現在の日本は新入社員が会社で出世することが難しい社会。若手がキャリアアップするためには転職しか方法がない

現在の日本は若手社員や新入社員が会社で出世することが極めて難しい社会です。

世の中の大多数を占めるスーパーマンではない平凡な普通の若手社員や新入社員にとっては、深刻な役職ポスト不足によって会社での出世はほとんど不可能な状況となっています。

この様な大多数の若手社員が仕事でキャリアアップするためには転職するしか方法がありません。

出世コースに乗れる若手は一部のスーパーマンだけ

もちろん、現在の日本であっても若手社員や新入社員であれば絶対に出世できないという訳ではありません。

本当にずば抜けて優秀な若手であれば、出世コースに乗って頂上に登り詰めて行けるチャンスは、かつての日本よりも年功序列の弱まった現在の日本の方がより高まっています。

しかし、その様な一部のスーパーマン以外の大多数の普通の平凡なサラリーマンにとっては、若手社員や新入社員が出世コースに乗ることの出来る難易度は、30年前の昭和の時代から比べると比較に流らないほど上昇しています。

「今の若者は根性が足りない!」「自分の若い頃は猛烈に仕事をして出世した!」と愚痴ったり説教をする上の世代の上司もいるかもしれません。

しかし、残念ながら現在の日本では、多くの若手社員や新入社員にとって、出世の難易度や困難さは根性でどうにかなる様なレベルを超えてしまっているのです。

現在と30年前とでは若手が出世する難易度が全く違う

若手社員や新入社員の出世への道は非常に困難を極めている。

現在の日本と30年前の日本とでは若手社員が会社で出世する難易度は全く違います。

これは日本の人口動態などの様々な統計データから考えて間違いのない現実です。

主要ポストは上の世代にほぼ埋められている日本の会社組織

日本はかつてに比べるとその傾向が弱まったとはいえ、世界でも非常に年功序列制度の根強く残る社会です。

アメリカでは結果を出せない人間は数年ですぐに解雇されるため日本に比べて雇用流動性が非常に高く、本人の実力と努力次第で出世やキャリアアップのチャンスは大きく開けています。

しかし、一方で日本は未だに年功序列が根強く残る社会です。

年功序列によって上の世代が管理職ポストに居座り続けるため、若手社員はどれだけ努力をしようが多少の実力があろうが、本当にスーパーマンの様なずば抜けた存在でなければ会社内で出世をすることは困難を極めます。

かつては管理職年代が少なく年功序列でもポストが空いていた

ただ、かつての日本社会では、この様な年功序列制度であっても若手社員にも十分に出世のチャンスが得られました。

それはかつての日本では人口構成の違いによって上のポストに居座る上の世代自体がほとんどいなかったからです。

下の1950年(昭和25年)から1980年(昭和55年)、そして2014年(平成26年)までの日本の人口ピラミッドの推移のグラフをご覧ください。

人口ピラミッドの変化(「平成27年版厚生労働白書 – 人口減少社会を考える -」から)

現在からほぼ40年前の1980年時点では、人口の多くを20代から30代の若手世代が占めており、45代後半から50代の管理職世代はそれほど多くありません。

当時の日本は現在と比べて管理職年代自体の人口が少なかったために、年功序列制度であっても「ポスト不足」という問題に陥ることがなかったのです。

一方で現在の日本の人口ピラミッドでは40代後半から50代の管理職年代が現役サラリーマン世代の大半を占めています。

そして日本の会社のポストはこの管理職年代によってすでにほぼ完全に埋められています。

この様に管理職年代で会社が溢れ返っている状況で、雇用流動性が低く年功序列制度が根強い現在の日本社会では、若手社員の出世は非常に困難を極めるのです。

若手がキャリアアップするためには転職するしかない

この様に上の世代に会社の管理職ポストを完全に占有されている若手社員がキャリアアップするためにはどうすればいいのか?

会社内での出世が非常に困難な今の若い世代がキャリアアップするためには転職するしか方法はありません。

もちろん現在の日本社会でもずば抜けて優秀なスーパーマンであれば、若手であっても出世のチャンスや可能性も十分にあります。

しかし、その様な一部のスーパーマン以外のこの世界で大半を占める平凡な若手サラリーマンの場合、どれだけ今の会社で仕事を頑張って努力をしても出世コースに乗ることはほとんど不可能です。

では、この様な平凡な若手サラリーマンがキャリアアップするためにはどうすればいいのか?

その答えは転職で勤め先の会社を変えることによってキャリアップすることです。

現在の日本では若手社員が会社内で出世することは非常に困難ですので、転職によって会社を変えてしまうことの方が若手のキャリアップの手段としては遥かに確実で容易なのです。

自分に合った会社や職場を探してくれる転職エージェント

実際に一歩を踏み出して転職活動をしてみようと思っても、転職が初めて方の場合や転職経験の無い方の場合、履歴書・職務履歴書の書き方や、応募する仕事の選び方、面接のノウハウなど分からないことや不安なことだらけだと思います。

そこで、転職エージェントを活用して、実績豊富な転職のプロに自分に合った会社や職場を探してもらうのが確実で手間の掛からない方法です。

転職エージェントの利用料は最初から最後まで全て無料です。

会社に在職中の会社員の方であっても土日に利用することができ、キャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。

転職エージェントに登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングし、あなたの適性にあった業界や業種、あなたの年収アップの可能性などを検討して、オススメの求人をピックアップして紹介してくれます。

転職エージェントを活用することで、エージェントがあなたと企業との間を仲介して給与交渉を行ってくれるので、年収などの待遇アップの可能性も大幅に上昇します。

また、転職エージェントの求人は離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業は除外されているので、転職に失敗してブラック企業に就職してしまうリスクも減らすことが可能です。

転職未経験者には悩ましい履歴書や職務履歴書などの作成も、経験豊富なプロであるエージェントに相談や質問をしてアドバイスしてもらうことでスムーズに行えますので安心です。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」

求人業界の最大手リクルートが手掛ける「リクルートエージェント」は、約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1の転職エージェントです。経験・実績豊富な転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

業界大手である「リクルートエージェント」には大企業の関連会社など業績が安定した待遇の良い求人が多く、また、担当エージェントも書類作成から面接での受け答えまで丁寧にサポートしてくれます。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」


リクルートエージェントの3つのメリット

既卒者向け転職支援・転職サポート業界の最大手である「リクルートエージェント」には以下の3つのメリットがあります。

  1. 強みを発見
    キャリアアドバイザーが、面談を行う中でお客様自身まだ気づかれていない強味を発見します。あなたのキャリアパスを長期的に考えて次のステップの提案をしてくれます。
  2. 非公開求人の紹介
    転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介してくれます。また、Web上には出ていない業界分析レポートや個社ごとの社風までわかる詳細レポートのご提供も行ってくれます。
  3. 企業へのアピール
    職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にあなたの強みをアピールします。また、退職に関するアドバイスまで全面サポートしてくれます。

リクルートエージェントの利用の仕方

リクルートエージェントを利用する場合、まず登録ページから転職希望時期・希望勤務地・現在の年収・現在の年収などの転職条件、次に名前・生年月日・住所・連絡先・学歴・職歴・アピール項目などのプロフィール情報を入力し、「転職支援サービスに申し込む」を押してユーザー登録を行います。

最後の方で入力する「伝えておきたいこと」には、連絡出来る曜日や時間帯などを記入しておいて下さい。

ユーザー登録完了後は以下の3ステップで転職活動が始まります。

  1. お申し込み完了のご連絡
    ご入力いただいたメールアドレスに「お申し込み完了の確認メール」を24時間以内にお届けします。
  2. 面談日程調整のご連絡
    キャリアアドバイザーとの面談日時をご相談させていただくため、1週間以内にメールまたはお電話にてご連絡します。
  3. キャリアアドバイザーと面談
    キャリアアドバイザーが、あなたに最適なキャリアプランを一緒に考えます。

リクルートエージェントへのユーザー登録は以下の登録ページから無料で行えます。

「リクルートエージェント」登録ページ

リクルートエージェントを利用する上での留意点

リクルートエージェントの転職支援サービスを利用しても、転職するかしないかは完全に自由なので、自分の判断で実際に転職するかどうかを決定することが出来ます。

面談の末、キャリアアドバイザーから「現時点では無理に転職を勧めません」とアドバイスされる場合もあるので、じっくり検討した後、しばらく経ってから再度転職支援サービスを利用することも可能です。

以上、「現在の日本は新入社員が会社で出世することが難しい社会。若手がキャリアアップするためには転職しか方法がない」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする