老後の資産運用におススメなのがアフィリエイトです。

老後の資産運用を考えている方に最もおススメなのがアフィリエイトサイト運営です。アフィリエイトサイト運営とは、簡単に言えば、ホームページやブログの作成に自分の労力と時間を投資することで、インターネット上に不動産の様な不労収入を生み出す資産を築いていく資産構築ビジネスです。ホームページやブログを資産として育て、そこにアフィリエイト広告と呼ばれる広告を設置することで、自動収入を得る構造になっています。

アフィリエイトサイト運営では、特別な技術や資格や才能などがなくとも、誰でも自分の時間を2~3年投資して継続的に作業を続けることさえ出来れば、月収5万円~月収10万円程度の持続的な不労収入を得ることができます。(アフィリエイトではホームページやブログを運営し月収100万円などの莫大な不労収入を得ている成功者もいますが、あくまでもそれはごく一部の少数の例です。)

ホームページやブログを新しく開始した時点では、アフィリエイト広告を設置しても全く収入がなく、また多くの時間と作業の労力を投入する必要がありますが、ホームページやブログの更新を続けて運用を軌道に乗せれば、ほぼ何も作業をしなくとも月収5万円~月収10万円程度、年金で支給される月額程度の不労収入的な広告収入を得ることができます。

なぜ老後の資産運用にアフィリエイトがおすすめなのか

ではなぜこのアフィリエイトサイト運営が老後の資産運用におススメなのか、老後のシニアがアフィリエイトサイト運営では有利である理由や、アフィリエイトサイト運営の利点を説明していきます。

理由1:老後は現役世代に比べて圧倒的に時間を所有している

アフィリエイトは成果が出るまでに非常に多くの時間を費やす必要のある資産ビジネスであり、老後のシニアは定年退職で会社を辞めて現役引退していることで圧倒的に投資可能な時間を所有しており、アフィリエイトの競争では非常に有利な立場にあるからです。

定年退職前の現役世代のサラリーマンは、平日は毎日朝から電車に乗って会社に出勤し、そして夜遅く仕事を終えて会社から帰って来る様な会社員生活を送っています。そのためアフィリエイトに投資する為の作業時間の確保が非常に難しく、十分な収益を得る前に本業との両立が出来ずに離脱してしまうケースも多くあります。

アフィリエイトで十分な収益を得られる様になるためには、大半の場合、毎日3時間程度の作業を2年間以上投資しホームページを更新し続ける必要があります。現役世代にとってはこのことが大きなハードルとなっています。

一方で定年退職後であれば投資出来る時間は潤沢にありますので、若い現役世代よりも、アフィリエイトで十分な収益を得られる可能性が高くなります。

理由2:シニアや高齢者であっても体力的なハンデが全く無い

また、アフィリエイトサイト運営はパソコンでキーボードを打って文章を書きブログを更新するだけで可能な作業で、仕事の様に肉体労働的な部分もなく体力も全く不要です。

このためシニアや高齢者や老人であってもアフィリエイトビジネスでは年齢的なハンデキャップが全くありません。膝が痛くてなかなか歩けなくとも、腰が痛くとも、老眼だったり、耳が遠くなっていても、ただパソコンでキーボードさえ打てればアフィリエイトに必要な全ての作業が問題なく出来るのです。

それまで勤めていた会社からの定年退職後の就職先は、特別な当てがなければ、清掃やコンビニバイトなどの肉体労働的な低賃金の仕事などをしなければいけませんが、老後の資金や日々の生活費を得る為に膝が痛くてなかなか歩けないような状態で、この様な肉体労働的な仕事に従事することは非常に厳しいことです。

この様にシニアが働くことは肉体的な衰えなどの面で大きなハンデがあるため、老後に労働をしてお金を稼ぐことの代わりに、不動産運用などの資産運用を行って収入を得たいという方が非常に多いのです。

不動産運用などの資産運用では、数1,000万円などの単位の莫大な初期投資が必要ですので「資金がなく資産運用を始められない」ということも多いですが、自らの時間と労力を投資するアフィリエイトサイト運営の場合、金銭的な先行投資はほとんど必要がありません。アフィリエイトの作業に投入出来る時間とパソコンさえあればいいので、誰でも開始することが出来ます。

この様に誰でも始められるものですので、シニアや高齢者の場合、定年退職後の仕事に清掃業などのキツイ肉体労働をやるよりは、体力の不要なアフィリエイトサイト運営に時間を投入するべきです。

理由3:不動産運用などの資産運用と違い損失リスクが無い

また、上でも少し触れました様に、アフィリエイトサイト運営の最大の利点として、株式運用や不動産運用などの資産運用と違い、圧倒的に初期投資金額が少なく、仮に失敗したとしても金銭的な損失のリスクが全くないということが言えます。

最近やたらと流行っているサブリース(主にアパートなどの不動産運用委託)や通常の不動産運用などの資産運用では、数1,000万円単位の莫大な金額を初期投資として支払わなければなりません。また、最初から土地を持っているなど、運用可能な不動産資産を持っていることも資産運用を始める条件である場合が多いです。

体力的に働くことが難しくなる老後の資金や生活費に不安があるから資産運用を始めたいと思っているのに、資産運用を始めるためには潤沢な資産や貯蓄が必要だというのは大きなジレンマだと思います。

一方で、アフィリエイトサイト運営では金銭的な初期投資はほぼ全く必要ありませんし、続けるために必要な費用や経費もほとんどありません。ホームページやブログのサーバー代(ホームページやブログを運営する仮想スペースの賃料)として年間合計1万円程度を支払えば、2~3年後の将来に月収5万円~月収10万円以上の運用益を得られる様になります。

アフィリエイトサイト運営で投資するのは金銭や資本ではなく、自らの作業の労力と時間です。数年後の収益の為に、今の自分の時間を投資するのです。

アフィリエイトで月収5万円程度の収益を得られる様になるまでの目安は、毎日平均3時間×365日×2年間で、累計2,190時間です。大体2,000時間程度を作業に投下した所で、それなりの収益が得られる様になります。

パートタイムやアルバイトなどで得られる労賃を時給1,000円として考えれば、2,000時間の労働は200万円の給与に相当します。数年後の収入を得る為に、この200万円に値する労力をホームページやブログの運営に先行投資して資産を形成していくのです。

ただし、パートタイムやアルバイトでは雇われて働けば翌月にその労働分の給与が支払われますが、アフィリエイトサイト運営の場合は最初は全くその報酬が支払われません。特に最初の1年間(1,000時間)程度は、ほぼ無報酬のタダ働きです。

この点が、少ない経費で完全にノーリスクで始められるアフィリエイトサイト運営という資産運用の最大のネックと言えます。

しかし、膨大な労力を投下し続けたホームページやブログの運営が2年~3年を超えて軌道に乗ると、その後は完全に資産運用の回収のターンに入ります。こうなると毎日平均30分程度の作業で、月収5万円~10万円の収入を得ることが可能です。

時給1,000円程度のパートタイムやアルバイトの賃金では、月収5万円~10万円の収入を得る為には1日平均2~4時間、月10日前後は休みも取ることを考えると、1日3時間~6時間程度は働く必要があります。時給1,000円はパートタイムやアルバイトの時給としてはかなり高い方ですので、時給800円など時給が安くなり最低賃金に近づいていけば、収入を得る為に必要な1日の労働時間も4時間~8時間とさらに長くなっていきます。

体力的に衰えている老後のシニアやシニアにとって、この様なパートタイムやアルバイトの長時間の労働は体力的にとても大変です。

アフィリエイトサイト運営で2~3年の先行投資期間に自分の時間と労力を投資することで、その様な労働をすることなく、1日たった30分程度の作業で月収5万円~10万円の収入を継続的に受け取れる資産を得られるのです。

不動産業界は5~10年後にはほぼ崩壊している

老後の資産運用というとまず不動産運用を思い浮かべられる方もいるかと思いますが、おそらく不動産業界は5年~10年後にはバブルが弾けほぼ完全に崩壊しています。

非常に当たり前の理屈ですが、現在の日本は人口が減少していますので、今ある不動産や物件が余って空き家や空室だらけになるからです。

今まで不動産の運用で利益を上げられたのは、今までの日本が人口が増加していく社会だったからです。人が増え、その為に住む場所が必要になれば、その為の新しく建物を建てて貸し出す商売が成り立ちます。しかし、その様な時代はすでに完全に終了しつつあります。

以下は、厚生労働省が総務省の「国勢調査」「人口推計」などのデータを元に発表した1950年から2060年までの日本の人口の推移と予測です。

参考:日本の人口の推移 – 厚生労働省(PDF)

戦後右肩上がりに増加し続けた人口は、2010年をピークに減少に転じていて、今後は右肩下がりに減少し続けていきます。

日本には過去に建設された多くの物件や建物がすでにあるわけですが、人口の減少に伴って、それらはさらに不要になり売れなく(借りられなく)なっていくということです。

結果、現在の日本ではどの様なことが起こり始めているかというと、家余りや物件余りです。以下は平成25年に統計局が発表した日本全国の空き家率などの統計データのまとめです。

参考:平成25年住宅・土地統計調査(速報集計)結果の要約 – 統計局ホームページ

平成25年時点で、5年前と比べて総住宅数は6063万戸と5.3%の上昇、空き家率は13.5%と過去最高になるなど、日本の家余りや物件余りは徐々に非常に深刻な状況となりつつあります。

その様な状況にも関わらず、サブリース(不動産運用委託)が流行って次々に新しいアパートが立ったり、都心でも次々と新しいビルやマンションを建設し続けているわけです。

この先にあるものは一体何なのか、それは不動産業界のバブル崩壊です。不動産バブルの崩壊は経済や統計の様々な動向から考えて、絶対に避けられない確実な未来です。筆者は東京五輪終了後の2022年あたりのタイミングにそれが来ると予測しています。

しかも東京五輪後に訪れる不動産バブル崩壊は、かつてのバブル崩壊の様に不動産の相場が下がり物件の価格や地価が下落するというだけの話ではありません。

東京五輪後に訪れる不動産バブル崩壊後に待っているのは、完全に物件が余り誰も買わなくなる、借りなくなるという世界です。かつてのバブル崩壊の様に物件の価格や賃貸料を下げればいい、という問題ではありません。タダでも誰も不動産を買わなくなり借りなくなるのです。

人口が減り続ける中で建物や住居が増えすぎて、大半の空いている物件・不動産は完全に余って要らなくなっている状態なのだから当たり前です。使いもしない家や部屋をタダで貰っても、余計な税金や管理費が掛かるだけでただの邪魔にしかなりません。そして、タダでも誰も不動産を買わなくなり借りなくなるのです。

最近は、老後の資産運用として自分の土地にアパートを建ててサブリース(不動産運用委託)を始めるシニアや高齢者の方が多くいますが、間もなく訪れる不動産バブルの崩壊で彼らの99%はただの大損で終わることは確実です。絶対にセールスマンの口車に乗せられてサブリース(不動産運用委託)を契約してはいけません。

老後の資産運用には、不動産運用ではなくアフィリエイトサイト運用を始めるべき

上記の様な理由で、老後の収入が不安で資産運用を始めようと考えているのであれば、不動産運用ではなくアフィリエイトサイト運用を始めるべきです。

アフィリエイトサイト運用は元手が掛からず初期投資も不要で、金銭的なリスクの無い素晴らしい資産運用形態です。運用に失敗して借金を負うだとか、何100万円もの損害を被るだとかいうことも100%絶対に無く、とても堅実で安心かつ安全な資産運用です。

以下の記事ではアフィリエイトサイト運営で確実に資産構築する方法を解説しています。資産運用としてのアフィリエイトサイト運営に興味を持たれた方は是非お読みください。

参考:独自ドメインで運用するアフィリエイトは資産構築ビジネス

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする