プログラマーとSE(システムエンジニア)の違いが分からないIT業界未経験者の方へ。仕事内容・適性・年収の比較

プログラマーとシステムエンジニアはIT業界で働くITエンジニアの代表的な職種です。

しかし、未経験の初心者からITエンジニアを目指そうと思ったものの「そもそもプログラマーとシステムエンジニアの仕事の何が違うのか分からない…」と疑問に思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

この記事では未経験者からITエンジニアへの転職を目指す方のために、システムエンジニアとプログラマーという2つの職種の違いについて説明しながら、それぞれの仕事内容・適性・年収について比較していきます。

それぞれの職種を目指す上での注意点なども書いていますので、実務未経験の初心者からプログラマーやシステムエンジニアを目指す方は、最後まで内容をお読み下さい。

プログラマーとSEは似た様なイメージで違いが分り難い

プログラマーとシステムエンジニアってどちらも似た様な仕事のイメージで何か違いが分り難いですよね。

実際にIT業界に働いていて仕事でJavaScriptやPHPなどのWEBプログラムを組んだりもする私自身も、プログラマーとシステムエンジニアの違いが今一つ完璧には分かっておらずあやふやでした。

この様に実際にIT業界で働いていて仕事でプログラムを組む私自身ですら分からないのですから、IT業界未経験者の方やプログラム実務未経験者の方はなおさらその違いが分からないはずです。

しかし、イメージ的にはパソコンやプログラムに関わる似た様な仕事であるプログラマーとシステムエンジニアは、実際の業務内容や求められる人材の適性などでは180度真逆になるくらい大きく異なる場合が多いのです。

システムエンジニア(SE)の仕事内容とは

システムエンジニア(SE)とは簡単に説明するとプログラムの設計をする仕事のことです。

システム開発は、要件定義⇒設計⇒製造⇒試験という工程で進みますが、SEが主に担当するのはその中の要件定義~設計の部分です。要件定義ではシステム全体の仕様を定め、その後、基本設計、詳細設計においてシステムの細部を設計していきます。

その他のSEの仕事内容としては、複数のプログラムを連携させる結合試験や、システムが正常に動くか・バグがないかなどの動作確認を行うテスト業務、システム全体の動きをチェックする総合試験も担当します。

結合・総合試験においては、各プログラムがどのように関わっているのか、他のプログラムにどのような影響を与えるのかを把握した上で、試験項目表を作らなければなりません。

このように要件定義や設計、試験などを担当するSEには、基本的なITスキルのほかに設計書や試験項目表などのドキュメント作成能力と、開発システムに関する業務知識が必要です。

またクライアントと接する機会も多く、実際にシステム開発やシステム実装、システム改修を行うプログラマーに分かり易く的確な指示を出さなければならないため、高いコミュニケーション能力も必要になります。

ただ、パソコンが得意というだけではSEの適性を満たさないのです。

プログラマー(PG)の仕事内容とは

「プログラマー(PG)」とは、SEが作成した設計書に沿ってプログラミングを行う仕事のことです。システム開発における製造工程を担当します。

システム設計書には必要最低限の内容しか記載されていないため、求められる動作をどのようなコードで実現するのかは、プログラマーの腕次第となります。

見た目は同じ動きでも、コードによっては動作時間が遅くなってしまったり、バグが発生しやすくなったりしてしまうのです。SEが設計したものを実現するための、高度な技術力が必要になります。

またプログラマーが担当する製造工程は、コーディングだけではなく単体試験までを含んでいます。ここでプログラム単体の動作をチェックしておかないと結合試験がうまく進まなくなってしまいますので、非常に重要な作業です。

プログラミングの技術があることはもちろん、自分が作ったプログラムに責任を持ち、細部までしっかりとチェックできる人がPGに向いているといえるでしょう。

この様に実力勝負であるプログラマーは、江戸時代の寡黙な職人の様に自分の腕と技術を頼りに生きる世界です。

典型的な理系タイプのコミュ障はSEになってしまうと地獄を見る!

一般的にはPGのキャリアプランとして「年齢が上がるとPGからSEを目指す」という流れが多いですが、必ずしも全てのIT技術者の方がSEを目指せばいいとは限りません。

特にIT技術者に多い典型的な理系タイプのコミュ障の方は、安易な気持ちでSEにクラスチェンジしてしまうと地獄を見ることになります!

SEの仕事はクライアントとの打ち合わせを繰り返して要望を聞き、それをシステム設計書に落とし込むことが主要業務です。

いくらプログラムに関する技術や知識があっても、話すことが苦手な根暗なパソコンヲタクでは、クライアントと交渉をしながら要望を的確に汲み取ることが出来ませんし、スムーズにシステム開発を進行させることが出来ません。

「自分はコミュ障だからパソコン画面を見ながらキーボードをカタカタ打つだけのプログラマーになりたい」という方にはSEの仕事は圧倒的に不向きです。

プログラマーであってもスキル次第では年収1000万円以上の収入も可能

またプログラマーはシステムエンジニアよりも給与が低いイメージがあるかもしれませんが、高い技術力やスキルを持っているプログラマーの場合は、システムエンジニアと変わらない、もしくはそれ以上の高収入を得ることもできます。

プログラマーとして十分な技術力とスキルを持つことにより、フリーランスのプログラマーにジョブチェンジし年収1,000万円以上の収入を得ているという例も当たり前の様にあります。

ただしフリーランスのプログラマーは人並み以上の高給を得られる反面、普通の会社員とは違って需要がなければ受注契約を切られてしまう不安定な立場であるため、年収を維持する為には新しい技術を積極的に学んでいく学習能力と自己研鑽が大切です。

IT技術は日々進歩していますので、その流れに乗り遅れてしまうと、まともな報酬の仕事が得られなくなってしまうというリスクがあります。

プログラマーからシステムエンジニアへとキャリアチェンジするのか、プログラマーのエキスパートとしてより技術を磨いてフリーランスにステップアップして行くのか、自分の適性を考えてよく検討してみましょう。

コミュ障ならプログラマ一筋でキャリアアップを目指せ!

未経験からエンジニアを目指す方へのアドバイスとして言えることは「コミュ障ならプログラマ一筋でキャリアアップを目指せ!」ということです。

プログラマーもシステムエンジニアもシステム開発に関わる仕事である点は同じですが、SEは主に設計を、PGは主に製造を担当します。

業務内容も必要な能力や適性もかなり異なるので、実務未経験者からITエンジニアを目指す方は、どちらが自分に向いているのかよく考えてから進路を決めるようにしましょう。

例えばプログラミングよりもシステム全体の設計に興味がある、クライアントなど様々な人と関わりを持ちたい、という方にはSEが向いているでしょう。

一方プログラミング作業が好きな人、またはドキュメント作成や人とのコミュニケーションが苦手だという方には、PGが向いています。

特に理系の技術者に多くいるコミュ障タイプの方や職人タイプの方の場合、プログラマー一筋でステップアップしていくキャリアを目指した方が、余計なストレスを抱え込むことなく人生の幸福度が上がります。

以下の記事では、IT業界専門の転職支援サービスをそれぞれのサービスの特徴やメリット・デメリットを挙げながら分かりやすく比較しています。実務未経験の初心者からプログラマーやシステムエンジニアなどのIT技術者を目指す方は、是非参考にしてください。

以上、「プログラマーとSE(システムエンジニア)の違いが分からないIT業界未経験者の方へ。仕事内容・適性・年収の比較」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする