週5日出勤して8時間労働する普通の社畜的な働き方が苦痛で仕方ない方へ

週5日出勤して8時間労働する普通の社畜的な働き方が我慢できないほど苦痛で仕方ない方へ。

世の中の普通の会社では残業が当たり前ですし、週休1日の職場や仕事なども当たり前に存在しています。

はっきり言って週5日出勤して8時間労働の会社は日本では十分にホワイトです。

そんなホワイトな待遇や雇用環境でも我慢出来ない異常なあなたは、根本的にこの日本で生きるのに相応しくない出来損ないの社会不適合者ですので今すぐ首を吊って死んでください。

すみません、これは冗談です。

人並みに週5日出勤して8時間労働することが出来ない社会不適合の異常者だからと言って、死んでしまう必要なんてありません!

社会不適合の異常者にだって生きる権利はありますし、無理に「人並み」や「普通」という固定観念に縛られずに社会不適合者なりの生き方を選べばいいのです!

そして、あなたは社畜労働が当たり前の普通の正社員のホワイトカラーサラリーマンには向きませんので、幸福な人生を得るためには普通のホワイトカラー正社員とは違う生き方を選ぶ必要があります。

定年まで何十年間も週5日出勤・8時間労働の社畜生活を続けることを想像するだけで、途方もない絶望感を感じる社畜サラリーマン不適合者のあなたに向いている生き方。

それはズバリ、工場勤務の期間工かITエンジニアになることです。

工場勤務の期間工かITエンジニアの仕事をすれば、何十年も週5日出勤・8時間労働を続ける社畜生活から解放されて生きることが可能です。

工場勤務の期間工になってほぼセミリタイア同然の社畜労働から解放された生活を送る方法は以下の記事で、

一方で、ITエンジニアとして技術とスキルを身に付けてほぼセミリタイアの様なあまり働かない生活を送る方法は以下の記事で説明しています。

また、他にはユーチューバーになって生きるなどの脱社畜の方法もあります。

しかし、競争の激化した今のユーチューバー界に新規参入して成功出来るのは1万人に1人程度、東大合格より難しい挑戦ですので、よっぽど天才的な才能があるとかでない限りユーチューバーへの挑戦はオススメ出来ません。

ユーチューバーとして成功して生活していくことがいかに困難で無理ゲーかは以下の記事をお読みください。

工場勤務の期間工になれば、学歴や職歴に関係なく誰でも確実にほとんどセミリタイアの様な生活が実現できますし、スキルと技術を磨く努力と学習を積むやる気があるのなら、ITエンジニアになればセミリタイアに近い生活を実現できます。

週5日ほぼ毎朝出勤して8時間労働する社畜サラリーマン生活から解放されたいのであれば、ユーチューバーなどより遙かに成功率が高い方法なのでオススメです。

また、他にセミリタイアを実現する方法として投資や資産運用で不労収入を得るという方法もあります。

しかし、堅実な投資や資産運用だけで生きて行くためには元手として1億円以上の資産がなければ不可能です。

親が大富豪や大地主であるとかではない並の収入の庶民には、堅実な資産運用でのセミリタイア達成はっきり言って不可能な方法なので諦めましょう。

1億円の資産や資金なんて持てない庶民だけど、どうしても一発大儲けして大金を手に入れて仕事を辞めセミリタイアしたいというのであれば、ハイリスク&ハイリターンのFX投資がおすすめです。

ただし、このハイリスク&ハイリターンのFX投資は完全に一種のギャンブルです。

100人挑戦すれば99人は失敗して辞めることになる方法です。

1万人に1人しか成功できないユーチューバーを目指すよりはマシですが、FX投資もまた成功の可能性が低い方法なのでオススメできません。

工場勤務の期間工になれば、学歴・職歴に関係なく誰でも確実にほとんどセミリタイアの様な生活が実現できますし、スキルと技術を磨く努力と学習を積むやる気があるのなら、ITエンジニアになればセミリタイアに近い生活を実現できます。

会社を辞めてこれらの仕事をすることで、成功率1%のFX投資と違って確実にセミリタイアが実現できますので、本気でセミリタア生活を目指したいのであれば、絶対にこちらの方法を選ぶべきです。

工場勤務の期間工になってほぼセミリタイア同然の社畜労働から解放された生活を送る方法は以下の記事を、

ITエンジニアとして技術とスキルを身に付けてほぼセミリタイアの様なあまり働かない生活を送る方法は以下の記事をお読みください。

たった一度きりの人生です。

本当に週5日ほぼ毎朝出勤して8時間労働する社畜人生がどうしても我慢できないほど苦痛なのであれば、無理をして我慢を続けることなく、社畜労働の苦しみから解放された自由な人生を実現してしまってください。

以上、「週5日出勤して8時間労働する普通の社畜的な働き方が苦痛で仕方ない方へ」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする