転職活動で失敗しない為に重要なのはインターネットの口コミ情報や転職サイトを活用すること

転職活動で失敗して後悔してしまわない為に重要なことは、インターネットの口コミ情報や転職サイトをフル活用することです。

現在の日本ではインターネットで口コミ情報を調べることによって、表側・裏側と様々な側面から多角的に企業の内部情報が得られますので、それらの情報を転職活動でもフル活用しましょう。

転職サイトを全く利用しない転職活動はあり得ない

現在の日本では転職サイトを利用しない転職活動はあり得ません。

特別なコネなどで良い待遇の会社や職場に転職出来ればいいですが、その様な例は決してそれほど多くはないはずです。

何万件もの求人情報が掲載されており、それらの大量の求人を一覧で見比べることの出来る転職サイトや求人サイトを利用することにより、転職活動の効率は飛躍的にアップします。

また、自分の全く知らない会社の求人など、数多くの様々な求人に接することにより視野を広げるという意味でも、転職活動での転職サイトや求人サイトへの登録は絶対に必須です。

正社員という待遇に釣られて他社との待遇や給与の比較もせずフリーターから慌てて就職するなどで、インターネットで転職サイトや求人サイトに登録する前に転職してしまい、後から他社と比較しての自分の転職先の給与水準の低さを知って後悔するという事例が、現在の日本では決して少なくないのです。

ですので、転職活動をするのであれば、特別のコネなどがある場合を除き、一般的な給与の相場や待遇などを知る上でも、絶対にインターネットで転職サイトや求人サイトには登録するべきです。

転職サイトは登録料も無料ですので、たとえ最終的に転職サイトから転職しなかったという場合であっても、自分自身には全くリスクも損失もありません。とりあえず転職情報の収集のために登録だけはしておきましょう。

転職サイトの情報には都合のいいことしか書かれない

上記で説明してきました様に転職活動や再就職活動などにおいて転職サイトの登録は絶対必須ですが、基本的に転職サイトの求人情報には都合のいいことしか書かれないということは注意して下さい。

当たり前ですが、会社としても人材を募集するために転職サイトに求人情報を掲載しているのに、たとえ志望者を騙そうという悪意が無かったとしても、わざわざ募集を遠ざける様な自社のマイナス点や都合の悪いことなどを書くはずがありません。

そのため多くの志望候補会社の中から、本当に志望する会社を絞る際は、インターネットで調査をして転職サイト以外の情報も必ずチェックしてください。

特に比較的名前を知られた大手の企業の場合は、インターネット上でネガティブな噂などがないか、悪い評判などがないか、「会社名 口コミ」「会社名 評判」などで検索することで、転職サイト上の都合の良い情報だけでなく多角的に情報を収集することが可能です。

悪い噂などがあってもライバル会社のネガティブキャンペーンであるなどの場合もあり、全ての情報を真に受けて信じることは出来ませんが、転職サイトだけの一面的な情報ですと不都合な事実が隠蔽されていたりする場合もありますので、最終的な志望先の絞り込みの際にはこの様なチェックも必須です。

匿名掲示板の書き込みは真に受けてはいけないが一通り目は通すこと

インターネットで志望先の会社や業界の口コミ情報などを検索すると、匿名掲示板の書き込みやまとめサイトなどの情報が目に付くこともあります。

確かに匿名掲示板の書き込みやまとめサイトなどの情報は嘘や工作の場合が非常に多いですので、参考程度にとどめて真に受け過ぎないことが重要です。

しかし、匿名掲示板の書き込みやまとめサイトでは、それらの嘘や工作だらけの情報の中に、内部からの告発など本当の貴重な匿名タレコミ情報が紛れ込んでいますので、絶対にそのまま情報を真には受けてはいけませんが、口コミなどの書き込みがあれば一通り目は通して頭の片隅に入れておいて下さい。

人気ベンチャー企業「ワイキューブ」倒産の内部告発事例

かつて日本には、新卒採用支援に強みをもち、その高額給与から一時は並み居る大手企業を抑えて就職したい企業の上位にもランキングされた「ワイキューブ」という人気ベンチャー企業が存在しました。

豪華な社内バーなどでその羽振りの良さを知られていたこのワイキューブ社は、しかし2011年3月30日、負債総額40億円で民事再生法適用申請をし、そのニュースは一晩のうちに日本中を駆け巡りました。

ワイキューブの元カリスマ社長が独白「借入金で給料を2倍にしたら会社が潰れた」 – 日経ビジネスオンライン
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/269655/060700027/

中小・ベンチャー企業向け人材採用コンサルティング会社として一世を風靡したワイキューブ。優秀な人材を新卒で採用するノウハウを提供し、2007年には売上高約46億円にまで成長した。いわゆる「就職人気ランキング」では、並み居る大手を抑えて16位に食い込んだことがあるほど、学生からの人気も高かった。それが一転、2011年3月30日、民事再生法の適用を申請した。

この様に2011年3月に倒産したワイキューブですが、匿名掲示板では3年前の2008年の時点から、以下の様な内部告発が投稿されていました。

<人材系要注意>ワイキューブはそろそろ倒産します – 5ちゃんねる
https://yuzuru.5ch.net/test/read.cgi/venture/1229808687/

1名無しさん@どっと混む2008/12/21(日) 06:31:27ID:NDb/ddFL0
私はワイキューブの社員ですが、うちの会社はそろそろ倒産します。
銀行からの融資も前からストップしているし、売上も激減。
社員のボーナスや給料も減らされる一方です。あと数ヶ月の命か…。

人材系の会社はみんな厳しいと思うけど、
会社がつぶれる前にさっさと転職しましょうよ。

http://www.y-cube.co.jp/

10 :名無しさん@どっと混む:2008/12/25(木) 15:24:03 ID:LQKppvAIO
この前説明会で1000万円とかいってたぞ
あれは嘘なのか

11 :名無しさん@どっと混む:2008/12/28(日) 13:00:01 ID:ERe8UiCi0
うそうそ。以前は景気よく経費も使ってたし
給料が高かったのも事実。でも、今じゃ
「ケチケチ大作戦」とか言って経費削減してるし
給料も右肩下がりだよ。離職率もかなり高い。

16 :名無しさん@どっと混む:2008/12/29(月) 11:49:55 ID:t+1e1AKb0
潰れる?
そりゃないでしょ。今社員200人ぐらいいるんだろ。
業暦もそこそも長いし。不景気だって経験してるでしょ。
あんな粗利の高い商売してるんだから、内部留保もそこそこあるだろうし。

17 :名無しさん@どっと混む:2008/12/30(火) 03:52:44 ID:vL0dCgaN0
内部留保なんて全然無いよ。
毎月の資金繰りでヒィヒィ言ってる。
取引銀行の借金も全部リスケしてるし。
あと経費削減するとしたら、人件費ぐらい。
だから社員の給料がどんどん減らされてる…。
放漫経営のツケが全部社員にまわってきてるんだよ。

学生に対しての会社説明会では「年収1000万円の待遇」などという景気のいい話をしておきながら、実態はこの匿名掲示板の告発通りの倒産寸前の経営状態だった訳です。

会社説明会で「業績好調で待遇も最高だ」という人事担当者の話を信じ込みワイキューブに就職して後悔することになった不幸な学生達。彼らはリアルの情報だけに頼らず、この様なネット上の匿名掲示板の情報にもしっかりと目を通していれば、就職に失敗して後悔することはなかったはずです。

出来るだけ就職や転職のリスクを避ける為には、全てを真に受けてはいけないこの様な匿名掲示板の口コミやタレコミの情報も、一通りチェックをして目を通しておく必要はあるのです。

インターネットを軽視して会社説明会や対面の面接などのリアルの情報だけを過剰に信頼することは、就職活動や転職活動では非常に危険ですので、匿名の口コミなどインターネットの情報も補助的な情報源として最大限に活用して下さい。

業界最大手であるリクルートが提供する転職サイトの定番「リクナビNEXT」

求人業界の最大手であるリクルートが運営する転職サイト「リクナビNEXT」には、9,000件前後もの豊富な求人が掲載されています。多様な業界や勤務地から条件に合う会社や職場を見つけることが可能です。

インターネットから会員登録をすれば利用は完全に無料ですので、転職をご検討の方はこちらからご登録下さい。

リクナビNEXT【公式サイト】



ただし、転職サイトに掲載された求人情報だけではその企業の実態を知ることは出来ません。ブラックな仕事の求人に引っかかってしまわないように、口コミの投稿から会社の内部事情や社員の満足度といった実態を知ることの出来る転職情報サイト「キャリコネ」もリクナビNEXTと併せて利用することをお勧めします。

登録企業数43万社の転職情報サイト「キャリコネ」

企業が一般の求人サイトや転職サイトで外部に向けて公開している求人情報だけを見て、安易に就職先を絞ったり転職活動をしてしまうことは非常に危険です。

なぜなら、企業発信の求人情報には当然ですが「都合の良い事」しか掲載されないからです。

そこで「転職に失敗して後悔したくない」「もう二度とブラック企業には就職したくない」という方には、転職情報サイト「キャリコネ」への登録をおすすめします。

「キャリコネ」は企業の口コミ情報サイトとして登録企業数43万社以上を網羅し、多くのビジネスパーソンや転職志望者から支持を得ている転職情報サイトです。

サイトに会員登録することで、口コミなどの内部情報も含めて、多角的な視点で多くの企業の待遇・年収・企業風土・社員の満足度といった実態を比較することが可能です。

「今すぐ転職する」という方だけでなく、現職に不満や不安をお持ちの方も、同業他社の口コミや年収を確認し「転職すべきかどうか」を判断するためにもサイトを活用できます。

転職を検討されている方は、まずは「キャリコネ」に登録して求人情報や企業情報を確認して下さい。以下の公式サイトから無料で会員登録可能です。

登録企業数43万社の転職情報サイト「キャリコネ」【公式サイト】



以上、「転職活動で失敗しない為に重要なのはインターネットの口コミ情報や転職サイトを活用すること」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする