人月単価40万円のエンジニア案件「1ヶ月でソースコードがぐちゃぐちゃのスパゲッティプロジェクトを治してね」

人月単価40万円のエンジニア案件で「1ヶ月でソースコードがぐちゃぐちゃのスパゲッティプロジェクトを直してね」という割に合わない面倒な仕事を請けてしまって大して稼げないのに残業続きの毎日で死にたくなったエンジニアの方へ。

フリーランスエンジニア専門の仕事仲介エージェントに登録して、もっと待遇の良いまともな案件や仕事を探しましょう。

「PE-BANK」(ピーイー・バンク)は会社からの独立やフリーランス活動を目指す業務系SE(システムエンジニア)やプログラマーなどのITエンジニアのための独立サポート&営業支援サービスです。

「PE-BANK」には人月単価70万円以上の仕事が多くを占め、報酬のエンジニア分配率も9割前後ですので、年収700万円(関東圏であれば平均年収800万円)は得ることが可能です。

プログラマーのための営業支援サービス「Pe-BANK」【公式サイト】



独立時の手助けやサポートまで行っているITエンジニア支援サービスはこの「PE-BANK」が大手で唯一であり、一人ひとりのエンジニアに寄り添った手厚いサービスという面では他社と比較して圧倒的な強みを持っています。

特に会社から独立してフリーランスとして活動することに対して不安を抱いているユーザーにとっては、非常におすすめのサービスです。

以下の記事には「PE-BANK」の注意点やデメリットなども書いていますので、利用をご検討の方はまずはこちらをお読み下さい。

面倒で割に合わないスパゲッティプロジェクトは地獄

平均的な一般のサラリーマンに比べると時間あたりの賃金が高く、実務経験を積めば人並み以上の高給を得られるエンジニア業界。

しかし、エンジニア業界でもソースコードがぐっちゃぐちゃで作業が面倒で割に合わないスパゲッティプロジェクトの案件は多く存在しています。

そんなスパゲッティプロジェクトの案件を間違って引き受けてしまうと待っているのは地獄の日々です。

人月単価40万円。エンジニアの手取りは30万円程度。

しかしスパゲッティプロジェクトのぐっちゃぐちゃのソースコードとの格闘で、納期に間に合わせるために連日の様に終電近くまで長時間労働を強いられる。

本来であれば人並み以上の賃金を得られる専門技術職のITエンジニアでありながら、時給換算で計算してみるとアルバイトの賃金とさほど変らない。

そんな仕事をしていると「何で自分はエンジニアなんてやっているのだろう」「一体何の為にスキルを磨いてきたのだろう」と死にたいほどやるせない気持ちになってしまいます。

古いシステムを扱う案件はスパゲッティコードだらけ

面倒なスパゲッティプロジェクトとなりがちなのは、古いシステムを回収しながらソースコードを新しい形式に書き直す様な案件です。

まるでスパゲッティの様にソースコードや処理がごっちゃごちゃに絡みあっている様なスパゲッティコード。

  • 論理的整合性が取れていなくて見辛い
  • 何を書いてるのかわからない
  • 何をしたいのかわからない
  • 変数が多すぎる巨大なクラス指定
  • 書き換えの面倒な重複したコード
  • 長すぎるパラメータリスト
  • 理解が困難な長すぎるメソッド
  • 複雑な条件分岐
  • 無駄に多い反復とループの処理

特に古臭いシステムで現在では非推奨となったgoto文が濫用されている様なスパゲッティコードの書き換えは最悪です。

また、金融系など多くの大手企業のシステム構築などの下請け案件でエンジニアを苦しめるのが、「オープンソースを使用していけない」という理不尽な縛りです。

オープンソースを使用すればスッキリ誰にでも分かりやすくソースコードをまとめられるのに、「セキュリティ面などの理由」で中途半端な古い独自フレームワークを使用している。

不具合の恐怖に怯えながら、そんなメンテナンス性などはなから度外視した化石の様な古臭いソースコードを弄繰り回してシステム改修や機能追加などを行わなければならない。

こんな案件の仕事は、作業自体が非常に面倒でストレスを感じ嫌になる仕事ですし、さらに三次請けや四次請けの案件で中抜きも多くなれば、末端のエンジニアが得られる報酬も安い。

しかも金融系などの社会インフラのシステムは、不具合などが生じれば世間に大騒動を起こしてしまいますので、成果物も非常に高い品質が求められ小さな不具合やミスなども絶対に許されない。

非常に神経をすり減らし気を遣う作業です。

神経を擦り減らす様なストレスだらけで嫌になる仕事を長時間させられて、しかも中抜きをされるせいで手取りは月30万円程度しか貰えない。

こんな案件を担当させられるとエンジニアを続けること自体が嫌になってしまいます。

面倒な案件なら高い報酬を得られる高単価の仕事がいい

化石の様な古臭いスパゲッティコードを書き換える面倒な案件を受けるなら、高い報酬を得られる高単価の仕事に限ってしまった方がいいです。

人月単価40万円のエンジニア案件で「1ヶ月でソースコードがぐちゃぐちゃのスパゲッティプロジェクトを直してね」とか、そんな割に合わない大変な仕事を請けているといつか精神を病んで鬱になってしまいます。

作業の面倒さに見合うそれなりの報酬という見返りが得られる案件であれば、得られるお金によってやるせなさや徒労感も少しは和らぐはずです。

大した報酬も得られないのに大変な案件ばかりでエンジニアを続けるのが辛いという方は、フリーランスエンジニア専門の仕事仲介エージェントに登録して、もっと待遇の良いまともな案件や仕事を探しましょう。

現在の待遇に不満があるのであれば、ずっと我慢している必要はありません。

人月単価70万円以上・年収700万円を得られる「PE-BANK」

「PE-BANK」(ピーイー・バンク)は会社からの独立やフリーランス活動を目指す業務系SE(システムエンジニア)やプログラマーなどのITエンジニアのための独立サポート&営業支援サービスです。

「PE-BANK」には人月単価70万円以上の仕事が多くを占め、報酬のエンジニア分配率も9割前後ですので、年収700万円(関東圏であれば平均年収800万円)は得ることが可能です。

プログラマーのための営業支援サービス「Pe-BANK」【公式サイト】



独立時の手助けやサポートまで行っているITエンジニア支援サービスはこの「PE-BANK」が大手で唯一であり、一人ひとりのエンジニアに寄り添った手厚いサービスという面では他社と比較して圧倒的な強みを持っています。

特に会社から独立してフリーランスとして活動することに対して不安を抱いているユーザーにとっては、非常におすすめのサービスです。

以下の記事には「PE-BANK」の注意点やデメリットなども書いていますので、利用をご検討の方はまずはこちらをお読み下さい。

以上、「人月単価40万円のエンジニア案件「1ヶ月でソースコードがぐちゃぐちゃのスパゲッティプロジェクトを直してね」」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする