税務課や福祉担当課の公務員の仕事がブラック激務過ぎて辞めたい方へ。民間への転職をご検討下さい

税務課や福祉担当課の公務員の仕事がブラック激務過ぎて辞めたい方へ。

部署がブラック職場過ぎて心身共に耐えられないほどキツい場合は、公務員から民間企業への転職をご検討下さい。

求人業界の最大手リクルートが手掛ける「リクルートエージェント」は、約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1の転職エージェントです。経験・実績豊富な転職エージェントがあなたの転職をサポートしてくれます。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」


公務員の仕事の辛さや大変さは誰にも理解して貰えない

現在の日本では公務員叩きや公務員バッシングの風潮が広がっており、「公務員は楽な仕事なのに給与が高くてズルい!」「公務員は既得権益だ!」「公務員はノルマも解雇もなく羨ましい!」と民間企業で働く一般のサラリーマンから嫉妬されがちな立場です。

しかし、実際は教師や警察官などは待遇的には安定している公務員ではありますが、仕事内容は民間より遥かにタフで大変で厳しいブラック職業です。

特に中学校や高校などの教師の場合、余りの過酷な激務とストレスのために精神のバランスを崩して鬱病などになってしまう方も決して少なくありません。

参考:ブラックすぎる教師を辞めたい。部活や雑務の仕事が多くて土日も休めない。ストレスから鬱で休職。そんな場合は民間への転職もあり

民間以上のブラック職業である教師や警察官などと比較すると、一般行政職の地方公務員は公務員の中でも比較的ホワイトな労働環境です。

しかし、公務員の中では比較的ホワイトな労働環境である一般行政職であっても、税務課や福祉担当課などの一部の部署は多くの民間企業以上のブラック職場となっており、「公務員は仕事が楽」だという認識は必ずしも正しくはありません。

実際にこのブログでも「公務員 激務 辞めたい」などで検索しての訪問が多く、過酷なブラック労働に苦しんでいる公務員の方も決して少なくないことが伺えます。

しかし、現在の多くの日本人は公務員に対して非常に無理解です。

「公務員の仕事が辛くて辞めたい」と相談しても「それほど大変でない仕事で待遇も給与も安定している公務員を辞めるなんて勿体ない!」「公務員よりも民間企業の方がずっと大変だ!」と頭ごなしに反対される場合が大半でしょう。

身を削る様な思いでブラック職場で働いているにも関わらず、「公務員の仕事の辛さや大変さを誰にも理解して貰えない」と悩む公務員の方も非常に多いと思います。

税務課や福祉担当課は民間を遥かに超えるブラック職場

日本では「公務員は楽な仕事」というイメージが広がっており、実際に県庁や市役所などで働く行政事務の公務員は比較的ホワイトな労働環境です。

しかし、比較的ホワイトな労働環境である一般行政事務の公務員であっても、税務課や福祉担当課などの部署は、民間を遥かに超えるブラック職場である場合が非常に多いのが現実です。

「やった!公務員試験に合格できた!これで将来安泰だ!」と喜んだのもつかの間、税務課や福祉担当課などのブラック職場に割り当てられ、精神をすり減らすような過酷なブラック労働に消耗して重度の鬱病や精神障害を発症してしまう。

こんなケースも決して少なくないのです。

年末からゴールデンウィークは毎日22時まで残業の税務課

世間では「公務員は楽!」「公務員は毎日残業もなく夕方6時には定時帰宅!」と思い込んで羨んでいる方も多いですが、年末からゴールデンウィークの繁忙期は毎日22時まで残業するほどの激務なのが役所の税務課の仕事です。

地方公務員の税務課って激務ですか? – 教えて!goo
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8480608.html

最近知り合った27歳の地方公務員をやっている方が税務課で働いているのですが「公務員の仕事ってブラックだなぁと思った…毎日22時まで残業だし、土日もどっちか出勤だし、明日も祝日なのに出勤。振替休日なんてまったく取れないよ」と、言ってました。

私は、生保の営業やっていて、なかなかこの仕事って激務だなと思っているので、公務員の方っていいなぁ…(その分、沢山お勉強されているので安定してるのも納得)と、思っていたんですが、上記の通り実際激務なんでしょうか?

■No.5 ベストアンサー

細部の話をすれば、税務課は年末からゴールデンウィークまでが一番忙しい時期です。

また、27歳という年齢で総合職つまり「主事」であれば仕事の範囲が決まっていて処理数の多少に関係無く一人でこなさなければなりません。(他人が手伝うと個人情報の漏洩や重複ミス、空ミスが発生するからです。)

毎日の様に22時まで残業ではワークライフバランスも糞もありません。

繁忙期の税務課の公務員は、自分が担当する仕事を責任を持って終わらすために、連日6~7時間の残業も当たり前の様にこなさなければなりません。

1日6~7時間の残業時間で週5出勤とすると、月間では国の基準である100時間を余裕で超える150時間前後の残業時間になります。

この様に公務員の仕事は部署によっては決して楽ではないのです。

公務員は予算の都合で残業がほとんど出ないことも少なくない

「公務員は残業すれば国から残業代が支払われるからマシだろ!」と思う方もいるかもしれませんが、公務員の残業代は予算によって上限が定められており、予算が足りなければ残業代の大部分が支給されないということも少なくありません。

公務員の残業手当未払いについてお伺いします。 – Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1369567233

公務員の残業手当未払いについてお伺いします。

知人の公務員が務める市役所は、○時間以上残業するとその理由を出せとか、いろんな障害があって残業申請をさせないような仕組みになっているそうです。

公務員の場合、労働基準法の適用外だそうですが、どこに訴えればいいのでしょうか?

ちなみに、知人の公務員の残業は月150時間を超えていますが、30時間分程度しか残業申請をしていないようです。

■ベストアンサーに選ばれた回答

配属先にもよるのでしょうが、本当に大変なところは大変みたいですよね。

公務員の場合、予算が決まっているので、予算オーバーの場合は、すべてサービス残業になってしまうんですよね。なのに世間からはバッシングの嵐。が、それはさておき。

相談なら人事院でしょうが、多分話を聞いてくれるだけで何かしてくれるわけではないと思います。
改善しようと思ったら、残念ながら、組合でねばり強く交渉するか、裁判に訴えるしかないと思います。

※訂正※
地方公務員の一般職なら、賃金の相談は人事委員会ですね。すいません。

月150時間を超える残業をしていながら、予算の都合で30時間分程度しか残業代を申請することができない…

役所で働く公務員であってもこんなブラック企業並みの労働環境を課さられてる方も決して少なくありません。

しかし、税務課なども長時間労働の激務ではあるものの最凶のブラック部署である福祉担当課に比べればまだマシな部類です。

役所の福祉担当課は激務というだけではなく、そこで働く人間の精神を破壊する地獄のブラック職場です。

人間の精神を破壊する最凶のブラック職場である福祉担当課

役所の福祉担当課はまともな人間は精神を破壊される最凶のブラック職場です。

民間のブラック企業なども可愛く見えるレベルの精神的な地獄が福祉担当課の仕事です。

市役所のブラック部門はどこですか? – Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11109095401

市役所のブラック部門はどこですか?納税課?生活保護課?

■ベストアンサーに選ばれた回答

ゴミ屋敷の中に踏み込んだり、精神障害の人の話を何時間も聞いたり、猫屋敷の中で飼い主と話をするのが嫌な人は、福祉担当課。たまに、孤独死を発見したり、児童虐待などの修羅場に踏み込むことが必要なのも、福祉担当課。

ゴミ屋敷には毎年入り、精神障害者の方を説得して病院につれていく、猫屋敷の中で、猫が走り回る中を、膝を折って、飼い主と話して、ズボンが、猫のウンコや小便まみれになったり、生活保護受給者や高齢者などが、自宅で倒れているのが発見し、半死半生の人を救急搬送するのを手伝うなど、毎年やっていますが、あまり苦にはなりません。

他の人にとっては、かなりの苦行らしいですが、私にとっては、さほどのこともなく、だいたいが、就業時間内でできてしまうので、代休も時間外手当もここ数年全くもらえていません。休日も仕事の電話がかかってきますが、だいたいは、苦情・要望・愚痴なので、代休も時間外手当も出ません。

でも、好きな仕事をさせてもらっていますから、きついとは思えません。ただし、他の人にとっては、間違いなく、ブラック部門でしょうね。

ゴミ屋敷に住む精神病のキチガイの説得や、悪臭を放つ孤独死者の腐乱死体の発見、児童虐待などの指導、さらに市民からの苦情やクレームへの対応。

いくら公務員が安定職だからと言って、普通の人間であれば絶対にやりたくない仕事です。

このYahoo!知恵袋の回答者の方は、イエス・キリストかマザー・テレサの生まれ変わりなのか、この様な職務も全く平気なようですが、まともな神経をしている大半の方は完全に精神が破壊されてしまいます。

ただ単にペーパーテストが優秀なだけで公務員試験を取って公務員になった様な方には、耐えることの出来ない仕事でしょう。

そしてこの様な精神破壊的なブラック職場である福祉担当課に配属され、本人が精神疾患になってしまったり重度の鬱になってしまう公務員の方が大量に発生しているのです。

財政の逼迫により削減が進む公務員の労働環境は今後さらに悪化していく

「民間は大変だから」と苦労して勉強をして難関の公務員試験を突破した挙句、税務課や福祉担当課などのブラック部署に放り込まれて過労やストレスから鬱病になってしまうというのは報われない話です。

しかし、現在の日本では国が急速に公務員の人員削減を進めているため、公務員であっても一部の部署や人員に限界を超える大きな負担が掛かってしまいがちな傾向が強まっています。

以下は地方自治体の職員の推移ですが、平成6年(1994年)から平成27年(2015年)までの約20年間で職員の人数は、328万2000人から273万8000人へと約54万4000人も大幅に削減されています。

自治体の雇用削減と公的サービス供給体制の変化 – 経済産業研究所(RIETI)
https://www.rieti.go.jp/jp/publications/nts/16j037.html

戦後日本は、国際的にみて人口当たりの公務員数が極端に少ない「市民を雇わない国家」であるとの研究 がある。

この長期的な行政的特質は、バブル経済崩壊後、特に地方公務員数(全公務員の4分の3)に関して顕著な進展を見せている。

たとえば、平成6年(1994年)から平成27年(2015年)までの約20年間で、地方公務員総数および人口1000人当たり地方公務員数は、それぞれ328万2000人、26.2人から273万8000人、21.6人と、実数で54万4000人の減員、人口1000人当たりの公務員数の比率で17.7%もの減少を見せている。

人口変動が平成20年(2008年)をピークに減少に転じているとはいえ、この期間中、総人口が平成6年(1994年)人口を下回った時期はなく、他方、高齢化の進行により行政需要はむしろ増大していると考えられるにもかかわらず、地方公務員数はこのように持続的かつ大規模に減少してきた。

これは率にすると公務員の人数が約8割に削減されたことになり、かつてに比べて公務員1人あたりの仕事の負担は大きく上昇しています。

そして日本は巨額の財政赤字により財政状態が非常に逼迫しており、支出削減のためにさらに公務員の減員が進むことは避けられない状況ですので、公務員1人あたりの仕事の負担がさらに増して行くことは確実です。

人工知能の行政事務への導入によって事務作業の負担は軽減されるが…

この様な負担の増し続ける公務員の窮地を救う救世主として期待が集まっているのが、AI(人工知能)の行政事務への導入です。

しかし、AIの導入によって軽減できるのはあくまでも書類を取り扱う事務作業です。

ゴミ屋敷に住む精神病のキチガイの説得や、悪臭を放つ孤独死者の腐乱死体の発見、児童虐待などの指導、さらに市民からの苦情やクレームへの対応。

これらの絶対にやりたくない様な仕事は、やはり人間の公務員が行わなければなりません。

事務的な綺麗な仕事ほどAIや人工知能に奪われ、大半の人間にとって汚い辛いやりたくない仕事が公務員の仕事の中心になって行く。

これが今後の公務員の現実です。

そして超高齢化と後期高齢者の増大がさらにこの傾向に拍車を書けます。

核家族化と超高齢化のダブルパンチで孤独死をする老人や、健康を害して愚痴や苦情を訴える老人は、今後さらに爆発的に増加することになるでしょう。

「我慢して公務員を続けていれば将来は安泰だから…」と思っていても、将来の公務員の職務と仕事は、現在よりもさらに辛く過酷なものとなっていくことは確実なのです。

公務員の仕事の今後については、ちきりんさんの以下のブログ記事にも書かれています。

公務員の仕事はこれからマジ大変 – Chikirinの日記
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20171102

上のブログ記事の内容を要約すると

  1. 核家族化、単身化、高齢化の進展で「老後と死のケア」が公務員の仕事になる
  2. 低成長下で取り残される人が増え、そのケアが公務員の仕事になる
  3. ボランティアに頼りがちな社会問題の解決においても、行政の積極的取り組みが求められる
  4. 空き屋の処理も公務員の仕事として増大する
  5. 災害時にもまさに“公僕”となることが求められる

という理由で、公務員の仕事は様々な面で今後さらにタフで厳しいものになることは確実ということです。

それでもあなたは我慢して公務員を続けますか?公務員を続けられる覚悟はありますか?

今後の公務員の仕事は、ますますイエス・キリストかマザー・テレサ並の精神の持ち主でなければ耐えらない仕事となっていきます。

本当に耐えられずに精神を病むくらいに公務員の仕事が辛いのであれば、無理をして我慢をせずに、今のうちに公務員からホワイトでまともな民間企業へと転職してしまった方があなたのためです。

現実的には公務員の転職活動は困難でリスクもある

とは言っても、毎日遅くまで残業をして休む間もなく働く公務員の方が、役所で公務員として働きながら自分だけで無数にある様々な企業の求人情報を集め多くの応募書類を提出して転職活動を行うことは、現実には非常に困難だと思います。

そして公務員の仕事の片手間で時間も余裕もない中でのいい加減な転職活動の結果、再びとんでもないブラック企業に転職してしまったら、元も子もありません。

かと言って安定職である公務員を完全に辞めてしまってから転職活動を始めて次の職場を探すというのは、完全な無職期間や無収入期間が生じてしまうのでリスクが高い…

そこでオススメなのが、公務員として普通に働きながら、転職のプロが転職を手取り足取りサポートしてくれる「転職エージェント」に、あなたの転職活動をお任せしてしまうことです。

公務員を辞めずに働きながら転職エージェントを活用すれば、あなたの満足する良い転職先が見つからなければ、転職を取りやめて現在のまま公務員として働き続けることも可能ですので安心です。

自分に合った会社や職場を探してくれる転職エージェント

実際に一歩を踏み出して転職活動をしてみようと思っても、転職が初めて方の場合や転職経験の無い方の場合、履歴書・職務履歴書の書き方や、応募する仕事の選び方、面接のノウハウなど分からないことや不安なことだらけだと思います。

そこで、転職エージェントを活用して、実績豊富な転職のプロに自分に合った会社や職場を探してもらうのが確実で手間の掛からない方法です。

転職エージェントの利用料は最初から最後まで全て無料です。

在職中の方であっても土日に利用することができ、キャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。

転職エージェントに登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングし、あなたの適性にあった業界や業種、あなたの年収アップの可能性などを検討して、オススメの求人をピックアップして紹介してくれます。

転職エージェントを活用することで、エージェントがあなたと企業との間を仲介して給与交渉を行ってくれるので、年収などの待遇アップの可能性も大幅に上昇します。

また、転職エージェントの求人は離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業は除外されているので、転職に失敗してブラック企業に就職してしまうリスクも減らすことが可能です。

転職未経験者には悩ましい履歴書や職務履歴書などの作成も、経験豊富なプロであるエージェントに相談や質問をしてアドバイスしてもらうことでスムーズに行えますので安心です。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」

求人業界の最大手リクルートが手掛ける「リクルートエージェント」は、約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1の転職エージェントです。経験・実績豊富な転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

業界大手である「リクルートエージェント」には大企業の関連会社など業績が安定した待遇の良い求人が多く、また、担当エージェントも書類作成から面接での受け答えまで丁寧にサポートしてくれます。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」


リクルートエージェントの3つのメリット

既卒者向け転職支援・転職サポート業界の最大手である「リクルートエージェント」には以下の3つのメリットがあります。

  1. 強みを発見
    キャリアアドバイザーが、面談を行う中でお客様自身まだ気づかれていない強味を発見します。あなたのキャリアパスを長期的に考えて次のステップの提案をしてくれます。
  2. 非公開求人の紹介
    転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介してくれます。また、Web上には出ていない業界分析レポートや個社ごとの社風までわかる詳細レポートのご提供も行ってくれます。
  3. 企業へのアピール
    職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にあなたの強みをアピールします。また、退職に関するアドバイスまで全面サポートしてくれます。

リクルートエージェントの利用の仕方

リクルートエージェントを利用する場合、まず登録ページから転職希望時期・希望勤務地・現在の年収・現在の年収などの転職条件、次に名前・生年月日・住所・連絡先・学歴・職歴・アピール項目などのプロフィール情報を入力し、「転職支援サービスに申し込む」を押してユーザー登録を行います。

最後の方で入力する「伝えておきたいこと」には、連絡出来る曜日や時間帯などを記入しておいて下さい。

ユーザー登録完了後は以下の3ステップで転職活動が始まります。

  1. お申し込み完了のご連絡
    ご入力いただいたメールアドレスに「お申し込み完了の確認メール」を24時間以内にお届けします。
  2. 面談日程調整のご連絡
    キャリアアドバイザーとの面談日時をご相談させていただくため、1週間以内にメールまたはお電話にてご連絡します。
  3. キャリアアドバイザーと面談
    キャリアアドバイザーが、あなたに最適なキャリアプランを一緒に考えます。

リクルートエージェントへのユーザー登録は以下の登録ページから無料で行えます。

「リクルートエージェント」登録ページ

リクルートエージェントを利用する上での留意点

リクルートエージェントの転職支援サービスを利用しても、転職するかしないかは完全に自由なので、自分の判断で実際に転職するかどうかを決定することが出来ます。

面談の末、キャリアアドバイザーから「現時点では無理に転職を勧めません」とアドバイスされる場合もあるので、じっくり検討した後、しばらく経ってから再度転職支援サービスを利用することも可能です。

以上、「税務課や福祉担当課の公務員の仕事がブラック激務過ぎて辞めたい方へ。民間への転職をご検討下さい」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする