ホワイト企業正社員>ホワイト非正規社員>ブラック非正規社員>ブラック企業正社員

ホワイト企業正社員>ホワイト非正規社員>ブラック非正規社員>ブラック企業正社員

というのがこの日本社会の現実です。ホワイト企業の正社員は勝ち組ですが、ブラック企業に勤める正社員はフリーターや契約社員、派遣社員などの非正規労働者よりも下の社会の底辺の存在です。

ホワイト企業の正社員という勝ち組を目指すべき

フリーターや契約社員などの非正規社員やブラック企業の正社員と比べた時、ホワイト企業の正社員は勝ち組です。転職やキャリアアップを考えているなら、ホワイト企業の正社員という勝ち組を目指すべきです。

安定的な雇用があり、十分な給与に加えてボーナスも貰え、適正な労働時間と休日数も守られている。この様なホワイト企業に正社員として就職出来れば、十分に豊かでゆとりある生活を送ることが可能です。

どうしてもフリーターや非正規労働者から正社員になりたいのであれば、この様なホワイト企業正社員の仕事を目指しましょう。

そして、さらに言えば、その企業がホワイト企業でなければ、正社員になることには全く何の意味もありません。「正社員」とは、ホワイト企業の正社員であるからこそ、意味と価値のある肩書きなのです。

フリーターなどの方は「非正規は負け組で正社員は勝ち組だ」と思い込んでしまいがちですが、それは間違った認識です。この日本社会の現実として正しいのは「ホワイト企業の正社員は勝ち組だ」ということです。

目標とするのは「正社員」ではなく「ホワイト企業の正社員」でなければ意味がないのです。

ホワイト非正規社員はキャリアの一時的避難先として最適

ホワイト非正規社員は職歴やキャリアの一時的避難先として最適です。健康問題など何かの理由があって会社を辞めたり、良い会社への転職に失敗してしまった場合、ホワイト企業の非正規社員として働いて日々の生活の糧を得るのが最も賢く堅実な方法です。

ホワイト企業、特にホワイト大企業であれば、期間労働者や契約社員などの非正規社員であっても福利厚生や手当などが非常にしっかりとしていますし、残業代などもキッチリと支払われますので、贅沢などしなければ生活して行くには十分な収入を得ることが可能です。

ホワイト大企業であればコンプライアンスがしっかりしていて従業員への不条理で酷い扱いなどもありませんし、一時的なキャリアの避難先としてホワイト非正規社員は最適な仕事です。

「一度非正規になってしまったら人生は終わりだ」などと決めつけてしまわずに、ホワイト企業からの非正規の求人を有効活用していきましょう。

ブラック非正規社員はまずホワイト非正規社員になるべし

ブラック非正規社員は「何が何でも絶対正規社員になる」と考えてしまわずに、まずはホワイト非正規社員になるべきです。

非正規社員から正規社員への登用という道もありますが、ブラック企業で非正規社員から正規社員に登用されても、それは実質的にはキャリアの後退であり、絶望の袋小路へと突き進んでいく道でしかありません。

現在の労働市場では人手不足が進み、ブラック業界として知られる飲食業界なども求人に応募が集まらず、人材の確保に非常に苦労しています。

その様な状況で何とか人材を確保して囲い込むために、近年の飲食業界では非正規社員から正規社員への登用を積極的に行っていますが、その様な登用制度によって非正規社員から正社員に昇進しても、数ヶ月や半年程度ですぐに会社を辞めてしまうというパターンが、飲食業界では非常に多いのです。

最初は「目標の正社員になれた」と喜んでいても、ブラック企業の正社員の給与は、サービス残業などでフリーターやアルバイトの賃金以下の時給だという現実、そしてたとえ正社員になれてもブラック企業の正社員にはフリーター同様に全く希望も夢もないという現実を知り、結局仕事を辞めてしまうことになります。

ですので、ブラック企業で契約社員や派遣社員などの非正規で働いている方は、会社から正社員への登用を打診されることがあるかもしれませんが、「とにかく正社員になりたい!」と何の考えもなしに食いついてしまうのではなく、一度しっかり自分の置かれている状況、そしてその会社の将来性を見つめ直し、他により待遇の良い非正規社員の職場がないかということも視野に入れて、キャリアプランを比較検討するべきなのです。

ブラック正社員は一刻も早くその会社から抜け出すべき

ブラック企業で正社員として働いている方は、一刻も早くその会社から抜け出すべきです。

あなたは「自分はまだ正社員だから恵まれてる方だ」と考えるかもしれませんが、薄給激務のブラック正社員の実態は、実質的にフリーターや非正規労働者以下の底辺です。まずはそのことをしっかりと自覚して下さい。

フリーターやアルバイトであれば、国の定める最低時給によって最低限の生活を送られる程度の生活の質は保障されますが、サービス残業で消耗させられるブラック企業の正社員には、その様な最低限の保障すらもありません。

正社員の仕事の中で本当にその正社員という肩書に見合う価値があるのは、ホワイト企業に勤める正社員だけです。ブラック企業の正社員の正社員という肩書は、実質的にはフリーターや契約社員と同レベルの価値しか持っていないのです。

ブラック企業に勤め続け、ブラック企業でのキャリアを重ねても、ただ単に年齢が増えて転職市場でさらに不利になっていくだけです。転職活動を出来るだけ有利に進めるためにも、一刻も早くそのブラック企業から抜け出さなければなりません。

ホワイト中小企業の非正規から正社員登用を狙うのも手

派遣社員や非正規労働者から正社員へのステップアップを狙うのでれば、焦ってとんでもないブラック企業の正社員になってしまわずに、まずはホワイト中小企業やホワイト零細企業の非正規社員から段階を踏んで正社員登用を狙うのも手です。

特に贅沢をする気もなく、仕事は生活出来る程度の最低限の収入を得る為のものと割り切って、何よりも日々平穏な気持ちで居られる暮らしと自分だけの私生活の時間を大切にしたいという私と同じ様なタイプの人間の場合、そういう目的に適った比較的のんびりと働けるホワイトな仕事や会社は、中小・零細企業の中にも探せば意外と多くあります。

「情報発信者のプロフィール」のページに書いている通り、私もブラック企業の正社員を健康の問題で辞めた後、IT関連のホワイト零細企業で最初は非正規として働き、その後その会社で正社員に登用されて、今は大学生時代以上にのんびりと在宅ワークで働いて収入を得て生活している一人です。

私が現在勤めている会社は従業員10人未満の超零細IT企業ですが、「零細企業だからブラック」「IT企業だからブラック」ということなどはなく、給与面では年収380万円とそれほど多くの年収ではないものの(それでも地方では贅沢をせず質素に生活するのであれば十分以上の金額です)、大半の大手企業よりも遥かにホワイトな環境で働くことが出来ています。

また、在宅ワークで労働量的にも時間的にもゆとりがありますので、その時間を活用して個人で請けているWEB制作の副業で年間70万円ほどの副収入があり、450万円程度の年収を得られています。

「一旦、派遣社員や非正規労働者になってしまうとホワイトな職場では絶対に正社員になれない」「派遣社員や非正規労働者になってしまうと人生は終わり」という先入観での思い込みや決めつけを一度捨てて、ホワイト中小企業の非正規から正社員登用を狙うという選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

人材業界の最大手・リクルートが手がける人材派遣サービス「リクルートスタッフィング」

「リクルートスタッフィング」は人材業界の国内最大手である株式会社リクルートホールディングスが手がける日本全国展開の人材派遣サービスです。

リクルートの派遣会社「リクルートスタッフィング」【公式サイト】



人材業界の最大手のリクルートが手掛けるサービスということもあり、求人の内容も幅広く、求人数や登録企業数は業界トップクラスですので、様々な業種や職種から、そして北は北海道から南は沖縄まで日本全国の勤務地から、自分にあった仕事を探すことが可能です。

リクルートスタッフィングに派遣登録するメリットとしては以下の3つのポイントがあります。

【メリット1】幅広い働き方や希望業種・職種から選べる

求人数・登録企業数が業界トップクラスですので、「残業なし」「週4勤務」「商社」「大学」「マスコミ」「英文事務」「メーカー」など、幅広い働き方や希望業種・職種の条件から派遣先を選ぶことが出来ます。

【メリット2】未経験から派遣にチャレンジできる安心サポート

就業経験がない方、派遣がはじめての方、その他様々な事情をお持ちの方に合った仕事が見つかるよう、専任のジョブコーディネーターがサポートします。

【メリット3】派遣から正社員になれる「紹介予定派遣」制度

派遣スタッフとして一定の就業期間を経た後に「正社員」「契約社員」になれる紹介予定派遣の仕事も多数取り揃えています。

「直接雇用の実績あり」「直接雇用の可能性あり」などの情報のある会社は、派遣社員からの直接雇用も積極的に行っていますので、正社員への登用を目指す方は、登録後これらの求人へエントリーすることをおすすめします。

派遣登録は以下の公式サイトから。全国31ヶ所にある登録センターへの直接来社を予約するか、もしくはオンライン登録だけでも派遣登録可能です。

リクルートの派遣会社「リクルートスタッフィング」【公式サイト】



リクルートスタッフィングは交通費が支給されない

注意点として、派遣会社の大半は交通費を支給しませんが、リクルートスタッフィングも交通費に関しては支給してくれません。

「どうしても交通費の支給を受けたい!」「派遣社員だけが交通費を支給されないのはおかしい!」「交通費が給与に含まれるなんて意味不明!」と不満を感じる方は、派遣社員に対しても正社員と同様に交通費を全額支給してくれる派遣会社も存在しますので、その様な交通費全額支給の派遣会社を選んで登録してください。

以下の記事では派遣会社の交通費支給の現実と全額支給の派遣会社を紹介しています。派遣社員の交通費支給状況が気になる方は是非お読み下さい。

以上、「ホワイト企業正社員>ホワイト非正規社員>ブラック非正規社員>ブラック企業正社員」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする