非正規社員で月収20万円という人生は勝ち組。今後の日本は深刻な人手不足で将来の不安も少ない

非正規社員で月収20万円という人生は勝ち組です。

今後の日本は深刻な人手不足であるため、アルバイターや派遣社員などの非正規社員の賃金は右肩上がりで上がり続けることが確実であり、むしろ1つの会社にだけ依存する正社員よりも将来の不安も少ない生き方です。

職歴の無い30代以上の引きこもりの方、40代の中年フリーターなどで正社員としての就職が絶望的な状況の方は、非正規社員で月収20万円というのを一つの目標にして下さい。

月収20万円を稼げば最低限の生活レベルは確保出来る

正社員ではなくアルバイターや派遣社員などの非正規社員であっても、月収20万円を稼げば自活して人間として最低限の文化的な生活レベルは確保することが出来ます。

月収が20万円あれば、海外旅行などの贅沢をしたり高給グルメを楽しんだり立派な車を買ったりということは難しいですが、漫画を読んだり読書をしたり映画を見たりリーズナブルなお店で外食をしたりといったささやかな楽しみは十分に得ることが可能です。

贅沢や無駄遣いをせずにコツコツと貯金をしていけば、年に数回の国内旅行を楽しむ程度は十分に可能でしょう。

月収で20万円程度の収入があれば「貧しくてひもじくて耐えられない…」「貧乏で我慢できない!」「このままだと飢え死にしてしまう!」という様な絶望的な地獄の様な貧困生活にはならないはずですし、経済的にそれほど余裕が無くあまり貯金や貯金は出来ないとはいえ、当面の生活を送る上では特に困ることはありません。

上を見れば経済的に決して豊かではないものの非正規社員で月収20万円程度を得られていれば貧困層・底辺層ではありませんし、お金をあまり掛けなくとも楽しめる趣味を見つけることが出来れば、ささやかながらも十分に充実した文化的な生活を送ることが出来るはずです。

しかも非正規社員であれば正社員の様に重い責任や義務やノルマを背負わされることもなく、一般的な正社員と比較すると仕事でのストレスも遥かに軽減されますので、非正規社員で20万円程度の収入というのが、実は庶民の生き方としては一番幸福度の高い勝ち組なのではないかと思います。

人手不足で非正規社員の求人と賃金はさらに上昇し続ける

アルバイターや派遣社員などの非正規社員の方は「今は良くても将来は絶望しかない」「正社員と違って非正規には安定がない」「非正規社員には未来がない」と将来を必要以上に悲観して不安を感じ絶望してしまう方が多いです。

しかし、現在の日本は深刻な人手不足であり、人口動態によってさらなる労働力人口の減少と人手不足の深刻化は確実ですので、非正規社員の求人と賃金はさらに右肩上がりに上昇し続けることは間違いありません。

以下の記事で統計データなどを用いながら詳しい社会予測を行っていますので、非正規社員で将来が不安で不安で仕方ないという方は是非お読み下さい。

参考:たった一つの会社に依存する不安定な正社員。複数の勤務先の確保が可能な安定職の派遣社員
参考:今の日本は正社員の給与が全く上がらない時代。実は非正規社員の方が賃金が昇給していく
参考:今後10~20年間の日本は派遣社員やフリーターこそが最高の安定職となる時代です

上の記事をお読み頂ければ分かる通り、非正規社員だからという理由で将来仕事が全く得られなくなってしまうという可能性やリスクは存在しないのです。それどころかむしろ非正規社員の方が正社員よりも将来は安心出来るとすら言えます。

非正規社員だからと将来を悲観したり不安に思ったり絶望したりなどする必要は全くありませんし、必要以上に正社員に対して劣等感やコンプレックスを感じる必要などもありません。

月収が10万円台前半の非正規社員の生活はやはり苦しい

この様に非正規社員であっても必要以上に将来を不安に思って心配する必要は決してありませんが、月収が10万円代前半の非正規社員の場合、今現在を生きる目前の生活ですらギリギリで非常に困窮した苦しいものとなってしまいます。

食事はパンの耳だけ、住居は隙間風の吹く築40年のボロボロの賃貸アパートなど、食費や光熱費といった生活に関わる支出を極限まで切り詰めて切りつめてなんとか今日を生き延びる。それが月収10万円台前半の方の単身生活ではないでしょうか。

さすがにこの様な過酷な貧困状態では、人間として最低限の文化的な生活を送ることが出来ているとは到底言えません。

職歴や年齢などの問題で正社員になることは事実上不可能な状態であったとしても、少しでもまともな給与や賃金を得られる方法を検討するべきです。

未経験者から4~5年で年収600万円が可能なIT派遣エンジニア

特にIT関連のエンジニアなど特に人手不足が深刻な分野では、本人のやる気と意欲さえあれば派遣社員であっても未経験者から4~5年で年収600万円という勝ち組のキャリアも十分に可能です。

「コミュ障だから人と接する様な仕事は嫌だ」「パソコンを扱う作業に苦手意識がない」という方は、是非IT派遣エンジニアというキャリアも検討してみて下さい。

IT業界はブラック企業多く見なし残業やサービス残業が横行するブラック業界として知られていますが、あえて正社員ではなく国から厳しく労働状況を監視される派遣社員として働くことで、残業もほとんどないホワイトな待遇を得ることが可能です。

充実した私生活を送るゆとりやワークライフバランスを求めるのであれば、残業もなく給与も高いIT派遣エンジニアは非常にお勧めの職業です。

大手の派遣会社なら待遇の良い仕事を得られる可能性がある

「パソコンが苦手な自分にはエンジニアなんて無理だ!」という方も諦めてはいけません。

ITエンジニア以外にも比較的多くの給与が得られる非正規社員の仕事は多く存在します。

月収10万円台前半の非正規社員の方にオススメなのが、1万件以上の豊富な求人から仕事を探すことの出来る大手の派遣会社に登録して、現在よりも良い賃金や時給の職場を見つけるということです。

人手不足によって多くのパート・アルバイトなどの時給が高騰している現在では、派遣社員であっても派遣先によっては月収20万円以上を得て人間らしいまともな生活を送ることは十分に可能です。

月収が10万円台前半で日々の生活が苦しいという非正規社員の方は、困窮してギリギリまで生活費を切り詰める貧乏生活から抜け出す為に、求人件数の豊富な大手の派遣会社に登録して、現在よりも時給や賃金などの労働条件の良い様々な求人募集に応募してみて下さい。

月収55万円も可能な高額報酬のITエンジニア派遣「ソフトウェアジョブズ」

派遣社員は正社員に比べて責任が軽くサービス残業なども無いというメリットがありますが、その反面ずっと賃金が安いままというマイナスイメージが付きまとうと思います。

しかし、月給20万円などが当たり前の派遣社員でも中には普通の正社員よりも稼げる仕事も存在します。

それはズバリ、エンジニア派遣の仕事です!

「ソフトウェアジョブズ」は月収55万円も可能な高額報酬のITエンジニア派遣です。

「ポテンシャル採用」という制度によって実務未経験の初心者の方も多く採用しています。

高額報酬のITエンジニア派遣「ソフトウェアジョブズ」



ソフトウェアジョブズの仕事内容は「テストエンジニア」と呼ばれる仕事です。

テストエンジニア(テスター)とは、システム開発における様々なテストを行うことで不具合を発見するエンジニアのことで、製品の品質を守ることにおいて重要な役割を担う仕事です。

地道な反復作業を繰り返す粘り強さと集中力が求められますが、派遣社員としては給与水準も非常に高くパソコンで黙々と作業することが苦でない方にはおすすめの仕事です。

しかもテストエンジニアの業務はIT業界の中でも非常に待遇が良くホワイトな職場が多く、残業などもほとんど存在しません!

「負担の少ない派遣社員で正社員並みに稼ぎたい!」という方は、テストエンジニア派遣「ソフトウェアジョブズ」への登録をご検討ください。

ソフトウェアジョブズの詳しい説明や注意点などは以下の記事でご確認ください。

以上、「非正規社員で月収20万円という人生は勝ち組。今後の日本は深刻な人手不足で将来の不安も少ない」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする