職場で好きでもない男性に告白されて困っているという女性会社員は多い。男は「告白は心のレイプ」と自覚するべき

会社や職場で好きでもない男性に告白されて困っているという女性会社員は想像以上に多いです。男は「告白は女性に対する心のレイプ」と自覚するべきです。

「告白は心のレイプ?大袈裟な!」と思う男性が大半を占めると思いますが、女性の気持ちからすると男性からの告白は精神的にはほとんどレイプとも等しい行為なのです。

そして女性側の立場からすれば、会社や職場で好きでもない男から恋愛感情を抱かれて告白されることは、ほとんどセクハラにも等しい精神的苦痛を受ける行為です。

女性の会社員に恋愛感情を告白してセクシャルハラスメント的な精神的苦痛を与えてしまわないように、男性のサラリーマンや会社員の方は、社会人としての最低限のエチケットとして女性の繊細な心を理解するデリカシーを身に付けましょう。

会社や職場という公の場で恋愛感情を告白される迷惑さ

もちろん心の中で異性に対して恋愛感情や恋心を抱くというのは、人間としての当たり前の習性ですのでコントロール不能でどうすることも出来ません。

しかし、その気持ちを実際に職場や会社の同僚である相手に対して口に出して告白してしまうかどうかというのは全くの別問題です。

街で素敵で性的魅力に溢れた見知らぬ可愛い女性を見つけて思わずレイプ願望を抱いて脳内の妄想で犯しまくるというのは、男の場合は当たり前の習性です。

それは素敵で魅力的なメスを犯したいという男としての非常に健全な性的欲求です。

「見知らぬ女の子をいきなり犯したいとか信じれない」と女性の方はびっくりしてしまうかもしれませんが、それがオスの習性であり本能なのです。

私の場合はハロヲタ(ハロープロジェクトのヲタク)でアイドルヲタクですので、脳内でエロ可愛いアイドルを何度も何度も何度もレイプして犯しまくってレイプ願望や性欲の捌け口のズリネタにしています。

特に一番好きなアイドルである元モーニング娘。の道重さゆみさんのことは、もう脳内で2,000回くらいは滅茶苦茶に犯しまくりました。

知名度が低いので一般の方は名前を知らないかと思いますが、現役ハロメン(ハロープロジェクトのメンバー)の中で非常に大好きなアイドルメンバーであるカントリーガールズの山木梨沙さんとつばきファクトリーの小片リサさんのことも、それぞれ500回はズリネタにして脳内で犯しまくっています。

この様に街中ですれ違った見知らぬ可愛い女の子や大好きなアイドルを脳内で犯す妄想をすることは完全に個人の自由ですが、しかし実際にその様なレイプ願望や性的欲望を実行して見知らぬ女の子やアイドルに対してレイプや強姦を犯してしまう男は、牢屋にぶち込まれて完全に社会から隔離されるべき社会不適合の性犯罪者でしかありません。

そしてこのことは会社や職場での恋愛感情とその告白についても同様に言えます。

会社や職場で素敵で魅力的な女性に対して恋愛感情を抱くことは男として当たり前のことですが、それを実際に相手に告白してしまうというのは、働く女性にとっては一種のセクシャルハラスメントとなってしまうのです。

繊細な配慮やデリカシーに欠ける男性には理解できないかもしれませんが、会社や職場で好きでもない男から告白されるというのは、女性にとってはセクハラとほとんど同然の迷惑行為や精神的苦痛でしかありません。

相手の男は毎日同じ職場で働く同僚や上司ですから、仕事場での支障をきたさない円滑な人間関係を考えると相手からの告白に対してはっきりと強く断るわけにもいかない、そして女性は非常に苦悩して精神的な苦痛を受けます。

やんわりと断って察してくれる男であればさほど問題ないのですが、往々にして察しの悪いデリカシー皆無の男に限って、会社や職場などで脈なしの女性相手に告白してしまう訳です。

そしてハッキリと強く告白を断って相手の恋愛感情を拒絶した結果、職場でのお互いの人間関係がギクシャクして会社に居づらくなってしまう。

この様な恋愛感情の絡む職場の人間関係問題の結果、勤めていた会社を退社せざるを得なくなった女性というのも、日本では決して少なくはありません。

純粋に働く為に会社に勤めている女性にとって、職場での好きでもない男からの告白というのは、本当に身勝手極まりない大変な迷惑行為なのです。

女性の会社員に恋愛感情を告白してセクシャルハラスメント的な精神的苦痛を与えてしまわないように、男性のサラリーマンや会社員の方は、社会人としての最低限のエチケットとして女性の繊細な心情を察するデリカシーを身に付けましょう。

職場恋愛や社内恋愛が許されないという訳ではない

この様に「職場で脈なしの女性社員に対して告白することはセクハラ同然の行為である」と断罪してきましたが、これは職場恋愛や社内恋愛が許されないという訳では決してありません。

自分が恋愛感情を抱いたからとレイプの様に一方的に相手の女性社員に身勝手な告白をしてしまわずに、まずは相手の女性社員の気持ちをしっかりと考えて察して、脈を作って脈ありの状態に持って行ければいいわけです。

では一体どうすれば自分が好意を寄せる女性に対して脈ありの状態に持って行けるのか、それは恋愛指南の内容になりますので、このブログでは完全にジャンル対象外ですが、私の運営するもう一つのアイドルをズリネタにするオナペットブログを参考にして頂ければと思います。

参考:推しメンとセックスしたいと強く願っているとハロメンの方から犯されたそうに尻を振ってくる現象 – ハロプロオナペットワールド

内容を簡単に要約すれば、1人の女性だけに視野狭窄にならずに、他の女性に対してアンテナを張るということが重要になります。

恋愛センサーの感覚を研ぎ澄ましていると、職場の同僚に「彼女(彼氏)いるの?」と聞かれたり思わぬきっかけで思わぬ方向からお誘いの脈ありサインが送られてきたりするものです。

そこからまずは雑談などの軽いコミュニケーションを繰り返しながら、お互いに考え方やノリの合う信用のおける関係が築ける相手なのかを探っていきます。新興宗教の勧誘や100万円の壺を売りつけるデート商法は怖いですからね。

脈のある相手に自然にアプローチして心の距離を縮めて行く方法は以下の「散るろぐ」さんのブログで解説していますので、興味があればお読みください。

好きな子にアプローチするもっとも自然な方法 – 散るろぐ
http://www.cild.work/entry/2017/12/22/122127

ただし、脈ありサインは勘違いや思い込みであったりする場合がありますので、「エロトマニア」という恋愛妄想やストーカー状態に陥らないように気をつけて、すぐに「自分たちは両想いだ」と信じ込んで告白したりなどせずに冷静に一歩一歩脈ありを確認してください。

エロトマニア – Wikipedia

エロトマニア(英: Erotomania)とは、妄想性障害のひとつであり、自分が相手に愛されているものだと妄想的確信を抱いている状態。この症状を分析したフランス人精神科医の名前から別名「クレランボー症候群(Clérambault’s syndrome)」とも言う。日本語では「恋愛妄想」「被愛妄想」や「恋愛妄想などの妄想症」と訳される。

その対象は、多くは自分よりも社会的地位の上の人である。自分のアイデンティティーに充実感を見出せないため、自分以外の人を通して満ち足りた気分を味わおうとし、大抵の場合は本人よりも社会的地位や階級の高いと考えられている人物と結びつきたいと切望する。その妄想は決して揺るがない。

■概略
女性色情症(Nymphomania)とは正反対の概念であるにも関わらず、日本語でのエロトマニアという語は色情症や異常性欲の一種だと混同されやすい。しかし、これはストーカーの原因となる妄想症状の一種で、れっきとした精神病である。この「相手に愛されている」といった確信は元より根拠がない場合がほとんどであり、完全な虚構や妄想である。しかしその確信が揺らぐことはない。

症名はフランスのエスキロール博士によって命名。クレランボー博士(Gaëtan Gatian de Clérambault、1872-1934年)により研究され、1921年に出版された「Les Psychoses Passionelles」に記載されている。クレランボー博士によれば、自分が相手に好意を抱いているという自覚すらないものがある(この場合、相手こそが自分に対して好意を抱いているという妄想)。ストーカー行為に及んでも罪悪感や自覚意識がほとんどないのが特徴という。

さらにこの症状は、相手が自分に対して拒否・嫌悪・逃避するような行動を取ると、「第三者による妨害」や「愛ゆえの逃避」「嫌がらせ(好き避け)」や「毛嫌いする行動を取ることで自分を試している」などといった過大解釈をするようになり、ますます相手に対する行動が悪化する傾向である。男性がこの症状になった場合、フラストレーションから暴力的な行為に走りやすい。

アメリカ人精神科医のドリーン・オライオン(Doreen Orion,M.D.)によれば、エロトマニアの妄想にとりつかれた者が求めやまないのは、本人が理想化し心から愛する相手との、肉体的ではなくロマンティックで形而下的(精神的)ともいえる一体感である。この種の妄想はきわめて執拗で何年も続く事が多く、別の対象を見つけない限り終わらないという。多数の研究の見解からもエロトマニアの場合、対象からの強制的な隔離、禁止命令の取得や収監などの法的な介入により隔離が必要である。ストーカーの中にはエロトマニア妄想を伴う精神分裂症など、多くは他の精神病をかかえている。エロトマニアは、十代の若者と同様に、対象の反応を誤解する。相手の何でもない行動や素振を、気のある素振を見せたと思い込んで舞い上がり、この期待に満ちた思いを潤色してグロテスクにゆがめるため、勝手な思い違いをいつまでも繰り返し、どんなにはっきり拒絶されても、愛を告白されたものと誤解してしまう。

司法精神科医のDr.リード・メロイは、愛の対象を長い間必死になって追い求め続けさえすれば、対象もいつか必ず自分の愛にこたえてくれるという過剰に理想化された考えを持つ人物を「ボーダーライン・エロトマニア型妄想性障害」と命名した。ボーダーライン・エロトマニアは、過剰な理想化は真の妄想より現実に基づいているため、妄想に取り付かれたエロトマニアと違って、大抵の場合、どんなささいなことであれ、対象と接触してから異常な執着を持つ様になるという。ストーキング行為に出る可能性があり、求愛をやめるよう説得するのも同じくらい難しいと考えられている。

逆の立場から見て、もし同じ会社の職場の上司にエロトマニアやクレランボー症候群がいたら、女性社員にとっては絶望的な状況です。

そしてその様な頭のおかしい気持ち悪い男性の言動がさらにエスカレートして、ストーカー行為や暴力行為など深刻な身の危険を伴う状態になってしまったら…

その様な場合は我慢をせずに会社や職場を変えて、性的暴行などによって人生そのものを滅茶苦茶にされてしまう前に、頭のおかしい妄想障害の異常者の男性から逃げてしまう判断も時には必要です。

現実的には女性会社員の転職活動は困難でリスクもある

とは言っても、毎日会社に出社して忙しく働くOLやオフィスウーマンなど女性会社員の方が、働きながら自分だけで無数にある様々な企業の求人情報を集め多くの応募書類を提出して転職活動を行うことは、現実には非常に困難だと思います。

そして会社の仕事の片手間で時間も余裕もない中でのいい加減な転職活動の結果、とんでもないブラック企業に転職してしまったら、元も子もありません。

かと言って会社を完全に辞めてしまってから転職活動を始めて次の職場を探すというのは、完全な無職期間や無収入期間が生じてしまうのでリスクが高い…

そこでオススメなのが、現在の会社で普通に働きながら、転職のプロが転職を手取り足取りサポートしてくれる「転職エージェント」に、あなたの転職活動をお任せしてしまうことです。

会社を辞めずに働きながら転職エージェントを活用すれば、あなたの満足する良い転職先が見つからなければ、転職を取りやめて現在の会社で働き続けることも可能ですので安心です。

自分に合った会社や職場を探してくれる転職エージェント

実際に一歩を踏み出して転職活動をしてみようと思っても、転職が初めて方の場合や転職経験の無い方の場合、履歴書・職務履歴書の書き方や、応募する仕事の選び方、面接のノウハウなど分からないことや不安なことだらけだと思います。

そこで、転職エージェントを活用して、実績豊富な転職のプロに自分に合った会社や職場を探してもらうのが確実で手間の掛からない方法です。

転職エージェントの利用料は最初から最後まで全て無料です。

会社に在職中の会社員の方であっても土日に利用することができ、キャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。

転職エージェントに登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングし、あなたの適性にあった業界や業種、あなたの年収アップの可能性などを検討して、オススメの求人をピックアップして紹介してくれます。

転職エージェントを活用することで、エージェントがあなたと企業との間を仲介して給与交渉を行ってくれるので、年収などの待遇アップの可能性も大幅に上昇します。

また、転職エージェントの求人は離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業は除外されているので、転職に失敗してブラック企業に就職してしまうリスクも減らすことが可能です。

転職未経験者には悩ましい履歴書や職務履歴書などの作成も、経験豊富なプロであるエージェントに相談や質問をしてアドバイスしてもらうことでスムーズに行えますので安心です。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」

求人業界の最大手リクルートが手掛ける「リクルートエージェント」は、約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1の転職エージェントです。経験・実績豊富な転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

業界大手である「リクルートエージェント」には大企業の関連会社など業績が安定した待遇の良い求人が多く、また、担当エージェントも書類作成から面接での受け答えまで丁寧にサポートしてくれます。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」


リクルートエージェントの3つのメリット

既卒者向け転職支援・転職サポート業界の最大手である「リクルートエージェント」には以下の3つのメリットがあります。

  1. 強みを発見
    キャリアアドバイザーが、面談を行う中でお客様自身まだ気づかれていない強味を発見します。あなたのキャリアパスを長期的に考えて次のステップの提案をしてくれます。
  2. 非公開求人の紹介
    転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介してくれます。また、Web上には出ていない業界分析レポートや個社ごとの社風までわかる詳細レポートのご提供も行ってくれます。
  3. 企業へのアピール
    職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にあなたの強みをアピールします。また、退職に関するアドバイスまで全面サポートしてくれます。

リクルートエージェントの利用の仕方

リクルートエージェントを利用する場合、まず登録ページから転職希望時期・希望勤務地・現在の年収・現在の年収などの転職条件、次に名前・生年月日・住所・連絡先・学歴・職歴・アピール項目などのプロフィール情報を入力し、「転職支援サービスに申し込む」を押してユーザー登録を行います。

最後の方で入力する「伝えておきたいこと」には、連絡出来る曜日や時間帯などを記入しておいて下さい。

ユーザー登録完了後は以下の3ステップで転職活動が始まります。

  1. お申し込み完了のご連絡
    ご入力いただいたメールアドレスに「お申し込み完了の確認メール」を24時間以内にお届けします。
  2. 面談日程調整のご連絡
    キャリアアドバイザーとの面談日時をご相談させていただくため、1週間以内にメールまたはお電話にてご連絡します。
  3. キャリアアドバイザーと面談
    キャリアアドバイザーが、あなたに最適なキャリアプランを一緒に考えます。

リクルートエージェントへのユーザー登録は以下の登録ページから無料で行えます。

「リクルートエージェント」登録ページ

リクルートエージェントを利用する上での留意点

リクルートエージェントの転職支援サービスを利用しても、転職するかしないかは完全に自由なので、自分の判断で実際に転職するかどうかを決定することが出来ます。

面談の末、キャリアアドバイザーから「現時点では無理に転職を勧めません」とアドバイスされる場合もあるので、じっくり検討した後、しばらく経ってから再度転職支援サービスを利用することも可能です。

以上、「職場で好きでもない男性に告白されて困っているという女性会社員は多い。男は「告白は心のレイプ」と自覚するべき」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする