考えに至るのは、おそらく日本社会に根強くある男尊女卑的価値観も少なからず関係しているでしょう」

ストレス発散する方法は痴漢以外にいくらでもあると思うだろうが、痴漢する人の多くはストレス解消のための選択肢が少ない上に、対人緊張が強くコミュニケーション能力が低いので劣等感を抱きやすいという。その不全感を女性に痴漢することで発散しているのだ。

ストレスフルな職場で、会社で上司から叱責されたり客からクレームを付けられて罵声を浴びせられたりなどした時、私たちは強烈な心理的ストレスを感じます。

また、叱責や罵声などはなかっとしても、タイトな厳しいスケジュールの仕事や心身を消耗する長時間のブラック労働は、「こんな風に這いずり回って仕事をしないとお金を稼げない自分」と自尊心を傷つけ、私達の心に大きなストレスや心理的負荷を与えます。

上司からの叱責やブラック労働などによって傷つけられた自尊心とプライドを回復するために、自分より弱い存在である女性を一方的に痴漢し性的に支配しようとすることで、男としての自信と自己万能感を取り戻そうとする。

これが痴漢や性犯罪者にありがちな犯行動機と犯罪心理です。

そして性風俗通いもまた痴漢の犯行動機と同質の心理的特徴を持っています。

風俗によって性的欲求を解消するだけではなく「暴力的なお金の力によって女の性を買い支配すること」によるオスとしての自己万能感によって、会社や職場で虐げられた心の傷や無力感を癒しているのです。

私は痴漢も風俗通いもした経験がありませんが、仕事などが上手く行かずにストレスが溜まりムシャクシャした気分の時は脳内で好きなアイドルをレイプの様なシチュエーションで犯しまくっていますので、性欲解消と共にストレスを解消する痴漢の方や風俗通いの方の気持ちがよく分かります。

アイドルをズリネタにしたオナニーで性処理する限りはタダですし、私が好きなアイドルは真性の変態ドMでレイプ願望のあるアイドルばかりですので、脳内でレイプ妄想をされ性欲の捌け口とされることで「(性的に)ヲタの役に立てて良かった」ととても喜んでくれます。

しかし、風俗通いなどにハマってしまえば大変な金額を浪費することになってしまいますし、この様な暴力的な性欲がノーマルな一般女性に向かってしまうと痴漢や強制猥褻罪などの取り返しの付かない大変な犯罪となってしまう訳です。

風俗通いを続けていると借金地獄など大変なことに

風俗通いや風俗依存をやめられずにズルズルと続けていると、たとえ経済的な面では人並み以上の給与や賃金を得られる安定職であったとしても、借金地獄や破産など重大な問題を引き起こしてしまうケースもあり得ます。

30代で風俗にハマった男の転落劇 – 日刊SPA!
https://nikkan-spa.jp/125671
30代で風俗にハマった男の転落劇【後編】 – 日刊SPA!
https://nikkan-spa.jp/125701

大手電気メーカーの営業マンという安定した仕事もあり、一見絵に描いたような幸せな人生を送っている田中利治さん(仮名・32歳)。だが、彼には、どうしても止められない悪癖がある。

それはズバリ、風俗通いだ。「深夜11時頃に仕事が終わったら、どこかのホテルにデリヘル嬢を呼んで、2~3時間寝たら始発で帰ります。平日は、2~3日に1回はこうした風俗遊びを繰り返していますね。休日は仕事を称して、朝から晩まで連続3軒ぐらいハシゴすることもありますね」驚くべき性欲の強さ……。

(中略)

「あと、セックス面だけじゃなくて、金銭面でもかなり問題が出ています。この2年間で風俗につぎ込んだ金は数百万円。家購入資金として貯めていたお金300万円ぐらいを使い果たした上、借金も200万円ぐらい作ってしまいました。これが嫁にバレたら、叱られるどころじゃ済みませんよね」

どんどん転落していくのがわかってもそれでも風俗通いがやめられないという田中さん。彼の落ちた破滅の穴の底は、かなり深い。

上のケースの様に大手電気メーカーの営業マンという高収入の職業であっても、風俗依存症を絶って風俗通いを抜け出すことが出来なければ、大切な貯金や資産を使い果たし、数百万円もの借金を作ってしまう事態もあり得るのです。

風俗によって足を踏み外して破滅的な人生を歩んでしまわないように、頻繁過ぎる風俗通いの習慣や重度の風俗依存症はきっちりと治さなけなければなりません。

会社でのストレス→風俗通いで発散という悪循環を絶つ

風俗通いの心理的要因が強烈なストレスの発散であることを考えますと、「会社や仕事でのストレス→風俗通いで発散」という悪循環を絶つこと。それがサラリーマンが風俗通いから卒業する上で非常に効果的な処方箋です。

そして現在の会社や職場でのブラックな労働環境がストレスの原因であれば、転職によってその労働環境を改善しストレスの根本原因を絶つということも、ストレスによる風俗通いを止めるための方法の一つになります。

暴言を吐き罵声を浴びせてくるパワハラ上司、無駄だらけの非効率で徒労感を感じる業務内容、限界を超える長時間労働の消耗、会社や職場でこれらの要因によって受ける大きなストレスを環境を変えることで解消し、お金を浪費するだけの虚しい風俗通いに陥りがちな無限ループの悪循環を絶つということです。

ホワイト企業に勤めている方の風俗通いは本人の自制心次第ですが、非常にストレスフルなブラックな職場に勤めている場合、異常な性欲を増幅させている元凶である職場や仕事でのストレスを絶つことも必要な場合があるのです。

「風俗通いを辞めたいけど辞められない」「このままでは駄目だと分かっていても風俗遊びの習慣が止められない」「風俗通いで無駄な出費がかさんで生活が苦しい」「風俗にハマってしまって貯金も出来ない」「風俗断ちをしても誘惑に負けて続かない」と本気で風俗通いの習慣に悩み、何としても風俗通いを辞めたいとお考えでしたら、転職によってストレスを軽減するという解決策をご検討下さい。

現実的にはサラリーマンの転職活動は困難でリスクもある

とは言っても、毎日会社に出社して忙しく働くサラリーマンの方が、働きながら自分だけで無数にある様々な企業の求人情報を集め多くの応募書類を提出して転職活動を行うことは、現実には非常に困難だと思います。

そして会社の仕事の片手間で時間も余裕もない中でのいい加減な転職活動の結果、再びとんでもないブラック企業に転職してしまったら、元も子もありません。

かと言って会社を完全に辞めてしまってから転職活動を始めて次の職場を探すというのは、完全な無職期間や無収入期間が生じてしまうのでリスクが高い…

そこでオススメなのが、現在の会社で普通に働きながら、転職のプロが転職を手取り足取りサポートしてくれる「転職エージェント」に、あなたの転職活動をお任せしてしまうことです。

会社を辞めずに働きながら転職エージェントを活用すれば、あなたの満足する良い転職先が見つからなければ、転職を取りやめて現在の会社で働き続けることも可能ですので安心です。

自分に合った会社や職場を探してくれる転職エージェント

実際に一歩を踏み出して転職活動をしてみようと思っても、転職が初めて方の場合や転職経験の無い方の場合、履歴書・職務履歴書の書き方や、応募する仕事の選び方、面接のノウハウなど分からないことや不安なことだらけだと思います。

そこで、転職エージェントを活用して、実績豊富な転職のプロに自分に合った会社や職場を探してもらうのが確実で手間の掛からない方法です。

転職エージェントの利用料は最初から最後まで全て無料です。

会社に在職中の会社員の方であっても土日に利用することができ、キャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。

転職エージェントに登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングし、あなたの適性にあった業界や業種、あなたの年収アップの可能性などを検討して、オススメの求人をピックアップして紹介してくれます。

転職エージェントを活用することで、エージェントがあなたと企業との間を仲介して給与交渉を行ってくれるので、年収などの待遇アップの可能性も大幅に上昇します。

また、転職エージェントの求人は離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業は除外されているので、転職に失敗してブラック企業に就職してしまうリスクも減らすことが可能です。

転職未経験者には悩ましい履歴書や職務履歴書などの作成も、経験豊富なプロであるエージェントに相談や質問をしてアドバイスしてもらうことでスムーズに行えますので安心です。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」

求人業界の最大手リクルートが手掛ける「リクルートエージェント」は、約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1の転職エージェントです。経験・実績豊富な転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

業界大手である「リクルートエージェント」には大企業の関連会社など業績が安定した待遇の良い求人が多く、また、担当エージェントも書類作成から面接での受け答えまで丁寧にサポートしてくれます。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」


リクルートエージェントの3つのメリット

既卒者向け転職支援・転職サポート業界の最大手である「リクルートエージェント」には以下の3つのメリットがあります。

  1. 強みを発見
    キャリアアドバイザーが、面談を行う中でお客様自身まだ気づかれていない強味を発見します。あなたのキャリアパスを長期的に考えて次のステップの提案をしてくれます。
  2. 非公開求人の紹介
    転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介してくれます。また、Web上には出ていない業界分析レポートや個社ごとの社風までわかる詳細レポートのご提供も行ってくれます。
  3. 企業へのアピール
    職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にあなたの強みをアピールします。また、退職に関するアドバイスまで全面サポートしてくれます。

リクルートエージェントの利用の仕方

リクルートエージェントを利用する場合、まず登録ページから転職希望時期・希望勤務地・現在の年収・現在の年収などの転職条件、次に名前・生年月日・住所・連絡先・学歴・職歴・アピール項目などのプロフィール情報を入力し、「転職支援サービスに申し込む」を押してユーザー登録を行います。

最後の方で入力する「伝えておきたいこと」には、連絡出来る曜日や時間帯などを記入しておいて下さい。

ユーザー登録完了後は以下の3ステップで転職活動が始まります。

  1. お申し込み完了のご連絡
    ご入力いただいたメールアドレスに「お申し込み完了の確認メール」を24時間以内にお届けします。
  2. 面談日程調整のご連絡
    キャリアアドバイザーとの面談日時をご相談させていただくため、1週間以内にメールまたはお電話にてご連絡します。
  3. キャリアアドバイザーと面談
    キャリアアドバイザーが、あなたに最適なキャリアプランを一緒に考えます。

リクルートエージェントへのユーザー登録は以下の登録ページから無料で行えます。

「リクルートエージェント」登録ページ

リクルートエージェントを利用する上での留意点

リクルートエージェントの転職支援サービスを利用しても、転職するかしないかは完全に自由なので、自分の判断で実際に転職するかどうかを決定することが出来ます。

面談の末、キャリアアドバイザーから「現時点では無理に転職を勧めません」とアドバイスされる場合もあるので、じっくり検討した後、しばらく経ってから再度転職支援サービスを利用することも可能です。

以上、「「風俗通いを辞めたいけど辞められない」それは会社や仕事のストレスが原因である場合が多い」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする