低血圧で毎朝の出勤が辛いOLさんへ。通勤が不要な在宅勤務の仕事への転職が悩みの解決になる

実際に在宅勤務のサラリーマンをしている私から、低血圧で毎朝の出勤が辛いOLさんへお悩み解決のアドバイスです。

通勤が不要な在宅勤務の仕事への転職をご検討ください。

在宅勤務であれば始業の直前に起きればいいので、低血圧のために朝早く起きることが苦手な女性も「明日の朝も早く起きられるだろうか…」という不安から解消され、余計なストレスや負荷なく働き続けることが出来ます。

低血圧の女性にとって毎朝の出勤は本当に辛い

低血圧の女性にとって毎朝の出勤は本当に辛い…

これは本当に深刻な問題です。

朝に弱くてなかなか起きられなくて不安なので、繰り返し何度もアラームが鳴るように大量のアラームをスマホにセッティングして朝に備える。

またはアラームをセットした目覚まし時計を3つも4つも準備して翌朝の出勤に備える。

そんな血の滲む様な辛さに毎日耐えているOLさんも多いはずです。

特に朝が苦手でなかなか起きられないというのは低血圧気味の女性に多い悩みです。

以下はそんな悩みを持つOLさんの日記です。

朝には弱い、、、 小片リサ – つばきファクトリー オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/tsubaki-factory/entry-12285117444.html

きしもんといえば、
一緒の部屋でお泊まりしたんです

私は、朝起きれるか不安なので
いつも大量のアラームをセットするんですが

結局、アラームに気づかず、
ぜーんぶきしもんが
止めてくれていたみたいです(笑)

結局、きしもんに起こされて
目が覚めましたとさ、、

すみません、嘘をつきました。

上は私の好きな小片リサさんという「総務部系OL顔」に定評のあるアイドルのブログです。

小片リサさんは画像の通りOLさん風の地味系美人ですが、いかにも低血圧で朝に弱そうな顔をしていて、やはり朝早く起きるのが苦手で毎朝大変な思いをしているようです。

通勤のない在宅勤務になることで朝が劇的に楽になる!

通勤のない在宅勤務になることで朝が劇的に楽になる!

これは本当に私自身が3年前に通勤サラリーマンから在宅勤務の会社員に変わって、心の底から非常に強く感じていることです。

本当に誇張ではなくて、同じ仕事時間と仕事量でも、通勤があるかないかで仕事の消耗度や疲労度は倍は違います。

以下は男性向けの記事なので下ネタ注意ですが、私自身が在宅勤務のサラリーマンになってどれだけ仕事が楽になったかという体験談です。

また、以下の記事では通勤によって仕事の負荷や疲労度がどれだけ変わるのかということを、私自身の実体験も交えて説明しています。

是非、低血圧で毎朝の出勤が辛いという方は参考にしてください。

また、「仕事が辛過ぎるから結婚して専業主婦にでもなりたい…」と思っている女性の方にも、ずっと家にいながら仕事の出来る在宅勤務という働き方は最高の解決方法です。

是非、「朝が苦手で辛過ぎる…」という方は在宅勤務という働き方を、お悩み解決の選択肢として検討してみてください。

アメリカではすでに当たり前の在宅勤務という働き方。日本でも在宅勤務は普及しつつある

「でも在宅勤務で生活出来るくらい稼げる仕事なんてほとんどないでしょ?」

と疑問に思う方がほとんどだと思います。

しかし、インターネット情報網などの発達した現在では、在宅勤務は急激な勢いで普及しています。

「在宅勤務」導入率42%の米国にみる3つの効用 – プレジデントオンライン
http://president.jp/articles/-/5244

在宅勤務は「テレワーク」と呼ばれる新しい労働スタイルの一つである。テレワークとは、ITを活用して場所と時間を自由に使った柔軟な働き方で、自宅に限らず会社以外の場所で仕事をすること全般を指す。ただし、日本でも海外でも在宅での勤務が主流である。在宅勤務制度を導入し、適した社員が適したタスクを自宅で行えば、集中できる時間がオフィスにいるときよりも増える。

アメリカでは企業のテレワーク導入率は42%に達する(2008年調査)。利用者の6割が男性であり、しかも裁量のきく立場にあるマネジメント・プロフェッショナル職の社員が多い。ハードワーカーである彼らは時短勤務を嫌がり、あくまでフルタイム勤務を希望する。一方で、より成果を挙げるために柔軟な働き方を求める。その一つが在宅勤務なのだ。

上のプレジデントオンラインのコラム記事にあるように、アメリカではすでに在宅勤務の普及率が42%にも達しています。

アメリカでは在宅勤務はすでに完全に当たり前の働き方なのです。

また、在宅勤務では子供がいる女性の方も在宅勤務であれば子育てをしながら働くことが比較的容易であるなど、その有用性から日本においても今後ますます普及していくことは間違いありません。

豊富な求人を持つ大手転職サイトでは在宅勤務の仕事も多くある

「日本でも在宅勤務が増えているとは言うけれど、まだまだ私の周りでは見たことない…」

「実際にどうやって在宅勤務の仕事を探せばいいの?」

という方が多いと思います。

その解決法はズバリ!

様々な幅広い職種に豊富な求人を持つ大手転職サイトを利用することです!

1万件近くもの大量の求人が登録された大手転職サイトには、まだ日本ではそれほど普及していない在宅勤務の求人も豊富にあります。

転職業界最大手であるリクルートが提供する転職サイト「リクナビNEXT」で在宅勤務の求人をお探しください!

業界最大手であるリクルートが提供する転職サイトの定番「リクナビNEXT」

求人業界の最大手であるリクルートが運営する転職サイト「リクナビNEXT」には、9,000件前後もの豊富な求人が掲載されています。多様な業界や勤務地から条件に合う会社や職場を見つけることが可能です。

インターネットから会員登録をすれば利用は完全に無料ですので、転職をご検討の方はこちらからご登録下さい。

リクナビNEXT【公式サイト】



リクナビNEXTには在宅勤務の求人も豊富にある

リクナビNEXTには在宅勤務の仕事も60件~70件以上と多く登録されています。

登録画面から簡単なプロフィールなどを入力して無料でリクナビNEXTに登録後、詳細検索ボタンを押すと在宅ワークの仕事を検索することが出来ます。

リクナビNEXで在宅勤務の求人を探す手順

無料登録後、リクナビNEXのトップページから「詳細検索」ボタンを押す。

検索画面で「検索キーワード」の項目に「在宅勤務」と入力して検索。

上記の方法で在宅ワークの仕事を探すことが可能です。

ただし、転職サイトに掲載された求人情報だけではその企業の実態を知ることは出来ません。ブラックな仕事の求人に引っかかってしまわないように、口コミの投稿から会社の内部事情や社員の満足度といった実態を知ることの出来る転職情報サイト「キャリコネ」もリクナビNEXTと併せて利用することをお勧めします。

登録企業数43万社の転職情報サイト「キャリコネ」

企業が一般の求人サイトや転職サイトで外部に向けて公開している求人情報だけを見て、安易に就職先を絞ったり転職活動をしてしまうことは非常に危険です。

なぜなら、企業発信の求人情報には当然ですが「都合の良い事」しか掲載されないからです。

そこで「転職に失敗して後悔したくない」「もう二度とブラック企業には就職したくない」という方には、転職情報サイト「キャリコネ」への登録をおすすめします。

「キャリコネ」は企業の口コミ情報サイトとして登録企業数43万社以上を網羅し、多くのビジネスパーソンや転職志望者から支持を得ている転職情報サイトです。

サイトに会員登録することで、口コミなどの内部情報も含めて、多角的な視点で多くの企業の待遇・年収・企業風土・社員の満足度といった実態を比較することが可能です。

「今すぐ転職する」という方だけでなく、現職に不満や不安をお持ちの方も、同業他社の口コミや年収を確認し「転職すべきかどうか」を判断するためにもサイトを活用できます。

転職を検討されている方は、まずは「キャリコネ」に登録して求人情報や企業情報を確認して下さい。以下の公式サイトから無料で会員登録可能です。

登録企業数43万社の転職情報サイト「キャリコネ」【公式サイト】



以上、「低血圧で毎朝の出勤が辛いOLさんへ。通勤が不要な在宅勤務の仕事への転職が悩みの解決になる」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする