既卒やフリーターから優良企業に正社員就職が可能なジェイック。注意点は営業職の求人が多いこと

JAIC(ジェイック)は「社会人経験なしでもOK」で既卒やフリーターから、人並み以上の給与や待遇を得られる優良企業に正社員就職が可能な無料の就職支援サービスです。



以下の様な就職希望者への手厚いサポートがあり、2017年時点で就職成功率は80%・正社員就職支援実績は約1万5,000人を達成しています。

  • 未経験OKの優良企業の正社員求人だけを紹介
  • 無料就職講座で就活をフルサポート
  • 専任の就職アドバイザーが個別にサポート
  • 外食業界・先物取引・投資用不動産・アミューズメント業界の求人は一切紹介しない

しかし社会人経験なしの既卒者が優良企業に正社員就職出来るJAIC(ジェイック)にも注意点とデメリットがあり、それは営業職の求人が多いということです。

営業職は成果さえ出せば人並み以上の年収も可能な仕事

営業職という職種事態の一般的な傾向で言えば、営業職は比較的給与の水準が高く成果さえ出すことが出来れば人並み以上の年収も可能な仕事です。

「平均年収.jp」の調査によると営業職の平均年収は520万円。

営業職【高卒・大卒】の年収給料や平均年収1000万円目指す方法・口コミ年収の本音 – 平均年収.jp
http://heikinnenshu.jp/general/eigyo.html

営業職の年収の平均は、520万円でした。(転職サイトと求人情報調べ)
平均年収推移は480万円~560万円となっています。

お給料(月収):約32万円
最大年収:1000万円以上

転職サイトや求人情報を見ると営業職のなかでも海外営業の平均年収が600万円以上と最も高く、次に平均年収が高いのがMRやMSと呼ばれる医療系の営業職で600万円前後でした。

金融系の営業職の平均年収も約500万円から600万円と高く、同じ営業職でも高額なインセンティブがある営業職の年収は高いのが特徴です。

国税庁が公表した「平成28年民間給与実態統計調査結果」によると2016年度の給与所得者の平均年収が422万円。正規労働者の平均年収は487万円。

平成28年分 民間給与実態統計調査|統計情報|国税庁
https://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/minkan/gaiyou/2016.htm

給与所得者数は、4,869万人(対前年比1.6%増、75万人の増加)で、その平均給与は422万円(同0.3%増、12千円の増加)となっている。

正規、非正規の平均給与についてみると、正規487万円(同0.4%増、20千円の増加)、非正規172万円(同0.9%増、16千円の増加)となっている。

平均年収520万円の営業職は平均値で見れば人並み以上の給与や収入を得ることが出来る職種と言えます。

営業職の給与はインセンティブによって跳ね上がる

この様に営業職の年収が平均を超える水準である理由は、営業職の給与は高額のインセンティブや歩合によって跳ね上がるからです。

インセンティブとは会社から社員に支払われる報奨金のことで、個人の成績や部署の業績や成果が一定の基準を満たした場合に得ることが出来る給与です。

営業職のサラリーマンの場合は、月や四半期などの売上目標や成約件数のノルマを達成した場合に基本給とは別に支給されます。

この様な給与形態はインセンティブ制度や歩合制度と呼ばれ、不動産業界や保険業界などの営業マンの場合、優れた成果を出した社員は月収100万円以上や年収1,000万円以上など、インセンティブと歩合によって平均を遥かに超える給与を得ることも可能です。

歩合制の営業職には精神的なタフさが求められる

この様に基準以上の成果やノルマを達成することが出来れば人並み以上の給与を得られるインセンティブ制度や歩合制度の営業職ですが、しかしその反面、成果を出すことが出来なければ最低限度の基本給しか支払われないというデメリットがあります。

インセンティブ制度や歩合制度の営業マンが人並み以上の給与を得る為には結果を出し続ける必要があり、ゲームに挑戦する様にプレッシャーを楽しむことが出来る精神的なタフさとバイタリティが求められます。

特に新規開拓のために1日で何十軒もの会社や家庭に訪問して営業をかける「飛び込み営業」を行う営業マンは精神的に過酷を極め、誰でも1週間で必ず心が折れる様な仕事です。

1週間で心が折れる・・・「飛び込み営業」の厳しい現実 – 幻冬舎ゴールドオンライン
http://gentosha-go.com/articles/-/8425

仕事は一般のご家庭への飛び込み営業でした。決められた地域の住まいを一軒一軒お伺いしてインターフォンを押し、出てもらえたらインターフォン越しに声をかけ、さらにリフォームに興味を持ってもらえたら玄関先まで入らせてもらい話をします。たいていは無視されるか居留守を使われるか、「今忙しいから」と一方的にインターフォンを切られておしまいです。邪険にされたり、いきなり怒られたりしたことも何度もあります。

実際に営業をやってみて、「これはしんどい仕事だ」と初日に思いました。自分の存在を全否定されているようで自尊心がズタズタになりましたが、たった一日で辞めるのではあまりにも情けないので、1カ月間ぐらいのうちに言い訳を考えて辞めようと思っていました。

この様な営業職は私と同じ様に「会社での仕事はのんびりと働ける楽な仕事がいい」というタイプの意識の低い方にはおすすめ出来ない仕事であり、就職しても「仕事でのし上がってやる」という様な不屈の野心と覚悟を持ち続けなければ会社に勤め続けることが出来ません。

営業職でもルート営業であれば比較的プレッシャーは軽い

しかし、営業職の全てがインセンティブ制度や歩合制度で働きキツいノルマや精神的なプレッシャーを掛けられる新規開拓の営業マンであるという訳ではありません。

一部にはお得意先を回って商品やサービスの提案などを行うルート営業しか行わない会社も存在します。

例えば大手の自動車メーカーと取引している部品会社などに勤める営業マンの仕事は常にルート営業となります。

国内で自動車を販売している企業はそれほど多く存在しないため、必然的に営業の相手はお得意先の企業や顔馴染みの担当者となります。

その様な会社の営業職はインセンティブや歩合によって給与が跳ね上がることは期待できませんが、新規開拓や飛び込み営業などに比べると心理的なプレッシャーやストレスは比較的軽くなります。

私と同様に「あまり大変な仕事はしたくない」「出来れば楽な仕事がいい」「体育会系のノリは苦手」という意識低い系の方は、営業職を選ぶとしても出来るだけこの様なルート営業業務が中心の会社を選んだ方がいいでしょう。

ルート営業も顧客と信頼関係を築ける人柄と雑談力が必要

この様に新規開拓えや飛込営業と比べると比較的プレッシャーが軽いルート営業ですが、しかしこの様な顔馴染み相手の営業職にも注意点は存在します。

それは長期的な信頼関係を築くことの出来る人柄と雑談力が求められるということです。

ルート営業では、新規開拓で必要とされる契約を勝ち取るための巧みなセールストークスキルや、飛び込み営業を成功させる度胸や諦めないしつこさなどはそれほど必要とされません。

しかしその一方で、ルート営業の営業マンには、何度も顔を合わせる顔馴染みの顧客相手の気分を害したり信頼を失わず、長期的な信頼関係を築くことの出来る誠実さを感じさせる人柄が求められます。

取引先の担当者から「いい加減な人間」「信頼の出来ない営業担当者」と思われてしまうと、継続していた取引や契約の解除など会社にとって致命的な結果を招く場合もあり得ます。

また、顔馴染み相手の営業では雑談などをする場面も増えてきますので、相手の気分を害さない様に話をうまく合わせてソツなく雑談をする対応能力なども求められ、ある程度のコミュケーション能力は求められます。

ADHDやアスペルガー症候群などの発達障害傾向があるなど余りにも口下手で人と話すことが苦手だという方は、ルート営業であっても長く続けることは厳しいでしょう。

その様な方には営業職ではなく、ほとんどの時間をパソコンに向かって1人黙々と作業して給与を得ることが出来るIT技術者などの職種をお勧めします。

以下の記事ではニートやフリーターなど未経験者の方に向けて、コミュ障タイプの方がプログラマーなどのIT技術者の仕事に就く利点を説明しています。

「口下手で人と関わることが苦手」「人付き合いがあまり好きではない」という自覚のある方は是非上で紹介した記事をお読み下さい。

ジェイックの集団面接で就職した場合の就職先企業

ジェイックで就職活動を行った場合の就職先企業は以下です。ジェイックが開催する集団面接の参加企業の業種などの一覧になります。

  • 不動産仲介
  • ITシステム開発
  • ウォーターサーバー
  • 車の部品を扱う商社
  • 半導体商社
  • 古紙回収業者
  • 太陽光発電のセールス
  • 携帯電話ショップの店員
  • 注文住宅の営業
  • ベンチャー企業に特化したオフィス仲介
  • サービスエリア経営
  • 塗装業者
  • 機械設計
  • 製品ラベルの作成
  • 電子部品の専門商社
  • 不動産賃料引き下げのコンサルティング会社
  • 車のホイールのメーカー
  • 船の操舵システムのメーカー
  • スマートフォンメーカー
  • 化学メーカー
  • 大手企業の倉庫を扱う商社
  • 会計事務所に特化したコンサルティング会社
  • 家庭用医療機器のメーカー
  • 法人向けのメールシステムの営業
  • 情報セキュリティコンサルティング

職歴のないフリーターの方や社会人経験のないニートの方でも可能な求人ということで大企業の正社員求人はありませんが、20年以上の歴史があり大手企業を取引先などに持つ中小企業の求人が中心となっています。

営業職として就職した場合は新規開拓営業の業務もありそうな就職先が多いですが、就職先企業の中でも

  • 化学メーカー
  • 製品ラベルの作成
  • 車の部品を扱う商社
  • 電子部品の専門商社
  • 車のホイールのメーカー
  • 船の操舵システムのメーカー

などは業態を考えると、企業が企業相手に取引を行うBtoBの業界であり、得意先の企業が相手のルート営業が中心の営業職となります。

  • ITシステム開発

などの会社の営業もルート営業が中心となるかもしれません。

この様にルート営業が中心の企業も多くあるため「プレッシャーの掛かる大変な仕事は嫌」「体育会系が苦手」という方も、重度のコミュ障タイプでなければ問題なく働くことが出来るはずです。

JAIC営業カレッジの研修では体育会系の厳しい特訓がある

この様にジェイックを利用した場合の就職先には、比較的精神的プレッシャーの少ないルート営業が中心の企業からの求人も多く存在していますが、ジェイックが求職者を選別するために行うJAIC営業カレッジの研修には、体育会系の厳しい特訓があります。

ジェイックの集団面接会には「10日間の営業カレッジを乗り越えた意欲的な人材を採用したい」という企業が集まっており、そのため、営業カレッジ受講者への評価の高さがそのまま就職率の高さにつながっています。

すぐに「こんな仕事は嫌だ!」と言って辞めるような根性無しの人間や、社会人として時間を守るなどの基本的なマナーが出来ない人間は、厳しい研修の時点で脱落する様な仕組みになっていて、その信頼感があるために就職の成功率を高められるということです。

ジェイック営業カレッジの拠点は、神保町本社、新宿、横浜、大阪、名古屋、福岡の6ヶ所で、これらの営業拠点で10日間の研修を受けます。

また、期間限定で町田、仙台、京都でも研修を受講可能です。

JAIC営業カレッジの研修には飛び込み営業の特訓がある

そしてこのJAIC営業カレッジの研修には飛び込み営業を体験する厳しい特訓があります。

  • 飛び込み営業のノルマ
    企業訪問50件以上、名刺交換5枚以上、販売一冊以上
  • 飛び込み営業で売る商品
    ・社長、上司をイライラさせない報連相の鍛え方
    ・ビジネスマナーのワンランクアップ仕事術(各500円)
  • 飛び込み営業特訓の目標と条件
    ・個人宅、大型ショッピングセンター、学校などへの訪問はNG
    ・初日はペアで訪問、2日目は一人で訪問
    ・制限時間は3時間

この目標をクリア出来なければ罰則を受けたり退場させられるということはありませんが、体育会系の怖い講師に厳しい激を飛ばされます。

私自身ヘタレなので内容を書いているだけでオシッコをちびりそうになってしまいました。

しかし、研修を乗り越えて就職した方の体験談でもこの様な厳しい研修を乗り越えることで「自分が社会でやっていける自信が持てた」「社会復帰の為に自分の殻を破る良いきっかけになった」という感想が多いです。

実際の就職先では必ずしも飛び込み営業がある訳ではない

この様にジェイックでは、ある程度仕事の厳しさや社会の厳しさに耐えることの出来る人材を選別するために、かなり厳しい研修が行われます。

しかし、上の就職先企業の項目でも書きました様に、得意先の企業相手のルート営業のみの企業も多くあり、ジェイックを利用した場合の実際の就職先では、必ずしも飛び込み営業がある訳ではありません。

ルート営業の営業職であれば新規開拓に比べれば比較的プレッシャーや精神的負担は軽いですので、それほど無理なく働き続けることが出来るはずです。

JAIC営業カレッジの研修の研修費用は完全無料

ジェイックは求人企業からの人材募集費用によって運営されているため、他の「就活塾」などとは違い研修費用は完全無料です。

ただし研修費用自体は無料ですが、雑費として

  • 研修期間中強制的に購読させられる日本経済新聞:1,600円
  • 初日の懇親会の費用:2,000円
  • 名刺代:1,000円

などで5,000円ほどの費用が掛かり、その他研修中の昼食代(自分でコンビニ弁当などを買って食べます)や交通費などの必要経費も掛かります。

人と話すことに苦手意識がない場合はJAICがオススメ

JAIC(ジェイック)の求人は優良企業に限定され、外食業界・先物取引・投資用不動産・アミューズメント業界などブラック業界として知られる企業の求人は一切紹介しません。

人と話すことに苦手意識がなく、ニートやフリーターからどうしても正社員になりたいという方には、正社員就職の成功率が高いJAIC(ジェイック)の就職支援はオススメ出来ます。

ニートやフリーターの方であっても年齢は29歳まで利用可能となっています。

全国で無料説明会を開催していますので、地獄の研修を乗り越えて既卒やフリーターから優良企業に正社員として就職したいという方は、以下のリンクからエントリフォームにてご予約ください。

20代の既卒・フリーター・第二新卒を専門にした就職支援「ジェイック」



以上、「既卒やフリーターから優良企業に正社員就職が可能なジェイック。注意点は営業職の求人が多いこと」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする