職場でウンコを漏らしたのがバレた!気まずくて同僚と目も合わせられない!という時は転職しか解決法はない

職場でウンコを漏らしたのがバレた!気まずくて同僚と目も合わせられない!というケースでは残念ながら転職してその職場や会社から離れるしか解決法はありません。

職場でウンコを漏らしたことがバレると、どれだけ仕事で優秀な実績や結果を残したとしても、会社を退職するまでずっと同僚から「ウンコ漏らしの人」として見られることになってしまいます。

たとえ仕事でどれだけ立派な成果を残したとしても、一度こびりついた「ウンコ漏らし」のイメージを払拭することは絶対に不可能なのです。

ウンコ漏らしのイメージを払拭しようという努力は残念ながら完全に無駄あがきですので、職場でのウンコ漏らしがバレてしまった場合は、他の会社に転職して人間関係をリセットしてしまうのが賢い判断です。

会社員は誰でも1回は職場でウンコを漏らした経験がある

会社員であれば誰でも1回は職場でウンコを漏らした経験があるものです。

会社や職場でウンコを漏らして初めて一人前のサラリーマン。それがサラリーマンという過酷な職業の現実です。

職場でウンコを漏らしているのはあなただけではありませんので、決して恥ずかしく思ったり人生を悲観することはありません。

大半の会社員やサラリーマンやOLは、会社や職場でウンコを漏らしても大人としての危機管理能力を発揮して、同僚や上司にウンコを漏らした事実を知られない様に上手く誤魔化しながら働いているのです。

日刊SPAが2017年に1,700人のサラリーマンを対象に行った調査によれば、全体の約20%に及ぶ300人以上のサラリーマンが「ウンコ漏らし」経験ありと回答しています。

職場でウンコを漏らしたら、評価は下がるのか? – 日刊SPA!
https://nikkan-spa.jp/1370110

屋外で、街中で、人前でウンコを漏らし窮地に陥った社会人は少なくない。

もし、業務中にウンコを漏らしてしまった場合、社会的評価にどう影響するのか? そこで週刊SPA!が全国の管理職200人を対象に行った簡易アンケートによると、結果は以下のようになった。

  • うん漏れが低評価の対象となる……4%
  • 事情と状況による……28.5%
  • 業務に与えた影響の大きさによる……7%
  • 評価に影響はない……37.5%
  • その他……23%

結果、4割近くが「評価に影響なし」と判断するという結果になった。

生理現象ゆえに、当然といえば当然だ。しかし、見逃せないのは不可抗力の脱糞に対して、業務に与えた影響の大きさや事情や状況次第では3割以上が評価の対象にもなり得ると回答していたことだ。その上、漏れること自体を許さないという回答も4%いたのである。

「俺はうんこなぞ漏らさないよ~」

この4%の人は、こんな自信を抱いているのかもしれない。しかし、取材班が1700人のサラリーマンを対象に調査を行ったところ、300人以上が「漏らした経験あり」と答えている。

日本うんこ学会会長で医師の石井洋介氏によれば、「“うん漏れ”は誰にでも起こり得るもの」と話す。

「表になっている話は氷山の一角。1件のダダ漏れの裏には、100件のプチ漏れと、1000件の“チビリハット”があるはず。漏らした人には、あなたは独りぼっちじゃないと声を大にして伝えたい」

本当はウンコを漏らしていたのにそれを認めない方、ウンコを漏らしたけど恥ずかしくてウンコを漏らの経験があると回答しなかった女性の方も含めれば、会社でのウンコ漏らしの経験率はさらに高いものになることが確実です。

誰でも一回はウンコを漏らしたことがあるというのは言い過ぎかもしれませんが、実際に日本全国で非常に多くのサラリーマンやOLが会社や職場でウンコを漏らしている現実は疑い様のないものなのです。

国税庁が行った統計調査によれば、平成28年12月31日現在の給与所得者数は日本全国で5,744万人とされています。

平成28年分民間給与の実態調査結果 – 国税庁
http://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/minkan2016/pdf/001.pdf

平成28年12月31日現在の給与所得者数は、5,744万人(対前年比1.7%増、98万人の増加)。

この5,744万人の給与所得者数のうち20%が職場でウンコを漏らしていると計算すれば、日本のウンコ漏らし会社員の人口は1,000万人を超えます。

あなたと同様に職場でウンコを漏らした仲間は日本中に1,000万人以上もいますので、ウンコを漏らしたことを恥ずかしく思ったり、社会人として生きて行く自信を喪失したり、人生に絶望したりする必要は全くありません。

会社や職場でウンコを漏らすということは、この日本では日々本当に当たり前の様に起こっていることです。

大人はウンコを漏らしても上手く誤魔化して働いている

しかし、この様に職場や会社でウンコを漏らすこと自体はサラリーマンやOLなどの会社員にとって非常に当たり前で誰でも経験することではありますが、臭いやズボンの染みなどでウンコを漏らしたことが同僚にバレてしまうのは、大人としては致命的なミスです。

子供と比べると大人は遥かに危機管理能力が高くなりますので、仮にウンコを漏らしても大半の場合はコンビニに行って新しいパンツを買って履き替える、ウンコまみれのパンツをバレないようにゴミ箱に捨てて処理する、ウンコで汚れたズボンやスカートをトイレで洗うなど対応をして、ウンコを漏らしたことが周囲にバレないように上手く対処することが可能です。

以下のウンコ漏らし体験談の女性の様に、ウンコを漏らしながらも誤魔化して他人に罪をなすりつけたりして、ウンコ漏らしを隠すことが出来るのが大人のズルさです。

男も女も…ウンコを漏らしちゃった大人たちの体験談 – 日刊SPA!
https://nikkan-spa.jp/1380961

「直前の暴飲暴食がたたったのか、電車内で猛烈な便意が。我慢しようと慣れない箇所に力を入れたため尻が痙攣してしまい、その瞬間に激しく漏らしました。幸い夜用ナプキンを装着していたため垂れずには済みましたが、満員電車の中に異臭が漂い……。すかさず横にいたサラリーマンを睨んで罪をなすりつけ、次の駅で『こんな臭い電車乗れるか!』という表情で電車から降りトイレに駆け込みました」(♀・34歳・会社員)

大半の会社員やサラリーマンやOLは会社でウンコを漏らした経験があるのですが、ウンコを漏らしながらも大人としての危機管理能力を発揮して、職場の同僚や上司にウンコを漏らした事実を知られない様に上手く誤魔化しながら働いているのです。

会社や職場でウンコを漏らすことは会社員にとっては当たり前のこと。

問題はウンコ漏らしがバレるかどうかなのです。

職場でウンコを漏らしたことがバレてしまった事例

この様に大半のサラリーマンやOLは職場でウンコを漏らしながらもそれを上手く誤魔化して働いていますが、中には不運にもウンコを漏らしたことが周囲の同僚や上司などにバレてしまうケースもあります。

以下のYahoo!知恵袋の投稿は、職場でウンコを漏らしがバレてしまった方の事例です。

職場でうんこ漏らした方は居ますか? – Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13134465218

職場でうんこ漏らした方は居ますか?

真面目な質問です。笑いたいなら笑っても良いです。

私は暴飲暴食は控えさらに睡眠もしっかりとり体調管理して万全にしてましたが職場まではバスなのですが途中で急にお腹痛くなりさらに道が渋滞してて途中のバス停で降りてコンビニのトイレへ行ったら確実に大遅刻でした。遅刻は絶対避けようとして我慢しましたが漏らしてしまいました。その後はお昼直前に漏らしたのがバレました。

営業所の所長など上司は恥ずかしいことじゃないなら気にしないでや人間一度はこういう事あるなど言って貰えました。
結局は上司の配慮で早退を命ぜられまた元気に出勤してねと言われました。

私も対策としてまだ暑いから体調管理はもちろん、荷物増えるが予備用のズボン、パンツを持とうと思います。
大便したくても出来ない状況はありますから。出そうでギリギリセーフでトイレなんてこともありますし。
朝は駅のトイレ、コンビニのトイレで人がたくさんなんてことも都会ならありますし。

この様に体調不良・渋滞などの不運な要素が重なると、危機管理能力の高い大の大人であってもウンコ漏らしがバレてしまう場合があります。

この様に大人のウンコ漏らし発覚は様々な要素が重なった不運な結果であり、決して本人には落ち度も責任もありません。

しかし、一旦ウンコ漏らしがバレてしまえば、「会社でウンコを漏らした人」というイメージを払拭することは残念ながら永遠に不可能です。

ウンコ漏らしの人として胸を張って堂々と働く道もある

もちろん会社や職場でウンコを漏らすことは、ほとんどみんなが経験しているごく当たり前のことですし、それがバレるかバレないかどうかは完全に運の問題です。

「他の奴らもウンコを漏らしてるけどバレてないだけ」「自分はただ運が悪かっただけ」と開き直って、「ウンコ漏らしの人」として堂々と胸を張って同じ会社や職場で働き続ける道もあります。

ウンコ漏らしというのはインパクトや衝撃が非常に強烈な失態ですので、同僚からその黒歴史の記憶が忘れ去れることは絶対にあり得ませんが、仕事がしっかりと出来れば、「ウンコ漏らしの人」から「優秀なウンコ漏らしの人」へと周囲の見る目を変えることは可能です。

ウンコ漏らしの過去を開き直って自分の仕事に集中するというのも立派な生き方ですし、その様に過去の過ちを気にせずに開き直ることが出来るのであれば、全く何も問題ありません。

全員がウンコ漏らしという視線に耐えられる訳ではない

この様に開き直ることが出来れば問題は全て解決ですが、しかし、やはり「全員がウンコ漏らし」と見られる視線に耐えられるメンタルタフネスと精神的な図太さを持っている訳ではありません。

特にプライドの高い方や恥ずかしがり屋の女性の方は、自分が会社の同僚からウンコ漏らしと見られているという現実にどうしても耐えられないという場合も多いはずです。

普段から真面目なイメージの男性や、清楚で上品なイメージの女性などであればあるほど、ウンコ漏らしの発覚は絶対に受け入れられるものではありません。

「もう気まずくて同僚と目も合わせられない!」「催眠術で同僚の脳内にあるウンコ漏らしの記憶を封印したい!」「このままウンコ漏らしと思われ続けるくらいなら死んだ方がマシ!」と本気で思われる方も非常に多いのではないのでしょうか。

催眠術で同僚の脳内の記憶を都合良く改ざんするというのは現実的には不可能です。

ウンコ漏らしと思われることが本当に死ぬほど嫌で耐えられない方は、転職して会社や職場を変えることで人間関係と周囲からの認識をリセットする方法を検討してください。

自分に合った会社や職場を探してくれる転職エージェント

実際に一歩を踏み出して転職活動をしてみようと思っても、転職が初めて方の場合や転職経験の無い方の場合、履歴書・職務履歴書の書き方や、応募する仕事の選び方、面接のノウハウなど分からないことや不安なことだらけだと思います。

そこで、転職エージェントを活用して、実績豊富な転職のプロに自分に合った会社や職場を探してもらうのが確実で手間の掛からない方法です。

転職エージェントの利用料は最初から最後まで全て無料です。

会社に在職中の会社員の方であっても土日に利用することができ、キャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。

転職エージェントに登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングし、あなたの適性にあった業界や業種、あなたの年収アップの可能性などを検討して、オススメの求人をピックアップして紹介してくれます。

転職エージェントを活用することで、エージェントがあなたと企業との間を仲介して給与交渉を行ってくれるので、年収などの待遇アップの可能性も大幅に上昇します。

また、転職エージェントの求人は離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業は除外されているので、転職に失敗してブラック企業に就職してしまうリスクも減らすことが可能です。

転職未経験者には悩ましい履歴書や職務履歴書などの作成も、経験豊富なプロであるエージェントに相談や質問をしてアドバイスしてもらうことでスムーズに行えますので安心です。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」

求人業界の最大手リクルートが手掛ける「リクルートエージェント」は、約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1の転職エージェントです。経験・実績豊富な転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

業界大手である「リクルートエージェント」には大企業の関連会社など業績が安定した待遇の良い求人が多く、また、担当エージェントも書類作成から面接での受け答えまで丁寧にサポートしてくれます。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」


リクルートエージェントの3つのメリット

既卒者向け転職支援・転職サポート業界の最大手である「リクルートエージェント」には以下の3つのメリットがあります。

  1. 強みを発見
    キャリアアドバイザーが、面談を行う中でお客様自身まだ気づかれていない強味を発見します。あなたのキャリアパスを長期的に考えて次のステップの提案をしてくれます。
  2. 非公開求人の紹介
    転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介してくれます。また、Web上には出ていない業界分析レポートや個社ごとの社風までわかる詳細レポートのご提供も行ってくれます。
  3. 企業へのアピール
    職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にあなたの強みをアピールします。また、退職に関するアドバイスまで全面サポートしてくれます。

リクルートエージェントの利用の仕方

リクルートエージェントを利用する場合、まず登録ページから転職希望時期・希望勤務地・現在の年収・現在の年収などの転職条件、次に名前・生年月日・住所・連絡先・学歴・職歴・アピール項目などのプロフィール情報を入力し、「転職支援サービスに申し込む」を押してユーザー登録を行います。

最後の方で入力する「伝えておきたいこと」には、連絡出来る曜日や時間帯などを記入しておいて下さい。

ユーザー登録完了後は以下の3ステップで転職活動が始まります。

  1. お申し込み完了のご連絡
    ご入力いただいたメールアドレスに「お申し込み完了の確認メール」を24時間以内にお届けします。
  2. 面談日程調整のご連絡
    キャリアアドバイザーとの面談日時をご相談させていただくため、1週間以内にメールまたはお電話にてご連絡します。
  3. キャリアアドバイザーと面談
    キャリアアドバイザーが、あなたに最適なキャリアプランを一緒に考えます。

リクルートエージェントへのユーザー登録は以下の登録ページから無料で行えます。

「リクルートエージェント」登録ページ

リクルートエージェントを利用する上での留意点

リクルートエージェントの転職支援サービスを利用しても、転職するかしないかは完全に自由なので、自分の判断で実際に転職するかどうかを決定することが出来ます。

面談の末、キャリアアドバイザーから「現時点では無理に転職を勧めません」とアドバイスされる場合もあるので、じっくり検討した後、しばらく経ってから再度転職支援サービスを利用することも可能です。

以上、「職場でウンコを漏らしたのがバレた!気まずくて同僚と目も合わせられない!という時は転職しか解決法はない」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする