結婚に向かない男や女にも社会的圧力をかけ無理やり結婚させていた昭和が異常だった

現在の日本では結婚適齢期の男女が結婚しない(結婚出来ない)非婚化ということが叫ばれ、深刻な社会問題とされています。

しかし、そもそもが結婚に向かない男や女にも社会的圧力をかけお見合いなどをさせて無理やり結婚させていた昭和という時代が異常だったのです。

独身のまま生きることが許されなかった昭和という時代

昭和という時代は男女が独身のまま生きることが許されなかった時代です。

30歳以上の独身者は異常者の出来損ない人間とされ、社会や地域の共同体の中で白い目で見られることになりました。

独身者は一人前の人間ではないので人権がない。

という認識が当たり前であり、会社では独身であるために出世できない、親戚には独身であることを馬鹿にされる、地域では独身であるため犯罪者予備軍の異常者の様に警戒される、という価値観がまかり通っていたのが昭和という時代です。

「独身のまま生きる」というライフスタイルが全く社会に認められていなかったのです。

また、昭和の後半になるまでは、電子レンジ・炊飯器・掃除機・洗濯機などの便利な家電も普及しておらずコンビニ・冷凍食品・レトルト食品などもなく、専業主婦がいなければ炊事・洗濯・掃除などの家事を全てこなして生活することも非常に困難で不便な時代だったのです。

この様な正常な人間は全員が結婚するという価値観であったため、結婚適齢期の独身者はお見合いなどをさせて無理やり結婚させ、昭和は既婚率がほぼ100%という時代でした。

以下のグラフは総務省「国勢調査」を基にした1960年から2015年までの日本の未婚率の推移(5歳階級・年齢別)です。

このグラフの通り昭和の時代では男女とも35歳~39歳の未婚率は10%以下であり、30代までには9割以上のほとんど全ての国民が結婚していたというのが日本の状況でした。

朝から晩まで飲んだくれてまともに仕事をしないような明らかに結婚な不向きな男なども昭和という時代では無理やり結婚させられてしまっていたのです。

独身という生き方の多様性が社会に受け入れられた平成

この様に独身でいることが許されなかった昭和とは異なり、平成は独身という生き方の多様性が社会に受け入れられるようになっていった時代です。

近所付き合いの濃い農村部から首都圏などのドライな人間関係の都市部に人口が集中していったことにより、他人の私生活に首を突っ込んで異常者扱いする様な近隣住人と触れることが少なくなりました。

また、多様な価値観が社会に受け入れられ、会社や企業においても「独身者は出世させない」と言うような独身者差別的な人事は撤廃されていきました。

さらに便利な家電やコンビニ・冷凍食品・レトルト食品などの普及によって毎日の家事や炊事が重労働ではなくなり、家政婦やお手伝いさんを雇うことの出来るお金持ちでなくとも、独身のまま不便なく生活して行けるようになりました。

この様な「社会の進歩」によって30代でも結婚しない未婚者の割合は3割前後に達しています。特に女性に比べて平均所得水準の高い男性で未婚率が高くなり、近年では未婚率は35%以上で推移しています。

年収300万円以上などのそれなりの収入があれば、外食やコンビニの利用などによって生活に不便を感じることもなく、また年収400万円以上であればソープや風俗などを利用してお金を払って性欲を解消することも出来ます。

女性は平均年収は過去最高を更新したとはいえ200万円であるため、人並みの生活をするために結婚せざるを得ない場合も多く、未婚率は20%台にとどまっています。

男性の平均は531万5千円(同2.0%増)、女性は287万円(同2.6%増)となり、女性は過去最高額(10、12年の280万円)を更新した。

しかし、人並みに生活していけるだけのお金を稼げる男であれば、我慢をしてまで無理に結婚する必要はなくなっています。

非婚化が進んだ平成とは「庶民が独身のまま快適に生きる権利を勝ち得た時代」とも言うことが出来るのです。

独身でいることで人生の自由と選択肢が大きく広がる

昭和時代に強制されていた「結婚という義務」から市民が解放され、「独身で生きるという自由」が与えられたのが現代の日本です。

そして、結婚せずに独身でいることで人生と自由と選択肢は大きく広がります。

  • 自分の好きなことに挑戦しいつまでも夢を追い続ける
  • 自分ひとりが暮らしていける様な収入で楽な仕事をする

ということも可能なのです。

さらに養うべき家族のいない身軽な独身者であれば、セミリタイアの難易度やハードルも非常に低くなります。

辛く過酷な「労働の義務」から解放される権利も手に入れられるということです。

結婚している既婚者であれば子供の教育にマイホームにと膨大なお金が必要となりますので、馬車馬のように必死に働いてお金を稼ぎ続けなければいけません。

しかし、独身者であれば親と同居しながらひたすらこつこつと貯金を貯め、ある程度の貯金が溜まったら会社を辞めて貯金を取り崩しながら、たまに少しだけバイトして生きるという夢の様なライフプランも可能です。

つまり辛い社畜労働から解放された勝ち組となれるということです。

親と同居の独身者であれば家賃や食費なども掛かりませんので、低賃金であっても倹約すれば1,000万円程度の貯金は5年くらいで貯めることが出来ます。

独身者なら1,000万円も貯金があれば節約して質素な生活をすれば10年は生きられます。

独身者ならパラサイト出来る親がいなくともセミリタイアが可能

「そんなセミリタイア生活が送れるのは、実家に寄生してパラサイト出来る子供部屋おじさんだけじゃないか?」と思われるかもしれません。

いいえ、そんなことはありません。

養う家族のいない独身者であれば、社畜生活から解放されるなんちゃってセミリタイア生活は可能です。

その方法はズバリ、無料の寮・食事付きの期間工(工場労働者)として働くことです。

無料の寮・食事付きの期間工は経済的に実家住みと同じ

無料の寮・食事付きの期間工になれば、経済的には実家住みの独身者と全く同じです。

妻子のいる既婚者であれば家族の住居も確保しなければいけませんが、独身者であれば提供される寮さえあれば住居費も食費も全く掛かりません。

「工場労働者が働く無料の寮」と聞いて、不潔で薄汚れた部屋に複数人で雑魚寝させられる昭和のタコ部屋労働みたいな地獄絵図を想像してしまう方もいるかと思いますが、大手の工場ではその様な心配は全くありません。

一人一人に以下の様にちゃんとした清潔でまともな部屋が無料で提供されます。


アイシン精機・岡崎土井寮(住所:愛知県岡崎市土井町荒井甲5)

簡易的な壁や仕切りで分けただけのインチキな個室ではなく、ちゃんとしたワンルームの個室アパートにタダで住むことが可能なので、一人暮らしの独身者にとっては非常にお得です。

普通に働いて生活していれば住居費と食費だけで毎月10万前後のお金は掛かります。おそらくこの住居費と食費が一人住まいの独身者にとって家計の出費の中でも最大の項目です。

そのためセミリタイア出来るほどの貯金を貯めることは決して簡単ではありません。

しかし、寮・食事付きの期間工になれば、これらの生活費を大幅に削減できますので馬鹿みたいに効率よく簡単に貯金を貯めることが出来ます。

期間工は給与も高い。職歴・学歴不問で月給30万円以上は普通に稼げる

しかも期間工は職歴・学歴不問で月30万以上は普通に稼げてしまうので、月給20万円程度の派遣社員などとは比べ物にならない給与水準ですし、中途半端な薄給の中小企業で正社員として働くよりもよっぽどお金を稼げます。

一流大学卒業のエリートで一流ホワイト企業に勤めているとかでなければ、おそらく期間工が最も効率よくお金を稼げる仕事です。

1年だけ働いて2年は何の仕事もせず労働から解放される「なんちゃってセミリタイア」が可能

そしてこの様に期間工は給与がそこそこ良い上に、寮・食事付の現場で期間工として働けば生活費もほとんど掛からないので、毎月20万円の貯金が余裕で可能です。

期間工として1年間働いて240万円を貯金する。

節約を意識して質素な生活を送れば、2年間はこの240万円の貯金でたまにバイトする程度でほとんど何の仕事もせず労働から開放されて生きて行けます。

月10万円の生活費で生きる具体的な方法については以下でご紹介していますのでお読みください。

そして貯金が底を付きそうになってくれば、また寮付きの期間工の仕事で稼いで貯金を貯めれば問題ありません。

物欲なども全くなく「お金も要らないからとにかく働きたくない」という方は、この方法で1年間だけ働いて2年は何の仕事もせず労働の苦痛から解放されフラフラと自由に生きる「なんちゃってセミリタイア」が可能です。

普通の社畜サラリーマンであれば定年まで囚人の様に延々と絶望的な奴隷労働を続けなければいけませんが、1年働いて2年休むというライフスタイルであれば、人生は格段に自由で楽になります。

40代未経験者も歓迎!工場勤務の求人サイト「工場求人ナビ」

工場求人ナビ」は工場勤務の仕事に特化した求人サイトです。

工場系の求人が非常に豊富で寮完備・月収30万円以上などの好待遇で労働環境のホワイトな求人も数多く紹介しています。

「工場求人ナビ」では、トヨタ自動車、日産自動車、マツダ、スバル、三菱自動車、ダイハツ、スズキ、トヨタ自動車九州、トヨタ車体、日野自動車、いすゞ、アイシン精機、ジヤトコ、リコー、アスモ、ブリヂストン、横浜ゴム…etc

と言った大手メーカーの求人が豊富なことに加え、月収30万円以上の高収入求人も600件以上と数多く登録されており、年収400万円以上の高報酬も実現できます。

働かれている方の年齢が幅広く50代の方も現場で活躍しており、どんな方でも勤務地・収入など希望に合った工場系のお仕事を探すことが可能です。男性向けの肉体的にハードな求人だけではなく、女性や体力に自信のない方も稼げる軽作業・手作業の仕事も豊富にありますのでご安心ください。

また、「工場求人ナビ」を運営する日総工産は日本全国に拠点を持つ人材サービス企業です。遠隔地での仕事に従事する入寮者に対しても日本全国に300人以上いるサポートスタッフが万全のサポートを行え、安心して働くことの出来る環境が整備されています。

フォームから応募するだけで3,000円GET!
「工場求人ナビ」への応募方法

お仕事検索の画面で、給与・寮の有無・勤務地・業種・職種・勤務形態・メーカー・雇用期間・出勤シフトなど自分の希望する条件を入力し求人を検索します。

表示された求人の一覧から自分に合った仕事を探し詳細画面に進みます。(気になった求人は「とりあえずキープする」ボタンでチェックしておくことが出来ます。)

求人の詳細画面からオレンジ色の「90秒でカンタン!WEB応募」のボタンを押してフォームの「お客様情報」の各項目を入力し応募を行います。

「お客様情報」を入力すると以下の「登録相談会」「Web履歴書入力」の説明画面に進みます。

オンラインで履歴書を入力するだけで1,000円分のQUOカードが貰えるので、「Web履歴書を入力する」のボタンを押してフォームから経歴・希望条件等の情報を入力することをオススメします。

※経歴・希望条件等の入力フォームの「職歴」の項目で入力できる情報がない時は、以下の様に「職歴なし」にチェックを入れてください。

最後に登録相談会の「来場予約」に進みます。

以下の会場検索画面から希望の登録相談会場を選びます(会場は日本全国から選べます)。

表示された会場から都合の良い面談日時にチェックを入れて「予約へ進む」を押します。

確認画面で「この内容で予約する」を押すと応募完了です。

SMS・メール、または電話で予約確認の連絡が来ます。

登録相談会の服装は私服でOKです。運転免許証・健康保険証など本人と確認できる証明書を持参して下さい。

※「Web履歴書入力」を行わなかった場合は、書面の履歴書(写真貼付)も持参必須です。

登録相談会に行くだけでQUOカード2,000円分(Web履歴書入力を行った場合は3,000円分)が貰えます。

未経験者も大歓迎ですので、ホワイトで好待遇の工場勤務の仕事をご検討の方は以下の公式サイトから応募下さい。※リンク先のサイトが重い場合は表示されるまで少しお待ち下さい

工場系お仕事情報サイト「工場求人ナビ」

幅広く工場の求人を探したい方向けの「工場ワークス」

「工場求人ナビで探しても自分の希望通りの仕事が見つからなかった…」という方へ。

2万件以上の大量の求人数があり、工場求人ナビよりもさらに幅広く多くの工場系求人が掲載されている日本最大級の工場求人サイト「工場ワークス」から仕事をお探しください。



「工場ワークス」の求人は工場求人ナビに比べると給与や待遇などの玉石混合ですが、大量の求人があり非常に幅広い職種から自分に合った仕事を探すことができます。

お住まいの地域やご希望の勤務地から工場勤務の仕事を探せますので、以下から仕事をお探しください。

また、寮付きの工場勤務の求人から仕事を選びたい方は以下から探すことが出来ます。

人気の寮付求人のお仕事探しなら【工場ワークス】



以上、「結婚に向かない男や女にも社会的圧力をかけ無理やり結婚させていた昭和が異常だった」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする