パチンコ業界には将来性がないのでパチンコ店員を辞めたい若手社員の方へ。一刻も早く異業種への転職を!

完全に斜陽のパチンコ業界には将来性がないのでパチンコ店員を辞めたい若手社員の方へ。

パチンコ業界が完全にオワコンになって手遅れになる前に、一刻も早く異業種への転職をしてください!

未経験の異業種への転職を成功させる可能性を上げる方法は、自分に合った会社や職場を探してくれる転職エージェントを活用することです。

求人業界の最大手リクルートが手掛ける「リクルートエージェント」は、約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1の転職エージェントです。経験・実績豊富な転職エージェントがあなたの転職をサポートしてくれます。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」


パチンコ店員は給料は高くとも長く続けるのは大変な仕事

パチンコ店員は給料は高くとも長く続けるのは大変な仕事です。

そのため真面目に勤め続ければ人並み以上の高給を得られる仕事でありながら、数年程度で退社する方が後を絶ちません。

パチンコ店員の年収は600万円、店長では800万円という高年収

正社員のパチンコ店員の平均年収は600万円、パチンコ店長の平均年収は800万円にも達し、日本人の平均年収である420万円を大きく上回っています。

以下は元パチンコ店員の方のブログです。

パチンコ屋で働く正社員の給与と待遇! – パチンコ店員の裏側!
https://pachinko-tenin.com/archives/23

■パチンコ業界未経験でもこれだけもらえる!

パチンコ業界に未経験で入社して、最初からこれだけ給料がもらえる業種は、パチンコ店員くらいではないでしょうか?

その他の仕事をしてみて、身に染みるほど感じます。

私が初めてパチンコ屋の正社員で働いたパチンコ店は、初任給が総額で24万円でした。

今から、10年前で営業時間も今より1時間短い午後10時で閉店でした。

勤務時間が、今よりも少ないにも関わらず結構な給料をもらっていました。

新台入れ替えなどがあれば、残業は必ずと言っていいほどあります。

その時の私は、寮に住んでいました。寮費はなんとタダだったので、給料がそのまま残るのです。

食事も無料で三食付きだったので、給料はパチンコで使うか飲みに行くかでなくなっていました。今よりもパチンコ屋の、待遇が良かったのかもしれません。

パチンコ屋の平社員では、額面給与で28万円位が相場ではないでしょうか?(残業や手当が少ないともっと少なくなります)

パチンコ屋の給料は、精進して行くにつれ、かなりの勢いで昇給していきます。

■パチンコ屋正社員の給料総支給額!

忙しく利益も充分に出ているパチンコ店での給料総支給額で見てみると、

班長 30万円
副主任、主任 35万~40万
副店長、店長 40万~55万
エリア長 55万~70万

過去に働いていたパチンコ店では、そんな水準の給料体系でした。

パチンコ屋の仕事自体は難しいこともなく、普通に真面目に働いていれば、上に上がっていくことができます。

パチンコ屋以外でこれだけの給料をもらおうと思うと、職人であったり難しい資格を多数持っていたりと、ハードルはかなり高いように思います。

給料面ではかなりの待遇をされているのが、パチンコ屋です。

未経験の新人社員であっても初任給の総額が24万円。

この時点で一流大企業に入社した新入社員の給与水準に匹敵していますが、この上に月4万円程度の残業代が付き、さらに上の元パチンコ店員の方の体験談にあるように、食事も無料で三食付き、さらに無料で寮まで提供される。

手取りでは総支給額の28万円から社会保険などを引いて月給24万前後ですが、月の食費が3万・家賃が5万円だと考えると、基本給24万円+残業代4万円+食費3万円+家賃5万円=36万円と、実質的には未経験の新人にも関わらず額面で月収35万円以上に値する収入が得られるということになります。

見習いの新人の時点で最初からこれほどの高水準の給与が得られる職業は、医師など高度な難関資格が必要な一部の専門職だけではないでしょうか。

見習い期間からスタートするパチンコ社員の給与は、この給与水準をベースにさらに階級制度によって役職手当が加算されて行き、班長→副主任→主任→副店長→店長→エリア長と役職の階級が上がるにつれて給与が段階的に上昇していく給料体系となっています。

班長で月給30万円以上、主任クラスになると月給40万円以上、店長になれば月給50万円以上と給与が底上げされて行きます。

特に際立った高学歴や特別な資格などがなくとも、人並みの仕事をして会社を辞めずに真面目に長く勤め続けて行くことで店長までにはなることが出来ますので、給与面だけを見れば他の業界や職業に比べて非常においしい仕事と言えます。

パチンコ店員は心身への負担が大きく長く勤められる仕事でない

しかし、この様に給与面では非常に高待遇のパチンコ店員ですが、心身への負担が非常に大きく長く勤められる仕事ではありません。

店内のホールでは朝から晩まで休むことなく大音量のBGMが鳴り続け、パチンコ台の騒がしい音など異常な爆音に晒され続けることで耳や聴覚の異常をきたしたり、さらには精神的に完全に参ってしまうパチンコ店員の方も決して少なくはありません。

一日中眩しく光がピカピカする視覚的な刺激の強すぎる職場で仕事をしなければならないため、目や資格の消耗も大きく、正常な感覚を持った人間であれば、神経を擦り減らして目と頭が疲れ切ってしまいます。

また、パチンコ玉が大量に詰まった重い箱を何度も持ち上げたり運んだりしなければならないため、腰を痛めてしまう方が非常に多いこともパチンコ店員のキツさです。

さらにパチンコ好きのお客さんは同時にタバコ好きの喫煙者でもある割合が多いですので、多くの飲食店などで禁煙化が進む昨今であってもパチンコ店の禁煙化は進みません。

そのためパチンコ店の店内は常にタバコの煙でモクモクとしており、そんな店内で働くパチンコ店員は重度の受動喫煙に晒され続けることになります。

また、パチンコやスロットなどのギャンブルということでどうしてもパチンコ屋はお客さんの客層が悪く、注意をしても迷惑行為を辞めないお客さんや、言いがかりやクレームを付けるお客さんなども少なくないため、パチンコ店員は精神的なストレスも決して少なくありません。

さらに、残業代が全額は支払われず、ほぼサービス残業で朝から深夜まで12時間以上の長時間労働を課せられる場合も多いなど、パチンコ店員やパチンコ店長は非常に過酷な仕事です。

この様な理由で、平均を大きく超える給与を得られる収入的には恵まれた職業でありながら、数年でパチンコ店を辞めるパチンコ店員の方が非常に多い訳です。

このブログをご覧頂いているあたなも、そんなパチンコ業界のブラック労働への忍耐が限界に達し、「パチンコ店員 辞めたい」「パチンコ業界 辞めたい」などで検索してこの記事にたどり着かれたのではないでしょうか。

斜陽産業のパチンコ業界には将来性がない!

そしてこの様なパチンコ業界の仕事の辛さ自体に加えて、年々市場規模が縮小し続けるパチンコ業界(アミューズメント業界)の将来性の無さと将来の見通しの暗さも、あなたがパチンコ業界を辞めることを検討する大きな理由だと思います。

以下は2006年から2015年までのパチンコ産業の市場規模の推移のグラフです。10年間の間にパチンコ業界の市場希望は3分の2に縮小しています。

売上規模と粗利規模の推移 – パチンコ業界WEB資料室
http://pachinko-shiryoshitsu.jp/structure-industry/scale/

パチンコ産業はよく、30兆円産業と言われることがありますが、その根拠となったのは1996年1月に総務庁(当時)が発表したホールの事業収入額であり、この発表を受けて「レジャー白書」も数値を修正しています。その後は緩やかに右肩下がりの傾向が続いており、25兆円を割り込む状態となっています。

このパチンコ業界の衰退の理由としては、国の規制強化によってパチスロのギャンブルとしての魅力が低下したこと、さらに社会の娯楽の多様化や、スマホの普及によってかつてはパチンコをしていた様な若者がソシャゲ(ソーシャルゲーム)などに流れていること、仮想通貨などの流行で投機的なギャンブルを好む顧客層がパチンコ業界から流出していることなどが挙げられます。

2018年2月から適用のパチンコ・スロット出玉規制がこの様なパチンコ業界の衰退にさらに拍車をかけることは確実であり、2018年以降のパチンコ業界の見通しは非常に暗いものであると言わざるを得ません。

以下の記事にある様に、パチンコ業界の各社の売上は激減傾向にあり、さらに新たな出玉規制、2020年の東京五輪開催をめどにした公営カジノの建設など逆風が吹き荒れまくっており、パチンコ業界の現状はもはや風前の灯火といった状況です。

パチンコ業界、本格的衰退が始まった…各社軒並み売上激減、「出玉規制」が追い打ち – ビジネスジャーナル
http://biz-journal.jp/2017/08/post_20374_2.html

パチンコ・パチスロ(スロット)機器など遊技機器市場の停滞感が強い。こうしたなか、警察庁はギャンブル依存症対策の一環として、パチンコの出玉規制基準を定めている風俗営業法施行規則の改正案をまとめ、8月24日には来年2月からの施行を決めた。出玉数を現在の3分の2程度に抑えることなどが主な柱となっている。遊技機器市場にとってはさらなる逆風となりそうだ。

警察庁生活安全局の取りまとめによると、2012年にはパチンコ・パチスロ店は全国に1万2,149店あったが、16年には1万986店にまで減少している。ちなみに設置台数を機器ベースでみると、12年にはパチンコ機器が304万台余、パチスロ機器(回胴式遊技機器)が155万台弱で全体では459万2,000台という市場規模だったが、これが16年にはパチンコ機器283万台余、パチスロ(スロット)169万台余で合わせて452万5,000台となっている。

日本生産性本部がまとめた「レジャー白書 2017」によれば、パチンコ人口はおよそ940万人とされ、前年の1,070万人から減少、1,000万人を割り込んだ。数字の信憑性を疑問視する声もあるが、ゲーム機器やスマホゲーム市場の拡大、価値観の多様化などから遊技機器市場に停滞感があることは間違いなく、遊技機器市場はヘビーユーザーに支えられているのが実態である。

そこにヘビーユーザーをターゲットとした「ギャンブル依存症対策」という逆風が加わり、またその背後に隠れ見えるカジノの認可という要素が加わると、さらに遊技機器の立場は微妙なものになりかねない。

■ホール最大手のマルハン

非上場企業ではあるが、パチンコホール最大手。クリアリーフ総研の調査では、前期17年3月期業績は、連結・単独ともに2ケタ減収となっている。連結業績としては、直近の売上高のピークは13年3月期の2兆1,368億6,400万円とみられており、その後4年連続減収となるなか、17年3月期は1兆6,788億2,000万円にまで落ち込んでいる。ちなみにマルハンの業績には、複合アミューズメント施設の運営なども含まれているが、大半がパチンコ・パチスロのホール運営である。

この様に、業界大手のマルハンが4年連続の減収から直近ではさらに二桁減収へと転落するなど、完全に風前の灯火という状態なのがパチンコ業界の実情なのです。

我慢して働き続けてもパチンコ業界の破滅で路頭に迷うだけ。泥船が沈む前に一刻も早く脱出を!

様々なデータから将来を見通すとパチンコ業界は完全なる泥船です。

現在の日本では、ありとあらゆる社会状況がパチンコ業界の強烈な逆風となっています。

パチンコ業界はまるでタイタニックの様な沈みゆく直前の豪華客船です!

確かにかつてのパチンコ業界は30兆円産業とも言われる「金の成る木」でしたが、もはやパチンコが儲かる時代は急速に終焉しつつあります。

パチンコ業界やパチンコ産業の破滅と共に路頭に迷ってしまう将来を避けるために、手遅れになる前に一刻も早く転職活動を始めて、パチンコ業界という沈みゆく泥船から抜け出さなければなりません!

実際にパチンコ業界の現場で働かれているあなたも実感していることでしょうが、近年のパチンコ業界の衰退速度は想像以上に早く、一刻の猶予も許さない状況なのです。

パチンコ業界から未経験の異業種に転職する場合、年齢は若ければ若いほど圧倒的に転職市場では有利です。

30代よりも20代後半であれば、20代後半よりも20代前半であれば、パチンコ店退職後のキャリアの可能性は大きく広がります。

パチンコ店員は一般の仕事と比べて給与水準が高いために「しばらくは我慢してパチンコ屋で働き続けて貯金を貯めたい」と考える若い方もいるかもしれませんが、それは目先のお金の為に自分の将来のキャリアと可能性をドブに捨てている行為なのです。

あなたの貴重な若さを泥船のパチンコ業界で浪費していてはいけません!

確かにパチンコ店員として働くことで目先のお金は得られて多少は貯金が増えるかもしれませんが、それは自分のキャリアと未来の可能性を犠牲にする自殺行為なのです!

将来、歳を重ねて異業種への転職が困難な年齢になった頃にパチンコ業界が完全に破滅してしまい、労働市場に放り出されたら…もう再就職先を見つけることも出来ずに路頭に迷うしかありません。

この様な最悪の事態を回避するために、労働市場で需要がある出来るだけ若い年齢うちに異業種への転職活動を始めて、パチンコ業界から抜け出さなければならいのです。

自分に合った会社や職場を探してくれる転職エージェント

実際に一歩を踏み出して転職活動をしてみようと思っても、転職が初めて方の場合や転職経験の無い方の場合、履歴書・職務履歴書の書き方や、応募する仕事の選び方、面接のノウハウなど分からないことや不安なことだらけだと思います。

そこで、転職エージェントを活用して、実績豊富な転職のプロに自分に合った会社や職場を探してもらうのが確実で手間の掛からない方法です。

転職エージェントの利用料は最初から最後まで全て無料です。

会社に在職中の会社員の方であっても土日に利用することができ、キャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。

転職エージェントに登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングし、あなたの適性にあった業界や業種、あなたの年収アップの可能性などを検討して、オススメの求人をピックアップして紹介してくれます。

転職エージェントを活用することで、エージェントがあなたと企業との間を仲介して給与交渉を行ってくれるので、年収などの待遇アップの可能性も大幅に上昇します。

また、転職エージェントの求人は離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業は除外されているので、転職に失敗してブラック企業に就職してしまうリスクも減らすことが可能です。

転職未経験者には悩ましい履歴書や職務履歴書などの作成も、経験豊富なプロであるエージェントに相談や質問をしてアドバイスしてもらうことでスムーズに行えますので安心です。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」

求人業界の最大手リクルートが手掛ける「リクルートエージェント」は、約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1の転職エージェントです。経験・実績豊富な転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

業界大手である「リクルートエージェント」には大企業の関連会社など業績が安定した待遇の良い求人が多く、また、担当エージェントも書類作成から面接での受け答えまで丁寧にサポートしてくれます。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」


リクルートエージェントの3つのメリット

既卒者向け転職支援・転職サポート業界の最大手である「リクルートエージェント」には以下の3つのメリットがあります。

  1. 強みを発見
    キャリアアドバイザーが、面談を行う中でお客様自身まだ気づかれていない強味を発見します。あなたのキャリアパスを長期的に考えて次のステップの提案をしてくれます。
  2. 非公開求人の紹介
    転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介してくれます。また、Web上には出ていない業界分析レポートや個社ごとの社風までわかる詳細レポートのご提供も行ってくれます。
  3. 企業へのアピール
    職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にあなたの強みをアピールします。また、退職に関するアドバイスまで全面サポートしてくれます。

リクルートエージェントの利用の仕方

リクルートエージェントを利用する場合、まず登録ページから転職希望時期・希望勤務地・現在の年収・現在の年収などの転職条件、次に名前・生年月日・住所・連絡先・学歴・職歴・アピール項目などのプロフィール情報を入力し、「転職支援サービスに申し込む」を押してユーザー登録を行います。

最後の方で入力する「伝えておきたいこと」には、連絡出来る曜日や時間帯などを記入しておいて下さい。

ユーザー登録完了後は以下の3ステップで転職活動が始まります。

  1. お申し込み完了のご連絡
    ご入力いただいたメールアドレスに「お申し込み完了の確認メール」を24時間以内にお届けします。
  2. 面談日程調整のご連絡
    キャリアアドバイザーとの面談日時をご相談させていただくため、1週間以内にメールまたはお電話にてご連絡します。
  3. キャリアアドバイザーと面談
    キャリアアドバイザーが、あなたに最適なキャリアプランを一緒に考えます。

リクルートエージェントへのユーザー登録は以下の登録ページから無料で行えます。

「リクルートエージェント」登録ページ

リクルートエージェントを利用する上での留意点

リクルートエージェントの転職支援サービスを利用しても、転職するかしないかは完全に自由なので、自分の判断で実際に転職するかどうかを決定することが出来ます。

面談の末、キャリアアドバイザーから「現時点では無理に転職を勧めません」とアドバイスされる場合もあるので、じっくり検討した後、しばらく経ってから再度転職支援サービスを利用することも可能です。

以上、「パチンコ業界には将来性がないのでパチンコ店員を辞めたい若手社員の方へ。一刻も早く異業種への転職を!」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする