電気工事士なら30代の転職者も若手扱い!未経験者から正社員になって年収500万円も可能!

電気工事士の仕事は高齢化が非常に深刻で50代のオッサンや60代の爺ちゃんだらけなので、30代の転職者も若手扱いされます!

また、30代の未経験者でも正社員になって年収500万円も可能ですので、「年齢の問題で良い仕事が見つからない」という方にはオススメの職種です!

30代の未経験者でも正社員に採用される電気工事士

電気工事士は30代の未経験者でも正社員に採用される仕事です。

専門的なスキルや年齢に相応しい職歴などを身に付けないままに年齢を重ねてしまい

「色んな求人に応募しまくっても年齢の問題で書類選考すら通らなかった…」「どんなに転職活動を頑張っても面接で落とされる…」

という人生の袋小路に追い詰められてしまった方でも、電気工事士であれば正社員就職することが可能です。

電気工事士の仕事は高齢化が非常に深刻で50代のオッサンや60代の爺ちゃんだらけなので、30代の転職者でもほとんど赤ちゃん扱いです!

30代の業務未経験者であっても電気工事士であれば十分に正社員就職のチャンスがあります。

電気工事士の平均年収は400~500万円!

電気工事士の平均年収は400~500万円です!

年収300万円などの薄給のブラック企業とは違い十分に人並みのサラリーマン程度の収入は得られる職業です。

非常にやる気のある方は、「電気主任技術者」や「電気工事施工管理技士」の資格を取得して主任技術者として現場監督や施工計画を行えるようになったり、「第一種電気工事士」の資格を取得して独立することで、年収600万円などさらに年収をアップさせることも可能です。

電気工事士は30代の未経験者からでも人並み以上、努力次第では人並みよりワンランク上の給与や収入が得られる仕事と言えます。

30代以上の年齢で「人並み以上になりたい!」という気持ちの強い方にオススメの職種です。

電気工事士になるには「第二種電気工事士」の資格が必要

この様に30代の未経験者でも正社員就職の活路が開けている電気工事士ですが、電気工事士として働くためには国家資格が必要です。

電気工事士の仕事に関連した資格には以下があります。

  • 第二種電気工事士(合格率:50%~60%)
    一般住宅やコンビニなどの小規模店舗などの電気工事を行うことの出来る資格。電気工事関係の資格の中でも一番難易度も易しく受験しやすい。
  • 第一種電気工事士(合格率:25%~35%)
    工場やビルなど大きな設備の電気工事を行うことの出来る資格。第二種に比べると難易度はやや高い。
  • 電気主任技術者 電験三種(合格率:10%~15%)
    難易度は高いが、電気設備の専門家として人気の高い資格。
  • 一級電気工事施工管理士(合格率:35%)
    建設工事現場に必ず置かなければならない主任技術者の有資格者として認められた資格。

第二種電気工事士の資格は国家資格としては難易度も比較的低く、通常は2~3ヶ月程度勉強すれば取得することが可能です。

この一番簡単な第二種電気工事士の資格さえあれば電気工事士としての業務を行うことが可能です。

電気工事会社に就職すれば会社が資格取得をサポートしてくれますので、教材など資格取得の為の費用の心配は不要です。

電気工事士の仕事はキツいし危険性もある

30代の未経験者からでも正社員就職が出来、資格取得することで年収500万円も可能な電気工事士。

しかし、ぶっちゃけ電気工事士の仕事はかなりハードです。

30代のフリーターの方でも本気で「自分の人生を変えたい!」というやる気のある方であれば歓迎され、人並み以上の給与が得られる職業ですが、楽を求める方にはオススメ出来ません。

※「楽にのんびりと働きたい」という方は、電気工事士関連の職種の中でも後述するビルメンテナンスの仕事への転職を検討してください。

電気工事士は肉体労働で残業や長時間労働も多い

ガテン系の肉体労働ですので体力的にハードですし、工期の関係で残業や長時間労働を強いられたり、緊急のトラブル対応の為に休日出勤しなければならないこともあります。

新人は施工を行う技術もないので、最初は現場の雑用やサポートに走り回る様な仕事内容を任されますが、未経験者から40代や50代になって転職するのは体力的に厳しいと思います。

※ただし、武井壮の様な若々しく健康で体力のある40代なら大丈夫でしょう。

統計上はイメージよりも安全な職業だが危険はある

また、電気工事士の仕事に慣れてくれば感電や短絡事故(配線ショート)の危険のある作業を任されるため、作業手順を守り慎重に注意深く作業を進める必要があります。

以下の危険な仕事のランキングでは電気工事士は27位。

参考:危険なのに給料が低い、稼げない仕事ランキングトップ40

安全管理が徹底され注意深く作業するため、「危ない仕事」というイメージとは裏腹にトラック運転手、警備員、塗装工、造園業などよりも死亡率が低く意外と安全ですが、いい加減な気持ちで行えば危険もある仕事であることは確かです。

余りの人手不足に近年は新人に優しくなっている

この様に電気工事士はキツく危険性もある仕事のため、根性の無い方はすぐに辞めてしまうというケースも見受けられます。

ただ、近年は余りに人手不足が深刻で新人に辞められると困るので、昔と違って怒鳴る様な怖い先輩は少なく、みな優しく指導してくれるようにはなっているようです。

楽をしたいなら年収300万のビルメンテナンスがオススメ

この様にハードな業務を強いられる電気工事士関連の仕事ですが、電気工事士関連の職種の中でもビルメンテンナンスの仕事であれば比較的のんびりと働くことが出来ます。

年収は300万円と他の電気工事士関連の仕事に比べると落ちますが、シフト交代制なので基本的に残業などもなく工期に追われることもありません。

第二種電気工事士の資格を取得していればビルメンテナンスの就職に非常に有利です。

ビルメンテナンスの仕事内容はビル設備の保守管理

ビルメンテナンスの仕事内容はビル設備の保守管理です。

電気・水道・空調など多岐にわたるビル設備に異常がないか定期的に見回りを行います。

見回りでトラブルを発見したり、「排水口が詰まった」「蛍光灯が切れた」「空調の効きが悪い」など使用者から苦情が来た場合に対応します。

また、ビル管理法に指定されているビルで定期的に業者に依頼して行う必要のある水や空気の検査、受水槽の清掃、害虫駆除などに立ち会うこともビルメンテナンスの業務です。

まずは転職サイトに登録して電気工事士の求人をチェック

仕事内容はハードなものの30代の未経験者でも正社員就職が可能な電気工事士。

年収500万円程度を得られる職業であり、「危ない仕事」というイメージとは裏腹にトラック運転手、警備員、塗装工、造園業などよりも死亡率が低く意外と安全です。

電気工事士の仕事に興味を持った方は、まずは転職サイトに登録して実際に電気工事士の求人をチェックしてみましょう。

また、「電気工事士はちょっと…」という方は、給与はやや低いものの比較的仕事が楽なビルメンテナンスへの正社員就職を検討してみてください。

電気工事士やビルメンテナンスの求人は、転職業界最大手のリクルートが提供する転職サイト「リクナビNEXT」で探すことが出来ます。

業界最大手のリクルートが提供する転職サイトの定番「リクナビNEXT」

求人業界の最大手であるリクルートが運営する転職サイト「リクナビNEXT」には、9,000件前後もの豊富な求人が掲載されています。多様な業界や勤務地から条件に合う会社や職場を見つけることが可能です。

インターネットから会員登録をすれば利用は完全に無料ですので、転職をご検討の方はこちらからご登録下さい。

リクナビNEXT【公式サイト】



リクナビNEXTには電気工事士関連の求人も豊富にある

リクナビNEXTには電気工事士関連の仕事も400件以上と多く登録されています。

登録画面から簡単なプロフィールなどを入力して無料でリクナビNEXTに登録後、詳細検索ボタンを押すと電気工事士関連の仕事を検索することが出来ます。

リクナビNEXで電気工事士関連の求人を探す手順

無料登録後、リクナビNEXのトップページから「詳細検索」ボタンを押す。

検索画面で「検索キーワード」の項目に「電気工事士」と入力して検索。

上記の方法で電気工事士資格に関係する仕事を探すことが可能です。

以上、「電気工事士なら30代の転職者も若手扱い!未経験者から正社員になって年収500万円も可能!」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする