給与が低く待遇が悪いのでIT派遣を辞めたいエンジニアの方へ。転職をすれば大幅に給与や待遇が向上します

給与が低く待遇が悪いのでIT派遣を辞めたいエンジニアの方へ。

実務経験のあるITエンジニアの場合、IT業界の他の会社や職場に転職をすればほぼ確実に大幅に給与や待遇が向上しますので、無料で転職をサポートしていくる転職エージェントの利用を検討してください。

完全に同程度のスキルと技術でも職場によって年収が数100万円違うのがIT業界

完全に同程度のスキルと技術でも職場によって年収が数100万円違うのがIT業界の特徴です。

年収300万円台などで給与が低く待遇が悪いのでIT派遣を辞めたいエンジニアの方は、転職をして職場を変えることで劇的に待遇が向上する可能性が高いです。

現在は日本のIT業界は深刻な人手不足状態となっていてITエンジニアの時給が高騰していますので、1年以上のある程度の実務経験とスキルのあるエンジニアの場合、的確な転職活動を行いまともな転職先を選べば、転職によって最低でも年収500万円前後の収入を得られることは確実です。

経験豊富なハイスキルなエンジニアであれば、自分のスキルに合った職場や自分のスキルを活かせる職場を得ることさえ出来れば、年収800万円や年収1,000万円という収入も決して不可能ではありません。

プログラマーやSE(システムエンジニア)などのITエンジニアは、あなたの想像している以上に現在の労働市場での需要が高くまた給与水準も高い職業ですので、転職によって本当に驚くくらいに収入や待遇をアップさせることが可能なのです。

エンジニアがIT派遣を辞める場合のキャリア選択

エンジニアの方がIT派遣を辞める場合のキャリア選択は、IT派遣を辞めて正社員のエンジニアになる、IT派遣を辞めてフリーランスエンジニアになるという選択肢の二択です。

社内SEと客先常駐型の正社員エンジニア

正社員のITエンジニアの場合、完全に一般的な正規社員なってずっと自社を職場として働く社内SE・インハウスSEと、正社員でありながらも様々なクライアント企業に派遣されて働く客先常駐型の正社員エンジニアという2つのタイプのエンジニアに分かれます。

客先常駐の正社員エンジニアの場合、派遣エンジニアよりも福利厚生などの保障は手厚くなりますが、実際の働き方は派遣エンジニアとほとんど変わりません。

客先常駐の正社員エンジニアや派遣エンジニアは、面倒な人間関係に巻き込まれずに自分の担当する仕事や業務だけに集中出来るというメリットがある一方、末端の技術的な仕事や業務しか与えられない自分の働き方に対して満足感を得られない、ずっと常駐先の職場で他社の人間に混じって働くので孤独や疎外感を感じるというデメリットがあります。

一方でほぼ自社内だけで働きシステム運用や開発を行う社内SEやインハウスSEは、ずっと同じ会社の同僚に囲まれて腰を落ち着けて働くことが出来るというメリットがある一方、一般的な日本企業の場合、社員としての責任を負わなければならず様々な社内の雑用的仕事を頼まれるなど自分の担当する仕事や業務以外の仕事も行わなければならないので色々と面倒だというデメリットがあります。

客先常駐の正社員エンジニアと社内SE(インハウスSE)には、どちらにも一長一短のメリットとデメリットがあり、どちらを選ぶべきかはそのエンジニアの性格次第です。

客先常駐の正社員エンジニアや派遣エンジニアから、「腰を落ち着けて自社内で働きたい」と社内SE・インハウスSEに転職して「やっぱり自分には派遣型の働き方が合っていた」と元の勤め先に戻るエンジニアの方もかなり多いです。

良くも悪くも実際に経験してみなければ分からない部分もありますので、転職を繰り返して客先常駐のエンジニアと自社内で働くエンジニアの両方を経験してみるというのも手かもしれません。

会社に所属せずに働くフリーランスエンジニア

IT派遣のエンジニアがIT業界で転職をする場合、客先常駐型の正社員エンジニア・社内SE(インハウスSE)などの正社員エンジニアになるというキャリアの他に、会社に所属せずに働くフリーランスエンジニアにステップアップするという道もあります。

会社に所属せずに働くフリーランスエンジニアの実際の業務や仕事も、その大多数はIT派遣のエンジニアとその働き方自体はほとんど変わりはありません。

IT派遣会社に登録する代わりに案件や仕事を仲介してくれる仕事仲介エージェントに登録して、クライアント企業に出社して業務を行う常駐案件がフリーランスエンジニアの業務案件の大半を占めています。

IT派遣のエンジニアとフリーランスエンジニアの一体何が違うかと言えば、簡単に一言で言ってしまうと年収です。

一般的なIT派遣で働くエンジニアの賃金のマージン率(派遣会社による報酬のピンハネ率)は30%~40%程度が平均ですが、フリーランスエンジニアの場合はマージン率の平均は10%前後です。

IT派遣エンジニアからフリーランスエンジニアとなることで発注企業が支払う報酬から中抜き・ピンハネされるマージンの割合が20%以上も下がりますので、その分労働単価や収入を増やすことが出来ます。

またフリーランスエンジニアの仕事仲介エージェントは、一般的なIT派遣会社とは異なり大企業からの技術的に高度な直請けの案件も多く持っており、ある程度のスキルや実務経験を有するエンジニアであれば、その様な直請け案件の仕事を得ることで大幅に労働単価や年収の水準が向上します。

一人前の実務経験とスキルのある派遣エンジニアがフリーランスエンジニアとなった場合、年収はほぼ確実に数100万円は上がります。会社から独立してフリーランスエンジニアとなることで2倍以上に年収がアップするということもザラです。

3年以上などのある程度の実務経験と一人前のスキルのある中堅・ベテランエンジニアの場合、派遣エンジニアからフリーランスエンジニアへのステップアップにはほとんどメリットしかありません。

強いて派遣エンジニアからフリーランスエンジニアになるデメリットを挙げるとすれば、形式的に自営業となることで賃金労働者と比べると社会的信用が若干落ちるという点です。

自営業者やフリーランスの場合、たとえ年収が1,000万円を超える高所得や高年収だったとしても、住宅ローンや自動車ローンなどのローンを組んだり新しくクレジットカードを作るなどはやや難しくなります。

そのため、家を買ったり車を買ったりクレジットカードを持ちたいという方は、派遣社員を辞めてフリーランスになる前にそれらの社会的信用の関わる契約を結んでしまうことをオススメします。

無料の転職エージェントを活用することでスムーズに転職や独立が出来る

この様にある程度の実務経験とスキルのある派遣エンジニアであれば、転職や独立をすることで大幅に給与や年収を向上させることが出来ます。

ただ、実際に転職や独立をするとなると「転職するにはどうすればいいのか」「独立してフリーランスになるには何をすればいいのか分からない」「フリーランスになるのは不安がある」という方が大半だと思います。

そこで役に立つのが無料の転職エージェントや独立支援エージェントです。

プロの転職エージェントや独立支援エージェントに相談してそのサービスやサポートを活用することで、転職未経験者であってもスムーズに転職や独立をすることが可能です。

転職エージェントや独立支援エージェント(仕事仲介エージェント)は全て無料で利用できますので、利用する求職者の側には負担やデメリットは全くありません。

雇用契約が決まった時に求人募集をしている企業から転職エージェントに報酬を支払う、もしくは業務案件の委託契約が決まった際に独立支援エージェント(仕事仲介エージェント)がクライアント企業の報酬から10%などのマージンを受け取る契約を結び、それがエージェントの収益となりますので、求職者の側がエージェントに利用料を支払う必要はないのです。

この様に転職エージェントや独立支援エージェントの利用には全くリスクもデメリットも料金も支払いもありませんので、IT派遣を辞めたいエンジニアの方は、積極的にこれらのエージェントを活用しなければ逆に損です。

転職エージェントはITエンジニア専門のエージェントを活用するべき

転職支援エージェントや仕事仲介エージェントには日本国内でも多種多様な企業やサービスが参入していますが、高度なスキルと職歴を持つエンジニアの方の場合、その中でもITエンジニア専門のエージェントを活用することを強くおすすめします。

なぜなら、ITエンジニアという専門的な分野に特化したエージェントを活用することで、「専門技術の市場価値を熟知しているエージェントから高い技術に見合った給与の会社を紹介してもらえる」「専門知識の無い一般的なエージェントには難しい専門分野の仕事仲介をスムーズに行ってくれる」という絶対的なメリットがあるからです。

もちろん、一般的な転職支援エージェントや仕事仲介エージェントでもIT関連の案件を取り扱っていますが、その様な専門性の低いエージェントを利用した場合、スキルや専門技術に見合わない給与水準のIT企業や相場以下の報酬の業務案件を掴まされてしまう可能性も高いため、まずは必ずITエンジニア専門のエージェントに登録して転職先や仕事の案件を探すべきです。

以下の記事では、IT業界専門の転職サイトや営業支援サービスをそれぞれのサービスの特徴やメリット・デメリットを挙げながら分かりやすく比較しています。他のIT企業への転職やフリーランスエンジニアとしての独立を検討するIT技術者の方は是非参考にして下さい。

以上、「給与が低く待遇が悪いのでIT派遣を辞めたいエンジニアの方へ。転職をすれば大幅に給与や待遇が向上します」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする