派遣社員は努力不足の負け組という風潮。しかし本当は学歴もない凡人でも努力次第でエリート正社員より稼げる

派遣社員は努力不足の負け組という風潮が世間には存在します。

「勉強を怠けてまともな大学を卒業出来なかった人間」
「就活を怠けて立派な会社に正社員として入社出来なかった人間」
「仕事を怠けて正社員を辞めさせられた出来損ない人間」

その結果、派遣社員という給与も低く結婚すらまともに出来ない様な低収入の負け組になってしまっている…

残念ながらそれが世間から見た「派遣社員」のイメージでしょう。

しかし、派遣社員の方も「どうせ自分は努力不足で怠け者の負け組だ…」と人生を諦めてしまう必要はありません!

本当は学歴もない凡人でも努力次第で30歳で年収600万円など同年代のエリートの正社員より稼げるのが「派遣社員」という生き方なのです!

ただ、普通の一般的な派遣社員では、やはりどれだけ努力してもなかなか正社員以上に稼げる様にはなりません。

弁当工場で刺身の上にタンポポを乗せる様な派遣社員の仕事をいくら頑張ったところで、せいぜい時給1,000円程度にしかなれません。

では努力次第で正社員よりも稼ぐことが出来る派遣社員とは?

ズバリ!

それはIT派遣エンジニアの仕事です!

IT派遣エンジニアであれば、本気で努力をしてスキルを学べば、まともな学歴も職歴もない高卒者でも未経験の初心者から数年で年収600万円になることも可能です!

派遣社員の方が本気で収入を増やそうとするのであれば、正社員になる努力をするよりも、実力勝負のIT派遣エンジニアになり技術とスキルを磨く努力をすることをオススメします。

月収55万円も可能な高額報酬のITエンジニア派遣「ソフトウェアジョブズ」

「ソフトウェアジョブズ」は月収55万円も可能な高額報酬のITエンジニア派遣です。

「ポテンシャル採用」によって実務未経験の初心者の方も多く採用しています。

また、IT業界の中でもゆとり持って働けるような環境が整っており、近年は女性の登録者も非常に増えているエンジニア派遣会社です。

高額報酬のITエンジニア派遣「ソフトウェアジョブズ」



ソフトウェアジョブズの仕事内容は「テストエンジニア」と呼ばれる仕事です。

テストエンジニア(テスター)とは、システム開発における様々なテストを行うことで不具合を発見するエンジニアのことで、製品の品質を守ることにおいて重要な役割を担う仕事です。

地道な反復作業を繰り返す粘り強さと集中力が求められますが、ベテランでは月収50万円以上、未経験者でも月収30万円と通常の派遣社員とは比べ物にならないほどの高額な給与を得ることが可能です。

しかもテストエンジニアの業務はIT業界の中でも非常に待遇が良くホワイトな職場が多く、残業などもほとんど存在しません!

ソフトウェアジョブズの詳しい説明や注意点などは以下の記事でご確認ください。

「正社員なら努力が報われる」という考え方は時代遅れ

ちゃんと正社員になって真面目にしっかりと働き続ければ努力が報われる。

それがかつての日本の常識でした。

確かに、古き良き昭和の時代までは年功序列をベースにした昇給制度が機能しており、「正社員なら努力が報われる」という考えは正しいものでした。

しかし、現在の日本では人口ピラミッドの崩壊により、年功序列をベースにした正社員の昇給制度は実質的に破綻状態にあり、30代以下の若者の大多数はいくら努力しようと報われることはありません。

現在の日本は正社員でも毎年の昇給はスズメの涙ほどであり、転職によってしか給料の上がらない時代に突入しています。

これは厚生労働省が発表した賃金上昇率の統計データなどからも明らかな疑いようのない事実です。詳しくは以下の記事で統計データを示しながら説明していますのでお読みください。

この様に「正社員なら努力が報われる」という考え方は時代遅れとなり、もはや通用しないものとなっているのです。

正社員で勝ち組と言えるのは有名大学から一流大企業に入社したエリートだけ

もちろん現在でも一流大企業にホワイトカラー職として正社員就職すれば、ボーナスや昇給によって努力に見合う待遇を得ることも可能です。

大企業の正社員の昇給率は「2.59%」。25万円の給与を受け取っている場合の月給の昇給額は毎年6,500円前後となります。

■【昇給額の相場】大企業

経団連(日本経済団体連合会)が実施した2015年の調査によると、大企業の昇給率は「2.59%」とされています。中小企業よりも約2倍昇給率が高く、25万円の給与を受け取っている場合、具体的な昇給額は6,500円前後となります。

出典:【これって多いの?少ないの?】気になる昇給の平均額について調べてみた – リクナビNEXTジャーナル

この昇給率を元に計算すれば、大企業ではたとえ出世して役職を得ることが出来なくとも、同じ会社に勤め続けているだけで10年後には最低でも月給30万円以上、20年後には最低でも月給40万円程度の給与を得ることが可能です。

しかも大企業であればボーナスも100万円前後も支払われますので、その待遇は一般的な非正規雇用者や派遣社員に比べて遙かに恵まれたものです。

夏のボーナスが過去最高に 大手平均96.7万円 – 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31765690U8A610C1EE8000/

経団連は14日、2018年夏賞与の1次集計結果を発表した。大手企業の平均妥結額は前年比6.71%増の96万7386円で、1959年の調査開始以来で最高。好業績を背景に建設や自動車がけん引し、2年ぶりに増えた。90万円の大台を上回るのは4年連続。政府がデフレ脱却に向けて経済界に賃上げを要請した動きも追い風になった。

この様に大企業であれば、正社員として会社に勤め続けることで昇給とボーナスによって十分に努力に見合う以上の見返りが得られます。

しかし、現実問題として日本の全企業の99%以上を占めているのは、その様な大企業ではなく規模も小さく従業員数も少ない中小企業です。

中小企業は、我が国421万企業のうち99.7%を占める。 従業者数・付加価値額(製造業)においてもそれぞれ7割、5割以上を占める。

出典:日本の中小企業 – 中小企業庁

そして、世の中の大半を占めている中小企業のサラリーマンの昇給率は大企業の半分程度の「1.45%」というデータが算出されています。月給が25万円の場合、毎年の月給の昇給額はたった「3,500円前後」です。

■【昇給額の相場】中小企業

中小企業の昇給率は、一般的に「1.45%」程度が相場であるとされています。25万円の給与を受け取っている方の場合、具体的な昇給額は3,500円前後となるケースが多くなっています。

企業によって昇給率には違いが見られますが、中小企業の昇給率は高くても4%前後と言われています。もちろん、相場とされている1.45%を下回る企業も見られます。

出典:【これって多いの?少ないの?】気になる昇給の平均額について調べてみた – リクナビNEXTジャーナル

この昇給額のデータに基づいて計算すれば、中小企業の正社員では10年以上同じ会社で働き続けても月収は30万円に届かない。20年間働き続けてようやく月収30万円を少し上回る程度です。

しかも中小企業ではボーナスの支払い金額は「平均額約26万円」と大企業と比べて遙かに低く、正社員であってもボーナスが支払われないというケースも当たり前です。

■中小の4割はボーナス支給「ゼロ円」

大阪シティ信用金庫が大阪府内の1108社を対象に実施した夏のボーナスの支給状況調査によると、支給すると答えた企業は59.4%、支給しない企業(小額手当含む)は40.6%に上っている。

従業員規模別にみると、50人以上の企業で支給するのは86.2%、20~49人で77.3%、20人未満で53.6%。規模が小さい企業ほど支給しない企業が多い。

また、支給する企業でも平均額は約26万円とそれほど多いとはいえない。前年比も0.8%増と大手企業の約6%に比べても低率だ。

出典:大手好調も中小の4割はボーナスなし…拡がり続ける賞与格差 – ライブドアニュース

つまり、正社員になってもその大多数は全体の99%以上を占める中小企業に勤めることになり、昇給もボーナスもほとんどなく、世間的な正社員のイメージとはかけ離れた報われない待遇を強いられる。

そして一流大企業にホワイトカラーの正社員として勤務出来るのは、有名大学を卒業した一部のエリートだけであり、三流大学の卒業者や高卒者は、いくら社会人になってから仕事で努力をしても報われることはない。

それが現在の日本という「努力の報われない国」の現実なのです。

優れた学歴もない凡人は労働に対する考え方を変えなければ報われない

この様に「努力の報われない国」となった日本では、優れた学歴もない非エリートの凡人は労働に対する考え方を変えなければ、いくら努力をしても永遠に報われることはありません。

「正社員になれなければ負け組」というカビの生えた様な古臭い考え方を続ける限り、どれだけ努力をしても永遠に有名大学を卒業して一流大企業に入社した勝ち組のエリート達に近づくことすら出来ないのです。

では非エリートの凡人が勝ち組になるためには一体どうすればいいのか?

エリート達と同じ土俵で戦っても勝負になりませんので考え方の転換が必要です。

つまり「正社員は勝ち組」という古い常識を捨て、IT派遣エンジニアなどの学歴も関係ない実力勝負の技術職となり、専門知識を学びスキルを磨き、給与や報酬を上げていくこと。

そこにこそ、大した学歴もない非エリートの凡人が、努力によって一流大企業のエリート達を逆転するための活路があるのです。

月収55万円も可能な高額報酬のITエンジニア派遣「ソフトウェアジョブズ」

「ソフトウェアジョブズ」は月収55万円も可能な高額報酬のITエンジニア派遣です。

「ポテンシャル採用」によって実務未経験の初心者の方も多く採用しています。

また、IT業界の中でもゆとり持って働けるような環境が整っており、近年は女性の登録者も非常に増えているエンジニア派遣会社です。

高額報酬のITエンジニア派遣「ソフトウェアジョブズ」



ソフトウェアジョブズの仕事内容は「テストエンジニア」と呼ばれる仕事です。

テストエンジニア(テスター)とは、システム開発における様々なテストを行うことで不具合を発見するエンジニアのことで、製品の品質を守ることにおいて重要な役割を担う仕事です。

地道な反復作業を繰り返す粘り強さと集中力が求められますが、ベテランでは月収50万円以上、未経験者でも月収30万円と通常の派遣社員とは比べ物にならないほどの高額な給与を得ることが可能です。

しかもテストエンジニアの業務はIT業界の中でも非常に待遇が良くホワイトな職場が多く、残業などもほとんど存在しません!

ソフトウェアジョブズの詳しい説明や注意点などは以下の記事でご確認ください。

以上、「派遣社員は努力不足の負け組という風潮。しかし本当は学歴もない凡人でも努力次第でエリート正社員より稼げる」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする