余裕が無くて辛い社会人生活は入社した会社がブラックなだけの場合も。私は社会人の方が学生時代より楽です

社会人生活に余裕が無くて辛いのは入社した会社がブラックなだけの場合もあります。

現在はゆとりある働き方の出来るホワイト企業に勤めている私は、今の社会人生活の方が学生時代よりも圧倒的に楽ですし精神的に充実しています。

特に新卒の新社会人は世の中のことを全く知らないために、余りにも過酷過ぎるブラック企業の待遇も「社会人生活は大変なのが当たり前」「仕事は辛いもの」と思い込んでしまいがちな傾向があります。

これはかつて宿泊関連のブラック企業に就職して消耗していた頃の私もそうでした。

当時の私は毎日ただ働くだけの時間の面でもお金の面でも精神的な面でも全く余裕もない生活で「社会人はこんなに大変なのか…」「仕事はこんなに辛いものなのか…」と人生に絶望していました。

しかし、それは視野狭窄の完全に間違った考え方であり思い込みです。

視野を広げて環境を変えることで劇的に人生は楽になる

ブラック企業の様に自分の心身を極限まで消耗し続ける様な奴隷労働をせずとも、人並の生活を送れる様な働き方はこの世の中にはいくらでも存在しています。

そして視野を広げて、「辛過ぎる環境から逃げる」「環境を変える」という選択肢を持つことで、「自分は何であんな辛く大変な思いをしていんだろう」というほど人生が劇的に楽なるケースがあるのです。

私自身も転職によって薄給激務のブラック業界から抜け出し勤め先が変わったことで、劇的に生きることや働くことが楽になりましたし、さらに収入も上がりました。

ちゃんとしたホワイト企業やまともな職場で働くことは出来れば、社会人生活が辛いなんてことは全然ありません。

もちろん社会人ですので仕事はしっかりと責任を持ってしなければいけませんが、私にとっては学校の詰まらない勉強よりは、現在の様にやり甲斐のある仕事をしている方が100倍楽ですし充実しています。

労働時間も長くなく時間的な余裕も十分に得ることが出来ています。

「社会人生活が余りにも辛過ぎる…!」「こんなの我慢できない…!」という場合は、その職場がブラック企業である可能性がありますので転職によって環境を変える選択肢を検討して下さい。

苦しみから逃げることは決して恥ずかしいことではない

耐えられないほど余りにも辛過ぎる環境から逃げることは、恥ずかしいことでも負け犬になることでもありません。

「ずっと耐え続けていれば報われる」というのは、シンデレラとかのおとぎ話の中だけのフィクションだということに気付いて下さい。

あなたはもう立派な大人で社会人なのですから、「辛いことも我慢していればきっと誰かが見ていて助けてくれる」なんていう他人頼みの子供みたいな甘えた考え方はもう捨てなければなりません。

この世の中にはそんな都合の良い話はありません。

そんな他人任せの甘えた考えで過酷な労働の辛さや苦しみに耐えていても「都合の良い奴隷」として搾取され続けるだけです。

「新卒で会社に入ったらせめて三年間は我慢しないと…」とか言ってると、転職活動に有利な貴重な第二新卒資格を失ってますます泥沼から抜け出すことが難しくなってしまいます。

自分を苦しみから救えるのは自分だけ。

そして、自分を幸せに出来るのも自分だけなのです。

耐えられないほどの苦痛を押し付けるられる状況に陥ってしまった時、実際に一歩を踏み出してその環境から逃げる決断力と行動力があるか、それがあなたの今後の人生の幸福度を左右します。

「まだまだ…もう少し…」と無理に頑張ってこのまま耐え続けていても、下の動画の様に我慢の限界を超えて茹でガエルになってしまうだけです。

他人任せではなく自分で逃げる決断をすることが必要

あなたはもう子供でもないし学生でもありません。

立派な社会人であり自立した大人なのですから、「きっと誰かが助けてくれる」なんていう他人任せの甘ったれた考えは捨てて自分の人生に、そして自分の決断に責任を持って下さい。

あなたが自分で決断して逃げようとしなければ、誰も助けてなんてくれませんし手を貸してもくれません。

世間の人間はテレパシー能力のある超能力者じゃありませんし、あなたの悩みや苦しみを全部お見通しなどしてくれません。

あなた自身が「逃げたい!」と声を上げて動きださなければ、誰も手を貸すことなんて出来ません。

黙ってじっと耐えていれば「おう、この桜吹雪がすべてお見通しよ!」と言って悪い越後屋を成敗して庶民を助けてくれる遠山の金さんは、都合のいいフィクションの世界のヒーローだということを認識してください。

勧善懲悪の時代劇の世界と違って、いくらあなたがじっと耐え続けていても誰もブラック企業を征伐などしてくれませんし、あなたを助けてなどくれません。

ブラック企業問題で一時話題になったワタミの業績も現在では好調でうなぎ上りです。

この様に越後屋がエンディングまで高笑いし続けるのが、フィクションやおとぎ話ではないこの世界の現実です。

遠山の金さんはフィクション!水戸黄門もフィクションです!

しかし、この現実の世の中だって決して鬼ばかりではありません。

あなたが自分で逃げるという決断を下して「逃げたい」という意志を伝えれば、あなたに手を貸して苦しみから助け出してくれる存在もいるのです。

自分に合った会社や職場を探してくれる転職エージェント

実際に一歩を踏み出して転職活動をしてみようと思っても、転職が初めて方の場合や転職経験の無い方の場合、履歴書・職務履歴書の書き方や、応募する仕事の選び方、面接のノウハウなど分からないことや不安なことだらけだと思います。

そこで、転職エージェントを活用して、実績豊富な転職のプロに自分に合った会社や職場を探してもらうのが確実で手間の掛からない方法です。

転職エージェントの利用料は最初から最後まで全て無料です。

会社に在職中の会社員の方であっても土日に利用することができ、キャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。

転職エージェントに登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングし、あなたの適性にあった業界や業種、あなたの年収アップの可能性などを検討して、オススメの求人をピックアップして紹介してくれます。

転職エージェントを活用することで、エージェントがあなたと企業との間を仲介して給与交渉を行ってくれるので、年収などの待遇アップの可能性も大幅に上昇します。

また、転職エージェントの求人は離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業は除外されているので、転職に失敗してブラック企業に就職してしまうリスクも減らすことが可能です。

転職未経験者には悩ましい履歴書や職務履歴書などの作成も、経験豊富なプロであるエージェントに相談や質問をしてアドバイスしてもらうことでスムーズに行えますので安心です。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」

求人業界の最大手リクルートが手掛ける「リクルートエージェント」は、約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1の転職エージェントです。経験・実績豊富な転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

業界大手である「リクルートエージェント」には大企業の関連会社など業績が安定した待遇の良い求人が多く、また、担当エージェントも書類作成から面接での受け答えまで丁寧にサポートしてくれます。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」


リクルートエージェントの3つのメリット

既卒者向け転職支援・転職サポート業界の最大手である「リクルートエージェント」には以下の3つのメリットがあります。

  1. 強みを発見
    キャリアアドバイザーが、面談を行う中でお客様自身まだ気づかれていない強味を発見します。あなたのキャリアパスを長期的に考えて次のステップの提案をしてくれます。
  2. 非公開求人の紹介
    転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介してくれます。また、Web上には出ていない業界分析レポートや個社ごとの社風までわかる詳細レポートのご提供も行ってくれます。
  3. 企業へのアピール
    職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にあなたの強みをアピールします。また、退職に関するアドバイスまで全面サポートしてくれます。

リクルートエージェントの利用の仕方

リクルートエージェントを利用する場合、まず登録ページから転職希望時期・希望勤務地・現在の年収・現在の年収などの転職条件、次に名前・生年月日・住所・連絡先・学歴・職歴・アピール項目などのプロフィール情報を入力し、「転職支援サービスに申し込む」を押してユーザー登録を行います。

最後の方で入力する「伝えておきたいこと」には、連絡出来る曜日や時間帯などを記入しておいて下さい。

ユーザー登録完了後は以下の3ステップで転職活動が始まります。

  1. お申し込み完了のご連絡
    ご入力いただいたメールアドレスに「お申し込み完了の確認メール」を24時間以内にお届けします。
  2. 面談日程調整のご連絡
    キャリアアドバイザーとの面談日時をご相談させていただくため、1週間以内にメールまたはお電話にてご連絡します。
  3. キャリアアドバイザーと面談
    キャリアアドバイザーが、あなたに最適なキャリアプランを一緒に考えます。

リクルートエージェントへのユーザー登録は以下の登録ページから無料で行えます。

「リクルートエージェント」登録ページ

リクルートエージェントを利用する上での留意点

リクルートエージェントの転職支援サービスを利用しても、転職するかしないかは完全に自由なので、自分の判断で実際に転職するかどうかを決定することが出来ます。

面談の末、キャリアアドバイザーから「現時点では無理に転職を勧めません」とアドバイスされる場合もあるので、じっくり検討した後、しばらく経ってから再度転職支援サービスを利用することも可能です。

以上、「余裕が無くて辛い社会人生活は入社した会社がブラックなだけの場合も。私は社会人の方が学生時代より楽です」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする