組み込み系エンジニアの将来性は?永久に保守作業があり新規参入者が少ないため手堅い職種

この記事をご覧になっている方は組み込み系エンジニアへの転職を検討して

組み込み系エンジニアの仕事内容は?

組み込み系エンジニアと業務系エンジニアの違いは?

組み込み系エンジニアの将来性は?

と疑問や不安に思って「組み込み系エンジニア 将来性」等の言葉で検索して、こんな画像すらないデザインもショボい世界の最果ての弱小ブログに辿り着かれたものと思います。

結論から言えば、組み込み系エンジニアは永久に保守作業があり新規参入者が少ないため、将来性の面でも手堅く堅実な職種ですのでご安心下さい。

そして組み込み系エンジニアになるのであれば、フリーランスになることで会社から中抜きされることなく遥かに多くの報酬を得ることが可能です。

「PE-BANK」(ピーイー・バンク)は会社からの独立やフリーランス活動を目指す業務系SE(システムエンジニア)やプログラマーなどのITエンジニアのための独立サポート&営業支援サービスです。

プログラマーのための営業支援サービス「Pe-BANK」【公式サイト】



組み込み系のエンジニア案件が豊富にあり、登録者の平均年収は700万円以上です。

組み込み系エンジニアへの転職をご希望の方は、「PE-BANK」(ピーイー・バンク)への登録を検討してみて下さい。

PE-BANKの詳しい説明や注意点などは以下のページに書いています。ご登録を検討の場合はこちらを必ずお読み下さい。

組み込み系エンジニアの仕事内容

組み込み系エンジニアとは、自動車や家電などに組み込まれた様々な電子機器の動作制御ソフトウェアを開発しているITエンジニア職種です。

業務系エンジニアとの違いから組み込み系エンジニアの業務内容を説明していきます。

組み込み系エンジニアと業務系エンジニアの違い

業務系エンジニアが開発する業務系ソフトウェアは、主に業務の効率化や自動化を図ることを目的とします。

例えば企業の取引システムやスーパーなどのPOSシステムなど、また社内で使用する給与支払いや勤怠管理システム、経理システムなどがそれです。

使用言語は、ほとんどのソフトウェア開発で使われているC++、C#、Java、ORACLE、SQLと言われていますが、昨今では用途に合わせてソフト開発言語が異なる傾向にあり、どの言語に対してもある程度の知識は要求されます。

一方で組み込みソフト開発は、家庭用、産業用を問わず電子制御を必要とする製品に用いられます。

例えばデジタル家電(炊飯器、洗濯機、携帯電話機のデジタルカメラなど)、輸送機器(自動車のエンジンコントロールユニット、カーナビ、航空機、鉄道車両など)、また医療の世界でも自動血圧計や心電計除細動器(AED)などにも使用されています。

こちらも業務用と同様アセンブリ言語の知識が必要とされますが、回路設計やハードウェアに関する理解、さらに製品に対する知識を持つことで、更なるスキルアップとキャリアアップが可能となります。

組み込み系エンジニアの案件の種類

組み込み系エンジニアは基本設計、詳細設計、プログラム開発、テスト、デバッグを経て製品を作っていきます。

組み込み系のシステム案件は主に以下の3種類に分類されます。

1.小型機器型組み込み系

スマートフォンや温度計、家電などの小型電子機器に使われています。例えばスマートフォンの場合、「明るい場所で画面が明るくなったり、逆に暗い場所で画面が暗くなる」といった調節機能も組み込み系の範疇となります。

2.通信型組み込み系

オフィスや個人宅で使用するインターネットに必要なシステムです。高速処理を必要とし、正確性も重視されます。通信スピートはどの社の製品も年々高速化しており、他社に遅れを取らないような優れたシステムを追求し続ける必要があります。

3.プラント型組み込み系

工場や発電所の産業ロボットの制御機器をはじめとした分野を担当します。さまざまな製品への汎用性が高いこと、堅牢なシステムを作ることが求められます。

組み込み系の案件は半永久的に保守作業がある

この様な組み込み系のエンジニア案件ですが、組み込み系エンジニアの仕事はシステムを開発して組み込んで終わりではありません。

組み込み系のシステムは工場の生産ラインなどにも搭載されており、システムを組み込んだ後も半永久的に保守作業(システムの保全・メンテナンス・改善・バージョンアップなど)が必要となります。

この様な保守業務がある為に組み込み系エンジニアの仕事は半永久的に減ることはなく、技術の流行などにも大きく左右されやすいWEB系やフロントエンド系のエンジニアよりも手堅く収入を得続けることが可能です。

組み込み系エンジニアの需要と将来性

組み込み系エンジニアは電子機器を作動させるために欠かせない制御ソフトウェアを開発する職種であり、近年ますますその需要が高まっている分野です。

特に自動車業界の電子化は目覚ましいものがあり、カーナビや自動運転といった機能には、このような制御ソフトウェアが必要不可欠となっています。

また、様々なモノ(物)がインターネットに接続される「IoT(モノのインターネット)化」も急速に進展しており、組み込み系のシステムの重要性は急激に高まっています。

この様に、近年はあらゆる分野でコンピュータ化が進む中、組み込み系エンジニアの需要は年々増加しています。

その一方で、組み込み系エンジニアの人材供給が追いつかず、慢性的な技術者不足という問題も抱えています。

組み込み系エンジニアの人手不足と需要の高騰は今後さらに進むことが確実視されており、将来的にも組み込み系エンジニアの報酬水準の上昇が見込める状況です。

また、エンジニア業界の中でも特に人手不足状態の分野ですので、技術やスキルを身に付ければ引く手あまたで食いっぱぐれのない手堅く堅実な職種と言えるでしょう。

組み込み系エンジニアはフリーランスとなることで収入を大幅に増やせる

この様に電子製品の制御システムに関わる組み込み系エンジニアの需要は急速に高まっており、組み込み系エンジニアになるには今が絶好のチャンスという状況です。

そして組み込み系エンジニアになるのであれば、フリーランスになることで会社から中抜きされることなく遥かに多くの報酬を得ることが可能です。

「PE-BANK」(ピーイー・バンク)は会社からの独立やフリーランス活動を目指す業務系SE(システムエンジニア)やプログラマーなどのITエンジニアのための独立サポート&営業支援サービスです。

プログラマーのための営業支援サービス「Pe-BANK」【公式サイト】



組み込み系のエンジニア案件が豊富にあり、登録者の平均年収は700万円以上です。

組み込み系エンジニアへの転職をご希望の方は、「PE-BANK」(ピーイー・バンク)への登録を検討してみて下さい。

PE-BANKの詳しい説明や注意点などは以下のページに書いています。ご登録を検討の場合はこちらを必ずお読み下さい。

以上、「組み込み系エンジニアの将来性は?永久に保守作業があり新規参入者が少ないため手堅い職種」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする