「無職で人生に疲れた」という方には新聞配達のバイトの仕事がおすすめです。

「無職で疲れた」その気持ち本当に良く分かります。

もしも周囲の方や家族の方が心無い方の場合、「何言ってるんだ!働いてないのに何が疲れただ!収入もないお前の為に働いてる自分の方が100倍疲れるわ!」と100メートルくらいぶっ飛ばされそうですが、無職は疲れますよね。特に精神的な面で。

あの無職で過ごして疲れてしまう感覚を言葉で言い表すと「人生に疲れた」という表現が一番適切でしょうか。

私も体調を崩して3年間勤めたブラック企業を辞めたあと、実質無職で過ごした療養期間があったので「無職で疲れる」という気持ちが本当に良く分かります。

無職だと何かと周りに引け目を感じて気を遣いますし、朝から一日中頭の中でグルグルグルグルと将来のことなどをずっと考え続けて、全く何も働いていないのに頭と心が疲れ果ててしまうのです。

こんな無職で人生に疲れてしまっている方には、新聞配達のバイトの仕事が気分転換として断然おすすめです。

ひたすら歩くことで頭と心がリフレッシュできる

無職で色々と疲れてしまった方に新聞配達のバイトの仕事をお勧めする理由は、新聞配達の仕事でひたすら自転車をこいだり歩くことで頭と心がリフレッシュできるということです。

無職で疲れてしまうのは、仕事もせず出勤もせず働くこともせず、ほとんど身体を動かさずにずっと家にいるために、将来の不安など色々なことをグルグルと頭の中で考えてしまい疲れてしまうのです。

実際は無職でも親に寄生したり生活保護を支給されて暮らせば余裕で生きていけるのですが、無職でいると、まるで自分がこの世界に生きていてはいけない存在の様に感じてしまったり、「将来は路頭に迷って野たれ死ぬしかない」とか考えてしまうのです。

これからの日本は人口が減少し続ける「家余りの時代」で、実際は日本中に腐るほど住む場所も余り、ホームレスとか路頭に迷うとかいう概念自体がなくなるので、「このまま無職だと路頭に迷ってしまう」とかそんな将来の心配のすること自体が杞憂なのですが、余計なことをたっぷり考える暇のある無職だと、そういう先のことまで心配で心配で仕方なくなってしまいがちです。

この様に無職で家に居て悲観的に将来を色々と考えてしまいがちな方には、とにかく外に出て歩くことが一番の解決法です。

何も考えず頭の中をカラッポにしてひたすら外を歩くことで、頭と心をリフレッシュでき、無職の疲れを癒すことが出来るのです。

新聞配達ならいくら外を歩いても全く怪しまれない

しかし、無職の方が平日の昼間などに外を出歩き散歩などすると、「あの人は何なんだろう?」という様な周りの視線が突き刺さり、その気疲れのためにまた鬱々とした思考に陥り、頭と心が疲れ切ってしまいます。

新聞配達の素晴らしい所は、いくら外を歩いても全く怪しまれないということです。人と道で出会っても「新聞配達の仕事を頑張ってるな」と思われるだけです。散歩の様に怪訝な目で見られることなどありません。

そのため、新聞配達では全く気疲れすることなく外を歩き回って、鬱々と将来の不安などを考え続ける無職の生活で疲れた頭と心をリフレッシュすることが出来るのです。

早朝の仕事の新聞配達は抜群に精神衛生に良い

そして、新聞配達のアルバイトの良さとして言えることは、早朝の仕事の新聞配達は抜群に精神衛生に良いということです。

昼間の時間のアルバイトなどの場合、スーツを着た正社員のホワイトカラーらしきサラリーマン(実際は彼らは取るに足らないただの社畜ですが)などを見て「自分は非正規なのに、彼らは正社員として社会で働いている」などと余計なことを考えてしまいがちですが、早朝勤務の新聞配達であれば、仕事中や通勤の途中でスーツを着たサラリーマンに出会って鬱になることはありません。

もし人と会ったとしても、早起きの無職のお爺ちゃんとか、人生に疲れ切った様な仕事帰りの風俗嬢とかですので、コンプレックスを刺激されて余計なことを考えさせられることもないのです。

また、朝日というのは人の心を爽やかに晴れやかにする効果があります(この朝日の効果は馬鹿に出来ません)ので、朝日を浴びながら新聞配達をすることで、普段の無職の生活で疲れた頭と心をリフレッシュすることが出来ます。

また、新聞配達では毎朝早起きするという習慣が強制的に身に付きますので、生活リズムが健康的になり、それによって精神的にも非常に健康的になっていきます。

新聞配達はずっと一人で自分のペースで仕事が出来る

新聞配達の良さとして言えることは、仕事中のほとんどの時間をずっと一人で自分のペースで仕事が出来るということです。

鬱などで会社を辞めて無職になった方は、職場での人間関係などに悩んで鬱になったという方も多いですが、新聞配達は基本的にほとんどの時間をずっとたった一人だけで自分のペースで仕事が出来ますので、その様に人間関係などに苦手意識を持つ方にも最高の職場です。

仕事中の大半の時間、誰にも注意されることも文句を言われることもないので、という自分以外には誰にも人が居ないので、しっかりと時間内に配達さえしていれば、自分の好きなように仕事をすることが出来ます。

新聞配達は壮絶な人手不足で無職の手も借りたい状態

現在は日本中が深刻な人手不足状態となっていますが、特に新聞配達のアルバイトは壮絶な人手不足で無職の手も借りたい状態です。

大半の新聞配達所は、無職で職歴がないからダメ、50代や60代だからダメなどと言えるような余裕はなく、働いてくれるなら本当に誰でもいいから働いて欲しい状態です。

「しっかり真面目に仕事をする」と言えば、面接なども形だけで余裕で通ります。新聞配達のアルバイトで不採用なんて、今ではまずあり得ないです。

この様に本当に誰でも働け、また僅かばかりですが労賃を得ることが出来ますので、無職が社会復帰の一歩のきっかけにするのにも、新聞配達はちょうどいいアルバイトなのです。

新聞配達の辛い所は大雨の日などでも配達すること

敢えて新聞配達の難点を挙げますと、新聞配達の辛い所は大雨の日などでも配達しなければならないことです。ただ、それも多少は根性が付くので、無職から社会復帰するきっかけとするにはいいかもしれません。

まあ、いずれはアルバイトの為に毎朝早起きし続ける毎日と雨の日などの出勤がおっくうで苦痛になり、新聞配達を辞めることになるかと思いますが、数ヶ月程度でも色々と考えて疲れ切ってしまう鬱々とした無職生活からのリフレッシュやリハビリの気持ちで始めるといいでしょう。

何年もずっと続ける様な仕事ではありませんが、まさに、鬱や無職から復帰やリフレッシュの「きっかけ」に新聞配達はぴったりのアルバイトなのです。

アルバイトをするなら集金業務の無い新聞配達を

ただ、この様に無職の方のリフレッシュやリハビリには最適の新聞配達ですが、一部には新聞配達だけでなく昼間の集金や拡張の業務(新規契約の営業)まで任される配達所もあるようですので、その様な場合は絶対におすすめできません。

その様な集金や拡張の営業のある新聞配達は、歩合によって月給20~30万円以上も可など、給与や待遇も配達業務だけの通常の新聞配達よりも遥かに恵まれているのですが、厳しいノルマがあるなどストレスが多く精神的な消耗の大きい仕事ですので、無職の方はまずは通常の配達業務だけのアルバイトを始めた方がいいです。

全国の新聞配達のバイトの求人は、以下のアルバイト情報サイト「バイトル」で豊富に掲載されています。

アルバイトの求人情報が満載のバイトル
https://www.baitoru.com/

以上、「「無職で人生に疲れた」という方には新聞配達のバイトの仕事がおすすめです。」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする