タワーマンションの高層階の部屋を買っても孤独で鬱病になるだけ!夏は暑いし生活は不便で最悪!

タワーマンションの高層階の部屋を買っても孤独で鬱病になるだけです!高層階からの景色の良さは3日で飽きるので無価値ですし、それ以上に夏は遮ることなく日差しを受けて部屋が異常に暑くなり、長ったらしいエレベーターの移動時間など生活が不便で最悪です。

はっきり言って、成金で金持ちの遊び人の独身男が合コンや女遊びで引っ掛けた女の子を連れ込んで、摩天楼の夜景を見せてキャーキャー言わせるヤリ部屋にすることくらいしか、都心部のタワーマンション高層階に住むメリットは存在しません。

既婚者の方や子供のいる方、性欲の枯れ果てた老人は、見栄を張ってタワーマンションの高層階に住んでいてもエレベーターの上り下りで不便なだけで全くメリットもありませんので、東京五輪後に不動産バブルが弾けて資産価値が暴落する前にとっとと部屋や物件を売却してしまいましょう。

早く高く不動産を売却したいなら「不動産の窓口」がおすすめです。最短1週間での売却も可能。「不動産の窓口」は複数の不動産会社と提携してるため最善・最良の不動産会社を紹介してくれます。

高価でスピーディな不動産売却は「不動産の窓口」



人はタワーマンションの高層階では生きられない

人はタワーマンションの高層階では生きられません。私達人間は大地から離れては生きられない存在なのです。

宮崎駿監督の大人気アニメ映画「天空の城ラピュタ」でヒロインのシータも終盤のクライマックスの場面でこう語っています。

ラピュタがなぜ滅びたのか、私よくわかる。ゴンドアの谷の詩にあるもの。

「土に根を下ろし 風と共に生きよう 種と共に冬を越え 鳥と共に春を歌おう」

どんなに立派なタワーマンションを建てても、たくさんのお金を持っていても、人は土から離れては生きられないのよ。

(天空の城ラピュタより)

このシータの台詞はまさに真理を突く言葉ではないでしょうか。

タワーマンションの10階や20階などの高層階の部屋は、空中に浮いているわけではありませんが、物理的に地面から非常に離れた高い場所にあります。

大地から離れてしまっている生活という点では、タワーマンションの高層階の物件も天空の城であるラピュタと完全に同じです。

一時的な憧れから都心部のタワマンに住んでも、それはほんの一時的な自己満足であり、決して終の棲家にはなり得ません。

ビルやマンションの上層階に住むと気圧の変化などによって流産が増えるとか、めまいや体調不良など健康や人体に悪影響があるという「高層階症候群」のリスクを警告する見解もありますが、それ以前の問題として私達人間の心と精神が、大地から離れて生きられる様には出来ていないのです。

マスコミが報道できない「高層階病」の実態 6階以上&33歳以上で44%流産 – MyNewsJapan
http://www.mynewsjapan.com/reports/1348

次々と建設される超高層マンション。住環境と病気との関係についてはシックハウス症候群や化学物質過敏症が知られているが、高層階の居住が、流産、死産、神経症、低体温など各種病気の要因になっていることは、ほとんど知られていない。

背景には、三井不動産を筆頭とする財閥系からリクルートまで、デベロッパーを巨大広告主に持つマスコミが報道できない構図がある。このほど『コワ~い高層マンションの話』(宝島社)が発売となり、帯には「33歳以上の約7割が流産の経験」などとあるが、真偽はどうなのか。著者である東海大学医学部の逢坂文夫講師(基盤診療学系・公衆衛生学)に、医師の三好基晴氏が話を聞いた。

【Digest】
◇想定外の調査結果から始まった
◇6階以上&33歳以上で44%が流産
◇「微細な揺れ」原因説
◇イギリスでは規制、日本では規制緩和
◇テレビはほとんど取り上げない
◇国交省と厚労省から役人が来たけれど

根本的に私達人間の心と精神が、大地から離れて生きられる様には出来ていない。

「土に根を下ろし 風と共に生きよう 種と共に冬を越え 鳥と共に春を歌おう」というゴンドアの谷の詩を軽視してはいけません。

タワーマンションの夏は日差しを受けて地獄の暑さ

以下は、ブログ筆者の方のご両親の体験談ですが、誰もが羨む様なお洒落なタワーマンションを購入したものの2年で売却して低層のマンションに引っ越した失敗談のブログ記事です。

タワーマンションを購入したけど2年で引っ越した理由 – 白いザクロを探してます
http://www.myzakuro.com/archives/6524

■夏が暑すぎる

タワーマンションのメリット。それは高層に行けば行く程、景色が綺麗な事だ。

しかし、夏の期間に1日中カーテンを閉め切ってしまったらどうだろうか。

せっかくタワーマンションに住んでるのに、景色を見れないなんて全く意味がない。

これはタワーマンションに住んでる人に多い話らしいが、高層がゆえに遮る建物が他になく、強い日光を一日中浴びる事になるらしい。

冬の間は良いだろうが、夏の昼間は地獄だと言う。

建物が熱くなったせいで、夜も熱さが残り、結果として1日中エアコンをつけなくてはいけないとの事だ。

このブログ記事のタワーマンションは都心部の駅チカの物件であり、

  • 山手線の下半分にある某駅から徒歩1分
  • 40階建ての30階で2LDK
  • 1階には広く綺麗なロビーラウンジ(共有)
  • ゲストルーム(共有)
  • バーベキュースペース(共有)
  • シアタールーム(共有)
  • フィットネス(共有)
  • 展望ラウンジ(共有)
  • 24時間待機のコンシェルジュ常駐(宅配からクリーニング受付まで)

という誰もが羨む素晴らしいスーパーハイスペックな物件だったものの、結局夏の地獄の暑さや生活の不便さなどが原因で、ご両親はたった二年で売却して普通の低層マンションに移り住むことになったということです。

「暑いならずっとエアコンを付けていればいい」という意見もあるかと思います。

しかし、大半の方は外出中までエアコンや冷房をつけっぱなしにすることは出来ません。

そして外出から帰宅するために、ヒートアイランド現象によって40度近くにも気温が上がる真夏の糞暑い東京の都心部を移動して、ようやく我が家に辿り着いたと思えば、部屋は遮るもののない直射日光をモロに浴びて灼熱の地獄と化している。

想像するだけで熱中症で倒れそうになってしまいます。

つまり、電車を利用したり糞暑い都心部を歩いたりせず、いつもタクシーだけで移動が出来る様なセレブや、外出中も電気代を気にせずずっと冷房をやエアコンをつけっぱなしに出来るお金に余裕のある人間でなければ、タワーマンションを買っても真夏の灼熱地獄に苦しむだけということです。

外出中もずっとエアコンをつけっぱなしにして全ての移動にタクシーを使うことに躊躇する様な庶民が、中途半端な小金が溜まったからと言ってタワーマンションを購入しても、その末路には地獄が待っているだけなのです。

眺望の良さというタワマン高層階のメリットはすぐ飽きる

タワーマンションの高層階に住むメリットとして、地上を見下ろす景色と圧倒的な眺望の良さが挙げられます。

しかし、高層階からの眺望と景色の良さは3日くらいですぐに飽きてしまいます。

タワーマンション、住み心地はどうですか? – 発言小町
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2012/0905/537725.htm

一番最初のマンションは、20階以上角部屋で、花火や海、山…など盛り沢山な眺望でした。

でも外はあまり見なくなります!

夏は特に、暑いのでカーテンを閉めっぱなし。

2番目のマンション(30階以上)も、窓掃除がマメにあるので、
カーテンを締めてる時が多かったです。

やはりマンションは、眺望より、
値段、間取り、通勤のし易すさなどで選んだ方がいいと思います。

先ほどのタワーマンション購入失敗談のブログにもあったように、せっかくの眺望と景観の良さがある20階や30階の高層階に住みながら、やはり夏は暑さのためにカーテンはずっと閉めっぱなしとなることが多い様です。

せっかくの眺望の良さを楽しむための高層階なのに、カーテンはずっと閉めっぱなしで外はあまり見なくなる…

本当に一体何のためにタワーマンションの高層階に住んでいるのか分かりません。

寒い冬や夜景などは美しいのでしょうが、それもすぐに飽きて見なくなってしまう。

結局、タワーマンション高層階の物件は、女遊びをする成金実業家や芸能人とかがクリスマスシーズンとかに雰囲気を演出して「キャー綺麗な夜景!」と女の子を喜ばせてセックスするために利用するヤリ部屋にしか使えないということですね。

タワマン高層階はエレベーターに時間が掛かり外出が不便

さらにタワーマンションの高層階のデメリットとして、エレベーターの移動に時間が掛かり外出が不便だということが言えます。

上で紹介したタワーマンション高層階の物件購入に失敗して結局2年で売却した体験談のブログ記事を再び参照します。

タワーマンションを購入したけど2年で引っ越した理由 – 白いザクロを探してます
http://www.myzakuro.com/archives/6524

■朝のエレベーターは各駅停車

朝の通勤時間に実家にいたことはないが、とにかく渋滞するらしい。

エレベーターも常に各駅状態で、下につく頃には定員いっぱいに乗るらしい。

駅直結とうたっていても、結局10分以上かかると、とても便利とは言えない。

■タワーマンションに住むと引きこもりになる

特に高層に住めば住むほど、下まで行くのが面倒になり、出不精になってしまう。

サラリーマンなら毎日嫌でも外に出なくては行けないが、退職した後の老後で出不精になってしまったら、何にもできなくなる。

よく老後を送る人で、外に出ない人は曜日感覚がなくなると言うが、タワーマンションの高層階に住むと、曜日感覚もおろか、人と会わない事で、生活が荒み、部屋も掃除せず、とにかく異臭が立ちこめるという話も聞く。

父と母はここでは老後が楽しくないと判断し、老後を迎える前に出たが、それは今でも正解だと思っている。

朝の出勤ラッシュには、エレベーターが各駅停車で外出するまで10分もかかる…

外出するだけで10分も時間が掛かるとか絶句です…

部屋からエレベーターで降りて外に出るまでに10分も時間が掛かるのでは、せっかく交通の便の良い都心部の駅チカに住むメリットとか全て吹き飛んでしまいます。

結局、毎朝会社に出勤して働いてお金を稼がなければ生きていけない社畜サラリーマンには、タワーマンションの高層階はただ単に不便なだけでしょう。

普通のサラリーマンとは出勤時間の重ならない芸能人とか実業家とかでなければ、タワーマンション高層階に住んで駅チカの利便性を享受することは出来ないということです。

そして、会社勤めのサラリーマンであれば、不便で面倒でも嫌でもエレベーターを使って外出しなければなりませんが、主婦の方や高齢者の方は、高層階に住むほど外出が億劫になり引きこもりがちの生活になってしまう。

これが誰もが憧れるタワーマンション高層階の悲しい現実なのです。

孤独と鬱に悩むタワーマンション高層階居住者は多い

そして、この様に外出の面倒なタワーマンション高層階の居住者は引きこもりがちとなり、生活と精神が荒廃し、そして深刻な孤独と鬱に悩まされるケースが想像以上に多いのです。

特に主婦の方や会社を退職して老後を過ごしている方にとっては、マンション高層階に住む生活は精神を蝕みます。

タワーマンションの高層階に住むのって健康に悪いですか? – マンションなんでも質問@口コミ掲示板・評判
https://www.e-mansion.co.jp/bbs/thread/3262/1/

■タワーマンションの高層階に住むのって健康に悪いですか?

30階建てのマンションの25階の部屋を契約してしまったのですが、気圧の変化等が体に悪影響なのではないかと心配になってきました。

毎日エレベーターで上り下りするだけでも体には負担なんでしょうか。

今まで最高で4階の部屋にしか住んだことがないので分からないのですが、頭痛持ちなので高層に住んだら頭痛が悪化してしまうのではと心配です。

高層階に住んでから体調の変化があった方がいらっしゃいましたら是非教えてください。

■匿名さん

5階程度以下と以上では確実に生活パターンが変わるそうです。

当然、子供がいる家庭は5階程度以下に住むのがオススメです。

また、一番最悪なのは専業主婦が高層階に住むパターンです。

確実に孤独でぐうたらな生活になるそうです。

上の掲示板でも回答されているように、「高層階症候群」のリスクだとか気圧の変化が体に悪影響を与える心配以上に、マンションの高層階での生活は特に主婦や退職後の老人にとって精神的な面で非常に悪影響が大きいのです。

エレベーターの移動が面倒で外出することが億劫になり、引きこもりがちの生活となり、そしていつしか生活が荒廃して孤独や鬱に悩まされることになってしまう…

結局の所、タワーマンション高層階は人間が長く住める様な場所ではありません。

一時的な憧れから都心部のタワマンに住んでも、それはほんの一時的な自己満足であり、決して終の棲家にはなり得ないのです。

2020年のタワマン大暴落以前に売却の決断をするべき!

この様に様々なデメリットのために長く住み続ける終の棲家にはなり得ないタワーマンションですが、売却をするのであれば2020年に東京五輪の終了と共に東京都心部の不動産バブルが弾けてしまう前に、物件売却の決断をするべきです。

人口動態や空室率などのあらゆる統計データから、首都圏を中心に都心部の不動産は2020年から2030年までに、バブル崩壊時と同様の急激な資産価値暴落を迎えることが多くの専門家の間で確実視されています。

この第二の不動産バブル崩壊については詳しく知りたければ、以下の記事をお読み下さい。

内容を要約すると、東京は2020年から急激な人口減少へと転じ、すでに都内でも過剰供給状態の不動産は空き部屋だらけの状態となり、特に東京五輪後にバブルが崩壊することによって都心のタワーマンションはその価値が大暴落するということです。

また、今後15年間でアメリカと同様に在宅ワークが広く一般社会に普及していくことで駅チカのメリットや魅力が無価値化し、交通の便を最大の売りとする駅チカ物件の価値も大幅に下落していく可能性が極めて高いのです。

既婚者の方や子供のいる方、性欲の枯れ果てた老人は、見栄を張ってタワーマンションの高層階に住んでいてもエレベーターの上り下りで不便なだけで全くメリットもありませんので、東京五輪後に不動産バブルが弾けて資産価値が暴落する前にとっとと部屋や物件を売却してしまいましょう。

早く高く不動産を売却したいなら「不動産の窓口」がおすすめです。最短1週間での売却も可能。「不動産の窓口」は複数の不動産会社と提携してるため最善・最良の不動産会社を紹介してくれます。

高価でスピーディな不動産売却は「不動産の窓口」



また、タワーマンション売却後の住居を探す方のためのご案内ですが、「いえらぶ」は全国300万物件を取り扱っている不動産ポータルサイトです。駅や職場の近くに部屋を借りることを検討する方は、こちらから物件を探してみてください。

全国300万物件の不動産ポータルサイト「いえらぶ」



以上、「タワーマンションの高層階の部屋を買っても孤独で鬱病になるだけ!夏は暑いし生活は不便で最悪!」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする