発達障害で普通の仕事が出来ない悩みにはプログラマーやIT技術者に転職する解決法も有効

ADHD(注意欠如多動性障害)やASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)などの発達障害があるために普通の仕事がまともに出来ないと悩む方の場合、プログラマーやエンジニア、WEBクリエイターなど自分のペースで黙々とパソコンのディスプレイを見て作業の出来るIT技術者に転職する解決法も有効です。

発達障害の方は、事務や接客など誰でも出来るはずの一般職やアルバイトですら、ミスや不注意を連発してパニックになるなどしてまともに仕事の出来ない場合が多いです。

しかし、プログラマーやエンジニアなどの自分のペースで黙々と作業の出来る技術職の場合、発達障害の方は集中力や持続力を生かして一般の方以上の能力を発揮し、普通の会社員以上の給与や収入を得られるケースもかなり多いです。

ADHD(注意欠如多動性障害)やASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)などの発達障害があるために「どれだけ注意してもミスを連発してしまう」「仕事が出来ずに毎日上司に叱責されて辛い」「会社で働くことが辛い」「何年経っても新人よりも仕事が出来ない」「自分は出来損ない人間だ」とお悩みの方は、プログラマーやエンジニアなどのIT業界の専門技術職への転職を検討してみて下さい。

以下の記事では、IT業界専門の転職支援サービスをそれぞれのサービスの特徴やメリット・デメリットを挙げながら分かりやすく比較しています。プログラマーやエンジニアなどのIT技術者への転職を検討している方は是非参考にして下さい。

また、IT業界未経験者の方がエンジニアとしてキャリアアップしていく方法や具体的な年収の推移なども以下の記事で詳しく書いていますので、IT業界未経験からの転職を検討される方は是非お読みください。

普通のことが出来ず社会不適合者になりがちな発達障害者

ADHD(注意欠如多動性障害)やASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)などの傾向を持つ発達障害者の方は、普通の方はしないような不注意やミスを連発するなどして、誰でも出来るはずの普通のことが出来ずに社会不適合者になりがちです。

ADHDの方はミスや不注意が一般の方と比較して非常に多く、多くの書類を揃える様な事務的な仕事が人並みに出来ません。

注意欠陥・多動性障害 – Wikipedia

注意欠如・多動性障害(ちゅういけつじょ・たどうせいしょうがい、英: attention deficit hyperactivity disorder、ADHD)は、多動性(過活動)、不注意(注意障害)、衝動性を症状の特徴とする神経発達症もしくは行動障害である。

■症状

衝動性(impulsive)・過活動(hyperactive)・不注意(inattentive)などの症状が、通常12歳までに確認されるが、過活動が顕著でない不注意優勢型の場合、幼少期には周囲が気付かない場合も多い。

一般にADHDとして扱われるADDは、多動性が少ない不注意優勢型である場合が多い。

不注意(inattention)には、以下の症状などがある

  • 簡単に気をそらされる、細部をミスする、物事を忘れる
  • ひとつの作業に集中し続けるのが難しい
  • その作業が楽しくないと、数分後にはすぐに退屈になる

会社の一般職や事務職などは総合職や専門職と対比して給与や賃金も比較的低く、また体に大きな負荷の掛かり体力の必要な肉体労働や力仕事ではないため、「誰でも簡単に出来る楽な仕事」とされています。

そのため何の能力がなくとも容易にこなすことの出来るお手軽な仕事や職種として、事務職は特に女性を中心に勤め先として非常に人気を集めています。

しかし、この「事務職は誰でも簡単に出来る」というのは、あくまでも普通の人間にとっての難易度です。

ADHDの人間にとって事務職を普通に人並みにこなすことは、一流大学に合格すること以上に非常に困難でハードルの高いことなのです。

そしてこの様なADHD的な人間でも、学校の勉強などはそこそこ出来たりしてある程度の学歴があるために、就職した会社では周囲から「この程度のことは簡単に出来るだろう」と、最初は新入社員でも出来る様な“簡単な”事務的な仕事を任される。

しかし、実際にはADHDの人間にとっては事務の仕事とは、そこそこのレベルの大学に合格することよりも遥かにハードルの高い難関な訳です。

しかし、普通の人間である会社の上司や先輩はそんなADHDの人間の感覚など知りようがなく、いつまでもミスを繰り返すADHDの新入社員に対して「真面目にやっていない!」「やる気がない!」「手を抜いている!」「適当でいい加減な性格だ!」「社会人の自覚が足りない!」と叱責します。

ADHDの新入社員は本当に100%本気の全力で仕事に取り組んでいるのですが、どうやってもミスを減らすことが出来ない。

そしてADHDの人間であっても学生時代には勉強なども人並み以上に出来ていた場合、自分に障害があるなどと考えもしませんので、「自分は社会不適合者なのではないか」「自分は出来損ないなのではないか」「自分は落ちこぼれなのではないか」と考えて、完全に社会で生きて行く自信を喪失してしまう。

そして社会で生きて行く自信を完全に喪失したADHDの人間は、会社を辞めて社会から完全にドロップアウトし、「自分の様な出来損ないはどうせ会社に勤めてもまた駄目だ」と再就職をする気力すら消え失せて、引きこもりになったりニートになったりしてしまう。

日本の労働の現場ではこの様なケースが非常に多いものと思われます。

ネタバレをしますが上は全てかつての私自身の話です。

子供時代から勉強はそれなりには出来たので県内で一二を争う進学校に入り、超一流大学とは言わずともそれなりの国立大学を出て就職した結果、会社の職場という現場での自分は専門学校卒の同僚や高卒の先輩よりも遥かに仕事が出来ない出来損ない人間であるという現実をぶちかまされる。

学生時代には勉強やテストの点数などから、自分は天才や秀才ではなくとも人並み程度には優秀だと思っていた認識を根底から覆され、完全に生きる自信も打ち砕かれることになります。

学校のお勉強や試験などは1人で自分だけペースで集中して目の前の物事に当たることが出来るため、忙しく余裕の無い中でも上司から様々な指示を受けながら周囲の全てに抜かりなく気を払い、手早くミスなく事務的な作業を進め、同時進行的にマルチタスクをこなすなどの、実際の会社の職場で必要とされる能力の欠損を本人が自覚することが出来ないのです。

そして社会に出た瞬間に「自分は人並みに仕事の出来ない駄目人間で社会の落ちこぼれの無能」だという現実を突き付けられ、完全に自信を喪失して社会に出て働く意欲も失ってしまう。

江戸時代などのかつての時代であれば、その様な目の前のことしか出来ない様なADHD傾向の人間でも手に職を付けて漆塗りや食器作を作る職人などとして生きることが出来ました。

しかし現代の日本では職人という職業は絶滅危惧種ですので、大学や学校を出た瞬間、自分はまともに仕事が出来ないという現実に直面して、人生が詰んでしまうというADHD傾向の方が非常に多いはずです。

発達障害者が一般人以上の能力を発揮出来る仕事もある

この様にかつては発達障害傾向やADHD傾向の人間の受け皿であった職人という職業が社会の中で絶滅危惧種となり、その様なタイプの人間が行き場を失った現代ですが、しかし近年はIT産業という新たな産業の誕生により、再び発達障害傾向やADHD傾向の人間が生きることの出来る場所が復活してきています。

新卒で就職した会社で「どれだけ死ぬ気で頑張っても普通のことが人並みに出来ない」という自分の能力の欠損を思い知らされ社会からドロップアウトした私自身も、現在はWEB制作を行うIT企業でWEBクリエイターとして働いており、それなりに能力を評価されて時給換算で5,000円という一般的なサラリーマン以上の給与を得ています。

プログラマーなどのITエンジニアやWEBクリエイターは専門職と見なされ、スキルと実務経験を積んでいくことでステップアップし、一般職や事務職と比べて多くの賃金や給与を得ることの出来る職業です。

しかし、ITエンジニアやWEBクリエイターは1人でパソコンの画面に向き合って黙々と作業の出来る仕事ですので、事務作業や接客・営業などの苦手なADHDやASDなど発達障害的な傾向のある方にとっては、“誰でも出来る簡単な”一般職や事務職の仕事と比べれば遥かに容易に行うことが出来るのです。

私自身の経験からも断言できますが、はっきり言ってADHDやASDなど発達障害的な人間にとっては、事務職や一般職の仕事をまともにこなすことは、超一流大学に合格することよりも遥かに困難でハードルの高いことです。

そして、ADHDやASDなどの発達障害的な傾向のある方でも、学校時代は勉強はそこそこに人並み以上に出来たりなどして真面目な優等生などという扱いをされている場合も多く、自分がADHDやASDといった傾向を持っていることに無自覚なケースが非常に多いのです。

その結果、私の様に社会に出た瞬間に事務職や一般職の誰でも出来る簡単な仕事すらまともに出来ない現実に打ちのめされて挫折し、社会からドロップアウトしてしまうケースも多いはずです。

しかし、根本的に自分に不向きな職場で挫折してドロップアウトしてしまったからと言って「自分は出来損ないだ」「自分は社会不適合者」と人生を諦めてしまう必要はありません。

ADHDやASDなどの発達障害的な傾向を持った方でも、その様な方でも適応可能なプログラマーなどのITエンジニアやWEBクリエイターなどの専門職としてスキルを磨き実務経験を積むことで、この社会の中で平均以上の給与や賃金を得ることも十分に可能なのです。

IT業界への転職にはIT業界専門の転職支援サービスの活用がおすすめ

ADHDやASDなどの発達障害的な傾向を持つ方には、事務職や一般職などよりもプログラマー・エンジニア・WEBクリエイターなどの職人的な専門職の仕事が好適です。

しかし、IT業界やWEB業界には私の様に恵まれた給与や待遇を得られるホワイト企業が多く存在する一方で、とんでもない薄給激務のブラック企業も非常に多く存在しています。

その企業によってホワイト企業とブラック企業の格差が非常に激しいことが、IT業界やWEB業界の最大の特徴です。

さらにIT業界への転職や就職の難しさは、大手だからホワイト、中小企業だからブラックという判断が全く通用しない点にあります。

IT業界では、大手のIT企業であってもとんでもないブラック労働で過労死者を出す様なブラック大企業が多く、一方で中小企業であっても高い収益性を実現してホワイトな待遇を実現している企業も多く存在しています。

実際に私自身の現在の勤め先は社員数10人未満の地方の零細IT企業ですが、多くの大手IT企業よりもホワイトな待遇を得られています。

この様にIT業界やWEB業界は非常に癖が強く世間一般の常識が通用しない部分がありますので、業界の実態について何も知らないIT業界未経験者の方が自分だけで転職活動や就職活動を行った場合、とんでもないブラック企業に捕まってしまう危険性も非常に高いです。

ではIT業界未経験者がプログラマーなどのITエンジニアやWEBクリエイターになるにはどうすればいいかというと、IT業界やWEB業界を知り尽くしたIT業界専門の転職支援サービスを利用することが最も無難です。

一般の転職サイトや転職支援サービスではなく、業界を知り尽くしたIT業界専門の転職支援サービスを活用することで、避けるべきブラック企業などの情報を得ることが出来ますし、プロのアドバイザーのアドバイスやサポートを受けてスムーズに転職活動や就職活動を進めることが可能です。

この様な転職支援サービスは、ADHDやASDなど発達障害的な傾向のある方の多くが苦手としている求人企業への書類作成・書類提出の代行やサポートも行ってくれますので、転職活動や就職活動の負担も大きく軽減出来る点もメリットです。

以下の記事では、IT業界専門の転職支援サービスをそれぞれのサービスの特徴やメリット・デメリットを挙げながら分かりやすく比較しています。実務経験者向けのサービスも多いですが、IT業界未経験者でも利用可能なサービスも数多く紹介しています。

ADHDやASDなどの発達障害的な傾向があるために普通の仕事が人並みに出来ず、プログラマー・エンジニア・WEBクリエイターなどのIT技術者への転職を検討している方は是非参考にして下さい。

また、IT業界未経験者の方がエンジニアとしてキャリアアップしていく方法や具体的な年収の推移なども以下の記事で詳しく書いていますので、IT業界未経験からの転職を検討される方は是非お読みください。

以上、「発達障害で普通の仕事が出来ない悩みにはプログラマーや技術職に転職する解決法も有効」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする