ブライダル業界は将来性がないのでウェディングプランナーの仕事を辞めたい方へ

ブライダル業界は将来性がないのでウェディングプランナーの仕事を辞めたい方へ。

市場規模が縮小し続け見通しの厳しいブライダル業界から異業種への転職をご検討ください。

未経験の異業種への転職を成功させる可能性を上げる方法は、自分に合った会社や職場を探してくれる転職エージェントを活用することです。

求人業界の最大手リクルートが手掛ける「リクルートエージェント」は、約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1の転職エージェントです。経験・実績豊富な転職エージェントがあなたの転職をサポートしてくれます。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」


ウェディングプランナーは女性にとって憧れの職業だが実態は過酷な仕事

結婚式という人生の中で最も華やかなイベントを演出するウェディングプランナー。

2002年にフジテレビ系列で飯島直子とユースケ・サンタマリア主演のテレビドラマ「ウエディングプランナー SWEET デリバリー」が放送されるなど、多くの女性達に憧れられてきた職業でもあります。

この様なドラマや非日常を演出するキラキラとした仕事というイメージに憧れて「将来はウェディングプランナーになりたい!」という夢を持って就職活動を行いブライダル業界に入られた方も非常に多いのではないでしょうか。

ウェディングプランナーは雑務や理不尽なクレームも多く過酷な仕事

ウェディングプランナーという役職名ですが、実際にはプランニングだけでなく、営業を行ったり披露宴の食事の配膳スタッフになるなど、プランニング以外の雑務的な仕事をこなすことも多い。

さらに結婚式という重要な晴れ舞台に関わる責任重大な仕事であるため精神的なプレッシャーも非常に大きいものです。

結婚式当日は予想もできない様なトラブルが起こることがあります。

料理に異物が混入してしまうこともあれば、サービススタッフが粗相してしまうこともありますし、ウェディングプランナー自身が手配ミスをしてしまえば式の進行に重大な支障をきたします。

また、お客様からあり得ない様な我儘な注文や理不尽なクレームを受けることもあり、キラキラした女性の憧れの職業というイメージの反面、その実態は精神的な面でも非常にストレスが多く過酷な仕事です。

このブログをご覧頂いているあたなも、そんなブライダル業界の過酷な労働への忍耐が限界に達し、「ウェディングプランナー 辞めたい」「ブライダル業界 辞めたい」などで検索してこの記事にたどり着かれたのではないでしょうか。

過酷なブライダル業界の実態と「結婚式離れ」で市場が縮小する暗い将来

この様に女性にとって憧れの職業であるウェディングプランナーですが、ウェディング・ブライダル業界には過酷なブラック労働の実態と市場が縮小する暗い将来という現実が横たわっています。

働く人は地獄のブライダル業界…ナシ婚増加でジリ貧、ハウスウェディングもブーム終了 – ビジネスジャーナル
http://biz-journal.jp/2017/08/post_20146.html

矢野経済研究所が3月に公表した調査によると、ブライダル関連業の市場規模は2011年から縮小し続けており、関連各社は今回の「眞子さま効果」に大きな期待を寄せている。

ブライダル産業の経営事情に詳しい千葉商科大学の今井重男教授は、「少子化によって婚姻数が減少しているだけでなく、ゴールインしても結婚式に費用をかけない『ジミ婚』や、結婚式そのものを行わない『ナシ婚』を選択する人々も増加しているので、ブライダル業界はジリ貧状態に陥っています」と、その衰退ぶりを嘆く。

■ブラック化するブライダル業界、土日も深夜まで

「結婚式場を過剰出店した企業は、経営が悪化しています。ホテルの場合、ウェディング事業といっても数ある部門のひとつですが、ブライダル専門の企業は基本的に結婚式でしか儲けることができないので、より厳しい状況になっているでしょうね」(同)

特に景気が悪化しているのが“結婚プロデュース会社”だという。ヨーロッパの邸宅風の一軒家を貸し切ってハウスウェディングを行うスタイルで躍進した同業態だが、現在は供給過多で飽和状態。リクルートマーケティングパートナーズの「ゼクシィ結婚トレンド調査 2016」によると、披露宴・披露パーティーでハウスウェディングのシェアは16.0%。12年の同調査と比べて、7.3ポイントも減少している。

中小の業者がひしめき合って過当競争が起きている業界は、当然のようにブラック化していく。ブライダル会社に勤務していた森田亘さん(仮名)は、当時の過酷な労働環境について、以下のように語ってくれた。

「結婚式は祝日に行うことが多いので、土日は朝8時~深夜まで勤務。平日もお客さんとの打ち合わせや膨大な事務処理があり、定時に帰れるなんてことはほとんどありません。

予算が少なく、ホール側のスタッフが少ないときなど、ウェイターをしたり掃除や片付けを手伝ったり、なんてこともしょっちゅうですよ。私が勤めていた会社は上場企業でしたが、5年間勤めても給料の変動はほとんどありませんでした」(森田さん)

進む「結婚式離れ」・広がる「ありのまま婚」、最新のウェディング事情は? – AbemaTIMES
https://abematimes.com/posts/4381158

「めんどくさい」「お金がもったいない」といった理由から、「結婚式離れ」も進んでいるという。クロス・マーケティング社の調査によると、婚姻数に対して結婚式を挙げる人の割合は2007年の84%から2012年~17年は73%と減少している。

結婚式が面倒くさいと思う理由に、「打ち合わせや下見などに時間がかかる」「必ず夫婦喧嘩になる」「わざわざ来てもらうのが申し訳ない」「決められた段取りやルールが嫌」といったものがある。確かに日本の結婚式には「座る場所が親戚・友達などで決められている」「お返しの品が謎(名前入りのお皿など)」「お色直し」「参列者の服装&マナー」などの細かいルールがある。

結婚や結婚式に関する調査を行っているリクルートブライダル総研所長の鈴木直樹氏は「若い人の方が挙げる傾向は高い一方、晩婚化が進んでいるのも結婚式減少の理由の一つだ。また、20年くらい前までは”結婚式を挙げないと一人前ではない”という意識もあったと思うが、最近は多くの人が”やらなくてもいいんじゃないの”と認め始めている。そうなると、自分にとって意味がなければ挙げない。そして結婚式のスタイルの選択肢が広がっていて、結婚式を挙げなかった3割の人のうち、”入籍だけして何もしていない”という人は半分だけで、残りは親族だけの食事会などをやっている」と指摘する。

実際、かつて言われた「派手婚」「地味婚」だけでなく、婚姻届を提出するだけの「ナシ婚」、沖縄やハワイなどのリゾート地で写真だけ撮影する「フォト婚」、独自ノウハウでスマートな費用で挙式を挙げる「スマート婚」、そして形にこだわらず2人らしい結婚式を挙げる「ありのまま婚」など、スタイルは実に多様化している。

鈴木氏も「最近は”ありのまま婚”が増えている。一番大事な人に目の前に来て欲しいと、親族を目の前の席にしたり、新郎新婦が座る高砂をソファにしたり。ドレスコートがデニムという人もいて、かなり自由な形のパーティが増えている」と話す。

少子化による結婚適齢期の若者の減少、日本人の生涯未婚率が上昇し続ける「非婚化」による婚姻数そのものの急激な減少。

さらには結婚式に費用をかけない「ジミ婚」の流行や拡大する「結婚式離れ」。

そして中小のブライダル会社の参入を原因とする価格破壊。

これらの要因によってウェディング市場は急激な市場規模の縮小と業界全体のブラック業界化が進んでおり、現実的に見ればブライダル業界には非常に厳しい将来が待ち構えていることは明らかです。

以下のグラフで婚姻数が2000年代から右肩下がりで落ち続けていることが一目で分かる様に、今後ますます結婚に関わる業界全体が厳しくなっていくことは間違いないでしょう。

婚姻率・離婚率変移をグラフ化してみる(2016年版) – ガベージニュース
http://www.garbagenews.net/archives/1892492.html

ブラック化しているブライダル業界を辞めたいなら異業種への転職も手

この様なブライダル業界の非常に暗い先行き、そして年々ブラック化が進む長時間で過酷な労働状況もあり、「労働時間が長過ぎて体力的にハード過ぎる。ブライダル業界を辞めたい」とウェディングプランナーの方も多いです。

転職者の口コミサイト「Vorkers」にも以下の様に、業界最大手のテイクアンドギヴ・ニーズ社員の方から過酷な労働状況の実態が退職理由として多く投稿されており、ブライダル業界仕事の厳しさが伺えます。

テイクアンドギヴ・ニーズの「退職検討理由」- Vorkers
https://www.vorkers.com/company_answer.php?m_id=a0910000000Fr0m&q_no=8

  • 朝早くから夜遅くまで働くことが多く体力的に限界だった
  • ワークライフバランスが取れなかった
  • 休みを削って働く生活に耐えられなかった
  • 勤務時間が長くプライベートの時間が取れなかった
  • 休憩もほとんど取れず体力的にハード過ぎた
  • 残業が多過ぎて生活に余裕が持てなくなった
  • 精神的にも身体的にもかなりしんどい
  • 激務過ぎて給与や陳羣が全く割に合わなかった

テイクアンドギヴ・ニーズに限らず近年はブライダル業界全体にこの様な限界を超えるほどの過酷な労働状況が蔓延しており、率直な私自身の意見としても、ブライダル業界から異業種へ転職するという判断は、完全に正しいごもっともな結論だと思います。

業界全体の将来性も非常に暗いですし、本当にどうしても耐えらないほど仕事がキツいという方は、転職をしてブラック化が進むブライダル業界から異業種へと脱出してしまうのも手です。

自分に合った会社や職場を探してくれる転職エージェント

実際に一歩を踏み出して転職活動をしてみようと思っても、転職が初めて方の場合や転職経験の無い方の場合、履歴書・職務履歴書の書き方や、応募する仕事の選び方、面接のノウハウなど分からないことや不安なことだらけだと思います。

そこで、転職エージェントを活用して、実績豊富な転職のプロに自分に合った会社や職場を探してもらうのが確実で手間の掛からない方法です。

転職エージェントの利用料は最初から最後まで全て無料です。

会社に在職中の会社員の方であっても土日に利用することができ、キャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。

転職エージェントに登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングし、あなたの適性にあった業界や業種、あなたの年収アップの可能性などを検討して、オススメの求人をピックアップして紹介してくれます。

転職エージェントを活用することで、エージェントがあなたと企業との間を仲介して給与交渉を行ってくれるので、年収などの待遇アップの可能性も大幅に上昇します。

また、転職エージェントの求人は離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業は除外されているので、転職に失敗してブラック企業に就職してしまうリスクも減らすことが可能です。

転職未経験者には悩ましい履歴書や職務履歴書などの作成も、経験豊富なプロであるエージェントに相談や質問をしてアドバイスしてもらうことでスムーズに行えますので安心です。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」

求人業界の最大手リクルートが手掛ける「リクルートエージェント」は、約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1の転職エージェントです。経験・実績豊富な転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

業界大手である「リクルートエージェント」には大企業の関連会社など業績が安定した待遇の良い求人が多く、また、担当エージェントも書類作成から面接での受け答えまで丁寧にサポートしてくれます。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」


リクルートエージェントの3つのメリット

既卒者向け転職支援・転職サポート業界の最大手である「リクルートエージェント」には以下の3つのメリットがあります。

  1. 強みを発見
    キャリアアドバイザーが、面談を行う中でお客様自身まだ気づかれていない強味を発見します。あなたのキャリアパスを長期的に考えて次のステップの提案をしてくれます。
  2. 非公開求人の紹介
    転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介してくれます。また、Web上には出ていない業界分析レポートや個社ごとの社風までわかる詳細レポートのご提供も行ってくれます。
  3. 企業へのアピール
    職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にあなたの強みをアピールします。また、退職に関するアドバイスまで全面サポートしてくれます。

リクルートエージェントの利用の仕方

リクルートエージェントを利用する場合、まず登録ページから転職希望時期・希望勤務地・現在の年収・現在の年収などの転職条件、次に名前・生年月日・住所・連絡先・学歴・職歴・アピール項目などのプロフィール情報を入力し、「転職支援サービスに申し込む」を押してユーザー登録を行います。

最後の方で入力する「伝えておきたいこと」には、連絡出来る曜日や時間帯などを記入しておいて下さい。

ユーザー登録完了後は以下の3ステップで転職活動が始まります。

  1. お申し込み完了のご連絡
    ご入力いただいたメールアドレスに「お申し込み完了の確認メール」を24時間以内にお届けします。
  2. 面談日程調整のご連絡
    キャリアアドバイザーとの面談日時をご相談させていただくため、1週間以内にメールまたはお電話にてご連絡します。
  3. キャリアアドバイザーと面談
    キャリアアドバイザーが、あなたに最適なキャリアプランを一緒に考えます。

リクルートエージェントへのユーザー登録は以下の登録ページから無料で行えます。

「リクルートエージェント」登録ページ

リクルートエージェントを利用する上での留意点

リクルートエージェントの転職支援サービスを利用しても、転職するかしないかは完全に自由なので、自分の判断で実際に転職するかどうかを決定することが出来ます。

面談の末、キャリアアドバイザーから「現時点では無理に転職を勧めません」とアドバイスされる場合もあるので、じっくり検討した後、しばらく経ってから再度転職支援サービスを利用することも可能です。

以上、「ブライダル業界は将来性がないのでウェディングプランナーの仕事を辞めたい方へ」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする