転職サイトと転職エージェントの違い。転職の決心や心の準備ができない場合は転職サイトの利用が無難

「転職エージェントは転職サイトとどう違うの?」と疑問に思われる方も多いかと思います。

ただ単に情報求人をインターネットに掲載するだけの転職サイトとは違い、転職エージェントはキャリアアドバイザーなどの転職のプロが転職希望者を手取り足取りサポートして転職希望者の要望や適性に合った就職先を探し出し、転職を成功させるサービスです。

転職サイトも転職エージェントも、求人を出す企業から登録料を得て収益を上げているため、転職希望者の利用は完全に無料です。

転職エージェントの利用には多くのメリットがある

「どちらも完全無料なら色々サポートしてくれる転職エージェントを選んだ方が得じゃん」と思われるのではないかと予想しますが、確かにその通りです。

完全に心の準備が出来て転職を決心している場合は、転職エージェントで転職のプロにお任せした方が転職サイトよりも情報収集や書類作成などの負担も少なく、スムーズに転職を行なえる可能性が高いです。

また、転職エージェントは転職サイトに公開されていない「非公開求人」という優良求人を多数隠し持っているので、優良企業や大企業などへの転職の可能性も上がります。

「非公開求人」と書くと字面から何かアングラで怪しげな雰囲気がしますが、全て一般人のための普通のまともな仕事の求人ですので安心して下さい。

転職エージェントの非公開求人について知りたい方は以下の記事をお読み下さい。

この様に転職エージェントには転職サイトには存在しない多くのメリットと利点があります。

決心や心の準備ができない場合は転職サイトの利用が無難

しかし、今の会社に対する不満やキャリアアップの野望がありながらも「転職しようかどうしよう」と悩んでいる状態の場合、まずは転職サイトに登録してインターネットで様々な求人条件を見てみることから転職活動を始めるのが無難です。

担当エージェントとの面談ややりとりが面倒に感じる場合も

インターネットだけで完結出来る転職サイトでの転職活動とは違い、転職エージェントではキャリアアドバイザーとの面談なども必要となります。

そしてしっかりと転職エージェントからのサポートを受ける為には、利用登録の際に連絡出来る曜日や時間帯などを記入しておき、担当エージェントからのメールや電話なども放置せずに丁寧に対応しなければなりません。

はっきりと「自分は絶対に転職するんだ!」という決意や覚悟が出来ずに、何となく漠然と「今より良い仕事」を探している段階だと、この様な担当エージェントとの面談ややりとりが面倒に感じる場合もあるかもしれません。

転職エージェントは内定までのスピード感が早過ぎる

そして転職エージェントでは、キャリアドバイザーとの面談で転職の志望動機や給与などの希望条件、待遇などの要望などを伝えれば、経験豊富な凄腕の転職のプロがあれよあれよという間に転職先をピックアップし、転職の契約を取りまとめてくれます。

しかし、あれよあれよという間にあまりにもトントン拍子に早く話が進んでしまうため、転職をする決心が完全には付いていない方や転職の心の準備が出来ていない方は、「ちょ、まてよ」(キムタク風)となってしまいます。

この様に転職エージェントでの転職活動は内定までのスピード感が早過ぎるため、転職活動をしながらじっくりと進路を考えて見定めるということはなかなか難しいです。

転職エージェントでも転職を取り消すことは可能だが…

もちろん、転職エージェントを利用して転職活動を行う場合も、最終的に実際に転職するかしないかの判断は完全に転職者の自由ですので、「やっぱり今回は転職を辞めた」と言って転職を取り消すことは可能です。

面談の末、キャリアアドバイザーから「現時点では無理に転職を勧めません」とアドバイスされる場合もありますし、じっくり検討した後、しばらく経ってから再度転職支援サービスを利用することも出来ます。

しかし、実際問題として転職エージェントはボランティアではなく、転職を仲介して取りまとめることで、求人を出す企業の側から成果報酬を得て利益を得ている営利企業ですので、担当エージェントも本音としては出来るだけすぐにでもあなたを転職させてしまいたい訳です。

その様な「すぐにでも転職を取りまとめたい」という事情のために、担当のエージェントによっては転職をせかされたり、転職する様に心理的に圧力を掛けられたりということもあるかもしれません。

そして結果として、転職をする決心が完全には付いていない方や転職の心の準備が出来ていない方は、担当エージェントに対して「ちょ、まてよ」(キムタク風)となってしまう訳です。

転職サイトは自分のペースで転職活動を進められる

一方で転職サイトを利用する場合は、転職エージェントとは違って誰の助けも借りることは出来ません。

また、転職エージェントが隠し持っている非公開求人の情報を知ることも出来ません。

しかし、転職サイトでは完全に自分一人だけで転職活動を進めることが出来ますので、基本的に自分のペースで転職活動を進めることが可能です。

じっくりと自分のペースで自分の適性や「やりたいこと」「やりたくないこと」「向いていること」などを考えながら、就職先の業界や企業を絞っていくことが出来ます。

転職を決意している方は転職エージェントをご利用下さい

以上が転職をする決心が完全には付いていない方や転職の心の準備が出来ていない方には、まずは転職エージェントに申し込む前に転職サイトへの登録をオススメする理由です。

一方で「すぐにでも転職したい!」「これ以上今の会社に居たくない!」とすでに完全に転職の決心と心の準備が出来ている方は、手厚いサポートとバックアップが受けられる転職エージェントを利用した方がメリットが大きいです。

転職の決心がすでに出来ているのであれば、以下の記事から利用する転職エージェントをお選びください。

他方で転職の決心が完全には出来ていないという方は、まずは気軽に利用できる転職サイトに登録してみて下さい。

ただし転職サイトはブラック企業の求人に注意すること

ただし転職サイトを利用する場合はブラック企業の求人に注意することが必要です。

転職サイトに登録された求人情報には基本的に都合の良いことしか公開されておらず、仕事の激務さや離職率の高さなどの都合の悪い情報は全て隠されています。

転職エージェントを利用した場合は、豊富な転職実績データからキャリアドバイザーは転職後の離職率なども把握しており、Web上には出ていない業界分析レポートや会社ごとの社風までわかる詳細レポートの提供などで、あなたにアドバイスを行ってくれるので、転職失敗のリスクを減らすことが出来ます。

しかし、転職サイトを利用して自分だけで転職活動を行う場合、求人情報だけに釣られて転職失敗して後悔しないためには、転職してはいけないブラック企業などもしっかりと自分で情報を集めて見極めなくてはいけまん。

以上が転職サイトを利用した場合の注意点です。転職サイトを利用される方は、この注意点を意識しながら転職活動を行って下さい。

業界最大手であるリクルートが提供する転職サイトの定番「リクナビNEXT」

求人業界の最大手であるリクルートが運営する転職サイト「リクナビNEXT」には、9,000件前後もの豊富な求人が掲載されています。多様な業界や勤務地から条件に合う会社や職場を見つけることが可能です。

インターネットから会員登録をすれば利用は完全に無料ですので、転職をご検討の方はこちらからご登録下さい。

リクナビNEXT【公式サイト】



ただし、転職サイトに掲載された求人情報だけではその企業の実態を知ることは出来ません。ブラックな仕事の求人に引っかかってしまわないように、口コミの投稿から会社の内部事情や社員の満足度といった実態を知ることの出来る転職情報サイト「キャリコネ」もリクナビNEXTと併せて利用することをお勧めします。

登録企業数43万社の転職情報サイト「キャリコネ」

企業が一般の求人サイトや転職サイトで外部に向けて公開している求人情報だけを見て、安易に就職先を絞ったり転職活動をしてしまうことは非常に危険です。

なぜなら、企業発信の求人情報には当然ですが「都合の良い事」しか掲載されないからです。

そこで「転職に失敗して後悔したくない」「もう二度とブラック企業には就職したくない」という方には、転職情報サイト「キャリコネ」への登録をおすすめします。

「キャリコネ」は企業の口コミ情報サイトとして登録企業数43万社以上を網羅し、多くのビジネスパーソンや転職志望者から支持を得ている転職情報サイトです。

サイトに会員登録することで、口コミなどの内部情報も含めて、多角的な視点で多くの企業の待遇・年収・企業風土・社員の満足度といった実態を比較することが可能です。

「今すぐ転職する」という方だけでなく、現職に不満や不安をお持ちの方も、同業他社の口コミや年収を確認し「転職すべきかどうか」を判断するためにもサイトを活用できます。

転職を検討されている方は、まずは「キャリコネ」に登録して求人情報や企業情報を確認して下さい。以下の公式サイトから無料で会員登録可能です。

登録企業数43万社の転職情報サイト「キャリコネ」【公式サイト】



以上、「転職サイトと転職エージェントの違い。転職の決心や心の準備ができない場合は転職サイトの利用が無難」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする