派遣社員はいくら仕事を頑張っても評価されない!同じ仕事をしている正社員よりもちゃんと働いているのに!

派遣社員はいくら仕事を頑張っても評価されない!自分は同じ職場で同じ仕事をしている正社員よりもちゃんと働いているのに!

と不満を持っている派遣社員の方は非常に多いです。

2017年の末頃にニュース等で取り上げられた17年間勤め続けた職場から派遣切りをされて憤慨する渡辺照子さんについて、私は以下の様に批判的な立場でコラム記事を書きました。

情報発信者のプロフィール」にある通り、私自身は大学新卒で300時間労働で月給20万円(手取りの月給は10万円台)程度の薄級激務ブラック企業の正社員になり、3年で体を壊して離職することになった経験があります。

この様な私自身の経験から、手取り月給22万円が貰え20年間近くも勤め続けることが出来た渡辺照子さんの派遣会社や職場が、労働者を搾取する様な悪徳ブラック企業とは到底考えられないのです。

むしろ渡辺照子さんの登録していた派遣会社は良心的でマトモな派遣会社なのではないかと思います。

派遣社員が社会や派遣会社に対して不満を抱く理由

しかし、現実として上の記事で取り上げた渡辺照子さんと同様に、社会や派遣会社に対して不満を抱く派遣社員の方は非常に多いです。

この記事を読んでいるあなたも、おそらく社会や派遣会社に対して不満を持ってこの記事にたどり着いたはずです。

なぜ派遣社員は社会や派遣会社に対して強い不満を抱くのか?

その理由は同じ職場で働く正規社員との待遇格差にあります。

同じ仕事をしているのに「正社員だから」という理由で派遣社員より多くの給与を得ている

同じ職場で全く同じ仕事をしているのに「正社員だから」という理由で派遣社員より多くの給与を得ている。

この様な待遇格差を目の前で見せ付けられることが、派遣社員の怒りや不満を増幅させているのです。

しかし、全く同じ仕事をしているならまだマシかもしれません。

職場によっては派遣社員の方よりも「きちんと仕事の出来ない」「ちゃんと仕事をしない」正規社員も非常に多いはずです。

いつも適当でいい加減な仕事をしていて派遣社員の方に尻拭いされている様な人間が、正規社員だからという理由でしっかりと働く派遣社員の方より多くの給与を得ている。

この理不尽な現実を目の当たりにすることが、派遣社員の方の社会や会社に対する怒りと不満を増幅させているのです。

派遣社員の方が正社員よりも仕事が出来るケースも多いのに給与や待遇は完全に下

派遣社員の方が正社員よりも仕事が出来るケースも多いのに、非正規社員の給与や待遇は完全に正社員よりも下。

この様な理不尽なケースは現在の日本ではまだ当たり前に存在しています。

この記事で取り上げた渡辺照子さんも勤続17年以上ですので、おそらく同じ職場で働く多くの正社員の方よりも実務経験や仕事のスキルなども豊富で、能力的には完全に逆転していたのではないかと思います。

それにも関わらず派遣社員だからという理由で低く見られ、正社員に比べて給与は低く、交通費なども支払われず、様々な手当や福利厚生などの面でも格差を付けられていた。

その挙句に突然の派遣切り。

20年近くも同じ職場で働き続けて経験も十分に積み、自分の仕事や能力に対してプライドを持っていた渡辺照子さんにはその現実が許せなかった。

その怒りと不満が以下の様な暴力的で攻撃的な言動に渡辺照子さんを向かわせたのです。

午前8時半、会社のあるビルの入口で、渡辺さんはいきなり会社名が刻んであるプレート板を、こぶしで何度も叩いた。「この会社が私の人生を搾取したんです!」。そして首にぶら下げている「入館カード(security card)」(写真)を取りだしてこう言った。「私を雇い止めにした総務部の最後の言葉は『最後の日にこのカードを返してください』のたった一言でした。このカードぼろぼろでしょう。私みたい…」と絶句した。

私が第三者の視点から客観的に見て、渡辺照子さんの勤めていた派遣会社はマトモで良心的な派遣会社ですが、この渡辺照子さんの心情自体は非常に共感出来るものです。

能力に見合った待遇を得られる派遣会社に変えるべき

派遣社員はいくら仕事を頑張っても評価されない!自分は同じ職場で同じ仕事をしている正社員よりもちゃんと働いているのに!

と不満を持っている派遣社員の方は実際にどうすればいいのか。

政治家に文句を言っていても国や政府はすぐには動いてくれません。

現状に不満があるのであれば、人任せではなく自分自身が動くしかないのです。

理不尽な現状の解決法としては「非正規社員から正社員に転職する」という手もあります。

非正規社員から正社員への転職を成功させる方法

非正規社員から正社員への転職を成功させる最も確実な方法は、派遣社員やフリーターなどの非正規社員から正社員への就職を支援する無料の就職支援サービスを活用することです。

「ジェイック」は20代であれば非正規社員から優良企業に正社員就職が可能な無料の就職支援サービスです。求人は営業職が中心で飛び込み営業等の厳しい特訓がありますが、80%以上の就職成功率を誇ります。

また、「ハタラクティブ」も関東圏で正社員就職を目指す20代の非正規社員の方の為の無料の就職支援サービスです。就職先は中小企業が中心ですが内定率は80%以上を誇り、経歴や学歴を問わずに正社員就職が可能です。

「どうしても正社員になりたい!」という20代の派遣社員の方は、上の様なサービスを利用することでほぼ確実に正社員になることが出来ます。

盲目的に正社員を目指す考え方はオススメ出来ない

しかし、私自身がブラック企業の正社員としてアルバイト以下の時給で働かされた経験があるため、盲目的に正社員を目指す考え方は正直言ってオススメ出来ません。

特に私が就職した宿泊業界やホテル業界などは薄給激務の壮絶なブラック業界ですので、この様な業界で正社員として働くくらいなら派遣社員のままでいた方が絶対にマシです。

30歳未満の年齢であれば、上で紹介した「ジェイック」「ハタラクティブ」を利用することで学歴や職歴などがなくとも、誰でもほぼ確実に正社員になることが出来ます。

しかし、ブラック企業の正社員の現実ははっきり言ってフリーター以下ですので、よく考えずに安易な憧れから正社員になってしまうと後悔する結果になります。

また、「ハタラクティブ」と比較すると「ジェイック」は比較的給与や待遇の良い優良企業が多いですが、求人の大半が営業職である点が注意点です。

営業職には向き不向きがあり、特にコミュ障タイプの方が営業職になると鬱になり自殺したくなります。

その様なコミュ障タイプという自覚のある方には、「ジェイック」の利用も決してオススメ出来ません。

自分のスキルと能力に応じて報酬を得られるIT派遣エンジニアという働き方

派遣社員は能力が正当に評価されない!自分の能力に見合った賃金が得られない!

という様な不満を持っている派遣社員の方にオススメするのが「IT派遣エンジニア」という働き方です。

IT派遣エンジニアは社会的な肩書きとしては派遣社員ですが、スキルや能力に応じて通常の正社員よりも遥かに多くの収入を得ることが可能な働き方です。

しっかりとスキルを積み実力を磨けば初心者から4~5年で年収600万円以上

また、実力勝負の派遣エンジニアの世界は、出身大学や学歴などは全く問われません。

大学中退でも高卒でも中卒でも、エンジニアとしてのスキルと能力が高ければ年収1,000万円以上も可能です。

自分の能力が正当に評価されない!

という不満を持っている派遣社員の方は、IT派遣エンジニアとなって実力勝負を挑んでみてはいかがでしょうか。

本気で知識やスキル学ぶ意欲があれば、学歴や職歴が全くない未経験者であっても、4~5年で人並以上の収入や待遇が得られます。

能力が正当に評価されない現状に不満を持っている方は、IT派遣エンジニアに挑戦する価値は十分にあると思います。

未経験者歓迎のIT派遣「テクノウェイブ」がオススメ

では実際に最初はどのIT派遣会社を選べばいいのかということですが、未経験者の方が派遣エンジニアを目指す場合は、未経験者歓迎のIT派遣「テクノウェイブ」がオススメです、

未経験者歓迎のIT技術者・エンジニア派遣「テクノウェイブ」



テクノウェイブは特定労働者派遣事業として国から認可されている技術者派遣・ITエンジニア派遣ですが、エンジニア未経験者も歓迎というITエンジニア業界では珍しい派遣会社です。

オンラインによる無料学習などがありスキルアップについてもサポートしてくれますので、エンジニアとしてのステップアップの第一歩としては好適です。

テクノウェイブの賃金水準はエンジニア実務経験者で平均時給2,000円以上、エンジニア未経験者の方でも平均時給1,500円以上です。

派遣会社は交通費などを支給してくれないというのが正社員と比較してのデメリットです。

しかし、テクノウェイブの場合は、派遣会社でありながら派遣社員に交通費を非課税として全額支給してくれます。

月額で1万円~2万円ほどの交通費分が通常の給与とは別に支払われる点は、テクノウェイブの非常に大きなメリットと言えます。

また、この様な交通費支給などのメリットに加え「残業がほとんどない」というのがテクノウェイブの最大の魅力です。

「IT業界はブラック」というイメージがありますが、それは確かに一部では事実です。

最初から正社員としてIT企業に勤めてしまうと、「みなし残業」などでとんでもないブラック労働や長時間労働を課せられてしまう危険性があります。

その点、派遣社員は完全な時給制であり「みなし残業」を課せられる危険性がありません。

特にエンジニア未経験者の方は最初は無理を避けて、まずはテクノウェイブの様な残業の無いIT派遣会社からエンジニアのキャリアを始めることを強くお勧めします。

以下のページでテクノウェイブのメリットとデメリット、評判や口コミでの評価などを詳しく書いていますので、テクノウェイブに登録を検討される方は是非しっかりとお読みください。

以上、「派遣社員はいくら仕事を頑張っても評価されない!同じ仕事をしている正社員よりもちゃんと働いているのに!」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする