社会人の若者が感じる日本の閉塞感の理由はネットによって会社が人生の全てではなくなったこと

多くの社会人の若者が感じる日本の閉塞感の理由は、インターネットによって会社が人生の全てではなくなったこと、もしくは会社が人生の全てではないと可視化されたことにあります。

遊びながら大金を稼ぐYouTuberを見て働くことが馬鹿馬鹿しくなった若者達

多くの社会人の若者が感じる日本の閉塞感の理由は、インターネットによって会社が人生の全てではなくなったこと、もしくは会社が人生の全てではないと可視化された。

この現象を簡単に説明してしまえば、遊びながら年収1億円以上の大金を稼ぐYouTuber(ユーチューバー)を見て、若者達は毎日会社に出勤して働く生活自体が馬鹿馬鹿しくなってしまったということです。

YouTuberとはインターネットに動画を配信してスポンサー企業からの広告収入などを得てお金を稼ぐ職業です。

もちろんYouTuberも本当に誰でも簡単に楽して大金を稼げる訳では決してありません。

専業ユーチューバーとして人並以上に稼いで生活して行くことは、はっきり言って東大合格よりも難易度が高いです。

YouTuberとして動画再生数を伸ばす為には、人を楽しませるエンターテイナーとしての特別な才能が必要とされますし、動画を撮影してアップし続ける継続力も必要です。

とは言っても表面的にはどう見てもただ遊んでいるようにしか見えないユーチューバー達が、毎日満員電車に乗って通勤し朝から晩まで会社で上司に叱責され怒鳴られながら身を削って働く自分よりも遥かにお金を稼いでいる。

特に20代の若者などは年功序列制度のために手取り20万円以下と賃金も低く、会社での立場も下っ端であり、また仕事にも慣れず失敗しては怒られてばかりの毎日です。

さらに日本の労働環境は海外の先進国と比較して劣悪を極めており、2016年の調査によると「働く国としての魅力」は61カ国中52位という低水準となっています。

遊んでいるユーチューバー達が大金を稼ぐ現実を目の当たりにして、必死に働く気力が萎えて閉塞感を感じてしまう社会に出た若者たちの気持ちも分かります。

以前の日本人にとって会社の仕事が唯一の収入源であり自己実現の手段だった

「会社至上主義」が当たり前であった以前の日本人にとっては、会社の仕事こそが唯一の収入源であり自己実現の手段でした。

汗水流して働いて給料を貰ってお金を稼ぐことの出来る場所が会社。

自分が社会に対して接点を持つことが出来る場所も会社。

自分自身の精神的な拠り所やアイデンティティも会社。

この様な社会通念が当たり前であり、そのことで会社から爪弾きにされる様な人間は完全に社会から抹殺されて居場所を失ってしまうという厳しさはありましたが、見方を変えれば、職場での評価や会社での仕事こそが自分にとっての全てであり、脇目を振らずに必死に目の前の仕事に全力を注げばいい幸せな時代とも言えました。

しかし現在の日本で社会人として働く若者達はどうでしょうか。

会社では一番下っ端の立場として上司や先輩に怒られこき使われ、そうやって必死に働き続けたとしても、一部の勝ち組優良企業に勤める正規社員以外は昇給率も低く報われない。

その一方で今の日本の若者達は皆スマートフォンを所持し誰でもインターネットに接続できますから、遊びながら大金を稼ぐYouTuberの存在もどうしても目に入ってしまう訳です。

YouTuberと比べて自分の将来に閉塞感しか感じられない若者達

社会に出たばかりの若者達の手取りはどれだけ必死に働いても月収20万円以下。

しかも現在の日本はかつてと比較して昇給率が極めて低くなっているため、我慢して耐えて長く会社に勤め続けたとしても、一部の一流企業に勤めるサラリーマン以外は、年収600万円に達することも決して容易ではない。

アニメ「クレヨンしんちゃん」に登場する父親の野原ひろしは作品の中では完全に駄目男というイメージでしたが、35歳で年収650万円。

しかし、現在の日本では35歳で年収650万円を稼げるのは一部のエリート会社員だけです。

主人公の母親である野原みさえの様な専業主婦も、現在の日本では一部のセレブにだけ許された特権的な身分と化しています。

サラリーマンとして必死に会社で働いても将来は野原ひろし以下。

若い女性も専業主婦生活なんて夢のまた夢であり、結婚というゴールもなくずっと働き続けなければならない。

これで社会に出て会社員として働く若者達が自分の将来に閉塞感を感じない訳がありません。

そして鼻糞ほじくりながら簡単に大金を稼いでいる(様に見える)ユーチューバー達を見て、「自分は一体何のためにこんなに必死に働いているのだろう」と思い悩んでしまう。

もちろんサイトやブログなどを運営して莫大な広告収益をあげるアフィリエイターなどは10年以上昔から存在していました。

しかし、顔出しして言動の目立つユーチューバーと違って匿名でシコシコとサイトを運営するだけの彼らの存在は表立っては可視化されないため、ユーチューバー達ほど多くの若者達に精神的ダメージを与える存在ではなかった訳です。

現在の若者達の人生は決して一本道ではない

この様に閉塞感を感じる状況にある若者達ですが、救いとなるのは現在の若者達の人生は決して一本道ではないということです。

終身雇用が当たり前であった昭和の日本では、一度会社に入ってしまえば無能でも定年まで雇って貰える代わりに、人生は完全な一本道であり、キャリアの逆転は不可能でした。

しかし現在の日本では「転職によってキャリアをステップアップしていく」という考え方も当たり前のものとなってきています。

「仕事が辛くて耐えらない」「上司が理不尽で納得がいかない」「給与が労力に見合わない」と思っているのであれば、無理に我慢せずに現在の会社を辞めて、他のより待遇の良い会社に就職してしまうという選択も可能なのです。

もちろん現実的には、次の勤め先や収入の当てが見つけられないままに会社を辞めてしまうことは、やはりリスクがあります。

そこでキャリアチェンジやキャリアアップの方法としてオススメなのが、会社に勤めながら転職サイトを利用して転職活動を行い、良い就職先がないか探す方法です。

業界最大手であるリクルートが提供する転職サイトの定番「リクナビNEXT」

求人業界の最大手であるリクルートが運営する転職サイト「リクナビNEXT」には、9,000件前後もの豊富な求人が掲載されています。多様な業界や勤務地から条件に合う会社や職場を見つけることが可能です。

インターネットから会員登録をすれば利用は完全に無料ですので、転職をご検討の方はこちらからご登録下さい。

リクナビNEXT【公式サイト】



ただし、転職サイトに掲載された求人情報だけではその企業の実態を知ることは出来ません。ブラックな仕事の求人に引っかかってしまわないように、口コミの投稿から会社の内部事情や社員の満足度といった実態を知ることの出来る転職情報サイト「キャリコネ」もリクナビNEXTと併せて利用することをお勧めします。

登録企業数43万社の転職情報サイト「キャリコネ」

企業が一般の求人サイトや転職サイトで外部に向けて公開している求人情報だけを見て、安易に就職先を絞ったり転職活動をしてしまうことは非常に危険です。

なぜなら、企業発信の求人情報には当然ですが「都合の良い事」しか掲載されないからです。

そこで「転職に失敗して後悔したくない」「もう二度とブラック企業には就職したくない」という方には、転職情報サイト「キャリコネ」への登録をおすすめします。

「キャリコネ」は企業の口コミ情報サイトとして登録企業数43万社以上を網羅し、多くのビジネスパーソンや転職志望者から支持を得ている転職情報サイトです。

サイトに会員登録することで、口コミなどの内部情報も含めて、多角的な視点で多くの企業の待遇・年収・企業風土・社員の満足度といった実態を比較することが可能です。

「今すぐ転職する」という方だけでなく、現職に不満や不安をお持ちの方も、同業他社の口コミや年収を確認し「転職すべきかどうか」を判断するためにもサイトを活用できます。

転職を検討されている方は、まずは「キャリコネ」に登録して求人情報や企業情報を確認して下さい。以下の公式サイトから無料で会員登録可能です。

登録企業数43万社の転職情報サイト「キャリコネ」【公式サイト】



以上、「社会人の若者が感じる日本の閉塞感の理由はネットによって会社が人生の全てではなくなったこと」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする